instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

<最新ANAビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!半個室THE Roomで快適な旅を♪

follow us in feedly

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記

日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA

特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。

そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系らしい気遣いにあふれた接客はそのままに、個々のシートにドアを取り付けることにより、しっかりプライバシーを確保できるのが最大の魅力です。

ということで今回は、ロンドン発羽田行きのTHE Room搭乗記をお届けします!

関連記事もぜひご覧ください!

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...
まるでハリーポッターの世界!セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンの魅力とは <マリオット宿泊記>
イギリス・ロンドンの中心地に佇む、セントパンクラス・ルネッサンス・ホテルロンドン。 併設されているセントパンクラス駅は、ロンドンとフランス・パリ&リール、ベルギー・ブリュッセルやオランダ・アムステルダムを結ぶユーロスターの発着駅ですので、ヨ...
イギリス憧れの湖水地方で過ごす珠玉の休日!ロンドンからの行き方・電車の乗り方・おすすめホテル・レストラン
皆さんは、イギリスの名所と聞いてどこを思い浮かべますか? ロンドンのビッグベンやアビイロード、サッカーで有名なマンチェスターにリバプールなどなど、たくさんの見所がありますよね。 その中でも、英国文学や歴史、トレッキングがお好きな方にお勧めし...
ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア宿泊記~豪華クラブラウンジ・イギリス式朝食・特典の全て<宿泊記>
ロンドン市内でも屈指の高級エリア・メイフェア地区にある5つ星ホテル、「ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア/London Marriott Grosvenor Square」。 改装済みのお部屋には、大理石作りのバスルームやラグジ...
MI6の本拠地!?セントアーミンズホテルで過ごすクリスマス〜ロンドン・マリオット宿泊記
ロンドンにマリオット系ホテルは数あれど、『セント・アーミンズ・ホテル・オートグラフ・コレクション/St. Ermin's Hotel, Autograph Collection』は、ちょっと異色のホテル。 歴史的偉人も愛したというクラシカル...
スポンサーリンク

フライト情報

本題に入る前に、今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 NH212
区間 ロンドン・ヒースロー – 東京・羽田
出発時間 19:00
到着時間 17:05(翌日)
所要時間 14時間5分
シート ビジネスクラス

ヒースロー国際空港へ!

さて、搭乗当日。

出発は19時ですので、日中は大分余裕があります。

朝から滞在先のマリオットホテル・グロブナースクエアを拠点にロンドン市内を駆け回り、お目当てのお店や観光地を一通り網羅してきました。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・ロンドン観光

スーパーマーケットとデパートでお土産をしこたま購入し、大英博物館と交通博物館へも足を伸ばしてきました♪

やはり市街地中心地にあるホテルは便利ですね。

郊外に比べると決してお手頃価格とは言えないものの、その分時間と体力を節約になるため、コスト以上の価値を感じることができます。

さらに今回は16時までのレイトチェックアウトが認められたおかげで、ギリギリまで部屋で一休みすることが出来て幸いでした。

プライベートガーデン付きのスイートにアップグレードして頂きましたし、マリオット様様です。

ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア宿泊記~豪華クラブラウンジ・イギリス式朝食・特典の全て<宿泊記>
ロンドン市内でも屈指の高級エリア・メイフェア地区にある5つ星ホテル、「ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア/London Marriott Grosvenor Square」。 改装済みのお部屋には、大理石作りのバスルームやラグジ...

チェックアウト後はバスでパディントン駅まで行き、ヒースローエクスプレスに乗車。

ヒースローエクスプレスなら空港からロンドン・パディントン駅まで最速15分!乗り方と運賃をご紹介♪
ヒースロー・エクスプレス (Heathrow Express) は、ロンドン・ヒースロー空港とパディントン駅との間を最短時間で結ぶ空港アクセス列車です。 日中はだいたい15分間隔で運行しており、ヒースロー空港からロンドン市街地まで出る交通手...

