instagramはじめました!フォローはこちら

セントレジス・バリの子供向けサービスが贅沢すぎる!初めての海外旅行にもオススメな理由を一挙紹介

follow us in feedly

セントレジス・バリは子連れ旅行に最適!

子供を連れての海外旅行。

宿泊先を決めるに当たって、「子供料金が設定されているか」「添い寝ができるか」等、いろいろな条件があると思いますが、出来れば「子供向けのサービスが充実している」ホテルであれば、より嬉しいですよね!

子供が楽しめるホテルに滞在できれば、その笑顔で大人も大満足♪家族旅行が充実したものになること間違いなしです。

そんなホテルの1つとしてオススメなのが、インドネシア・バリ島にある「セントレジス・バリリゾート」

初めての子連れ海外旅行でも安心なセキュリティの高さと、徹底したキッズフレンドリーを兼ね備えた素晴らしいホテルです!

今回は、贅沢すぎると言っても過言ではない『セントレジス・バリの子供向けサービス』について、1つずつ詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

セントレジス・バリとは

セントレジス・バリリゾート(ST. Regis Bali Resort)は、バリ島の中でも最高級のビーチを擁する、マリオットインターナショナル系列のリゾートホテル。

セントレジス・バリリゾート/ラグーンヴィラ816号室の主寝室

デンパサール国際空港から車で20分ほどとアクセス至便、お部屋は全室スイート仕様で広々!

しばし都会の喧騒を忘れて、心ゆくまで非日常感を味わえるラグジュアリー感満載のホテルなのです。

チェックイン早々、ウェルカム風船のプレゼント♡

セントレジス・バリでは、お部屋に入った瞬間からキッズウェルカム!

入ってすぐ気づける場所に、こんな可愛らしい風船を用意してくれていました♪

セントレジス・バリのウェルカムバルーン

大人向けのウェルカムスイーツやウェルカムフルーツはよくありますが、子供だけのためのプレゼントというのは初めて。

ただ、実は風船のタグに名前を入れてくれるということで、事前にメールで綴りをお知らせしていたのですが、一文字間違いがありまして…

それに気づいたバトラーさんが、なんと翌日訂正した風船の他、お詫びに(?)セントレジスベアと、すでに配布が終了していたはずのMr Men & Little Missのキーホルダーを一緒に届けてくれました!

セントレジス・バリの子供用プレゼント(名前部分は消してあります)

このお心遣いには子供も感動♡名前を訂正して頂いただけで十分だったのに、ホスピタリティが素晴らしいですね!

子供用アメニティが充実

そしてセントレジス・バリでは、子供用のアメニティも充実しています。

それがこちら!

セントレジスバリの子供用アメニティ

左から、Tシャツ、キャップ、塗り絵、色鉛筆です。

日本のホテルとは違うため、パジャマや歯ブラシはありませんが、帽子やシャツが用意されているのがワンランク上な感じがありますね。海外のホテルでここまで色々と揃っているのは初めて。

キャップはサイズ調整可能で、未就学児〜中学生くらいまで問題なく被れそうです。

セントレジスバリの子供用アメニティ・キャップ

そして思っていたより活躍してくれたのが塗り絵!

セントレジスバリの子供用アメニティ・塗り絵

お部屋のテレビに時々日本語のアニメが映るとはいえ、いつもではありませんし、親の方の体力が切れてしまった時などにも重宝しました。

スポンサーリンク

とっても可愛いタオルアート

娘を感激させたのはこれだけではありません。

なんと、お掃除のたびベッドの上には可愛いタオルアートが!

セントレジスバリの子供用タオルアート

これはうさぎさん?わんちゃん?

セントレジスバリの子供用タオルアート・うさぎ

こっちは多分くまさんでしょうか。

セントレジスバリの子供用タオルアート・くま

毎回手持ちのぬいぐるみを一緒に並べてくれるのが、これまた心ニクい演出です。

セントレジスバリの子供用タオルアート・うさぎさん

バリ島のリゾートホテルでは、ハネムーンで訪れた新婚さんにロマンチックなタオルアートを用意してくれるというのは聞いたことがありましたが、何の記念日でもない私たちにまで、しかも毎日だなんて!

