「 妻のJGC修行 」一覧

スポンサーリンク

JALの上級会員を目指すJGC修行に関する記事です。2017年にチャレンジしようと考えていますが、まだ正式決定してはいません。

JAL JGC修行7:行きはエコノミー、帰りはビジネスクラス。マレーシア・クアラルンプール1泊2日の旅

JAL JGC修行の第7回目は、成田発のクアラルンプール(マレーシア)往復。往路はエコノミークラス、復路はビジネスクラスです。 前回マレーシアを訪れた際には、入国せずに日帰りする便を利用しましたが、今回は市街地の観光も兼ねて現地で一泊する予定。 クアラルンプールも今年に入ってすでに3回目となりましたので、これまでとは違う体験がしてみたいところです。 一体どのような旅になるのでしょうか。

【都会的】ヒルトン・クアラルンプールのエグゼクティブラウンジ体験レポート

先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。

ヒルトン・クアラルンプール宿泊記。空港からホテルへの行き方とお部屋の様子を徹底レポート

先日、マレーシアの首都クアラルンプールにあるホテル「ヒルトン・クアラルンプール」に宿泊して来ました! クアラルンプール空港(KLIA)からのアクセスも大変良く、近代的で快適なホテルです。 外国での宿泊には不安を感じる方もいるでしょうが、世界的に有名なホテルチェーン(90カ国以上で4,000軒以上のホテルを運営している)ヒルトングループのホテルですから、安心して宿泊できます。

JAL国際線エコノミークラスの座席と機内食をレポート。JGC修行 成田ークアラルンプール搭乗記

2017年6月初旬、今年になって3回目のクアラルンプールに行って来ました! 今回はJALのエコノミークラスを利用します。 成田からマレーシアまでは6時間半ほどのフライトですが、ここ一年以上、国際線を利用する時はビジネスクラスばかりだったので、体力的・精神的にどうなるやら少々心配。 一体どんな旅になるのでしょうか。

JAL JGC修行6:一人でも楽しめる石垣島観光1泊2日。ジンベエジェットにも乗れちゃいました!

2017年5月末。JGC修行第6回目は、羽田ー石垣の往復です。 飛行距離が長い路線ですので、国内線の中では獲得FOPトップクラス。かなり人気の路線ですが、なんとか予約することができました。 今回は石垣島で一泊の予定。石垣島自体は2度目ですが、市街地まで出るのは初めて。 石垣島がどんなところなのか、とっても楽しみです!

石垣島の人気店「炭火焼肉やまもと」で石垣牛絶品グルメ焼きしゃぶを楽しむ!

石垣島に行くなら絶対に食べてみたい!と思っていたのが、日本最南端の八重山諸島で生産されているブランド牛肉「石垣牛」。 その石垣牛を頂ける美味しいお店を探していて見つけたのが「炭火焼肉やまもと」でした。 食べログの石垣島レストラン部門でランキング1位を獲得しており(評価3.80)、平日であっても、予約がなければなかなか入れないという大人気店。 私が訪れたのは5月で沖縄地方のオフシーズンで、かつ旅行が決まったのが2ヶ月半も前だったため、無事に予約することが出来ました。

石垣島のお土産に大人気!さよこのサーターアンダギーを本店営業時間外に購入する方法

石垣島に行ったら是非食べてみたいと思っていたものの一つが、「さよこの店」のサーターアンダギー。 サーターアンダギーといえば沖縄の名物、いわゆる揚げドーナツのことです。 首里の方言で、サーターは「砂糖」、アンダは「油」、アギは「揚げ」。つまり、サーターアンダギーは「砂糖油揚げ」ということになりますね。 石垣島にもサーターアンダギーのお店はたくさんありますが、その中でも一番美味しいのが、「さよこの店」さんのサーターアンダギーだと言われています

コスパ最高!ホテル エメラルドアイル石垣島は一人旅・女性にもオススメ

初めての石垣島滞在! 出来る限り出費を抑えつつ、でも交通の便が良いキレイなホテルに泊まりたいなと色々と調べ、今回宿泊したのが「エメラルドアイル石垣島」。 実際に泊まってみたところ、とってもオシャレでサービスも満点!コスパの良さに感動すら覚えたので、その全貌をご紹介したいと思います。

JAL JGC修行5:宮古島日帰りフライト!梅雨時の沖縄地方は運行情報に注意が必要です

2017年5月某日。 全9回を予定しているJAL JGC修行も、とうとう折り返し地点の5回目を迎えました。 今回の旅程は、羽田ー宮古の日帰りです。 JTA021 羽田-宮古 6:40-9:40 JTA022 宮古-羽田 19:40-22:25 朝6:40羽田発、夜19:40宮古発。現地での時間はちょうど10時間です。 初めての宮古島、一体どんな旅になったのでしょうか。

スポンサーリンク