そこから30分もかからず、ヒースロー国際空港ターミナル2に到着しました♪

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・ターミナル2に到着

ロンドンは空港と市街地が近いのも素敵ポイントですね。

スポンサーリンク

チェックイン

ANAのチェックインカウンターは、Cエリアにあります。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・チェックインカウンター

ちょっと見づらいかもしれませんが、エコノミークラスカウンターの前はかなりの行列。

今回は預ける荷物もありませんし、すでにオンラインチェックインを済ませていたため、カウンターには立ち寄らず出国することにしました。

GOLD TRACKから出国

ヒースロー国際空港の保安検査場には、ゴールドトラック(優先レーン)が設置されていて、ビジネスクラス以上搭乗またはスターアライアンスゴールドステータスを持っていれば、ほぼドライブスルー状態で出国可能です。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・保安検査場前のゴールドトラック

というわけで、無事に出国完了!(イギリスでは出国時のパスポートチェックは実施されていません)

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・保安検査を受けて制限エリアへ

この時点で出発まで残り2時間強。ラウンジへと向かいましょう。

スポンサーリンク

ユナイテッドクラブラウンジへ

このターミナル2には、ルフトハンザを始めとしてスターアライアンス系のラウンジがいくつかありますが、今回はゲート最寄りのユナイテッド航空クラブラウンジで過ごすことに。

ANA指定ラウンジ「ユナイテッドクラブ」は隠れたオアシス!ロンドン・ヒースロー空港
ロンドン・ヒースロー空港からANA便に乗る際に指定される、ユナイテッド航空のラウンジ「United Club(ユナイテッド・クラブ)」。 とってもオシャレな空間に充実の設備、イギリスのエッセンスが感じられるフードラインナップと、最後までヨー...

搭乗開始より30分早い18時で閉まってしまうのが玉に瑕ですが、とても明るくスタイリッシュで、ドリンク&フードプレゼンテーションも充実したとっても素敵なラウンジでした♪

スポンサーリンク

搭乗開始

その後、出発30分前の18時30分。

予定通りに搭乗が開始されました。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・搭乗口前

エコノミーはもちろんのこと、ファーストクラス・ビジネスクラスレーンともになかなかの賑わいぶりです。

パッと見渡した印象では、日本人よりは欧米系の方が多かったような。

使用機はB777-300ER

さて、こちらがこれから14時間お世話になるB777です!

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・飛行機

PBBはファーストクラスとそれ以外で分かれていました。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・クラス別のPBB

このまま直進してファーストクラスへ…と行きたいところですが、今回はビジネスクラスですので、右手へと進みましょう。

昨年初めて新型ファーストクラス・THE Suiteに乗った時は、予期せぬ貸切状態!

【搭乗記】ANA新型ファーストクラスTHE Suiteに乗ってみた!ドア付き最新シートに豪華すぎるアメニティ&機内食まで全てレポート♪
国際線の飛行機で、最も高価&最もサービスが充実している搭乗クラスといえば、皆様ご存知ファーストクラス。 中でも、ANAのファーストクラスは以前から高い評価を得ていましたが、2019年、全てを刷新したファーストクラス、その名も「THE Sui...

ホスピタリティ満点のサービスに感激の連続でしたので、またいずれ近いうちに機会があることを願っています。

さて、これからの14時間、どんな旅になるのでしょうか?

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・機側

スポンサーリンク

THE Room初の後ろ向き席

ANAの最新ビジネスクラス・THE Roomは、個々の空間を最大限確保するために、座席が進行方向前向き・後ろ向きと互い違いに設定されています。

ANA THE Room搭乗記・シートデザイン

(ANA公式サイトより)

これまでは何となく前向きを選択していたのですが、今回は満席で選択肢がなく、後ろ向きの席となりました。

NH212便ビジネスクラス搭乗記・後ろ向きの座席を選択

当初は若干の抵抗があったものの、前月のエティハド航空ですでに同様の体験をしていたこともあり、今回は大分慣れた状態での搭乗。

この席のメリットは、着席ポジションが窓に近く、外の写真が撮りやすいことでしょうか。

逆に注意すべきは、Gが掛かる方向が通常と逆なので、特に離陸時に物が前方へ吹き飛ばないよう気を付けるくらい。

いずれにせよ一旦飛んでしまえば、着陸までの間、特に違和感を覚えることはありません。

THE Roomキャビン全体やシート機能の詳細につきましては、前回・前々回の搭乗記をご参照ください。

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...
【THE Room】ANA新型ビジネスクラス搭乗記!ファーストクラスにも負けない豪華シートと機内食・アメニティまで全公開
2019年に導入されたANA国際線の新ビジネスシート「THE Room(ザ・ルーム)」をご存知ですか? ANAビジネスクラスの座席がリニューアルされたのは、なんと10年ぶり。 旧シートとの違いは、なんといっても各シートにドアが付いたことです...