子供に優しい東南アジアならではのお心遣い、親子共々とっても嬉しかったです♪

セントレジスバリの子供用タオルアートをみて喜ぶ娘

楽しすぎる!プールとビーチ

そして何と言ってもこのホテル滞在中、子供が一番思い出に残ったと言うのが巨大なプールとビーチ!

プライベートプール

前回、ラグーンヴィラ・2ベッドルームの記事でもご紹介した通り、お部屋の外にはいつでも気兼ねなく独り占めできるプライベートプールが付いていて…

セントレジス・バリ・プライベートプール

自由に泳ぎつつ、疲れたらカバナでのんびり休んだり…

セントレジス・バリのプライベートプール・カバナ

パラソルの下でリンゴを食べたり。ものすごーく贅沢な水遊びが堪能できます♪

セントレジス・バリ・プライベートプールのかばな

共用プールは貸切状態

そしてなんと、巨大な「ラグーンプール」へもお部屋からアクセス可能!

セントレジス・バリのラグーンプール

いつも、他のお客さんは一体どこにいるんだろう?と思うくらいの貸切状態で、思う存分に楽しむことができました♪

なお、ラグーンプールの他にも、「カユプティ」というレストラン近くに大きめのプールがあります。

セントレジスバリ・カユプティ近くのプール

こちらもまたしても貸切状態!

セントレジスバリ・プール

いや〜、贅沢ですね!

結構水深がありますが、水に浮いているお花を集めたり、階段で浅くなっているあたりで水遊びしたり、大満足の様子でした。

美しいプライベートビーチ

そしてセントレジス・バリには、ビーチリゾートの名に恥じぬ、美しいプライベートビーチもあります。

セントレジス・バリ・ビーチ

お部屋から歩いていくにはちょっと遠かったのですが、日が落ちてからちょっと散歩するにはうってつけです。もちろんカートで送ってもらうことも可能。

セントレジス・バリ・ビーチへ

とっても長閑で気候も良くて、12月とは思えません。毎年この時期はすでに雨季に入っているそうなのですが、「今年は遅いですね〜」とスタッフさんが仰っていました。なんてラッキーなんでしょう♪

さらに、なぜかビーチも独り占め!

セントレジス・バリのビーチ

お水は透明度が高く綺麗ですが、結構流木や貝のかけら、珊瑚の死骸などが沈んでいて、怖がりの娘は泳ぐよりもビーチで遊ぶ方がいい様子でした。

パラソルは無料で利用可能

ビーチには、パラソルとチェアがずら〜っと並んでいます。もちろん無料で利用可能!

セントレジス・バリのビーチパラソル

こちらではたまに甲羅干しされてる方がいましたが、それでもほんの2、3組しかお見かけしませんでした。

こういうビーチパラソルって、人気で順番待ちになるリゾートホテルが多いのですが、セントレジス・バリならいつでも選び放題というのも、子連れには特に嬉しいところです。

チェアに腰掛けようとすると、すぐにスタッフさんがやってきて、全面にタオルを敷き、ミネラルウォーターと冷たいおしぼりをサービスしてくれます。

セントレジス・バリのビーチのチェアはタオルとミネラルウォーターのサービス付き

なんて素晴らしいお心遣いなんでしょう!ちなみに、お水はなくなるとすぐに補充してくれました。

フードサービス

ここでは、お食事を注文することもできます。子供向けメニューも完備。

セントレジス・バリのビーチに置かれたメニュー

内容は、ルームサービスやレストランで提供されているものと大体一緒です。

せっかくなのでリゾート気分を満喫すべく、ポテトチップス(ハニーディジョン)とカクテル、パイナップルジュースをお願いしました!

