instagramはじめました!フォローはこちら

【ウィーン】オーストリア航空セネターラウンジ訪問記~ポップなインテリアで居心地最高でした!<スタアラゴールドで利用可>

follow us in feedly

オーストリア航空セネターラウンジのロゴ

オーストリア航空(Austrian Airlines)は、オーストリアのフラッグキャリア。ルフトハンザ・ドイツ航空の傘下にあるため「スターアライアンス」に所属しており、ANAとも深い関わりを持つ航空会社です。

その本拠地であるウィーン・シュヴェヒャート国際空港には、オーストリア航空の直営ラウンジが何と7つも!(HON Circleラウンジ2つ、セネターラウンジ2つ、ビジネスラウンジ3つ)

先日、初めてそのうちの1つ「セネターラウンジ(非シェンゲン&国際線用)」を利用してきました。

小ぢんまりした空間ながら、フレンドリーなスタッフさんに明るくて可愛らしいインテリア、そしてオーストリア名物メニューが搭乗間際まで味わえて、なかなか素敵なラウンジでした♪

利用条件から実際の様子まで、以下に詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

オーストリア航空セネターラウンジの場所

今回ご紹介するウィーン国際空港のオーストリア航空「セネターラウンジ」は、 ANAカウンターほど近くの出国審査場を出てすぐのところにあります。

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジへのアクセス(ANA公式サイトより)

理系マイラー
理系マイラー

非シェンゲン国・国際線用のセネターラウンジがあるのは出発エリアG。
出発エリアF付近には、シェンゲン国用のセネターラウンジもあります。

ラウンジ営業時間と設備

営業時間 05:30 a.m. – 11:00 p.m.
提供サービス
  • 無料Wi-Fi接続
  • プリンター
  • DO & COによる食事や軽食、アルコール飲料・ノンアルコール飲料(オーストリア産ワイン、スパークリングワインなど)
  • シャワー
  • リラクゼーションエリア

セネターラウンジ利用条件

オーストリア航空セネターラウンジの利用条件は以下の通りです。

  • Austrianまたはスターアライアンス提携航空会社の同日有効の搭乗券+セネターカードまたはスターアライアンスゴールドカード
  • Austrianまたはスターアライアンス提携航空会社の同日有効の搭乗券があれば、同伴者1名入室可能

つまり、単にビジネスクラスに搭乗するというだけでは条件を満たせません。

ANA SFC・プラチナなどの「スターアライアンスゴールド資格」を持って初めて入室できる、ビジネスラウンジよりも一段階上のラウンジなのです。

ただし、エントランスとレセプションはビジネスラウンジと共用になっています。受付後にどちらに行けばいいのか教えてもらえますので、指示に従って進みましょう。

ウィーン国際空港セネターラウンジのエントランス

セネターラウンジの全貌

さて、さっそくラウンジの中へ!

セネターラウンジの内部はどのようになっているのでしょうか。

明るく優しい雰囲気のインテリア

まずラウンジ全景をお見せしたいところなのですが、訪問時ちょうど満席の状態で、とてもパシャパシャ写真を撮れるような雰囲気ではなかったので、ここだけ公式サイトからのスクリーンショットでご容赦ください(汗)。

ウィーン国際空港・Gセネターラウンジの全貌(オーストリア航空公式サイトより引用)

ご覧の通り、オーストリア航空のコーポレートカラーである赤に、グリーンやイエローが合わせられ、とっても明るい雰囲気♪

どちらかというと男性向けインテリアのエアラインラウンジが多い中、こちらはかなり女性的な印象です。

端の方には木のオブジェもありますね。フランクフルト国際空港のルフトハンザセネターラウンジを彷彿させます。もしや、同じデザイナーさんが担当されているのでしょうか。

ラウンジの入口から見ると、正面の広い窓からエプロンを見渡せるようになっていました。

ウィーン国際空港セネターラウンジ・入口から見たところ

選べるものなら、ぜひ窓側に座りたいところです♪

リラクゼーションエリア

ぐるっと見渡しただけで全体が確認できるほど小さなラウンジですが、必要な設備は一通り揃っていました。

ラウンジ入って右手には照明を落とした半個室が。

ウィーン国際空港セネターラウンジ・仮眠室

各席はさらにカーテンで仕切られており、仮眠を取ることもできるようです。

シャワールーム

長距離フライトの前に利用したいシャワールームは、ビジネスラウンジと共用なので、一旦セネターラウンジから出る必要があります。

使用したい場合には、レセプションのスタッフさんに声をかけましょう。

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジのシャワールーム

この時はお昼前という微妙な時間帯だったこともあり、待ち時間なしで借りることが出来ました。

中に入ってみると…

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジのシャワールーム・内部の様子

シンプルですが、とても綺麗に清掃されています。

シャワーブース側から入口を見るとこんな感じ。

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジのシャワールーム・奥から見た所

シャワーブースには、レインシャワーとハンドシャワーがあり、アメニティはシャンプー兼ボディソープだけという潔さです。

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジのシャワールーム・シャワーブースの中

コンディショナーが必要な方は忘れずにご持参ください。

洗面台には、ハンドソープとハンドクリームがありました。

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジのシャワールーム・洗面台

入口の壁際には据付のドライヤーも完備。

ウィーン国際空港・オーストリア航空ラウンジのシャワールームはドライヤー完備

全体的に質実剛健と言いますか、無駄のない、いかにもヨーロッパという印象のシャワールームでした!