 

2024年にデビューするJAL最新ビジネスクラスは、ANAのTHE Roomと同様にドア付き。こちらは全席前向きで、また違った魅力が感じられそうです!

JAL国際線新機材A350-1000はファースト&ビジネスクラスの進化がスゴイ!!
JALが20年ぶりに国際線キャビンを一新! 待望の新型機「A350-1000」が登場しました♪ 単に新しい機材が投入されるというだけでなく、この度ファースト・ビジネス・プレエコ・エコノミー全クラスのインテリア・機能が刷新されます。 特にアッ...
スポンサーリンク

THE Roomの就航路線は?

ちなみに現在「THE Room」が設定されている路線は、以下の通りです。

<北米線>

  • 羽田=ニューヨーク間(NH110/NH109、NH160/NH159)
  • 羽田=サンフランシスコ間(NH108/NH107)
  • 成田=サンフランシスコ間(NH8/NH7)
  • 羽田=シカゴ間(NH112/NH111)
  • 成田=シカゴ間(NH12/NH11)

<欧州線>

  • 羽田=ロンドン間(NH212/NH211)

※一部日程では旧型キャビンでの運行

ご覧の通り、ヨーロッパ線ではロンドン便のみが対象となっています。

アメニティ

ANAアッパークラスで提供されるアメニティポーチは、2023年も引き続き、英国老舗ラゲッジメーカー・グローブトロッターとのコラボレーション。

現地ロンドン購入!憧れのグローブトロッターが日本で買うより安い割引価格で手に入りました
グローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)というブランドをご存知でしょうか。 1897年にイギリス人のデイヴィッド・ネルケンによって創業された、バッグ&ラゲッジメーカーであり、そのレトロで優雅な独特の風貌から、日本にも熱烈なファンが...

何色が当たるかは運次第ですが、今回は大好きな水色でした♪

NH212便ビジネスクラス搭乗記・グローブトロッターのアメニティポーチ

日本発便で貰えるのは、よりグローブトロッターっぽいハードケースで、デザイン面ではそちらの方が好みなのですが、こちらのポーチの方が使い勝手はいいように感じます。

中身はアイマスク・歯ブラシセット・イヤープラグと、SHIROのフェイスミスト、リップバームです。

ANAビジネスクラス搭乗記・アメニティポーチの内容品

いずれもゆずの香りが採用されていて、日本らしさを感じさせますね。

ANAビジネスクラス搭乗記・アメニティポーチ・SHIROのカード

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク

席に落ち着くと、まもなくウェルカムドリンクサービスが開始されました。

NH212便ビジネスクラス搭乗記・ウェルカムドリンク

ANAビジネスクラスではお馴染み、スパークリングワインとオレンジジュースの二択です。

最近はめっきりアルコールに弱くなってしまったので、専らオレンジジュース派。

NH212便ビジネスクラス搭乗記・ウェルカムドリンクはオレンジをチョイス

喉を潤しつつ窓の外を見ると、異国感あふれる飛行機たちが並んでいます。

NH212便ビジネスクラス搭乗記・機窓から

この飛行機には機外カメラも付いていて、着々と出発準備が進む様子を見るのも楽しいひとときでした。

ANAビジネスクラス搭乗記・機外カメラ

スポンサーリンク

いざ離陸!

お客さん全員の搭乗が完了し、機体は順調に滑走路へ。

ANAビジネスクラス搭乗記・機窓から見るロンドンヒースロー空港

これで本当にイギリスともお別れです。

また遠からず戻ってこられますように!

ANAビジネスクラス搭乗記・機窓から見おろすロンドンヒースロー空港

スポンサーリンク

まずは就寝

飛行が安定すると、すぐに機内食がスタートするわけですが、日本時間ではこの時午前3時過ぎ。

時差ボケを防止するために、まずは眠ることにしました。

アイマスクとマスクを重ね、さらに耳栓を装着!