セントレジス・バリのビーチのチェアでチップスとドリンクを楽しむ

カクテルは「一番インスタ映えする綺麗な色のカクテルください!(笑)」と注文した結果オススメされた、パッシフローラモヒートです。確かに青空に映えてとってもキレイ♡

ポテトチップスはイギリスのケトル/Kettle製。ちゃんと袋からお皿に盛ってくれました。

娘はフレッシュ&たっぷりなパイナップルジュースに大喜びでした!

セントレジス・バリのビーチでドリンクを楽しむ

理系マイラー妻
理系マイラー妻

小さい頃からこんな贅沢をさせていいのだろうかと思う反面、日本では出来ない体験が出来てよかったなぁとしみじみ…。

そして、ここでは夕日をのんびり眺めるだけというのもオススメ。

セントレジス・バリ・夕暮れのパラソル

暮れゆく陽が惜しいような、こんなに美しい今日が終わってしまうことにちょっと切なさも感じつつ、のんびり流れる時間にゆったりと浸ることが出来ました。

スポンサーリンク

泳ぎ疲れたらアイスで一休み

さて、朝から遊んで疲れたら、アイスを食べて一休みしましょう♪

アジア太平洋にあるマリオット系列のホテルでは、子供向け特典として朝食やアイスの無料/割引サービスを用意してくれているのです!

セントレジス・バリのキッズプログラム公式https://marriottbonvoyasia.jp/kids

私の場合はチタンエリートなので、朝食・アイスクリーム共に無料となります。

目印はこのリストバンド。

セントレジス・バリ・アイスクリームのバンド

これを付けて、メインロビーの真下にあるレストラン「Gourmand Deli」へ行きましょう。

セントレジス・バリ・アイスクリームをもらえます

店内のショーケースには、14種類のジェラートと2種類のロリポップが美しく並んでいました。

セントレジス・バリ・アイスクリームのショーケース

普通は市販されているようなカップだったり、プレゼント専用のアイスクリームが別に用意されていることが多いのですが、こちらでは一般のお客さんに有料で提供している本格的なアイスをサービスしてくれるのです♪

ちなみに通常料金は以下の通り。

  • ジェラート1スクープ(368円)
  • ロリポップ大(408円)
  • ロリポップ小(245円)

対象の子供はどれを選んでもOKです!

娘は、1日目にレモン。

セントレジス・バリ・アイスクリームでご機嫌

2日目はイチゴのジェラートをチョイス。

セントレジス・バリのアイスプレゼント

少し味見させてもらいましたが、どちらもすごく本格的で美味しいアイスでした♪これは子供大喜び間違いなしですね!

大迫力のファイヤーダンス!

そして夕方のお楽しみが、バリ島らしいファイヤーダンス!

毎日18:30から、メインロビー下の広場で本格的なパフォーマンスが楽しめます。

セントレジス・バリのファイヤーダンス

1日目は遠巻きに眺めていた娘も、2日目はお兄さんに誘われて太鼓を叩かせてもらいました♪

セントレジス・バリのファイヤーダンスに子供が参加å

モジモジしつつではありましたが、「あの時、太鼓叩いたよね!」と、すごくいい思い出になったようです。

約15分間のショーのクライマックスは火炎放射!!

セントレジス・バリのファイヤーダンスクライマックス全景

階段の上からでも十分楽しめますが、やっぱり近くで見た方が迫力を感じられてオススメ。

セントレジス・バリのファイヤーダンスクライマックス

これも日本ではなかなかお目にかかれないイベントなので、セントレジス・バリにお泊まりの際は必見です!

寝る前にはバトラーさんが温かい飲み物とデザートをサーブ

さて、楽しかった1日ももうすぐおしまい。

そろそろ寝ようかな?と思っていたら、玄関のチャイムがなりました。

開けてみると、バトラーさんが「おやすみ前のドリンクサービスです」と、こんな立派なティーセットを持ってきてくれているではありませんか!

セントレジス・バリのバトラーサービス

セントレジスでは、全室にバトラーサービスがついていて、頼めばアイロンがけや荷ほどきなど手伝ってくれるのですが、ここセントレジス・バリではこちらからお願いせずとも、こうして飲み物などを運んで来てくれたので驚きました!

