instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

リニューアルされたセントレジス~プラチナ特典で超ハイレベルの朝食が無料<サンフランシスコ宿泊記2023>

follow us in feedly

セントレジス・サンフランシスコ宿泊記

マリオット系おすすめホテル3選inサンフランシスコの最終章は、「セントレジス・サンフランシスコ」です!

こちらのホテルは2005年開業と比較的新しいホテルですが、さらに2022年に全面改装の上、満を辞してリニューアルオープンしました。

サンフランシスコで最新インテリアに囲まれたい&アクセス至便のホテルを探しているのなら、ここをおいて他にありません。

ついでに、マリオットボンヴォイのプラチナ以上なら、素晴らしい朝食も無料で付いてきて、満足度は非常に高し!

ということで、今回はセントレジス・サンフランシスコについて詳しくご紹介します。

 

今回はZIPAIRサンノゼ線でサンフランシスコへやって来ました!

ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...

ジップエアは、LCC価格でフルフラットに乗れるのが大きな魅力です。

 

6月にはサンフランシスコ直行便も就航!

関連記事もぜひ併せてご覧ください♪

ZIPAIRのすべて コスパ最高の新LCC徹底解剖!ハワイ行き3万円・フルフラットでも7.9万円から
2020年6月、コロナ禍の真っ只中に一つの航空会社が誕生しました。 その名は「ZIPAIR(ジップエア)」! 一般的にいうところの”LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)”にもかかわらず、ビジネスクラスのようなフルフラットシートが設定さ...

 

サンフランシスコ関連記事も併せてどうぞ。

まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...
世界の高級ホテル宿泊記~ザ・リッツカールトン・サンフランシスコのクラブラウンジ最新レポート!
「サンフランシスコでおすすめ!マリオット系列ホテル3選」と題しまして、前回のパレスホテルに続き、第2弾としてご紹介するのが、「ザ・リッツカールトン・サンフランシスコ」! サンフランシスコの中でも、高級街区である「ノブヒル」に位置しており、世...
<2024最新版>本当に買いたいサンフランシスコのお土産!日本では入手しにくい厳選アイテムを一挙公開♪
美しい景観、豊かな文化、テクノロジーの中心地としての魅力を持ち合わせた都市、サンフランシスコ(San Francisco)。 ゴールデンゲートブリッジにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーと、たくさんの見所が思い浮かびますが、お土産にはど...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...
サンフランシスコ・マリオット・マーキスで豪華スイートにアップグレード!大充実のクラブラウンジ・朝食・プラチナ特典のすべて
気候や交通の便がよく、見所も沢山と、アメリカ初心者にもおすすめの街、サンフランシスコ。 この街には数多くのマリオット系列ホテルがありますが、もしあなたがマリオットボンヴォイ・プラチナ以上のステータスを持っているなら、サンフランシスコ・マリオ...
スポンサーリンク

セントレジス・サンフランシスコへのアクセス

セントレジス・サンフランシスコがあるのは、SoMa地区。

SoMaとは、“South of Market”の略で、以前は倉庫が立ち並ぶ、あまり治安の良くない地域とされていました。

しかし現在では再開発が進み、オシャレなレストラン・カフェのみならず、MoMa美術館やIT企業もこのエリアに多数展開しています。

実際に出歩いてもそれほど不穏な雰囲気は感じられませんでしたし、坂の多いサンフランシスコの中でも平地のため、過ごしやすいのが何より重要なポイント!

少し歩けばスーパーマーケット、駅、バス停もあり、滞在中何も不自由しませんでした。

ザ・セントレジス・サンフランシスコ宿泊記・建物外観

今回は、前日のリッツカールトンからUberでホテルに到着しました。

ザ・セントレジス・サンフランシスコ宿泊記・建物外観ロゴ

さっそく中へ入りましょう!

ザ・セントレジス・サンフランシスコ宿泊記・建物外観・ロビーへの入り口

スポンサーリンク

いざチェックイン!

2022年に改装されたばかりとあって、ロビーはとても洗練された印象です。

セントレジス・サンフランシスコ宿泊記・レセプション

セントレジス・サンフランシスコにはエグゼクティブ/クラブラウンジがないため、全員がこのレセプションでチェックインすることになります。

スポンサーリンク

無償アップグレード結果は?