ここまでの数日間、気を張りながらあちこち渡り歩いていたこともあり、あっという間に眠りに落ち、気がつけばすでにアラビア半島を抜けていました。

ANAビジネスクラス搭乗記・画面

時計を見ると離陸から5時間が経ち、機内食サービスもとうに終わっている様子。

いつの間にかテーブルにはイギリスでお馴染み、HARROGATE(ハロゲート)のミネラルウォーターが置かれています。

ANAビジネスクラス搭乗記・ミネラルウォーター

【マリオット】ロンドン・グレートノーザンホテル宿泊記~駅直結&パントリー完備
グレートノーザンホテル・ア トリビュートポートフォリオホテル ロンドン(Great Northern Hotel, A Tribute Portfolio Hotel, London)は、イギリス・ロンドンにある5つ星ホテルです。 このホテ...
スポンサーリンク

機内食

寝起きでぼーっとしていると、CAさんが目敏く気づいて「機内食いかがですか?」と聞きに来てくれました。

日本時間の午前8時と、朝ごはんにちょうどいい頃合いです。

ご参考までに、本便の機内食メニューはこちら。

アミューズ
  • パプリカのサラダサラミとボッコンチーニ

和食
  • 前 菜

    ほうれん草お浸し 玉子焼き 海老芝煮
    鶏松風

  • 小 鉢

    北寄貝胡麻和え

  • 煮 物

    合鴨ロース煮 叩きオクラ掛け

  • 主 菜

    鯛味噌煮 [269 kcal]

  • 御 飯

    御飯 、味噌汁 、香の物

  • デザート

    ・レモンポセットとクランブル
    ・チーズ
    ・フルーツ

洋食
  • アペタイザー
    チキンテリーヌとエンドウ豆のピューレ ミントオイル添え
  • メインディッシュ
    ・牛肉の煮込み リゾットとグレモラータソース [373 kcal]
    ・サーモンのソテー フェンネルヴルーテとともに [363 kcal]
  • ブレッド
    2種のブレッドをバターとオリーブオイルとともに
  • デザート
    ・レモンポセットとクランブル ・ チーズ
    ・フルーツ
スポンサーリンク

和食を選択

若い頃は「海外発便なら絶対洋食!」と決めていたものですが、この頃は歳のせいか、お醤油と出汁の禁断症状が出るまでの期間が短くなり、帰国便で和食を頂かないと落ち着かない体質になってしまいました(さらに、往路便でも食べ納めしておかないと気が済まないという…)

というわけで、今回も和食です!

和食の場合は、前菜・小鉢、煮物がまずお盆で運ばれ…

ANAビジネスクラス搭乗記・1回目の機内食

食べ終わってから、主菜やご飯が配膳されるスタイル。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・1回目の機内食・主菜

素材の違いなのか、普段頂く和食と比べると何となく違うように感じますが、やはり和食は落ち着くものですね。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・1回目の機内食・小鉢

季節感を取り入れた食器や食材の彩も、日本ならではの美しさを感じさせます。

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・1回目の機内食・煮物

デザート

そして最後はデザート。「レモンポセットとクランブル」とハーブティーでおしまいです。

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・デザート

ANAロンドン便で提供されるデザートは、和洋共通の一種類のみ。イギリスっぽい素朴な甘味でした。

ちなみにANAではWi-Fiが有料なので、機内食などの画像を家族とリアルタイムに共有できないのが玉に瑕。

しかし、2024年夏からはファーストクラスに続き、ビジネスクラスでもWi-Fiが無料で提供される予定です!

超朗報♪ANA国際線のWi-Fiが無料に!プレエコ&エコノミーも対象!
ANA国際線で、今年から機内Wi-Fiを無料で使えるようになります!! 長時間になりがちな国際線では、インターネットに接続できるかどうかで快適度が大きく左右されるもの。 家族とテキストメッセージのやり取りが出来るだけでも、フライトの満足度が...
スポンサーリンク

バーカウンター

食後お化粧室に向かう途中、ギャレーのバーカウンターにドリンクやスナック、アメニティがセッティングされているのを発見!

ANA212便ビジネスクラス搭乗記・バーカウンター

THE Roomに乗るのはこれで三度目ですが、こうして何かが並んでいるのを見るのは初めてのことです。

【THE Room】ANA新型ビジネスクラス搭乗記!ファーストクラスにも負けない豪華シートと機内食・アメニティまで全公開
2019年に導入されたANA国際線の新ビジネスシート「THE Room(ザ・ルーム)」をご存知ですか? ANAビジネスクラスの座席がリニューアルされたのは、なんと10年ぶり。 旧シートとの違いは、なんといっても各シートにドアが付いたことです...
<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...

もしかして、これまでは新型コロナの関係でサービスが縮小されていたのでしょうか?