スポンサーリンク

ブッフェ

それでは、セネターラウンジ内に戻りましょう。

左手奥には、ブッフェカウンターが設けられています。

ウィーン国際空港セネターラウンジ・ブッフェカウンター

窓側から見るとこんな感じです。

ウィーン国際空港セネターラウンジ・ブッフェカウンター

それほど大きなカウンタースペースではありませんが、ラウンジ自体が小さめなので、これでも十分なのでしょうね。

ドリンクメニュー

どんなものが用意されているのか、まずは飲み物からチェック!

ウィーン国際空港セネターラウンジのドリンクバー・ウォーターサーバー

フレーバーウォーターが2種類(レモン、いちご&ミント)に、冷えたジュース類。脇には小さなカップに入ったムースも置いてあります。

ちなみに時間帯によっては、オーストリアの伝統的なケーキがデザートとして提供されるらしいのですが、私たちが訪れた11時頃に置いてあったのは、こちらのムースだけでした。

他にはコーヒーマシンに…

ウィーン・シュヴェヒャート国際空港・オーストリア航空セネターラウンジ・ドリンクカウンター

ウイスキーやワインなどなど。

ウィーン・シュヴェヒャート国際空港・オーストリア航空セネターラウンジ・ドリンクカウンター・アルコール

そして一番端の冷蔵庫には、ミネラルウォーターや炭酸飲料、ビールなどがぎっしりと収まっていました。

ウィーン・シュヴェヒャート国際空港・オーストリア航空セネターラウンジ・ドリンクカウンター・冷蔵庫

見覚えのあるミネラルウォーターは、フランクフルトのルフトハンザファーストクラスターミナルで提供されていたものと同じ。それもそのはず、両者ともDO & CO社がドリンク&フードサービスを担当しているのです。

ビールはウィーン最後の大醸造所、Ottakringer(オッタクリンガー)社のヘレスとピルス、そしてアルコールフリーの3種類でした。

フードメニュー

では、食べ物を見てみましょう。

こちらは、ドイツ語圏でよく見られるハード系のパン。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー/パン

中央付近には、3種類のサラダがオシャレに盛り付けられていました。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー/サラダ

片隅にはスープも。札には「ビーフコンソメスープ」と書かれています。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー/スープ

その傍らには、スープ用のクルトンとお菓子類が。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー/スナック

ちなみに、ここには並んでいませんが、いつの間にやら娘はスタッフさんから可愛いHARIBO(ハリボー・グミ)を頂いておりました。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー:子供用グミ

パッケージには、ちゃんとオーストリア航空のロゴ入り。この辺りのサービスも、フランクフルト国際空港のルフトハンザ・セネターラウンジと同様です。

「大人向けの施設」という印象が強いエアラインラウンジですが、こうしたサービスがあると、子供もちゃんとお客さんの一人として歓迎してくれているんだなと安心できます。

そして、この日のメイン(?)はグリルしたソーセージとグラタンでした。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー/メイン

ラウンジで味わう最後のオーストリア料理

この時は、宿泊先のインペリアルホテルウィーンでとっても美味しい朝ごはんを食べた後、それほど時間が経っていなかったので、ソーセージとサラダを少々、そしてウィーン一番人気と言っても過言ではない「オッタクリンガー」のヘレスビアを頂きました。

ウィーン・オーストリア航空セネターラウンジフードメニュー/実際にいただいたメニュー

実は今回、ウィーン市内から空港行きのCAT(シティエアポートトレイン)を逃したため、予定よりも30分遅れの到着。

さらに出国審査で時間を取られ、結果的にラウンジ滞在はほんの30分程度と、かなり慌しい中ではありましたが、こうして最後の最後までオーストリアの味を楽しむことが出来て幸いでした!

最後に

今回は、ウィーン国際空港第3ターミナルのオーストリア航空・セネターラウンジG(非シェンゲン&国際線)について詳しくご紹介しました。

Googleレビューなどでは、それほど評価は高くないようですが、ポップなインテリアで気分も明るくなりますし、スタッフの皆さんがとにかくフレンドリー。なかなかどうして居心地の良いラウンジでした。

ウィーンまでのANAビジネスクラス搭乗記は、こちらの記事でご紹介していますのでぜひどうぞ!グローブトロッターのポーチなど、最新アメニティ情報もご覧いただけます。

ウィーン関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅行しよう♪

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とANA提携航空会社特典ビジネスクラス航空券でバリ島へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る