ルフトハンザ航空「セネターラウンジ」と「ビジネスラウンジ」の違いを細かくチェック<ロンドン・ヒースロー空港>

ヒースロー空港 ルフトハンザラウンジエントランス

ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airportは、イギリスの首都ロンドンを代表する国際空港。

パリのシャルル・ド・ゴール空港、フランクフルトのフランクフルト空港と並び、ヨーロッパの中でも最大規模の空港であるため、空港ラウンジも充実しています。

ANAの上級会員が取得できる「スターアライアンスゴールド」で入室可能なラウンジも複数あり、日本人旅行者も利用しやすい空港です。

今回は、ロンドン・ヒースロー空港にある航空会社ラウンジ(特に、ルフトハンザ航空のラウンジ)について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ヒースロー空港の航空会社ラウンジ

スターアライアンス公式サイトによれば、ヒースロー空港にある加盟航空会社直営ラウンジは全部で5つ。

ロンドン・ヒースロー空港ラウンジ一覧

・エアカナダ メープルリーフラウンジ(Air Canada Maple Leaf Lounge)
・ユナイテッド航空 ユナイテッドクラブ(United Club)
・ルフトハンザ航空 セネターラウンジ(Senator Lounge)
・ルフトハンザ航空 ビジネスラウンジ(Business Lounge)
・シンガポール航空 シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)

いずれも、スターアライアンス加盟航空会社便が発着する「ターミナル2」に集中して設置されています。

私の場合は、搭乗口に一番近いところにあるルフトハンザビジネス&セネターラウンジを案内されました。

他の航空会社ラウンジも出来れば覗いてみたかったのですが、出発便まで時間の余裕もないことですし、ルフトハンザラウンジだけ利用することに。さっそく行ってみましょう。

ルフトハンザラウンジはセネター&ビジネス併設

ヒースロー空港のルフトハンザセネター&ビジネスラウンジは、手荷物検査場を出て徒歩1、2分の所にあります。

中に入ると、入口スペースにちょっとした歓談スペースが設けられ、大きな翼の画像がお出迎えしてくれました。いかにも外国っぽいセンスですね。

ルフトハンザビジネスラウンジ

受付を済ませた後、入口側を振り返って見ると、こんな感じになっています。

ルフトハンザ ラウンジ入口

左の小さい方のデスクは何に使うんでしょうね?私のラウンジ滞在中、誰かが座っている様子はありませんでしたが、時間帯によってはコンシェルジュがいるのかもしれません。

それでは、さっそくラウンジ内に進みましょう。手前がビジネスラウンジになっていて、奥にセネターラウンジがある間取りです。

ルフトハンザビジネスラウンジ

まずは、ビジネスラウンジの中をご案内します。

ルフトハンザ航空ビジネスラウンジ

ビジネスラウンジは、ルフトハンザドイツ航空が展開する中で、最も入りやすく、最も数多くの都市に設置されているラウンジです。

このラウンジを利用できるのは、おおまかに挙げてルフトハンザ上級会員、ファースト・ビジネスクラス搭乗者、スターアライアンスゴールドメンバー等。

より詳しい情報は、こちらでご紹介しています。

ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)は、ドイツ最大の航空会社。いわゆるナショナル・フラッグ・キャリアです。 スターアライアンス加盟航空会社(創立メンバー5社の一つ)であるため、日本を代表する航空会社”ANA”とも関わりが深く、ANAマイルを使ってルフトハンザの飛行機に乗ることも可能。 海外の航空会社ではりあすが、日本在住者にとっても使い勝手の良いエアラインです。 ルフトハンザ航空では、主にヨーロッパの空港に、飛行機に乗る前の時間を快適に過ごしてもらうため「乗客専...

室内の様子

室内を見渡してみると、かなりゆったりとした空間に、バーカウンター席、ソファ席、テーブル席が並んでいます。

ルフトハンザラウンジ ビジネスラウンジ

ソファ席にも小さなパーソナルテーブルが用意されていて、食事するにも便利。ソファはどれもハイバックタイプで、胴が長い私にはピッタリでした(笑)。

もし仕事をしたいのであれば、入口付近に半個室スペースや…

ルフトハンザラウンジ ビジネスラウンジ

それぞれに電源やLANがついたワーキングデスクも用意されています。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ

中央のテーブルでは、ちょっとしたミーティングもできそうですね。

フード

続いてフードコーナーを見てみましょう。

私が訪れたのは朝9時前。アイランドカウンターには朝食が用意されていました。

手前からシリアル、

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー

ヨーグルト&フルーツ、

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー

そしてマフィン。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー

もちろん、品揃えはこれだけではありません。反対側のカウンターにも沢山用意されています。

スクランブルエッグに、パン。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー

トーストも2種類。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー パン

ジャムは珍しく、大きめのお皿に豪快に盛られていました。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー

イギリスと、オーストラリアなどの旧英国領でお馴染みの「マーマイト」も添えられています。独特な匂いがする発酵食品だそうで、ちょっと興味はありつつも、なかなか食べる決心がつきません…次回は是非。

ホットミールも少々。まずこちらは、イギリス伝統料理のベイクドビーンズ。英国の朝食では必須のメニューです。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー

白いんげんを甘辛いトマトソースで煮たお料理で、以前ロンドンで食べて以来、すっかり気に入ってしまいましたが、日本ではあまり見かけることがありません。缶詰は売っているものの、味がなんとなく違うんですよね…。今回の滞在中は、見つけるたびに食べていました。

そして、こちらはマッシュルームソテーとグリルトマト。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー ホットミール

スモークハムとターキーハム、そしてチーズセレクション。

ルフトハンザ ビジネスラウンジ 朝食コーナー コールドミール

奥にあるセネターラウンジの方が飲食物が充実しているとのことでしたので、こちらでは何も頂きませんでしたが、美味しそうなラインナップでした。

ドリンク

ドリンクコーナーはというと…

ヒースロー空港 ルフトハンザビジネスラウンジ ドリンク

コーヒーマシンの方は、デカフェ、エスプレッソ、カプチーノ、ラテ、お湯、アメリカン、コーヒー、ホットチョコレートが作れるようになっています。

ティーバッグは英国御用達のトワイニング。ミルクピッチャーも添えられていました。イギリスの方は、紅茶に牛乳をたっぷり入れるそうですね。

その脇には、紅茶用のレモンや冷えた牛乳、ミネラルウォーター等々。

ヒースロー空港 ルフトハンザビジネスラウンジ ドリンク

炭酸飲料もサーバーから注げますし…

ヒースロー空港 ルフトハンザビジネスラウンジ ドリンクバー

フルーツジュースやミネラルウォーターも。

ヒースロー空港 ルフトハンザビジネスラウンジ ドリンク

もちろんお酒も飲み放題!お店にあるようなビールサーバーを自分で操作して、好きなだけ注ぐことができます。

ヒースロー空港 ルフトハンザビジネスラウンジ ドリンクバー

そのほかにも、ウォッカやウイスキー、おつまみが並んでいました。

ヒースロー空港 ルフトハンザビジネスラウンジ ドリンクバー

これだけ充実したドリンクバーを無料で利用できるのは、やっぱり嬉しいですね!

 ルフトハンザ航空セネターラウンジ

一通り見学した後は、奥にあるセネターラウンジへ。

ヒースロー空港 ルフトハンザ セネターラウンジ

右手前にあるセンサーに、受付でもらえるQRコードを読ませて開錠します。

入って正面奥を見ると、こんな感じ。

ヒースロー空港 ルフトハンザ セネターラウンジ

ビジネスラウンジよりも少々照明やインテリアが凝っていますね。

さっそくメニューを見てみましょう!

フード

まずはパンから。こちらには、ビジネスラウンジにはなかったクロワッサンがありました。

ヒースロー空港 ルフトハンザ セネターラウンジ パン

チーズも、より上等なものが置いてありますし、ハムは2種類から4種類にバージョンアップ。

ヒースロー空港 ルフトハンザ セネターラウンジ コールドミール

シリアルも1種類追加されています。

ヒースロー空港 ルフトハンザ セネターラウンジ シリアル

肝心のホットミールは、人が多かったため撮影を自粛しましたが、そちらもビジネスラウンジより品数が多く、質も良さそうな感じでした。

そのほか、おつまみになりそうな、ちょっとしたサラダやオリーブも。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ

そして、一番ビジネスラウンジとの差を感じたのはこちら。デザートコーナーです。

ヒースロー空港 ルフトハンザ セネターラウンジ デザート

ビジネスラウンジでは、ヨーグルトの大皿がどーんと置かれているだけでしたが、こちらでは見た目も美しいカップデザートが5種類も!