毎回CAさんを呼ぶのは気が引けますので、こうしてある程度セルフサービスになっていると、いつでも気軽に利用できて嬉しいですよね!

スポンサーリンク

二度目の機内食

そうこうするうち、着陸まで2時間前となりました。

ANAビジネスクラス搭乗記・窓を閉めたところ

最後のお食事の時間です。

今回も和食

飲み物はオレンジジュースをお願いしましたが…

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・二度目の機内食

食事はやっぱり和食!

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・二度目の機内食も和食

二度目の機内食は、前菜から主菜までが全て一度に配膳されます。

これぞ「ザ・日本の朝ごはん」といった献立ですが、前回の食事からそれほど間が開いていなかったこともあり、流石にどちらかは洋食にすればよかったかも?

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・二度目の機内食・主菜

これは次回の教訓にしたいと思います。

デザート

最後はデザート。

ヨーグルトやアイス、フルーツなどは軒並み品切れとのことで、SFC修行時代の気分に浸るべく、国内線プレミアムクラスでお馴染みのフォンダンビスキュイをお願いすることにしました。

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・二度目の機内食・デザート

ハーブティーも完売と、全体的に選択肢が残っていなかったのはちょっと残念でしたが、フォンダンビスキュイはANA機内でしかお目にかかる機会がないので、これはこれで貴重なコーヒータイムと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

東京上空を遊覧飛行

食事を終えてしばらくすると、機体は徐々に降下を開始し…

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・降下開始

夏らしい積乱雲を抜ければ、そこは大都会・東京の上空!

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・東京の景色

ちょうどタイミングよく都心ルートを通ってくれたおかげで、束の間の遊覧飛行気分を味わうことができました♪

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・東京の景色

都心上空ルートは2020年から開始され、風向きや時間帯など限られたタイミングでのみ運行しています。

参考国土交通省

スポンサーリンク

羽田空港に到着!

最後のおまけを楽しみつくしたところで、飛行機は無事羽田空港に着陸しました!

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・羽田に着陸

日系の飛行機が並ぶ駐機場を目にして、とうとう日本に帰ってきたんだなぁとしみじみ。

ここまでの14時間超、お世話になりました!

ANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記・羽田に着陸、降機

スポンサーリンク

今回の経費

ご参考までに、今回のフライトでかかった全費用は以下の通りです。

ANAマイル 90,000マイル

諸税 107,190円

(ANA運航便 羽田ーロンドン ビジネスクラス往復)

諸税額は時期によって異なります。

最後に

ということで、今回はロンドン発羽田行きのANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記をお届けしました。

快適なシートのおかげで驚くほどぐっすりと眠れまして、帰国後の時差ボケは皆無。

プライバシードアのありがたみを今回も実感するフライトでした。

2023夏のイギリス旅行記は本記事が最終回。関連記事もご覧いただければ幸いです!

まるでハリーポッターの世界!セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンの魅力とは <マリオット宿泊記>
イギリス・ロンドンの中心地に佇む、セントパンクラス・ルネッサンス・ホテルロンドン。 併設されているセントパンクラス駅は、ロンドンとフランス・パリ&リール、ベルギー・ブリュッセルやオランダ・アムステルダムを結ぶユーロスターの発着駅ですので、ヨ...
イギリス憧れの湖水地方で過ごす珠玉の休日!ロンドンからの行き方・電車の乗り方・おすすめホテル・レストラン
皆さんは、イギリスの名所と聞いてどこを思い浮かべますか? ロンドンのビッグベンやアビイロード、サッカーで有名なマンチェスターにリバプールなどなど、たくさんの見所がありますよね。 その中でも、英国文学や歴史、トレッキングがお好きな方にお勧めし...
ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア宿泊記~豪華クラブラウンジ・イギリス式朝食・特典の全て<宿泊記>
ロンドン市内でも屈指の高級エリア・メイフェア地区にある5つ星ホテル、「ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア/London Marriott Grosvenor Square」。 改装済みのお部屋には、大理石作りのバスルームやラグジ...
ANA指定ラウンジ「ユナイテッドクラブ」は隠れたオアシス!ロンドン・ヒースロー空港
ロンドン・ヒースロー空港からANA便に乗る際に指定される、ユナイテッド航空のラウンジ「United Club(ユナイテッド・クラブ)」。 とってもオシャレな空間に充実の設備、イギリスのエッセンスが感じられるフードラインナップと、最後までヨー...

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら