instagramはじめました!フォローはこちら

JAL国内線ファーストクラス搭乗記!豪華シートと機内食から路線・料金の最新情報まで全部公開

follow us in feedly

JALファーストクラスの魅力とは

JAL国内線最高峰のシート、それが「JALファーストクラス」

ファーストクラスと聞くと「国際線」のイメージがありますが、今回ご紹介するのは「国内線」。つまり、日本国内での空の旅に利用できるファーストクラスです。

もちろん、ファーストクラスは普通席よりも高い価格設定になっています。しかし、ファーストクラス搭乗者には、その特典として様々な豪華サービスが提供されており、コスパは決して悪くありません。

国際線のファーストクラスともなれば、エコノミーの軽く10倍、条件次第では100万円を超えることもありますが、国内線のファーストクラスなら、意外と安く乗れてしまうのです。

以下では、「JAL国内線ファーストクラス」について、その魅力や料金、空港での特別なサービスから機内食まで、余すところなくご紹介したいと思います!!

スポンサーリンク

JAL国内線のファーストクラスとは?

JAL国内線のファーストクラスは、飛行の前方部分に設定されている、普通席よりも広くて豪華なシートです。

JAL国内線ファーストクラスのイメージ(引用:JAL公式サイト)

長年日本のフラッグキャリアとして君臨し続けた中で培われた”きめ細やかな接客”に、フードサービスに並々ならぬこだわりがあるJALさんならではの素晴らしい機内食を楽しめる、まさに国内線最高峰のシート。

いつかは乗ってみたい憧れの空間です♪

国内線ファーストクラスの魅力

JALファーストクラスの魅力は色々とありますが、大まかには以下の点が挙げられます。

●高品質な本革張りのシート
●日本が誇る名店がプロデュースした旬の味覚や、厳選したお酒を提供
●専用チェックインカウンター、ラウンジ、専用保安検査場
●預け手荷物は45kgまで無料&最優先で返却
●フライトマイルに区間マイルの50%を加算

この他にも、優先搭乗も一番乗りで出来ますし、機内でスリッパがもらえたり、ファーストクラス専用の備品等、特典は盛りだくさん!

個人的には、やっぱりお料理が一番楽しみです。JALファーストクラスでは、幻の焼酎「森伊蔵」も飲み放題!

なかなか手に入らず、プレミア価格で一本1万円以上もする焼酎を惜しみなく提供するなんて、JALさんは本当にすごいですよね。

国内線ファーストクラスに乗れる路線は?

JAL国内線ファーストクラスが設定されている路線は、わずか4路線しかありません。

●東京(羽田)-福岡
●東京(羽田)-札幌(新千歳)
●東京(羽田)-大阪(伊丹)
●東京(羽田)-沖縄(那覇)

上記のように、ファーストクラスを選択できるのは、いずれも東京(羽田空港)発着の便です。

ANAのプレミアムクラスが殆どの主要路線をカバーしている一方、JALのファーストクラスは4路線だけなので、自然と乗れるチャンスも貴重なものとなります。

また、設定路線であっても、全便にファーストクラスがあるわけではありません。

伊丹は全便、そして福岡は1便を除く全てに設定されていますが、札幌は18便中11便、一番人気の沖縄は12便中たった2~3便にしか設定されていないのです(2018年9月羽田発の例)。

人気の沖縄路線は予約も激戦

せっかくのファーストクラスですから、できるだけ長い時間楽しみたいですよね。

…が、考えることは皆同じのようで、搭乗時間が長くなる沖縄線のファーストクラスは、あっという間に満席になってしまうほど大人気。予約を取るのは至難の業です。

沖縄路線のファーストクラスを利用したい場合には、販売開始のタイミングを狙っていきましょう!

スポンサーリンク

国内線ファーストクラスの料金はいくら?

豪華サービスを受けられるファーストクラスですから、普通席と比べると料金も高く設定されています。

ご参考までに、現在の羽田発沖縄行きファーストクラス運賃はこんな感じです。

<羽田⇒沖縄のファーストクラス運賃>
・株主優待…31,190円

・身体障害者割引…35,190円
・特便割引…46,390円
・ビジネスきっぷ…48,990円
・往復割引…49,490円
・普通運賃…54,090円

特便割引は、日によってもっと安くなることもありますが、株主優待利用は基本的に金額が一定ですので、一番安定してお安いというわけですね。

ちなみに、JALの株主優待券は、株主になって取得するのが正攻法ではありますが、ヤフオクや金券ショップ等でも購入することができます。

JAL国内線ファーストクラスの場合、株主優待券の購入費用を含めても最安になる可能性があるので、有効活用したいところです。

当日アップグレードも可能

できるだけ安くファーストクラスに乗りたい!という場合には「当日アップグレード」も利用できます。

理系マイラー
理系マイラー

当日アップグレードとは、普通席を予約しておき、飛行機に乗る当日になってから、空港でファーストクラスにアップグレードして貰う方法です。

当日アップグレードには追加料金が必要ですが、その値段は一律8,000円!!

普通席とファーストクラスでは、8,000円以上の価格差があるのが当たり前なので、かなりお安くファーストクラスを体験することができます。

また、当日アップグレードは、割引運賃で予約している場合にも利用できるため、例えばファーストクラス料金設定のない先得航空券等であっても、追加料金を支払うことにより、ファーストクラスを利用できるようになります。

<当日アップグレード活用例>
・先得で普通席を予約(14,590円)
・搭乗当日に空港でアップグレード(8,000円)
・合計22,590円でファーストクラスに乗れる!

ただし、当日アップグレードは、搭乗当日にファーストクラスの空席がないと利用できません。

つまり、確実にファーストクラスに搭乗したいなら、最初からファーストクラス運賃で予約しておく必要があります。

一方で、もし可能であればファーストクラスに乗ってみたい(ダメなら普通席でも構わない)という場合には、当日アップグレードにチャレンジしてみるのがオススメです。

羽田ー沖縄往復ファーストクラスを株主優待でゲット

今回は、ちょうど期限切れ間近の株主優待券がありましたので、ファーストクラス株主優待運賃を利用。

フライト概要はこちらです。

(1)往路 JAL907便
 東京(羽田) 8:55発 ⇒ 沖縄(那覇) 11:30着
 ファーストクラス/座席番号 1A
 ご利用運賃 株主割引/31,190円
(2)復路 JAL914便
 沖縄(那覇) 15:50発 ⇒ 東京(羽田) 18:15着
 ファーストクラス/座席番号 2A
 ご利用運賃 株主割引/31,190円
合計 62,380円

JGC修行にも!大量FOPを獲得可能

余談ですが、私が今回ファーストクラスに乗ることになったのは、JALの上級会員になるための「JGC修行(JGP修行)」の一環です。

JALの場合、株主優待利用時の獲得FOPは75%になってしまうのですが、それでも今回の往復で稼げるFOP(フライオンポイント)は5,720FOP!

普通席と比べると、2,000FOP近く多く稼げます。

さらに、私は当該月を対象とする「FOP2倍キャンペーン」に登録していたため、実際に獲得したのは、なんと10,640FOP!!

国内線1往復だけで、10,000ポイント以上稼げてしまいました。

このキャンペーンがあるのとないのでは大違い。JALさんは本当に太っ腹で助かります。これにより、FOP単価は驚異の5.86と相成りました。

JAL国内線ファーストクラスは「JGC修行」にも使える!

スポンサーリンク

空港でのおもてなしサービス

JAL国内線ファーストクラス搭乗客は、前述の通り機内だけでなく、空港出発時から特別なおもてなしを受けることが出来ます。

飛行機は、乗ってからより乗るまでが大変なこともあるので、思っている以上に便利なサービスです。

ファーストクラス専用チェックインカウンター

羽田空港第1ターミナルには、ファーストクラス用の立派なチェックインカウンターがあります!

羽田空港第1ターミナルJALファーストクラスチェックイン

ここを利用できるのは、JAL上級会員の中でも最上級であるJMBダイヤモンド、JGCプレミア、ワンワールドエメラルド、そしてファーストクラス搭乗者と、ごく限られた対象者だけ。

一般のカウンターが混んでいる時でも、こちらならスイスイです。

スタッフさんの対応も、心なしか一層丁寧なような気がします。

カウンターの奥にはファーストクラス専用の保安検査場もあるので、あっという間に出発手続きが済んでしまいました!

