instagramはじめました!フォローはこちら

JAL国内線のクラスJってどんな感じ?羽田-沖縄で乗ってみた!<JGC修行3-1>

follow us in feedly

JALクラスJ

JALの上級会員を目指して飛行機に乗り続ける、通称「JGC修行」。

台湾クアラルンプールに続き、早くも3度目の旅が始まります。

今回は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の4レグを日帰りでこなすスケジュールです!

小さい子供がいるため、できれば宿泊せずに日帰りで済ませたいと考えた結果、このような詰め込みとなったわけですが、やはり体力的には結構厳しいものがありました…。

ほとんど初めてと言って良いJAL国内線、しかもクラスJ!

一体どんな旅になるのでしょうか?今回の記事では、第1レグである羽田ー那覇のフライトをメインにご紹介したいと思います。

(トップ画像はJAL公式サイトより引用)

スポンサーリンク

JGC修行をしてJALの上級会員になろう!

今回は、JALの上級会員を目指す「JGC修行」の一環として沖縄・大阪へ向かいます。上級会員になるとどんなメリットがあるの?JGC修行ってどんなことをするの?については、こちらの記事で詳しく解説しています♪

修行僧の朝は早い!

私自身、直前になって気が付いたのですが、羽田空港からの初便は午前6:20発。1時間前の5:20までに空港に着こうと思ったら、我が家の最寄り駅からの始発電車ではとても間に合いません。

調べてみたところ、モノレールの始発は浜松町4:59発となっており、これに乗れば間に合いそう。

ということで、仕方なく自宅から浜松町駅までUber(ウーバー)を利用することに。宿泊費を抑えられて良かった良かったと思っていたのに、思わぬ出費になってしまいました。

早朝の浜松町駅

早朝4時35分の浜松町駅モノレール乗り場は、この通り誰もいません。

浜松町モノレール改札

券売機もすべて発売中止。なんだか新鮮です。

モノレール券売機

始発まであと20分。

手持ち無沙汰なので、コンビニにでもと思ったら、こちらも営業時間外。24時間営業ではないんですね。駅ビル内の店舗は、電車が動いていない時間全く需要もないでしょうし、これも道理か…。

浜松町駅始発前

それでもさすがにGW真っ只中!出発間際にわらわらと人が集まってきて、モノレール始発便は満席となりました。

羽田空港第1ターミナル駅に到着

5時には夜も明けきって、すっかり初夏の風情ですね。遠く飛行機が見えました。今日もいい天気になりそうです。

モノレールからの景色

定刻通り、羽田空港第1ターミナル駅に到着!

羽田空港第1ターミナル駅

JALの国内線に乗るのは一体何年ぶりのことか…。

第1ターミナルには北ウイングと南ウイングがあり、北海道・東北・北陸・東海・近畿方面は北ウイング、中国・四国・九州・沖縄方面は南ウィングです。

今日は那覇行きなので、南ウイングに向かいます。

羽田空港第1ターミナル

久々の第1ターミナル

ここ最近はANA(第2ターミナル)ばかり利用していましたし、JALを利用した前回のクアラルンプール往復は成田空港からの出発でしたので、羽田空港第1ターミナルに来るのも随分久しぶりです。

羽田空港第1ターミナル

下の写真は、JAL上級会員が利用できるJGC(JALグローバルクラブ)カウンター。

羽田空港第1ターミナル JGCカウンター

JAL平会員の私はもちろん利用できません。まずは50,000FOPを獲得して、ここを利用できるようになる日が楽しみです。

JGCカウンター隣には、サクララウンジへと続く専用保安検査場もありました。

羽田空港JALサクララウンジへの入り口

後日JALサクララウンジを初訪問!詳しいレポートはこちらをどうぞ♪

有人カウンターでチェックイン

今回は、クアラルンプール海外発券の一部として組み込んだ国内線区間ですので、自動チェックイン機やタッチ&ゴーは利用できません。

必ず有人カウンターでの手続きが必要です。

また、一度に手続きできるのは3便まで。私は今日だけで4フライトの予定ですが、最後の4便目は、最終出発地の沖縄で再度カウンターに立ち寄らなければならないとのことでした。

海外発券については、下記の記事でご紹介しています(規定が変わったため、以前は国内区間切り込み4便までOKだったところ、現在は2便までとなっています)。

沖縄へ出発!

出発1時間前に空港に到着したものの、一般有人カウンターでの待ち時間が響き、搭乗はギリギリとなってしまいました。

羽田空港第1ターミナル

6月にまた同じ旅程で修行に出かける予定ですが、その時にはJMBサファイア&JGCまで解脱している予定です。対象者限定のJGCカウンターを利用できるため、もう少し余裕が持てるのではないでしょうか。

機内は満席でした。さすがGWですね。

那覇空港行き機内

麦わら帽子に短パン、サングラスと、皆さんすっかりリゾート気分満載な格好をされてます。いいなぁ。

JALの国内線クラスJ初体験

シートは、初めてのクラスJ。

クアラルンプール線でビジネスクラスを取っていたため、追加料金無しで選択することが出来ました。

クラスJ

幅も足元もかなり広めです。これで普通席にたった1,000円プラスなら、かなりコスパが良いと感じました。人気があるのも頷けます。

ただ、レッグレストを上げると、前の座席との間にほとんど隙間がなくなるため、席を立ちたい時は通路側の方に気を使わなければならないところは普通席とあまり変わらず。

これまでSFC修行で沖縄線に乗る時には、殆どANAプレミアムクラスを利用していたため、長時間でも周りが気にならず非常に快適でしたが、さすがにそことは比べられません。

JALの国内線最上位シートであるファーストクラスにも、いつか乗ってみたいものです。

※その後、念願叶ってJALファーストクラスに搭乗!ANAプレミアムクラスを上回る⁉︎豪華なシートと機内食が最高でした♡

機内インターネット無料キャンペーン

クラスJでは、機内食の提供はありません。

那覇までの3時間、何をして過ごそうかと思っていたら、現在機内Wi-Fiを無料で使えるキャンペーン実施中とのこと。

JAL wi-fi無料

(JAL公式HPより)

これは嬉しいサービス!

満席でしたし、地上ほどサクサクとは行きませんでしたが、十分ネットサーフィンを楽しむことが出来ました。

2019年現在キャンペーンは終了。永久無料で利用可能となりました。

スポンサーリンク

修行僧の聖地、沖縄に帰ってきました

無事那覇空港に到着。

那覇空港

昨年はANAのSFC修行で何度も訪れました。

最後に来たのはANAダイヤ修行最終回のことだったでしょうか。

もうしばらく沖縄はいいかなと思っていましたが、こうして明るい南国の空気に触れると、やはり懐かしく嬉しいものです。

那覇空港でお土産を購入

前回のクアラルンプール往復の際、お土産がないことに子どもたちからブーイングの嵐だったので、先にお土産を物色することに。

那覇空港雑貨とワインの店

那覇空港2階、ANA側にあるお土産屋さんです。沖縄らしい、可愛い雑貨がたくさん置いてあって、いかにも女性に人気がありそう。

最近オシャレに目覚めた(?)長女からネックレスが欲しいとのリクエストを受けていたので、ピンクのクジラが付いたものを選びました。1本1,000円ほど。喧嘩にならないよう、次女もおそろいです。

クジラのペンダント

3歳の次女にはまだ早いかと思いましたが、とっても気に入って大事にしまってくれていました。よかったよかった。

リニューアルされたばかりの那覇空港JALサクララウンジを堪能

お土産も無事ゲットし、搭乗待合室へ。

今回は何のステータスも持っていないながらも、JALサクララウンジを利用することができます!

その理由と、ラウンジ内の詳しい情報はこちらをどうぞ♪

最後に

今回は羽田ー那覇までの旅行記をご紹介しました。

一番印象に残っているのは、那覇空港で初めて入ったJALサクララウンジ!リニューアルされたばかりとあって、モダンでとっても素敵な空間でした♪

久々の沖縄は短い滞在だったものの、買い物も出来ましたし、やっぱり修行は楽しいなぁと改めて実感。

次回は、関西空港へ出発です!

<次の話>

日本トランスオーシャン航空(JTA)とJALの違いとは〜関西空港で何して過ごす?<JAL JGC修行3-2>
JAL上級会員を目指す「JGC修行」第3弾は、一日で羽田ー那覇ー関西ー那覇ー羽田を1日でこなすという、普通の旅行ではまずありえないスケジュール! 前回、羽田から沖縄までのフライトを無事に終えました。続いては那覇空港ー関西国際空...

<前の話(JAL JGC修行第2弾)>

ANAとJALのビジネスクラスを比較!クアラルンプール線「SKY SUITE」搭乗記<JAL JGC修行2-1>
日本を代表する航空会社、JALとANA。 これまでの人生ではANAばかり利用してきたため、JALのことをあまりよく知りませんでしたが、実際に利用してみると、サービス内容等、結構違うなと感じることが多々あります。 今回、縁...

那覇空港のANAラウンジについてはこちらでご紹介しています↓

那覇空港ANAスイートラウンジで搭乗まで沖縄気分を満喫!場所や利用条件、メニューを徹底レポート
ANAが展開する最上級ラウンジ、ANAスイートラウンジ(国内線)は、全国に羽田・伊丹・新千歳・那覇の4箇所しかありません。 その内の一つ、那覇空港のスイートラウンジは、小さいながらも搭乗間際まで沖縄気分を楽しめる工夫が感じられ...
那覇空港の『ANAラウンジ』と『カードラウンジ華』を1時間半の沖縄滞在で徹底リポート<ANA SFC修行2-2>
今回は、羽田空港から那覇空港へ出発です!搭乗20分前になりましたので、66番搭乗口を目指してANAラウンジを出ます。 ANAラウンジに一番近い62番からたった4番違いとはいえ、羽田第2ターミナルは横に長いので地味に遠いです。ま...
トップへ戻る