チェックイン時のお楽しみといえば、無償アップグレード。

マリオットに加盟しているホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に無償で案内してもらえるのです。

私は今回、マリオットボンヴォイ「チタンステータス」を持っての宿泊。

プラチナ以上のステータスがあれば、「スイートルーム」を含む豪華なお部屋にアップグレードしてもらえる可能性があるのですが…

今回は…

 

グランドデラックスへアップグレード!

 

下記の通り、1ランクのアップグレードとなりました。

  • デラックス ←元の予約
  • グランドデラックス ←アップグレード!
  • エグゼクティブプレミア
  • アスタースイート
  • メトロポリタンスイート
  • オーバールックスイート
  • シグネチャースイート
  • セントレジススイート
  • プレジデンシャルスイート
スポンサーリンク

グランドデラックスへ

今回アサインされたのはこちら!8階のお部屋です。

セントレジス・サンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・玄関ドア

概要は以下をご覧ください。

面積 41㎡
ベッドと寝具
  • 最大収容人数3名様
  • 1 キング
  • 移動式ベッド1台100.00 USD /1泊でご利用可
  • ベビーベッド1台 搬入可能なベビーベッド/移動式ベッド数2
  • ピロートップマットレス,と羽毛布団
部屋の特徴
  • 冷暖房付き
  • 禁煙客室
  • コネクティングルームなし
  • USBコンセント
 バスとバスルームの特徴
  • 浴槽とシャワー独立型
  • 照明付き化粧鏡
  • ヘアドライヤー
  • ローブ2枚
  • スリッパ
家具と調度
  • アラームクロック
  • 客室内金庫
  • デスク,ワークデスク,プリンター
  • アイロンとアイロン台
食事、飲料
  • ルームサービス
  • ボトル水、無料
  • ミニバー 有料
インターネットと電話 
  • 電話: 3
  • 電話の機能: ボイスメール
  • 有料高速インターネット
  • 有料有線インターネット
  • 有料ワイヤレスインターネット
おもてなしサービス ターンダウンサービス
エンターテインメント
  • 55インチ/140cmプラズマ
  • プレミアム映画チャンネル
  • ケーブル/衛星
  • CNN, ESPN,とHBO
  • 有料映画
  • ラジオ
  • ステレオ
  • iPodドック
バリアフリールームの特長
  • 車椅子非対応客室
  • 車椅子用シャワー付き客室なし
  • 聴覚障害者向け客室なし
スポンサーリンク

グランドデラックスの全貌

ドアを開けると、ロビーレセプションと同様に、明るく垢抜けた雰囲気のお部屋が現れました!

セントレジス・サンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・玄関ドアを開けたところ

ウェットエリア

こちらは入ってすぐ右手にあるウェットエリアです。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリアの全貌

シャワーブース

正面左側のシャワーブースは広々!

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・シャワーブース

アメニティはSodashi(ソダシ)というメーカーのものです。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・シャワーブースのアメニティ

ドバイのアルマハでも、同ブランド品が提供されていたことが思い出されます。

アルマハ・ア・ラグジュアリーコレクション宿泊記~世界最高峰のサービス&アクティビティ全紹介!ドバイ旅行記/マリオット
世界有数の石油産出国、アラブ首長国連邦(UAE)。 その第二の都市であるドバイは、近未来的な都心部と、広大な砂漠地帯が融合する魅力的な街です。 せっかくドバイに来たなら、都心だけでなく雄大な自然も満喫したいところ。 そんな方に是非おすすめな...

トイレ

シャワーのお隣にはお手洗いが。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・トイレ

バスタブ

お部屋に浴槽があるのも嬉しいですね。

最近流行りの(?)ベッドルーム越しに窓の外を眺められるタイプです。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・浴槽

ベッドルーム側にはドアが付いていて、完全に閉めて使うこともできます。

浴槽にかかったラックには、固形石鹸と小さなボディスポンジ、ハンドタオルがセットされていました。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・浴槽のアメニティ

手前にはバスローブもスタンバイ。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・バスローブ

一人でしたので、開けっぱなしでのんびり優雅なバスタイムを満喫できました!