搭乗前の一時はJAL最上級ラウンジで

さらに、搭乗前の時間は、JALが展開する最上級ラウンジ「JALダイヤモンド・プレミアラウンジ」でゆっくりと過ごすことが出来ます。

羽田空港第1ターミナルダイヤモンドプレミアラウンジ

JALダイヤモンドプレミアラウンジの特長は、軽食が提供されていること。

お隣にあるJALサクララウンジでは、飲み物と柿の種、キャンディーが提供される程度ですが、こちらのJALダイヤモンドプレミアラウンジでは、メゾンカイザーとコラボしたJAL特製のパンやおにぎり、スープを楽しむことが出来るのです!

JALダイヤモンド・プレミアラウンジにあるメゾンカイザーのパン

JALダイヤモンド・プレミアラウンジにある特製焼きカレーパン

JALダイヤモンド・プレミアラウンジにあるスープ

JALダイヤモンド・プレミアラウンジにある味噌汁

JALダイヤモンド・プレミアラウンジにあるおにぎり(引用:JAL公式サイト)

ラウンジ詳細はこちらでご紹介していますので、ご興味のある方はぜひどうぞ♪↓

【2019最新】最高峰!リニューアル後の羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジはこんなところ<利用条件・サービス内容>
羽田空港には様々なラウンジが設けられており、飛行機に搭乗するまでの待ち時間をゆったりと過ごすことができます。 JALが運営するラウンジとしては「サクララウンジ」が有名ですが、実はそれだけではありません。サクララウンジよりもワン...

ファーストクラスに搭乗!

さてさて、それでは搭乗しましょう。この日の往路フライトは、8時55分発の沖縄行き907便。

羽田空港第1ターミナル

初めてのJALファーストクラス、どんな体験ができるのかワクワクです!

ファーストクラスは高級感あふれる特別な雰囲気

ファーストクラスキャビンはこんな感じ!

JALファーストクラスキャビン

ベージュとブラウンを基調とした、落ち着いた雰囲気ですね。革張りシートだけあって、高級感も感じられます。

座席は1Aを選択しました。

JAL国内線ファーストクラス1A

この上品な佇まい。さすがはJAL最高峰のシートですね。

スポンサーリンク

ファーストクラスのシート情報

ラックにシート機能についてのリーフレットが入っていました。

JALファーストクラスシート概要

シートスペックとしては、以下の機能が挙げられています。

  • リクライニング・フットレスト
  • プライバシーパーテーション
  • 大型テーブル
  • 読書灯
  • 小物置き
  • ヘッドレスト

シートサイズは下記の通りです。

777-200型機 シートサイズスペック
前後の座席幅(ピッチ)  約130cm(普通席 約79cm)
シート幅   約53cm(普通席 約44cm)
肘掛幅(中央上部)  約33cm(普通席 約6cm)

リクライニング・フットレスト

リクライニング角度はデータがなかったため不明ですが、公式サイトによると、おそらくこの角度がMaxだと思われます。

JALファーストクラスシートリクライニング

フットレストも、画像のように伸ばして使用可能。私の脚は全く長くありませんが、最大限伸ばしてもちょっと短く感じました。が、あまり長くすると、非常時に差し障るでしょうから、これは仕方のないことだと思います。

プライバシーパーテーション

隣席との間にあるパーテーションはミラーになっています(写真はモザイク処理済)。

JALファーストクラスシートプライバシーパーテーション

最初は半透明なのかと思っていましたが、よく見たら自分が写っていてちょっとビックリしました(笑)。

大きめのパーテーションで、背中をシートに付けていれば隣の様子はわかりません。これもリラックスするためには欠かせない設備ですね!

テーブル

テーブルはアームレストの下に収納されています。

JALファーストクラスシート アームレストの下にテーブル

「LIFT HERE」というところを持って引っ張り出すと…

大きなテーブルが現れました。

JALファーストクラスシート大判のテーブル

シート周りと同じく、木目調のデザインです。パソコンを置いてもまだ余裕のある広いスペースが、食事にも仕事にももってこいですね。

コントローラー

コントローラーとイヤフォンジャックは、パーテーションに取り付けられています。

JALファーストクラスシートコントローラー

機能的には普通席と同じ。読書灯、チャンネル、音量、呼び出しボタンというシンプルなものでした。

シートコントローラーはアームレストに。

JALファーストクラスシートシートコントローラー

リクライニング、レッグレスト、フットレストを手動で調整できます。こちらも昔ながらのシステムですね。

ファーストクラスの贅沢な備品

続いて、ファーストクラスならではの備品をご紹介しましょう。

ブランケットとテンピュールの枕

座席には、予めブランケットと枕が用意されていました。

JALファーストクラスシート毛布と枕も特別仕様

これらももちろん、ファーストクラス特別仕様です。

ブランケットはウール100%、枕はテンピュール製!

JALファーストクラス枕とブランケット

双方とも、しっかりと「JAL FIRST CLASS」の文字が輝いています。ブランケットはちょっとチクチクしましたが、枕は低反発でとっても使い心地が良かったです。

ヘッドフォン

ヘッドフォンは国際線ビジネスクラスでも貸し出されている、ソニー製ノイズキャンセラーヘッドフォン。

JALファーストクラスシートノイズキャンセラーヘッドフォン

右のスイッチを入れるとノイズキャンセラー機能が働き、エンジン音がほとんど消えてしまうスグレモノです。

モバイルバッテリー

JALファーストクラスシートには電源が付いていない代わりに、各席にモバイルバッテリーが用意されていました(ANAプレミアムクラスは電源付きシート)。

JALファーストクラスシート機内専用充電器

容量は16000mAh/59.2Wh、出力DC12V/16V/19V 60Wと書かれており…

JALファーストクラスシートモバイルバッテリー規格

手持ちのUSBケーブルで繋げるようになっています。中央にある切り替えスイッチで、電圧を3段階に調節する仕組み。

JALファーストクラスシートモバイルバッテリー

航空会社のシートでこういう備品があるのは初めて見ました。面白いですね!

スポンサーリンク

お待ちかねの機内食!

さてさて、一通りシート周りを確認したら、待ちに待った機内食です!

まずはおしぼりが配られます。

JALファーストクラスシートおしぼり

実はこれもただのおしぼりではなく、「JALオリジナルの香り」を施してあるのだそう。

食事時にも邪魔をしない、爽やかで上品な香りが付いていました。こんなところにまで気を配っているなんて、すごいこだわりぶりですね。

JALファーストクラスの機内食メニュー

座席の肘掛には、あらかじめメニューが配られていました。

JALファーストクラスメニュー

ドリンク・機内食双方が網羅されているリーフレットです。

なお、提供される機内食は、出発時間帯によって以下のように4種類に分かれています。

朝食(~10:29) 食事・各種ドリンク
昼食(10:30~13:59) 食事・各種ドリンク
軽食(14:00~16:59) 軽食・厳選茶菓・各種ドリンク
夕食(17:00~)
※沖縄線のみ、到着時間が18時以降の便が対象
食事・各種ドリンク

充実のドリンクメニュー

ドリンクメニューの内容はこちら。

JALファーストクラス機内食メニュー

JALファーストクラスドリンクメニュー
  • 日本酒
    大観純米大吟醸<茨城県>
  • シャンパン
    ニコラ・フィアットコレクション ヴィンテージ ブリュット2008
  • 赤ワイン
    フロール・デル・カンポ・テンプラニーリョ 2017
  • 白ワイン
    ディヴァイン・ホープ・シュナン 2017
  • 焼酎
    森伊蔵<鹿児島県>
  • ビール
    サッポロエビス、サントリープレミアムモルツ、アサヒスーパードライ、キリン一番搾り
  • ウイスキー・ソーダ
    サントリー角ハイボール

イチオシドリンクは何と言っても「森伊蔵」

ドリンクの希望は、離陸前にあらかじめCAさんが聞きに来てくれますので、「森伊蔵」をお湯割でお願いしておきました。

後ほど届いたのがこちら!

JALファーストクラス森伊蔵

朝から焼酎、しかも幻の「森伊蔵」だなんて…!すごい贅沢ですよね。

森伊蔵の特徴は、何と言っても芋焼酎独特の匂いがなく、まろやかです〜っと水のように飲めてしまうところ。こんなにたっぷり、しかも濃いめなのに、あっという間に飲みきってしまいました。

2杯目も…と行きたいところですが、この後の予定もあることですし、ペリエをオーダー。

JALファーストクラス機内食ペリエ

「レモンと氷はどうされますか?」と、まるでちゃんとしたバーのように、細かい希望も聞いてくれます。

レモンだけ入れてもらったペリエ、とっても爽やかな飲み心地でした。

機内食が美味しい!

