instagramはじめました!フォローはこちら

羽田空港 国際線ANAラウンジの最新情報をレポート!利用条件からフード・ドリンクメニューまですべて公開♪

follow us in feedly

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジの中はどうなってるの?

ANAが、国内外の空港に展開しているANAラウンジ(ANA LOUNGE

空港ラウンジとしては、ゴールドカード等を提示して利用するカードラウンジの方が知られていますが、ANAラウンジは航空会社が直営しているだけあって、サービス内容がさらに充実しています。

そして、特に国際線ANAラウンジは、国内線ラウンジと比較して明らかに豪華!

フライト前のひとときを思い思いにくつろげるよう、ANAらしい「おもてなし」が随所に散りばめられた、とっても素敵なラウンジなのです♪

今回は、羽田空港国際線ターミナルにあるANAラウンジについて、その利用条件からラウンジ内部の様子、そして具体的なサービス内容まで、最新情報を交えながら詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

羽田空港国際線ターミナルのANAラウンジは2ヶ所

羽田空港国際線ターミナルには、ANAラウンジが2箇所に分かれて設置されています。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジマップゲート表記あり

マップ右側にあるのが「110番ゲート側」のANAラウンジ、左側にあるのが「114番ゲート側」のANAラウンジ。いずれも「ANAスイートラウンジ」と併設されています。

各ラウンジの営業時間は下記の通りです。

場所
営業時間
110番ゲート付近 5:00~ANA運航最終便出発まで 
114番ゲート付近 6:30~13:30 / 20:00~25:00 
それぞれ営業時間が違うものの、両方開いている時間帯であればどちらを利用してもOK。
基本的には、利用する搭乗ゲートに近いラウンジを選べばよいかと思います。
理系マイラー
理系マイラー
ただし、114番ゲート側のANAラウンジでのみ、
毎日09:00~10:30にシェフサービス(だし茶漬け)を実施しているとのこと。
いつか利用してみたいなぁ…。

ANAラウンジへの行き方(110番ゲート側)

さて今回は、110番ゲート側のANAラウンジへ向かいます!

出国審査場を出たら、右手へまっすぐ進むこと1~2分。通路右側に「4F 航空会社ラウンジ」という表示がありますので、ここで右折しましょう。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

曲がった先にあるエスカレーターで4階へ。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジエスカレーター

上った正面が、ファーストクラスとANAダイヤモンドメンバー向けの「ANAスイートラウンジ」、そして左手にあるのがビジネスクラスとプラチナメンバー向けの「ANAラウンジ」となっています。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

今回の記事ではANAラウンジについてご紹介していますが、もう一方のANAスイートラウンジについては、以下の記事で詳しくレポートしていますので、ぜひご覧ください!

それでは、さっそくレセプションに搭乗券を出して、入室手続きをしましょう。

ANAラウンジ利用条件

ANAラウンジは、ANAの飛行機を利用する誰でもが利用できるわけではありません。

ビジネスクラス搭乗客や、一部のエリートメンバーだけが利用できる特別なラウンジなのです。

羽田空港国際線ANAラウンジの具体的な利用条件はこちら!

  • ファーストクラス利用者、および同行者1名
  • ビジネスクラス利用者
  • ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、ANA「プラチナサービス」メンバー、スーパーフライヤーズカード(SFC)会員、および同行者1名
  • スターアライアンスゴールドメンバー、同行者1名
  • プレミアムエコノミーサービス利用者

いずれの場合も、本人・同行者共に『ANAまたはスターアライアンス加盟航空会社運行便に搭乗すること』が前提条件となります。

ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、ANA「プラチナサービス」メンバーの2人目~4人目の同行者、およびANA「ブロンズサービス」メンバー本人と同行者1名は、マイルまたはアップグレードポイントでラウンジの利用が可能です。

今回私たちは、ANA SFC所持+ANAビジネスクラス利用で条件をクリアしました。

ANAビジネスクラス搭乗記はこちらをどうぞ↓

ANAラウンジ内部の様子

手続きが済んだら、ANAラウンジの中へと進みましょう♪

フロアマップ

ANAラウンジ内は、このような間取りとなっています。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのフロアマップ

マップ右下のエントランスから進んでいくと、シャワールーム、お化粧室、そしてメインとなるダイニング&シーティングスペースが設置されているというわけですね。

ラウンジスペースに続く廊下

エントランスから奥へと進む廊下には、飾り棚が。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジの廊下

ここには以前、スターウォーズのフィギュアが飾られていたと記憶していますが、今回の訪問時には、ANA機内販売の商品見本が並んでいました。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジの廊下

半年ほど前に訪れた成田空港のANAラウンジでは、まだまだスターウォーズ色が前面に出ていましたが、いつのまにかコラボ期間が終了したのでしょうか。

ダイニング&シーティングスペース

さあ、ラウンジの中はどんな感じになっているのかといいますと…

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

大きな窓に面したソファ席や、

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

駐機場を臨むカウンター席。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

カウンター・ソファ・テーブル席と、利用者の様々なニーズに応えるダイニングコーナー。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

そして一番奥のエリアには、ソファ席が並んでいました。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

全体的に黒で統一されていて、赤をアクセントとした和モダンをコンセプトとするJALラウンジよりも、シャープで男性的な雰囲気漂う空間となっています。

これまで何度か利用した経験の中では、20~24時前後までは混雑していることが多かったように思います。

余分な機能がない分、シートエリアに大部分の面積を割いているものの、ピーク時には席を探すのが難しいことも珍しくありません。

設備はシンプルかつ最小限

「余分な設備がない」というと語弊があるかもしれませんけれども、こちらのANAラウンジは、一般的な国際線ラウンジに比べると、やっぱりとてもシンプル。

マッサージチェアや、クローク(ロッカー)もありませんし、設備は極力省スペース・ミニマルにしている印象です。

例えば、通話ブースもドアなどは付いておらず、廊下の一角がパーテーションで区切られているだけ。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ通話ブース

PC付きのビジネスセンターを擁すラウンジも数多い中、こちらは通話ブースの並びに、コピー複合機を置くだけに留めています。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジビジネスセンター

とにかく羽田空港は利用者が多いため、座るスペースを最優先で確保すべく、工夫した結果なのでしょうね。

スポンサーリンク

ドリンク&フードコーナー

さて、国際線ラウンジの楽しみといえば、何と言ってもドリンク&フードですよね!

国内線のANAラウンジで提供されているフードは「ミックスおつまみ」だけですが、国際線のANAラウンジは、しっかり食事がわりになるメニューが揃っており、もちろん全て無料。

温かいお料理からお酒まで用意されているため、かなり満足度が高いのではないでしょうか。

なお、こちらのANAラウンジには、入口側(前方エリア)と、奥側(後方エリア)の2箇所に、ドリンク&フードカウンターが設けられています。

共通しているメニューは後でまとめてご紹介するとして、まずは異なる点からそれぞれご紹介していきましょう。

ラウンジ前方エリア

ラウンジに入ってすぐ右手にあるのが、前方エリアのドリンク&フードカウンターです。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのフードカウンター

ヌードルバー

こちらにしかないものと言えば、まずはANAラウンジおなじみのヌードルバー!

うどんやそば、ラーメン等のメニューを好きな時に注文することができます。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのヌードルバー

ヌードルバーで注文できるメニューは以下の通りです。

  • きつねそば/うどん
  • 山菜そば/うどん
  • かき揚げそば/うどん
  • カレーそば/うどん
  • とんこつラーメン

先日、JAL初のヌードルバーが成田の「JALファーストクラスラウンジ」に設置されたことが話題となりましたが、ANAではそれよりもずっと前から、このヌードルバーが定番となっています。

提供される量は、普通の一食分よりもちょっと少なめ。

成田空港第4ターミナルANAラウンジヌードルバーのかき揚げそば

機内食もありますので、少し小腹を満たすだけにしておきたいな、という方にもぴったりですね♪

ビールはアサヒのみ

なお、前方エリアと後方エリアでは、ビールの銘柄も異なります。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのドリンクカウンター

前方にエリアあるのはアサヒスーパードライのみ。その他の銘柄(キリンとサッポロ)は後方エリアに用意されています。

日本酒バー

そして、こちらの日本酒バーも、前方エリアでだけ楽しむことができるサービス。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのフードカウンター

日本全国から選りすぐられた日本酒が提供されており、折々で変更されるため、色々な銘柄を楽しめるのが大きな魅力!この時は、静岡(富士錦)と新潟(越後杜氏)でした。

日本酒バーの隣には、大理石の素敵なカウンター席が設けられていますので、ここで一献というのも乙ですね。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのフードカウンター

ラウンジ後方エリア

さて、続いては後方エリアへ。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ後方エリアのフードカウンター

動線の関係上、どうしても前方エリアの方に目線が集まりがちなので、こちら側は空いていることが多いように思います。

ビールはキリンとサッポロ

利用者数が少ないためか、前方エリアに比べると置いてあるメニューも少なく、ここにしかないものというと、おそらくアサヒ以外のビールくらいでしょうか。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ後方エリアのフードカウンター

こちらの銘柄はキリンの一番搾りと、サッポロ黒ラベルでした。

前方エリア・後方エリア共通のメニュー

セルフ式のお料理やドリンクメニューは、前方エリア・後方エリアでほとんど変わりません。

もちろん、後方エリアはスペースの都合上少なめではあるのですが、だいたい共通しているということで織り交ぜてご紹介していきますので、ご理解いただければ幸いです!

ドリンク

まず飲み物は、お茶や炭酸飲料、ジュースが出るサーバーに…

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのドリンクカウンター

ANAオリジナルコーヒー、紅茶のティーバッグ。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのドリンクメニュー(共通)

赤白ワイン、スパークリングワイン、梅酒やジン、焼酎、ウイスキーと選り取り見取りです!

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのアルコールドリンクメニュー(共通)

フード

続いて食べ物を見てみましょう。

こちらはサラダバーやサンドイッチ、チーズなどが並ぶチルドコーナーです。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ後方エリアのフードカウンター

時々リンツのチョコレートも出るのですが、ものすごい人気で、毎回あっという間に売り切れてしまうんですよね。見つけたらラッキー(笑)。

そのお隣には、クッキーや杏仁フルーツ、クラッカーも用意されていました。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

こちらはパンコーナー。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのフードカウンター

定期的に変わるペストリーに、ここ1、2年はANAの焼印が入ったカステラのようなお菓子(上の写真左端)も仲間入りしました。なんとなく毎回頂いてしまうんですが、素朴な味で子供は大好きみたいです。

ご飯ものは、「おにぎり」や「巻き寿司」、「おいなりさん」などなど。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのフードカウンター

その反対側には、ホットミールも2種類ほど。奥に見えるお鍋は、カレーとお味噌汁でした。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ後方エリアのフードカウンター

今回は深夜便(1時20分)搭乗に備え、自宅で夕食を済ませていたので、味見程度にほんのちょっとだけ頂きます♪

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジ

温菜・冷菜にデザートまで揃っているなんて、本当にありがたいですよね!今回もしっかり堪能させて頂きました♡

スポンサーリンク

シャワールーム

国際線の空港ラウンジで重宝する設備といえば、やっぱりシャワールームです♪

特に夜便搭乗前は、汗や汚れをさっぱり落としておきたいもの。もちろんANAラウンジの利用資格を満たしていれば、こちらも無料で利用することが出来ます。

このラウンジのシャワールームは、全部で7室ありました。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのシャワールーム

実は、これまでの利用時には、シャワー室がいつも大混雑で、時間内に順番が回って来たことが一度もありませんでした。

今回は、大部分の便が出発した後の深夜便搭乗でしたので、ようやく入室できることに!お借りするのは3番です。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのシャワールーム

シャワー室内の様子

中はこんな感じで、シャワーブース、トイレ、洗面台付き。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのシャワールーム

シャワーブースにはちゃんとドアもついていて、気づいたら床水浸し!なんてこともありません。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのシャワールーム

シャワーヘッドは、ちょっとレトロな感じのレインシャワーとハンドシャワーでした。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのシャワールーム

備品・アメニティ類

アメニティは、タイの高級スパライン「THANN」のもの。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジのシャワールーム

THANNといえば、高級ホテルとして知られる、マリオットホテル系列でも採用されている有名ブランドです。

以前ANAラウンジのシャワー室に置かれていたのは、1回分ずつのパウチだった気がしますが、資生堂が昨年アメニティ事業から撤退したことにより、ホテルやラウンジ等、どこも品薄状態というニュースを見かけました。そんなことも関連しての方針転換なのかもしれませんね。

洗面台には、サーキュレーターなどなど。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジシャワールーム・洗面台

ドライヤーは、みなさまご存知のダイソン!2019年2月、羽田と成田にあるANAラウンジ内の全シャワーブースに、満を辞して設置されたものです。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジシャワールーム・洗面台

初めてこのドライヤーを使った時は、熱すぎないのに普段よりも早く乾き、しかも仕上がりはフワサラ!なことに大感激したことを思い出します。

こちらのシャワー室、前述の通り多数の順番待ちが発生していることが多いので、基本的に20分以内に出ないといけません。

そんな時こそダイソンドライヤーの本領発揮!スピーディーに仕上げるその実力を、いつも以上に感じることができました。

備え付けの基礎化粧品は、こちらも資生堂ルモンドールからコーセーの雪肌精へと変更。

羽田空港国際線ターミナルANAラウンジシャワー室

クレンジングオイルに化粧水、乳液まで揃っていて、ノーメイクで搭乗したい人には特に嬉しい品揃えですね♡

コンパクトながら、清潔&設備もバッチリ揃っている素敵なシャワールームでした!

最後に

今回は、羽田空港国際線ターミナルANAラウンジについて詳しくご紹介しました♪

ビジネスクラス搭乗客を対象とするラウンジだけあって、必要十分なものが揃っており、フライト前の時間をゆっくりと楽しむことができます。

時に、空席を見つけるのが困難だったり、なかなかシャワーの順番が回ってこなかったりと、若干容量オーバーな感じは否めないものの、出来るだけたくさんの利用者をおもてなししよう!というANAの努力が随所に見えるような、そんなラウンジでした。

今回は110番搭乗口のANAラウンジを利用しましたが、114番搭乗口のANAラウンジも夜間営業を開始したということなので、もし混雑している時には、そちらに移動してみるのも手かもしれませんね。

なんにせよ、今回のようにお店も閉まるような深夜便利用時には、特にありがたみを感じられました!

関連記事

これまでのANAラウンジ訪問記はこちら♪

陸マイルを貯めて旅行に行こう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る