ソラチカルートで年間216,000マイルを創り出す

年間21万6千マイル貯めることができれば、毎年のように無料で海外旅行に行けます。

でも、本当にそんな方法があるのでしょうか?

あまりにも美味しい話なので疑いたくなる気持ちは当然です。しかし、年間21万6千マイルを貯める方法は確かにあります。

その大量のマイルを生み出してくれるのが「ソラチカカード」です。

ソラチカカードとは

ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)は、ANA(全日本空輸)が提供するクレジットカード「ANAカード」の一種で、日本のクレジットカード会社JCBが発行しています。

「ソラチカ」という名前からも分かるように、ANAカードとしての機能「空(ソラ)」と、東京メトロのPASMOとしての機能「地下(チカ)」とが一体化したカードです。

ソラチカカード

あまり知名度のあるカードではありませんが、ANAマイルを貯める陸マイラーにとっては必要不可欠なクレジットカードです。このため、陸マイラーのほぼ全員がソラチカカードを持っているといっても差し支えないと思います。

陸マイラーへの道はこのソラチカカードから始まるといっても過言ではないのです。

ソラチカカードの基本スペック

  • 年会費:2,000円(税別)※初年度年会費無料
  • 海外旅行損害保険:最高1,000万円
  • 国内航空傷害保険:最高1,000万円
  • ショッピングガード保険:(海外)最高100万円
  • 決済時マイル還元率:原則0.5%(移行手数料5,000円を支払えば1%)
ソラチカカードはJCBブランドのため、以前はJCBブランドのANAカードとの2枚持ちが禁止されていましたが、現在ではその規約は撤廃され、ソラチカカードとJCBブランドのANAカードの2枚持ちが可能となりました。

ソラチカカードの基本的なスペックはANAカード(一般)と概ね同様です。決済時のマイル還元率は0.5%なので、他のクレジットカードと比較した場合にマイル還元率が特に優れている訳ではありません。

移行手数料(年間5,000円)を払う前提であれば、マイル還元率は1%(2倍)になりますが、例えばANAワイドゴールドカードであれば移行手数料なしでマイル還元率1%、ダイナースプレミアムカードであればマイル還元率は2%であることを考えると、陸マイラーのメインカードとしては少々物足りないと言えます。

ただし、ソラチカカードにはPASMOがついているので、よく電車を利用するという方にとっては便利です。オートチャージ機能も使えますし、メトロポイントplusでもANAマイルが貯まります。

ソラチカカードのメトロポイントPlusは侮れない
ソラチカカードでANAマイルを貯める方法はソラチカルートだけではありません。簡単な設定をしておくだけで、東京メトロを利用する際に17%超のマイル還元率を実現できます。

しかし、それでも普通の使い方ではANAマイルを大量に貯めることはできません。

ソラチカカードの真の実力は「ソラチカルート」と呼ばれる超お得なポイント移行ルートを利用することで発揮されます。

ソラチカルートは、ソラチカカードを保有してさえいれば利用することができます(カード所有者に与えられる特典の1つです)。このため、ソラチカカードでマイルを大量に貯める際に、ソラチカカードをショッピング等の決済に利用する必要はありません。

極端なことを言えば、ソラチカカードは持ち歩く必要はありません。タンスの奥にしまったままでもOKです。

ソラチカルートとは

ソラチカルートとは、東京メトロのポイントである「メトロポイント」から「ANAマイル」へのポイント移行ルートの通称であり、ソラチカカードの所有者(家族会員を除く)であれば利用することができます。

ソラチカルートの移行レートは×0.9倍です。例えば、メトロポイント1,000ポイントが、ANAマイル900マイルに移行できます。

ソラチカルート

というわけで、ソラチカルートで大量のANAマイルを獲得するためには、まずメトロポイントを貯めなければいけません。

メトロポイントってなに?

