instagramはじめました!フォローはこちら

【国内線】羽田空港 第2ターミナル サテライトはこんなところ!最新施設のメリットとデメリットを徹底解説

follow us in feedly

羽田空港国内線ターミナルサテライトが12月10日オープン予定

羽田空港国内線第2ターミナルに新しくできたサテライトの存在をご存知でしょうか?

2018年12月10日(月)から供用開始された羽田空港の最新施設です。

このサテライトは、羽田空港で行われている国内線と国際線の共用化工事に伴って、国内線の発着スポットが不足するのを解消するために建設されました。第2ターミナルとは独立した建物になっており、3カ所の搭乗口が配置されています。

今回は、新しく利用できることになった、羽田空港国内線第2ターミナル サテライトについて、最新情報をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

サテライトの概要

名称 羽田空港 第2ターミナル サテライト
着工 2017年9月
運用開始 2018年12月10日予定
所在地 東京都大田区羽田空港3丁目
施主 日本空港ビルデング株式会社
建築面積 4,100平方メートル
延べ床面積 11,400平方メートル
利用航空会社 全日本空輸(ANA)
ソラシドエア(SNJ)
エア・ドゥ(ADO)など
主要機能
出発ゲートラウンジ、到着コンコース、バス発着場
フロア構成 地上3階建て
1階:バス発着場
2階:出発階
3階:到着階

サテライトの利用条件

新しく出来たサテライト、羽田空港に行く機会があれば訪れてみたい気もしますが、誰でも入ることはできません。

サテライトに入れるのは、46番、47番、および48番の搭乗口を利用する搭乗客だけです。残念ながら、他の搭乗口を利用する場合には入ることができません(普通は使わないのに入ろうと思わないでしょうが…)。

羽田空港国内線ターミナルからサテライトへの行き方

なお、搭乗予定便がサテライトから出発する場合、搭乗前日にサテライト利用であることを知らせるメールが配信されます(メール登録済の場合)。

これは、空港に行ってからサテライト利用だと分かっても、時間的に間に合わない可能性があるからだと思われます。

サテライトは、一応第2ターミナルの枠内に入ってはいるものの、建物的には完全に独立したターミナルとなっているので、通常よりも移動時間がかかるのです。

スポンサーリンク

第2ターミナルからサテライトへの行き方

それでは、羽田空港第2ターミナルからサテライトまでの道のりを見てみましょう!

最寄りは保安検査場A

サテライトを利用する場合、最寄りの保安検査場は”A”(第2ターミナル内)となります。

羽田空港国内線ターミナル搭乗口A

サテライト専用バスで移動

第2ターミナルとサテライトとは結構距離が離れており、歩いて移動することはできません。移動には「専用バス」を利用します。

羽田空港国内線ターミナル サテライト行きのバス乗り場

専用バスは、8番搭乗口の少し奥に設置されている「サテライト行きバスのりば」から、およそ5分おきに運行。第2ターミナルからサテライトまでは、乗車時間3分となっているものの、待ち時間を含めると約10分見ておく必要があります。

サテライト利用時には、いつもより少し早めに行動する必要がありそうです。

「サテライト(搭乗口46~48番)行きバスのりば」と、バスゲートラウンジ(500~511番)は場所が異なります。

出発はサテライト2階

サテライトは2階が出発階、3階が到着階になっています。

羽田空港国内線ターミナル サテライトの出発ゲート

羽田空港の第2ターミナルは、2階が到着階、3階が出発階なので、ちょうど逆転した構造ですね。

第2ターミナル サテライト
2階 到着階 出発階
3階 出発階 到着階

サテライト内部の様子

サテライト内の搭乗待合室には、過ごし方に合わせた様々なソファやテーブルなどが配置されています。

羽田空港国内線ターミナル サテライトの建物内の様子

上の写真では、搭乗待合室が吹き抜け構造になっていることも分かります。ソファも十分ゆとりをもった間隔で配置されているため、かなり広々としたスペースに感じられそうです。

各ソファには電源コンセントや充電用USB端子も設けられており、使い勝手は悪くないでしょう。見た感じ、メインターミナルの待合室よりも機能的でよさそうですね。

ANA FESTA(売店)があります

サテライトには、ANAが運営する売店「ANA FESTA」が設置されています。

お土産の他、軽食や飲み物を購入することができるので、もし買い忘れてサテライトに来てしまった場合でも安心です。

サテライトのデメリット

サテライトのデメリットは、第2ターミナルからの移動に時間がかかるという点。

バスに乗って移動しなければいけないので、少しめんどくさいと感じてしまう方もいるでしょう。

また、ラウンジもありません。第2ターミナルであれば、カードラウンジや、ANAラウンジ、ANAスイートラウンジが利用することもできますが、サテライトでは、搭乗待合室で待つしかないのです。

ラウンジでゆっくりしたい場合は、直前まで第2ターミナルのラウンジを利用することになるでしょう。ただ、サテライトへの移動時間も考えると、あまりのんびりはできなさそうですね。

・第2ターミナルから移動時間がかかる
・カードラウンジ、航空会社ラウンジがない

サテライトのメリット

サテライトのメリットは、第2ターミナルと比べて広めに設計された空間。3つの搭乗口を利用する搭乗客に限られているため、そこまで混雑はしないように思えます。

また、サテライトの搭乗ゲートを利用する方は、現在ANA LOUNGEで提供されている「ラウンジ専用無線LANサービス」および「デジタルコンテンツサービス」を無料で利用することができます

このサービスは、おそらくサテライトにラウンジが設置されていないことに鑑みて、特別に利用可能となっているのではないかと推測されます。

・空間が広く利用客も限定されているため混雑しにくい
・ANAラウンジ専用のサービスを利用できる

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ運用が開始された『羽田空港 第2ターミナル サテライト』。

第2ターミナルから離れているため不便と感じるところもありそうですが、最新の設備を見てみたい気もしますよね。

もし、第2ターミナルから国内線を利用する機会があれば、搭乗口が46番、47番、または48番になっていないか確認してみて下さい。

新しい体験がそこに待っているはずです!

航空券は無料に出来る

航空会社のマイルを貯めれば、気軽に旅に出ることが出来ます。マイルはクレジットカード決済や、飛行機に乗って地道に貯めるものではありません。大量かつ、効率的に貯めるための具体的な方法は、こちらの記事をどうぞ!

我が家はこの方法で、ここ2年の間に複数回旅行に出かけています。

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都・大阪へ
2018年10月 次女と2人で宮崎旅行
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
この他にも、毎年お盆とお正月に故郷・宮崎に家族揃って帰省できるようになったのも嬉しい変化です(陸マイルを貯め始める以前は、夏・冬いずれか一回、それも隔年になることも珍しくありませんでした)。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

これまでの宿泊記はこちら!
妻の豆知識
スポンサーリンク
\\この記事をSNSでシェアして、みんなに教えてあげよう//
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行
トップへ戻る