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・浴槽を反対側から

洗面台

洗面台は、スクエア型のシングルボウル。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・洗面台

台上には、Sodashiの固形石鹸とボディローションが置かれています。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・洗面台上のアメニティ

引き出しの中には、マウスウォッシュやコットン、爪やすりなどなど。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・洗面台引き出しのアメニティ

ドライヤーはヒューストンを本拠地とするFarouk Systemsのブランド「CHI」。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ウェットエリア・洗面台 ドライヤー

アメリカでもイオンが発生するタイプのドライヤーが発売されていたのですね。

そうでない一般的な製品に比べると、やはり仕上がりが良かったように思います。

スポンサーリンク

ベッドルーム

では、続いてベッドルームへ。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム全景

奥から見るとこんな感じ。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・奥から

ブラウンのワントーンでコーディネートされていて、とても上品なインテリアです。

ベッド

ベッドはキングサイズ。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・キングベッド

今回のサンフランシスコ旅では、パレスホテルリッツカールトンに続き、ここセントレジスへと辿り着いたわけですが、ベッドは本当にどこも優劣つけられないほど素晴らしい寝心地でした!

クローゼット

ベッド正面にはクローゼットを完備。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・クローゼット

中には紙袋や荷物台、バスローブ、スリッパ、アイロン、靴べら、ブラシ、ランドリーバッグ、セーフティボックスが入っています。

ミニバー

並びにはミニバーも。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・ミニバー

おしゃれなラベルの数々は、リッツカールトンに通じるものがありました。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・ミニバー1

スポンサーリンク

テレビ

テレビは55インチ薄型。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・テレビ

YoutubeやNetflixに対応していて、日本でもお馴染みのチャンネルを堪能できます。

ターンダウン

コロナ以後、ターンダウンを提供していないホテルもまだ多い中、セントレジスでは毎晩実施していました。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・ターンダウン

クローゼットにしまわれていたトレーがベッド上に出され、

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・ターンダウン

氷と新しいお水が補充されます。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・ターンダウン3

枕元には、ラベンダーをブレンドしたピロースプレーが置かれていました。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・ターンダウン2

眠る前にベッド周りが再び美しく整頓されると、やはり気持ちよく嬉しいものですね。

窓からの眺め

こちらのお部屋は南西側に面していて、窓からは市街地を一望できます。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・窓からの眺め

特に印象的だったのが、左奥に広がる住宅街のこの急勾配!

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・窓からの眺め2

遠くからだと高低差がよりはっきりわかって、つくづく面白い街並みだなぁと感じました。

夜になるとこんな感じ。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・グランドデラックス・ベッドルーム・窓からの眺め3

夜といっても、この時はまだそれほど遅い時刻でもなかったのですが、日中の喧騒が嘘のように車や人の往来がなくなっていましたので、ふらふらと一人で出歩くのはあまりよくないかもしれませんね。

スポンサーリンク

朝食

快適なお部屋で一晩ゆっくり休んだら、お待ちかねの朝食の時間です!

セントレジス・サンフランシスコでは、マリオットボンヴォイプラチナ以上のメンバーに無料の朝食を提供しています(1,000ポイントまたは毎日の朝食いずれかの選択制)

会場は、一階にあるレストラン「Astra at The St. Regis San Francisco」

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食会場

どこを見ても綺羅綺羅しい、素敵なレストランです。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食会場・The St. Regis Bar

マリオットボンヴォイのチタンメンバーであることを告げると、こちらのメニューを渡されました。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食会場・The St. Regis Barのメニュー

朝食
  • パンケーキ
  • コンチネンタル
  • ヨーグルト&グラノラ
  • ホブスベーコン&エッグマフィン
  • アボカドトースト
  • カリフォルニアブレックファストクロワッサン
  • お好みの卵料理
  • ウエボス・ランチェロス
ジュース&スムージー
  • コールドプレスジュース グレープフルーツ/オレンジ 4ドル
  • グリーン 4ドル
  • 抗酸化スムージー 4ドル
  • カリフォルニアフレッシュスムージー 4ドル
ティー&コーヒー
  • ホットチョコレート
  • イリーマイクロローステッドコーヒー
  • カプチーノ
  • カフェラテ
  • エスプレッソ

無料になるのは、朝食メニューとティー&コーヒーのそれぞれ一品まで。

ジュースやお料理の2品目以降は有料となります。

今回選択したのはこちら!

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食会場・カリフォルニアブレックファストクロワッサン

カリフォルニアブレックファストクロワッサンです。

やはりせっかく西海岸まで来たのなら、何かしらご当地のものがいいかなと思って注文したのですが、これが大正解!

さくさくフワッフワのクロワッサンの上に、新鮮で高品質なアボカドとスクランブルエッグ、添えられた少しの塩胡椒が最高のバランスで、もうびっくりするほど美味しかったです!!