そうこうするうちに、機内食が登場!見るからに美味しそうですね〜♡

JALファーストクラス機内食
メニューはこちら。

JALファーストクラス機内食〜朝食〜
  • 三種のきのこのキッシュ
  • クロワッサン
  • ポテトグラタン
  • ミックスサラダ
  • パンプキンスープ
  • フレッシュフルーツ

結論から言いますと、どれもと〜〜っても美味しかったです!

サラダは新鮮、スープもレストランの味、ポテトグラタンやキッシュも温めてありますし、フルーツも美味しい!ボリュームがちょうどいいのも嬉しいですね。

大満足の朝食、ごちそうさまでした♪

夕食は各地のレストランとコラボ

なお、17時以降に出発する便(沖縄線では羽田到着が18時以降になる便)に関しては、各地のレストランとコラボレーションした夕食を提供しています。

月ごとに都道府県が変わるわけですが、9月は茨城県。1889年創業「霞月楼(かげつろう)」さんという料亭とのコラボだそうです。

帰りの便では、こんな風にメニューと別に料亭のリーフレットも付いていました。

JALファーストクラス機内食夕食メニュー

夕食は朝食よりも品数が多く、デザートまで付いているんです!

JALファーストクラスの機内食コラボメニュー

メニューはこちら。

夕食〜旬の食材を老舗料亭伝統の技で〜
  • 小鉢
    法蓮草真砂和え 水郷赤鶏南蛮漬け 玉ねぎ 糸唐辛子
  • 主菜
    鰆黄金焼 菊の葉 クリームチーズ香味焼 土浦芥子蓮根 鯛味噌茄子田楽 粟麩鍬焼 赤玉葱甘酢漬け
  • 俵ご飯
    茨城産ふくまる
  • 味噌汁
    焼きばら海苔の味噌汁
  • 茶菓
    志ち乃 小豆ノどら焼き

料亭らしく上品な味わいで、こんな本格的な夕食を国内線の飛行機で頂けることに、ただただビックリ。

これまで茨城にはあまり馴染みがなく、あいにくご当地のお料理にも縁がなかったので、興味深く感じましたし、「こんな名物があるのか〜」と勉強にもなりました。

ANAスイートラウンジ「ダイニングh」でも、月ごとに各地の素材をフューチャーしていましたが、各都道府県の魅力を味わえるというのは、全国を網羅する航空会社らしさも感じられて、とてもいいアイデアですよね!

ファーストクラスのおやつは?

ANAのプレミアムクラスでは、「フォンダンビスキュイ」「いわてまり」「ミックスナッツ」「おつまみ」「アイスクリーム」といったおやつももらえるのですが、JALさんはというと…

JALファーストクラスのおやつ

国際線でもおなじみの「ドライ納豆」と「あられミックス」をシャンパンと一緒にいただきました!

どうやら甘いおやつはないみたいですね。夕食にはデザートが付いてくるので良いとして、朝便の時はおやつを持ち込むのも良いかもしれません(甘党)。

スポンサーリンク

最後に

今回初めてJALの国内線ファーストクラスに乗ってみたわけですが、このシートスペックに幻の焼酎充実した機内食が付いてくるのなら、少々高めの値段設定でも満足できると思います。

特に、株主優待や当日アップグレードを活用すれば、2~3万円台で利用することもできるため、かなりお値打ちです!

特に夜便のコスパはすごいですよね。立派な夕食付きで+8,000円(当日アップグレードの場合)と考えると、大人気でなかなか予約が取れないのも納得です。

個人的にも非常に満足度の高いフライトでしたので、是非是非また乗ってみたいと思っています。

この記事だけでは伝えきれていない部分も多いと思いますので、まだJAL国内線ファーストクラスを利用したことのない方は、ぜひ一度体験してみてください!

今回は、JGC/JGP修行の一環としてファーストクラスに搭乗。詳しくはこちらの記事をどうぞ♪

<その後、国際線のファーストクラスにも搭乗しました!>

JALマイルは意外と簡単に貯まる!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とANA提携航空会社特典ビジネスクラス航空券でバリ島へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る