instagramはじめました!フォローはこちら

那覇空港ANAスイートラウンジで搭乗まで沖縄気分を満喫!場所や利用条件、メニューを徹底レポート

follow us in feedly

ANAが展開する最上級ラウンジ、ANAスイートラウンジ(国内線)は、全国に羽田・伊丹・新千歳・那覇の4箇所しかありません。

その内の一つ、那覇空港のスイートラウンジは、小さいながらも搭乗間際まで沖縄気分を楽しめる工夫が感じられて、とっても素敵なラウンジでした。

以下では、その魅力を余すところなくご紹介します。

スポンサーリンク

ANAスイートラウンジの場所

那覇空港のスイートラウンジは、2階C検査場付近にあります。下のフロアマップ中、赤枠で示したところです。

モノレールを降りて空港内に入ると、手前にあるB検査場の方が賑わっているため、こちらから入る方も多いかと思います(下写真)。

もちろん、このB検査場から入っても、スイートラウンジに行き着くことは可能です。

下の写真のように、搭乗待合室内に入って搭乗口に進む途中にある免税店の脇、「行き止まりです」の看板の下から進めばOK。

けれど、スイートラウンジに併設されている手荷物検査場を通れば、よりスムーズに中に入れますので、C検査場近いこちらの入口からがオススメです。

利用条件

こちらのラウンジの利用対象者は下記の通り。

  1. ANAダイヤモンドメンバーとその同行者
  2. ANAダイヤモンドメンバー特典利用登録者
  3. ANAミリオンマイラーとその同行者

もちろん、ANAグループ運航便&コードシェア便にANA便名で搭乗することが前提条件です。

1, 3は、いずれも同行者1名までは無料。また、2名以上4名までは、2,000マイルまたは2アップグレードポイント(アップグレードポイントはダイヤモンドメンバーのみ利用可)で入場することができます。

2の特典利用登録者については、ダイヤモンドメンバーの配偶者・同性パートナーおよび2親等以内の家族最大10名までのうち、あらかじめ特典利用登録を済ませた人を指します。

2アップグレードポイントを支払うことで、ダイヤモンドメンバー本人の同行がなくてもスイートラウンジに入場できますが、同行者を連れて行くことはできません。

営業時間

ANAスイートラウンジの営業時間は下記の通りです。

毎日6:05~最終便出発まで

那覇空港発のANA初便は7:10の福岡行き(2017年9月現在)。十分余裕を持った時間に設定されています。

インテリア

手荷物検査後、早速入室。

この時は誰もいませんでした。ANAラウンジの方はいつ行っても激混みで、一人旅でも空いている席を探すのが難しいことが多いですから、このゆったり感は嬉しい限り。

とても小ぢんまりしていて、上の写真がラウンジスペースのほぼ全てです。席数は41だけ。

収容数としては、先日行ってみてかなり狭いと感じた関西国際空港のサクララウンジよりもさらに少ないのですね。ただ、前述の通り、そもそも入場できる人が限られているため、十分なパーソナルスペースを確保することができます。

今回は子供達も一緒でしたので、できるだけ目立たないよう、一番奥の端っこに陣取りました。

ファシリティ

ラウンジ内にある設備は下記の通りです。

FAX、コピー機、無線LANサービス、プリントサービス、トイレ(多目的トイレあり)、授乳室、喫煙室

公式HPの情報には列挙されていませんが、通話ブースもありました。

こちらは多目的トイレと喫煙室。

どの設備もほとんど待つことなく使用できるのがいいですね。

当然、時間帯によっては多少混雑することもあるのでしょうけれど、我が家が滞在した日曜お昼の1時間半ほどの間は、多い時でもラウンジ全体に2、3人しかいませんでした。

スポンサーリンク

飲食物

全国4カ所のANAスイートラウンジには、それぞれ独自のメニューがあることで有名です。

今月出来たばかりの新千歳空港のスイートラウンジにはまだ行ったことがないものの、人気菓子店「きのとや」の焼きたてチーズタルトがあるそうですし、羽田にはクリスピークリームドーナツが、そして伊丹にはマネケンのワッフル(ターミナル工事期間中はバナナマフィンに変更)が用意されています。

ここ、那覇空港には何があるのでしょうか。バーコーナーを見てみましょう。

ドリンク

まずは飲み物から。

こちらは沖縄らしいシークヮーサージュースに、フルーツウォーター。さっそく南国らしいメニューですね。

そしてこちらは、いちごスムージーにペリエ、ペプシ。スムージーをANAラウンジで見るのは初めて。時々バナナバージョンに変わるそうですが、これがとっても美味しかったです。夫も子供も大喜びでした。

その他、ティーバッグやウイスキー、日本酒などなど。

さらに、ビールサーバーとコーヒーメーカー。コーヒーは、スイートラウンジにしては珍しく、メニューはホット・アイス・アメリカンのみでした。

ビールはもちろんオリオンビール!スッキリした味わいと喉越しが、暑い沖縄にぴったりなんですよね。那覇のラウンジに来たら、これは欠かせません。

冷蔵庫には、さんぴん茶、野菜ジュース、トマトジュース、牛乳、ポカリスエットが入っていました。

食べ物

続いて食べ物をご紹介します。

子どもたち大興奮!だったのがこちら。ディスペンサーにフルーツグラノーラ、m&mのチョコレート、おつまみミックスが入っていて、好きな量を取ることが出来ます。

一般的なANAラウンジでは個包装タイプ、そしてJALサクララウンジでは平置きの容器に入っているので、こういう形状は初めて見ました。

見た目もオシャレで衛生的。ハンドルの回し方に慣れないと、思いがけずザザーッと出てしまって、微調整は難しかったですが、この遊び心ある感じがちょっと楽しいですね。

こちらはクラムチャウダーとクロワッサン、そして「ジミー」のクッキー。

ジミーとは、1956年に沖縄で創業した洋菓子・洋食の老舗です。アメリカやハワイの文化を取り入れた商品を展開していて、地元民のみならず観光客にも人気のお店。

那覇空港2階にもジミーの直営店舗が入っているため、ご存じの方も多いかもしれませんね。

私も昨年のANA SFC修行ダイヤ修行や、JAL JGC修行で何度も那覇空港に行く機会があり、前を通る度に気になってはいたものの、未だ食べたことはありませんでした。試食できる機会があってラッキーです。

一枚頂いてみましたが、昔懐かしい素朴な味。バターたっぷりの今時のクッキーとはちょっと違います。なんとなく、泉屋や村上開新堂のクッキーを思い出しました。系統が似ているのかもしれません。年配の方に喜ばれそうな味だと思います。

沖縄らしいものもたくさんありましたし、最後まで混雑することなくゆっくり過ごせて、家族皆大満足。ダイヤモンドメンバーになっておいて良かったなぁとしみじみ思うひとときでした。

ステッカーゲット

殆ど人もいなかったためか、スタッフさんが娘達によく気を配ってくれて、絵本を持ってきてくれたり、話しかけてくれたり…。

ふと気づけば、あれ?

沖縄限定ANAステッカーをもらって上機嫌の二人。シーサーと飛行機の絵柄がカワイイですね。

ありがとうございました!

搭乗口への動線

スイートラウンジの出口を出ると、C検査場とつながっていました。

廊下を進んで行くと…

そこは搭乗待合室。4枚目の写真にあった、免税店隣の通路につながっていたというわけです。

楽しかった沖縄旅行もこれでおしまい。

スイートラウンジのお陰で、最後まで充実した時間を過ごすことが出来ました。

最後に

ANA国内線スイートラウンジを訪れるのはこれが3箇所目でしたが、それぞれ違う魅力がありますね。インテリア自体はどこも同じようなコンセプトになっているものの、間取りや提供されているメニューで大分雰囲気が変わるものなんだなぁと感じました。

那覇空港のANAスイートラウンジは、どこか南国らしい明るさがあり、子供にも優しい印象で、素敵な所でした。

ダイヤモンドステータスを使えるのもあと半年ほど。新しく出来た新千歳空港のスイートラウンジにも行ってみたいですが、出来ればまたこの那覇空港スイートラウンジも再訪したいものです。

<お家でANAラウンジ気分が味わえる!オリジナルアロマについてはこちら♪>

JALの那覇空港サクララウンジはこちらでご紹介しています↓

JAL国内線のクラスJってどんな感じ?羽田-沖縄で乗ってみた!<JGC修行3-1>
JALの上級会員を目指して飛行機に乗り続ける、通称「JGC修行」。 台湾、クアラルンプールに続き、早くも3度目の旅が始まります。 今回は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の...

飛行機修業を終えた現在はホテル修行中です↓

【プラチナチャレンジ】たった16泊でマリオットの上級会員になる方法
ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る