サラダやカリカリホクホクのポテトもいい塩梅ですし、お野菜がたっぷり取れるのもおすすめポイント。

余談ですが、別メニューにあった「ホブズベーコン」も地元サンフランシスコの名店で、オススメだそうですよ♪

ラスベガスからこちら野菜不足生活だったため、別途グリーンジュースも付けたのですが、これならオーダーせずとも十分だったかもしれません(でも、こちらも体喜ぶおいしさでした!)

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食・グリーンジュース

最後はカプチーノをお願いしまして、大満足の朝食となりました♪

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食・カプチーノ

ちなみにレストラン入口にはグラブ&ゴーコーナーを設置。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食会場・グラブ&ゴー

午前中の間、コーヒーや紅茶を自由に持ち帰れるようになっていました。

セントレジスサンフランシスコ宿泊記・朝食会場・グラブ&ゴー・ティーバッグ

このホテルにはラウンジがありませんし、こういうサービスはとってもありがたいですね♪

スポンサーリンク

最後に

ということで、今回はセントレジス・サンフランシスコ宿泊記をお届けしました!

新しいだけあって、共用部からお部屋までピカピカで居心地は満点。

そして、最後にいただいた朝食のクオリティは驚きのひと言でした。

お仕事にも観光にもバッチリなホテルですので、サンフランシスコでの滞在先候補にぜひ入れてみてはいかがでしょうか?


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを詳しく知るのにピッタ...

ホテル概要

ホテル名称 セントレジス・サンフランシスコ
所在地
125 3rd St, San Francisco, CA 94103 アメリカ合衆国
エグゼクティブラウンジの有無 なし
子供の添い寝条件 11歳まで無料
階数 20階
部屋数 260室
開業 2005年(2022年全面改装)

関連記事

本場フェアフィールドのエグゼクティブスイート宿泊記〜無料シャトルバスでサンノゼ空港アクセス可能
マリオット・インターナショナル系列のホテルブランド、フェアフィールド・バイ・マリオット。 元々は創業者夫妻が、所有する農場で近しい人たちをもてなすところから始まったブランドです。 近年は日本でも、道の駅を中心に、多くのフェアフィールドホテル...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...
これが国内最高峰!セントレジスホテル大阪 宿泊記~プラチナ特典でお部屋の無料アップグレード?<SPG/マリオット>
セントレジス (St. Regis) とは、アメリカの実業家であるJohn Jacob Astor IV(ジョン・ジェイコブ・アスター4世)氏によって、1904年にニューヨークで設立された、高級ホテルブランドです。世界的ホテルチェーン・スタ...
【地上の楽園】セントレジス・バリ宿泊記~憧れの極上リゾートホテルの魅力を全て見せます
地上最後の楽園、バリ島。 世界的に有名な高級リゾート地ですが、今回はその中でも屈指のラグジュアリーリゾートホテル『セントレジス・バリ リゾート(The St. Regis Bali Resort)』についてご紹介したいと思います。 セントレ...
【宿泊記】セントレジス上海静安のお部屋紹介~プラチナ特典で豪華スイートルームに無料アップグレード!
セントレジス上海静安(The St. Regis Shanghai Jingan/上海静安瑞吉酒店)は、中国・上海の静安区にある五つ星ホテル。 外資系の大手ホテルグループマリオットインターナショナルの最高峰ブランド「セントレジス」を冠したラ...
ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...
ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...
世界の高級ホテル宿泊記~ザ・リッツカールトン・サンフランシスコのクラブラウンジ最新レポート!
「サンフランシスコでおすすめ!マリオット系列ホテル3選」と題しまして、前回のパレスホテルに続き、第2弾としてご紹介するのが、「ザ・リッツカールトン・サンフランシスコ」! サンフランシスコの中でも、高級街区である「ノブヒル」に位置しており、世...
まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...

マリオットボンヴォイのエリートメンバーになるためには

マリオットボンヴォイのエリートステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。

この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

マリオットアメックスプレミアムなら一気にステータスを獲得できる

用もないのに16泊はちょっと…という方には「マリオットアメックスプレミアム」がオススメ。

マリオットアメックスプレミアム券面

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、マリオットアメックスプレミアムには、年間150万以上決済すると、カード更新時に毎年1泊分の無料宿泊特典が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)というお得な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

マリオットアメックスプレミアムは、絶大な人気を誇った「SPGアメックス」の後継カードです。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