宿泊前、娘に食物アレルギーがあることを伝えていたところ、わざわざドリンクもデザートも卵&ミルクフリーで作ってくださったのだそう。

この日は、チョコカップにベリーのジャムが乗ったデザートとクッキーでした。

セントレジスバリの子供用アメニティ・キャップ

そして、翌日の夜にも同じように除去したメニューが。こちらはアーモンドミルクで作ったチョコレートムースです。

セントレジスバリの子供用デザート

ここまで行き届いた配慮をしてくださるホテルは初めて!

1日を振り返り、楽しかったことをおしゃべりしながらのひととき。幸せすぎてバチが当たりそうなくらい、素晴らしい滞在となりました。

最後に

ということで、今回はセントレジス・バリリゾートで提供されている、子供向けサービスについてまとめてみました♪

初めてのバリ島滞在に当たりこちらを選んだわけですが、本当に敷地から一歩も出る必要なく、一日中プールにビーチにアイスにファイヤーダンスと、目一杯楽しむことができるホテルでした!

アメニティやプレゼントが充実しているのも、子供には嬉しいポイントです。

敷地内はスタッフさんの目が行き届いていて、安全に整備されているため、初めての海外旅行先としても最適なのではないでしょうか?

きっと幸せな思い出として、一生心に残ること間違いなしです!

空港からホテルまでは、低料金なのに至れり尽くせりな送迎サービスがオススメ♪

豪華絢爛なラグーンヴィラの様子はこちらでレポートしています。

豪華絢爛な朝ごはんはこちら!

ホテル概要

ホテル名 セントレジス・バリ リゾート
(The St. Regis Bali Resort)
ホテルランク 5.0
リワードカテゴリー 8(無料宿泊必要ポイント:70,000/85,000/100,000)
エグゼクティブ/クラブラウンジの有無 なし
住所 Kawasan Pariwisata, Nusa Dua, Lot S6, PO Box 44, Nusa Dua 80363 Indonesia
電話 +62 361 8478111
部屋数 123部屋

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

セントレジスバリは、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

子連れ旅関連記事

シェラトン沖縄のサウスタワー宿泊者特典で南国リゾートを満喫!マリオットプラチナ特典との違いはあるの?
沖縄を代表するリゾートホテルの一つ、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」。 美しいビーチを擁するこちらのホテルには、4年前に増設されたばかりの「サウスタワー」という客室棟があり、その宿泊者にはたくさんの特典を用意しています。...
【沖縄旅行】イルカと遊べるホテル「ルネッサンスリゾートオキナワ」は子連れにオススメ!ドルフィンphotoに参加してみた♪
沖縄県恩納村にある「ルネッサンス リゾート オキナワ」は、子連れファミリーに大人気のリゾートホテルです。 その最大の理由は、ホテルの敷地内で楽しめるアクティビティがたくさん用意されていること。特にイルカと触れ合える「ドルフィン...
ウェスティンリゾート グアム宿泊記!空港からのアクセス方法とアップグレードされたお部屋の様子をレポート
常夏のビーチリゾート「グアム」。 東京から飛行機で3時間ほどとアクセスが良く、時差もたったの1時間。気軽に行ける南国リゾートとして人気を集めており、初めての子連れ海外旅行先に選ぶ方も多いのだとか。 一度は行ってみたいなと...
シェラトン宮崎で体験できるサイクリング&乗馬が楽しすぎた!子ども大満足のアクティビティを一挙紹介
宮崎県宮崎市にある、大型高級リゾートホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。 広大な敷地を占める「フェニックス・シーガイア・リゾート」が擁する施設の一つで、空港からのアクセスもよく、ゆったりとした雰囲気の中でしばし...

陸マイルを貯めよう!

今回は、ANAマイルで発券した提携航空会社特典航空券(ビジネスクラス)でバリ島へやって来ました!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

 

トップへ戻る