左から、「ギリシャヨーグルト」、「プレーンヨーグルトグラノラ添え」、「カードチーズ&ストロベリーコンポート」、「ワイルドベリーミューズリ」、「フルーツカクテル」です。

朝からこんな綺麗なデザートが頂けるのは嬉しいですね。さすがはセネターラウンジ!

ちなみに、カードチーズというのは、ドイツ語圏では「クヴァルク:Quark」と呼ばれるフレッシュチーズの一種で、癖がなくミルキーな味わい。水切りヨーグルトに近い食べ物です。

こちらもドイツで暮らしていた頃に気に入って毎朝食べていたのですが、日本ではなかなか手に入りません。イギリスで食べられるとは思っていなかったので、とっても嬉しかったです。

ドリンク

コーヒーメーカーはビジネウラウンジと同じもの。あいにく故障中で使えなくなっていました…。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ コーヒー

こちらも紅茶はトワイニング。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ ドリンク

棒付きキャンデーは、セネターにしかなかったように思います。

そして、こちらもビジネスラウンジにはなかったスムージー2種類。ストロベリーとマンゴーがありました。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ ドリンク

お腹が弱い人は、申し出ればラクトフリーミルクももらえるみたいです。

ソフトドリンクサーバーは、ビジネスラウンジと全く同じ。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ ドリンク

ジュースはオレンジ・アップル・トマト・ライム&ミントの4種類です。ライム&ミントはセネターラウンジにしかありません。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ ドリンク

ジュースピッチャーの周りに並んでいるのは、ドイツの瓶ビール。この他に、ビジネスラウンジと同じ、BECKSとバドワイザーのビールサーバーもありました。

ビールの銘柄は、ビジネスラウンジと変わりありませんでしたが、ワインの価格帯はビジネスラウンジが一本1,500円前後、セネターラウンジが2,000円前後と若干差がある様子。

ヒースロー空港 ルフトハンザセネターラウンジ ワイン

やはり飲食物の品数と質は、セネターラウンジの方が優れていますので、どちらのラウンジにも入れるスターアライアンスゴールドメンバーなら、セネターの方がオススメですね。

ルフトハンザラウンジの弱点

ルフトハンザラウンジは、かなり広いラウンジなのですが、残念なことにシャワールームが設置されていません。

実はこのヒースロー空港ターミナル2に設置されている航空会社ラウンジの中で、唯一シャワーがないラウンジだったりします…。

もし搭乗前にシャワーを利用したいのであれば、エアカナダやユナイテッドのラウンジに行った方が良さそうですね。

ちなみに、お化粧室は男・女・多目的と用意されていて、とっても清潔でした。

ルフトハンザ セネターラウンジ 化粧室

ルフトハンザ セネターラウンジ 化粧室

ちなみに、フランクフルトのセネターラウンジは本拠地だけあって、シャワーや仮眠室も完備されていました↓

ルフトハンザ航空の本拠地”フランクフルト空港”には、上級会員向けのセネターラウンジ(Senator Lounge)が設置されています。 日本ではあまり聞き慣れない名称ではありますが、ランク的にはファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジの中間。そこでは、ビジネスクラスラウンジよりも1ランク上のサービスが提供されています。 もちろん、誰でも使えるわけではありませんが、ルフトハンザが加盟している”スターアライアンス”のゴールドメンバーであれば入室可能! ということは、...

最後に

ルフトハンザセネターラウンジは飲食物の質も高く、清潔&広々としていて、搭乗前のリラックスに最適なラウンジでした!

ドイツ好きな私としては、他国でもドイツのビールやデザートを味わえるのが嬉しかったです。

ちなみに、これまでに訪れた空港ラウンジはこちらでまとめています。

空港における楽しみの1つ「空港ラウンジ」。 そこは、飛行機が出発するまでの待ち時間を過ごすだけではなく、これから始まる旅行を快適にするという大きな役割を持っています。 空港ラウンジは、ゴールドカードを提示すれば無料で入室できるカードラウンジから、特別な乗客だけに入室が許されたラウンジまで、その種類は様々。 今回は、これまでブログ内でご紹介してきた”空港ラウンジ”を一覧形式でまとめてご紹介。日本国内にとどまらず、世界各国の空港にあるラウンジの様子もお届けします。

この2年間、陸マイラー活動で貯めたマイルを使って、ANAビジネスクラスでのヨーロッパ旅行や、スターアライアンスファーストクラス世界一周旅行など、特典航空券での旅行を多数実現させてきました。

陸マイラーとは、飛行機搭乗やクレジットカード決済に頼らずに、ポイントサイト等を活用することで、毎年数十万マイル貯めている人のこと。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

この一年で貯めたマイル(ANA&JAL)は100万以上!