メトロポイントは、東京メトロ(東京地下鉄株式会社)のポイントです。

基本的には地下鉄の利用で貯まるポイントですが、それだけで大量に貯めるのは困難です。地下鉄に乗った際に貯まるポイントはせいぜいが数ポイント、多くても数十ポイント単位でしか貯まりません。

メトロポイントは1ポイント=1円相当ですから、毎日のように地下鉄に乗る人であっても、そうそう貯まるものではないのです。

東京メトロの車両

しかし、メトロポイントは地下鉄に乗る以外にも貯める方法があります。実は、その方法こそがソラチカルートで大量のANAマイルを貯める重要な鍵となっています。

大量のメトロポイントを貯める方法

ソラチカルートに必要なメトロポイントの最も効率的な稼ぎ方はたった1つ。それは、「ポイントサイトの利用」です。

ポイントサイトとは、ネットを介したお買い物や各種サービスの利用によって、現金化可能なポイントを稼ぐことが可能なサイトの総称です。有名なポイントサイトとしては、例えばハピタスが挙げられます。実際に利用したことはなくても名前を聞いたことくらいはあるのではないでしょうか?

メトロポイントへは、ハピタス等の各種ポイントサイトで貯めたポイントを交換して貯めることができます。ポイントサイトで貯めたポイントは、等倍の交換レートでメトロポイントに交換できるのです。

例えばハピタスで10,000ポイント(10,000円相当)を貯めた場合、そのポイントをメトロポイント10,000ポイント(10,000円相当)に交換できます。実際には、交換手数料が発生するのでメトロポイントは少しだけ目減りしてしまいますが、非常に小さい額なので無視できるレベルです。

2016年7月にハピタスから.money(ドットマネー)への交換ルートが開通したため、ハピタスから.moneyを経由してソラチカルートを利用することが可能となりました。.moneyはメトロポイントへの交換手数料が無料のため、PeXの代わりに.moneyを利用すれば上記手数料は不要となります。
【ソラチカ】ハピタスからドットマネーに交換開始でANAマイル移行が無料化
ソラチカルートを利用する際の交換ルートに、ハピタスからドットマネーへのルートが追加されました。ドットマネーはメトロポイントへの交換手数料が無料のため、ハピタスで貯めたポイントを無料でANAマイルに移行することが可能となります。

このように、メトロポイントは東京メトロを使わずに貯めることができます。このため、東京メトロを利用する機会のない地方在住の方であっても、大量のメトロポイントを貯めることは可能です。

ソラチカルートの圧倒的な威力

上述したように、ポイントサイトを利用すれば、メトロポイントは簡単かつ大量に貯まります。このようにして貯めた大量のメトロポイントが、ソラチカルートを利用するだけで大量のANAマイルに変わります。

例えば、ハピタスポイント10,000ポイント(10,000円相当)を所持していた場合、「ハピタス→PeX→メトロポイント→ANAマイルというルートでポイント移行させると、ANAマイル9,000マイルを獲得することができます。

ハピタスからPeX経由のソラチカルート

ハピタスのポイントは直接メトロポイントに交換できないため、ここではポイント中継サイトである「PeX」を経由してメトロポイントへの交換を実現しています。PeXのポイントは10ポイント=1円なので、一時的にポイントが10倍に増加したように見えますが、実際は等価交換です。

上の図を見ても分かるように、ソラチカルートを利用すれば、ポイントサイトで貯めたポイントに対して、最終的に×0.9倍のANAマイルを獲得できます。

ですが、×0.9倍というと、なんだか減ってしまうような気がしますよね?私も最初にソラチカルートのことをを知った時にはそう思いました。

でも、それは大きな間違いです!

マイルの価値は概ね1マイル=2円で換算することができるため、ポイント交換で1マイルを得るためには、2円分のポイントが必要になる場合がほとんどです。

例えば、楽天ポイントやTポイントをANAマイルに交換する場合にも「2ポイント→1マイル」の交換レートです。つまり、マイルへのポイント交換は×0.5倍であることが普通なのです。

しかし、ソラチカカードを持っていれば、ソラチカルートで×0.9倍の交換レートを実現できます。つまり、ソラチカルートは、通常のマイル交換レートと比較すると×0.4倍分もお得なんです。

例えば、楽天ポイントをANAマイルに交換する場合、10,000ポイント(10,000円相当)を5,000マイル(10,000円相当)に交換できます。ポイントとしての価値は交換前と交換後で変化していませんよね。

これに対し、ソラチカルートであれば、10,000ポイント(10,000円相当)を9,000マイル(18,000円相当)に移行することができます。すると、保有ポイントの価値は1.8倍に増加する計算になります。

とにかく常識はずれのレート

この1.8倍という倍率は普通に考えればあり得ない数値です。

なぜなら、仮に10万円分のポイントを所持していたとすると、それが18万円分のマイルになってしまうんですから。

しかも、株やFXのように損失を出す可能性はなくノーリスクです。

ソラチカルートの移行レートが急に改悪される等の多少のリスクはあります。

私はソラチカルートの存在を知ってから、その本当の凄さを理解するまでに結構な時間がかかってしまいました。1度理解してしまえば簡単なことなんですが、初めて見聞きした時には、何がお得なのかよく分からないし、その仕組みも結構ややこしいんですよね。

今となっては、ソラチカルートのことを知らないまま終わることがなくて、本当に良かったと思っています。あまりにお得な方法なので今後の改悪も懸念されますが、しばらくはソラチカルートを活用して大量のANAマイルを貯めていきたいと思います。

年間216,000マイルを生み出すソラチカカード

ソラチカルートを使えばANAマイルへの移行でポイントの価値を高くできることが分かりました。しかし、ソラチカルートは制限なくマイルを生み出せるわけではありません。

ソラチカルートにはポイントの移行上限が設定されており、1月あたり最大でも20,000メトロポイントしか移行申請できない仕様になっています。つまり、1月あたりの獲得ANAマイルは、最大でも20,000×0.9=18,000マイルとなります。

この移行上限は、おそらくソラチカルートの威力が高すぎるゆえに設定されたものであると容易に想像できます。

ソラチカルートを使えば、すでに説明したように、ポイントの価値を1.8倍に高めることができます。これが無制限に使用可能であるとすれば大変なことになりますよね。

利用者としてみれば嬉しい話ですが、ANA側からすれば大きな損失が発生してしまう可能性もあります。

ですから、ソラチカルートの移行上限は設定されていて当然で、移行上限があるからこそ、通常では考えられない高レートでの移行が実現できていると言えます。

ソラチカルートで1年間ANAマイルを貯め続けると、18,000×12=21万6,000マイルを獲得できることになります。

ソラチカルートの交換レートが改悪されなければ、毎年のように21万6,000マイルを手に入れることができるのです。

21万6,000マイルの価値

ANAマイルが21万6,000マイル貯まっていれば、国内線だけでなく、国際線の特典航空券を手に入れることもできます。つまり、無料で海外旅行ができてしまいます。

例えば、ハワイ行きの特典航空券(往復分)を手に入れるためには、ローシーズンで35,000マイル、レギュラーシーズンで40,000マイル、ハイシーズンで43,000マイル必要です。

普通にマイルを貯めていたのでは、なかなか手が届きませんが、ソラチカルートで年間21万6,000マイル貯めることができれば余裕ですね。無料でハワイ旅行に行けます。

最も必要マイル数が多くなるハイシーズンでも5往復分。5人家族までなら家族全員で毎年ハワイに行ける計算です。

ANAマイルを貯めればハワイ旅行に無料で行ける

また、上記はエコノミークラスの話ですが、ソラチカルートで貯めた21万6,000マイルがあれば、ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も実現可能です。

例えば、ハワイ行きのビジネス特典航空券(往復分)を手に入れるためには、ローシーズンで60,000マイル、レギュラーシーズンで65,000マイル、ハイシーズンで68,000マイル必要です。

このため、ソラチカルートで年間21万6000マイル貯めることができれば、年に3回もビジネスクラスでハワイ旅行に行けます。

ビジネスクラスの航空券を普通に購入しようとすれば、少なくともエコノミークラスの倍額(数十万円)必要です。庶民が簡単に手を出せる金額を超えていますが、ソラチカルートを使えば、あっという間に身近なものになります。

ファーストクラスについては、普通の人はおそらく一生乗らずに終わることも多いと思います。ニューヨークとの往復便の価格は、軽く100万円を超えてきますからね。選ばれた人間しか利用できない特等席です。

しかし、ANAマイルを特典航空券にすれば、15万マイルでニューヨーク往復のファーストクラスの航空券が手に入ります。つまり、ソラチカルートで毎年21万6,000マイル貯めることができれば、毎年ファーストクラスでニューヨークに行けてしまいます。

ソラチカルート恐るべしです。

ソラチカルートの使い方

知っているだけで得をするソラチカルート。まだ利用したことのない方は、まずソラチカカードを入手してみてください。

ソラチカカードはステータスの高いカードではないため、入会審査はそんなに厳しくありません。クレジットカードで過去に問題を起こしたような人でなければ問題なく審査を通過することができるはずです。もちろん主婦の方でも大丈夫だと思いますよ。

ソラチカルートでANAマイルを貯めるためには…

  1. ソラチカカードを申込む。
  2. ポイントサイトに登録する。
  3. ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに交換する。
  4. メトロポイントをソラチカルートでANAマイルに移行する。

たったこれだけで、ビックリするくらいANAマイルが貯まるようになります!

ソラチカルートでのANAマイルの確定には時間が必要なので、ソラチカカードを入手してすぐにANAマイルを獲得できるわけではありませんが、ソラチカルートが回り始めれば毎月のように18,000マイルが貯まります。

ソラチカカードの新規発行にポイントサイトは使える?

ポイントサイトでは、「クレジットカードの新規発行」で大量ポイントを獲得できます。このため、「ソラチカカードの新規発行」でポイントを貯められるポイントサイトがあればよいのですが、現時点でいずれのポイントサイトにもソラチカカードに関する案件は存在していません。

おそらく、ANAマイルを貯めている陸マイラーが数多くソラチカカードに申し込んだため、クレジットカード会社側がポイントサイトでの宣伝は不要と判断したのでしょう(裏を返せば、それだけお得なカードであるということです)。

数年前にはソラチカカードの新規発行で数千円相当のポイントが貰える案件も存在していたようですが、私が申し込んだ時期にはすでに1件も残されていませんでした。

このため、ソラチカカードの新規発行については、ポイントサイトで獲得できるポイント数について悩む必要はなく、公式ホームページ等から直接申し込んでしまっても問題ありません。

クレジットカード会社独自の入会キャンペーンについては定期的に実施されているようなので、そのようなキャンペーンを利用するのが現時点では得策です。

ソラチカカードはキャンペーン利用で入会時にも大量ANAマイルが貰えます
2016年10月16日から開始されたソラチカカード入会キャンペーンの最新情報をまとめています。ソラチカカードは、各種入会キャンペーンを利用して申し込むことで、入会時にも大量のANAマイルを獲得することが可能です。

ただし、入会キャンペーンの開始を待ってしまったがゆえに、ソラチカカードの入手時期が遅れてしまうのでは意味がありません。

ソラチカルートを利用したANAマイルの獲得方法には、既に説明した移行上限の存在があるため比較的長い期間が必要となります。

ソラチカカードについては、できるだけ早く申込みを済ませてしまいましょう。

ソラチカルートを利用できるポイントサイト

下記ポイントサイトで貯めたポイントは、ソラチカルートでANAマイルを貯めるために必須となるメトロポイントに交換できます。

ポイントサイトの具体的な利用方法については、以下の記事を参考にしてみて下さい↓

マイルを大量に貯めるために最も効率的な方法とは
マイルを貯める方法はいろいろあれど、大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。
登録する前に知っておきたいハピタスのメリットと注意点
ハピタスを使ってみたいけど何だか怖い気がする…そんな人のためにハピタスのメリットと注意点を詳しく解説してみました。この記事を読んでハピタスを始めれば上手にポイントを稼げます。
マイルを貯めるために本当におすすめできるポイントサイト一覧
マイルを貯めるためにはポイントサイトの利用が最も効率的です。数あるポイントサイトの中でも、実際に私がポイントを稼げているポイントサイトを厳選して紹介します。
マイルを貯めるための最新キャンペーン&募集中モニター情報
マイルを貯めることができるキャンペーン&モニターに関する最新情報を随時更新中!一気に10,000円以上の大量ポイントを獲得できる案件や100%還元モニター案件を中心に、今すぐ応募可能な案件を多数紹介しています。

これらのポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルートに乗せれば、驚くほど簡単にマイルが貯まるはずです。

私たち夫婦は、ソラチカルートを使ってマイルを貯め始めてから、たった6ヶ月間で30万マイルも貯めることができました。