私が陸マイラー活動を始めたのは2015年の年末。ということは、現在マイルを貯め始めてから約2年が経過したことになります。 実質1年目の2016年は、ほとんど初心者の状態からマイルを貯め始めて、最終的には50万マイル以上を獲得することができました。2年目の2017年では、一体どれくらいのマイルを貯めることができたのでしょうか。 今回は、2017年の総まとめとして、私が1年間で貯めたマイル数と、全フライトを公開したいと思います。 1年間で貯めたマイル まずは、今年1年間で貯め...

現在、ポイントサイトのモッピーでは、1,000円分のボーナスポイントが貰える入会キャンペーンを実施中!JALマイルを効率よく貯めるなら、モッピー一択です。

ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーンが実施されています!! 今モッピーに新規登録すると、入会ボーナスとして最大1,300円分のポイントが貰えてしまいます。 いつでもやっているキャンペーンではないので、このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキーです。入会特典があるポイントサイトは多いですが、ここまでの額が貰えるのはモッピーだけではないでしょうか。 現時点でまだモッピーを利用していない方は、今すぐモッピーへの入会を検討しましょう!期間限定のキャン...

ルフトハンザ関連記事

ルフトハンザ航空の本拠地”フランクフルト空港”には、上級会員向けのセネターラウンジ(Senator Lounge)が設置されています。 日本ではあまり聞き慣れない名称ではありますが、ランク的にはファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジの中間。そこでは、ビジネスクラスラウンジよりも1ランク上のサービスが提供されています。 もちろん、誰でも使えるわけではありませんが、ルフトハンザが加盟している”スターアライアンス”のゴールドメンバーであれば入室可能! ということは、...
世界各国の空港には、飛行機出発前の時間を快適に過ごすための「空港ラウンジ」が設置されています。 空港ラウンジといっても、クレジットカードを提示するだけで入場できるラウンジから、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗客のみが入場できる特別なラウンジまで様々。 その中には、例えば、香港のキャセイパシフィック航空のラウンジや、ドバイのエミレーツ航空のラウンジなど、生きている間に一度は訪れてみたいと評判の豪華絢爛なラウンジもあります。 それらと並んで、世界一豪華と評されている空...
ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)は、ドイツ最大の航空会社。いわゆるナショナル・フラッグ・キャリアです。 スターアライアンス加盟航空会社(創立メンバー5社の一つ)であるため、日本を代表する航空会社”ANA”とも関わりが深く、ANAマイルを使ってルフトハンザの飛行機に乗ることも可能。 海外の航空会社ではりあすが、日本在住者にとっても使い勝手の良いエアラインです。 ルフトハンザ航空では、主にヨーロッパの空港に、飛行機に乗る前の時間を快適に過ごしてもらうため「乗客専...
ドイツが誇るフラッグキャリア「ルフトハンザドイツ航空」。 堅実、質実剛健なイメージの航空会社ですが、ファーストクラスで提供しているサービスはとっても豪華でこまやか。 今回、運よく特典航空券を使って、フランクフルト発・ニューヨーク行きのファーストクラスに搭乗することができましたので、その素晴らしさを余すところなくご紹介したいと思います! フライト情報 今回搭乗する便の詳細は、下記の通りです。 搭乗日:2017年7月某日 便名:LH404 区間:フランクフルト(FRA)...
ルフトハンザドイツ航空第一のハブ空港、フランクフルト空港。この空港からは、日本やアメリカなどの長距離線だけでなく、ヨーロッパ域内へ向かう飛行機も数多く出ています。 今回私は、ルフトハンザLH280便(13:15発、14:25着予定)でフランクフルトからミラノへ向かいます。 ロンドンから乗ってきた便が10分ほど遅れたのと、人手不足でボーディングブリッジが動かせず、最終降機になって入国審査に時間を要したため、搭乗口に着いた時にはすでに出発最終のアナウンスが流れていました。 ...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク