JAL JGC修行3-1:リニューアルされた那覇空港サクララウンジはとってもオシャレ。海外発券の国内線区間4レグ修行開始です!

JGC修行第三弾は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の4レグを日帰りでこなすスケジュールです!

小さい子供がいるため、できれば宿泊せずに日帰りで済ませたいと考えた結果、このような詰め込みとなったわけですが、やはり体力的には結構厳しいものがありました…。

今回の記事では、第1レグである羽田ー那覇のフライトと、リニューアルされた那覇空港のJALサクララウンジについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

修行僧の朝は早い

私自身、直前になって気が付いたのですが、羽田空港からの初便は午前6:20発。1時間前の5:20までに空港に着こうと思ったら、我が家の最寄り駅からの始発電車ではとても間に合いません。

調べてみたところ、モノレールの始発は浜松町4:59発となっており、これに乗れば間に合いそう。

ということで、仕方なく自宅から浜松町駅までUber(ウーバー)を利用することに。宿泊費を抑えられて良かった良かったと思っていたのに、思わぬ出費になってしまいました。

早朝の浜松町駅

早朝4時35分の浜松町駅モノレール乗り場は、この通り誰もいません。

浜松町モノレール改札

券売機もすべて発売中止。なんだか新鮮です。

モノレール券売機

始発まであと20分。

手持ち無沙汰なので、コンビニにでもと思ったら、こちらも営業時間外。24時間営業ではないんですね。駅ビル内の店舗は、電車が動いていない時間全く需要もないでしょうし、これも道理か…。

浜松町駅始発前

それでもさすがにGW真っ只中。

出発間際にわらわらと人が集まってきて、モノレール始発便は満席となりました。

羽田空港第1ターミナル駅に到着

5時とは言え夜も明けきって、すっかり初夏の風情ですね。遠く飛行機が見えました。今日もいい天気になりそうです。

モノレールからの景色

定刻通り、羽田空港第1ターミナル駅に到着しました。

羽田空港第1ターミナル駅

JALの国内線に乗るのは一体何年ぶりのことか…。

第1ターミナルには北ウイングと南ウイングがあり、北海道・東北・北陸・東海・近畿方面は北ウイング、中国・四国・九州・沖縄方面は南ウィングです。

今日は那覇行きなので、南ウイングに向かいます。

羽田空港第1ターミナル

久々の第1ターミナル

ここ最近はANA(第2ターミナル)ばかり利用していましたし、JALを利用した前回のクアラルンプール往復は成田空港からの出発でしたので、羽田空港第1ターミナルに来るのも随分久しぶりです。

羽田空港第1ターミナル

下の写真は、JAL上級会員が利用できるJGC(JALグローバルクラブ)カウンター。

羽田空港第1ターミナル JGCカウンター

JAL平会員の私はもちろん利用できません。

まずは50,000FOPを獲得して、ここを利用できるようになる日が楽しみです。

有人カウンターでチェックイン

今回は、クアラルンプール海外発券の一部として組み込んだ国内線区間ですので、自動チェックイン機やタッチ&ゴーは利用できません。

必ず有人カウンターでの手続きが必要です。

また、一度に手続きできるのは3便まで。私は今日だけで4フライトの予定ですが、最後の4便目は、最終出発地の沖縄で再度カウンターに立ち寄らなければならないとのことでした。

海外発券については、下記の記事でご紹介しています(規定が変わったため、以前は国内区間切り込み4便までOKだったところ、現在は2便までとなっています)。

  ANAのSFC修行は国内線(特に沖縄方面)が人気ですが、JALのJGC修行では、国内線よりも国際線、中でも「海外発券」の効率がいいという話をよく聞きます。 海外発券とは、海外から日本に来るための航空券を発券することです。 海外の空港が起点になるため、海外在住の方でなければ利用できなさそうな気もしますが、前後に別途日本からの往復便を追加することで、日本を起点とするスケジュールを組むことができます。

沖縄へ出発

出発1時間前に空港に到着したものの、一般有人カウンターでの待ち時間が響き、搭乗はギリギリとなってしまいました。

羽田空港第1ターミナル

6月にまた同じ旅程で修行に出かける予定ですが、その時にはJMBサファイア&JGCまで解脱している予定です。対象者限定のJGCカウンターを利用できるため、もう少し余裕が持てるのではないでしょうか。

機内は満席でした。さすがGWですね。

麦わら帽子に短パン、サングラスと、皆さんすっかりリゾート気分満載な格好をされてます。いいなぁ。

那覇空港行き機内

JALの国内線クラスJ初体験

シートは、初めてのクラスJ。

クアラルンプール線でビジネスクラスを取っていたため、追加料金無しで選択することが出来ました。

クラスJ

幅も足元もかなり広めです。これで普通席にたった1,000円プラスなら、かなりコスパが良いと感じました。人気があるのも頷けます。

ただ、レッグレストを上げると、前の座席との間にほとんど隙間がなくなるため、席を立ちたい時は通路側の方にとても気を使います。

これまでSFC修行で沖縄線に乗る時には、殆どANAプレミアムクラスを利用していたため、長時間でも周りが気にならず非常に快適でしたが、さすがにそことは比べられません。

JALの国内線最上位シートであるファーストクラスにも、いつか乗ってみたいものです。

2泊5日のOKA-SYD(沖縄-シドニー)タッチも、いよいよ終わりに近づいてきました。 最後の沖縄往復です。 短期間に長距離フライト+慣れない国での観光を詰め込んだ結果、さすがに疲れ果ててしまい、羽田を発ってしばらくしたら寝落ち…。 海外乗継便のため普通席でしたが、CAさんが心配して何度も声をかけてくれました。 今年2月、SFC修行中のOKA-SIN(沖縄-シンガポール)タッチでも似たような感じでぐったりでしたが、特に何も言われなかったように思います。プラチナ会員だとやは...

今回はせっかく窓側を取れたので、離陸の様子をタイムラプスで撮影してみました。

羽田空港は格納庫もありますし、次から次に離発着する機体を見ることが出来ますので、飛行機好きには堪えられませんね。

機内インターネット無料キャンペーン

クラスJでは、機内食の提供はありません。

那覇までの3時間、何をして過ごそうかと思っていたら、現在機内Wi-Fiを無料で使えるキャンペーン実施中とのこと。

JAL wi-fi無料

(JAL公式HPより)

これは嬉しいサービスですね!

満席でしたし、地上ほどサクサクとは行きませんでしたが、十分ネットサーフィンを楽しむことが出来ました。

スポンサーリンク

修行僧の聖地、沖縄に帰ってきました

無事那覇空港に到着。

那覇空港

昨年はANAのSFC修行で何度も訪れました。

最後に来たのはANAダイヤ修行最終回のことだったでしょうか。

9月にダイヤ修行を思い立ち、10月中旬から飛行機に乗り続けて1ヶ月ちょっと。 この第6回目がとうとう最後のANAダイヤ修行となりました。 最後の旅程は、羽田ー那覇ー成田の日帰りです。 羽田を7:55に出発するため、6:40ごろ空港に到着。ANAラウンジで朝焼けを眺めつつ、コーヒーを頂きます。 修行中早朝便を利用する時は、寝過ごしたらどうしよう!?と思うあまり、毎回よく眠れないまま空港に向かっていましたが、この日は集大成ということもあり、「ダイヤ修行に無事行けてよか...

もうしばらく沖縄はいいかなと思っていましたが、こうして明るい南国の空気に触れると、やはり懐かしく嬉しいものです。

那覇空港でお土産を購入

前回のクアラルンプール往復の際、お土産がないことに子どもたちからブーイングの嵐だったので、先にお土産を物色することに。

那覇空港雑貨とワインの店

那覇空港2階、ANA側にあるお土産屋さんです。沖縄らしい、可愛い雑貨がたくさん置いてあって、いかにも女性に人気がありそう。

最近オシャレに目覚めた(?)長女からネックレスが欲しいとのリクエストを受けていたので、ピンクのクジラが付いたものを選びました。1本1,000円ほど。喧嘩にならないよう、次女もおそろいです。

クジラのペンダント

3歳の次女にはまだ早いかと思いましたが、とっても気に入って大事にしまってくれていました。よかったよかった。

那覇空港のJALサクララウンジ

続いて向かうはこちら!

那覇空港サクララウンジ

JALサクララウンジです。

場所がわからず迷ってしまいましたが、手荷物検査を終えて免税店に向かう途中にあります(動く歩道に乗ると行き過ぎてしまいます)。

那覇空港のサクララウンジはつい先日、2017年2月28日にリニューアルオープンしたばかり。

エントランスも新しくてキレイですね。

JAL平会員がサクララウンジを利用する方法

今回、なぜ何のステータスもない私がサクララウンジに入れるのかといいますと、こちらのクーポンを獲得していたため。

サクララウンジ利用券

(dポイントクラブ公式HPより)

ドコモの長期ユーザー(シルバーステージ&ゴールドステージ限定)が応募することの出来るプレミアムクーポンの一つ、JALサクララウンジ利用券です。

空港ごとに1日あたりの招待人数が決められているものの、最大137名/日と当選確率がとても高く、修行僧の間でも有名なクーポン。外れたと言う話をほとんど聞いたことがありません。

ドコモサクララウンジ利用券

私も、もしいつかJGC修行をするなら是非チャレンジしてみたいと思っていました。

応募すると、その場ですぐに当落がわかります。おかげさまですんなり当選しました!

応募の際にJALお客様番号を入力することにより、搭乗券に当選資格が紐付きますので、ラウンジ入室時に、ICマークの付いたJMBカード(JALカード)か、 「JALタッチ&ゴー」アプリ登録済みのおサイフケータイを機械にかざすだけです。

このクーポンのありがたいところは、再入場が可能なこと。

今回、羽田-那覇-関西-那覇-羽田と、那覇から2度出発便を利用しましたが、2回とも搭乗前にラウンジに入室することが出来ました。一日に何度も往復する平修行僧にはとっても嬉しいですよね!

いざ入場します

新しくなったサクララウンジ。さっそく見学させていただきましょう。

那覇空港サクララウンジ

エントランスをくぐると、予想外に長い廊下となっています。

那覇空港サクララウンジエントランス

突き当り右手がレセプション。JALカードをタッチして、問題なく入室することが出来ました。

那覇空港には、JAL上位ラウンジであるダイヤモンド・プレミア ラウンジがありませんので、JMBダイヤモンド・JGCプレミアメンバーも、こちらのサクララウンジを使うことになります(対してANAは那覇空港にも上位のスイートラウンジを保有)。

那覇空港サクララウンジ

サクララウンジ見取り図

見取り図はこのようになっています。

那覇空港サクララウンジ見取り図

(JAL公式HPより)

ダイヤモンド・プレミア ラウンジはないものの、ファーストクラス・ダイヤモンド・JGCプレミアメンバーだけが利用できる専用保安検査場(画像左下)が設置されているようです。

ダイニングエリア

まずはダイニングエリアから。

那覇空港サクララウンジダイニング

室内全体が赤みがかった木材で統一され、あちこちに和を感じさせる小物が置かれています。

那覇空港サクララウンジ

すっきりと纏まっていて、落ち着くインテリアですね。

ドリンク&フード

冷蔵庫には、南国らしいシークヮーサー・グァバ・ウコン茶とトマトジュース。

那覇空港サクララウンジ冷蔵庫
ビールはもちろん、沖縄が誇るオリオンビール。

那覇空港サクララウンジ ビール
泡盛も有りました。

那覇空港サクララウンジ 泡盛
JALのおつまみは個包装ではなく、好きなだけ取るタイプです。

那覇空港サクララウンジ あられ
湿気が気になったので、これについてはANAのおつまみミックスの方がいいかな…。

ジューサーバーはコーラやカルピス、アップルジュースなどなど。

那覇空港サクララウンジ ジューサーバー
もちろんコーヒーメーカー、お茶なども。

那覇空港サクララウンジコーヒーメーカー
ANAラウンジはいつも混雑していて席を見つけるのも一苦労ですが、こちらは席数もありますし、利用者自体が少なく(お昼前&夕方の場合)、ゆったり落ち着くことが出来ました。

那覇空港サクララウンジ
窓際のカウンター席の他、奥にもテーブル席が用意されています。

那覇空港サクララウンジ

ラウンジエリア

続いてラウンジエリア。

こちらも赤をアクセントにした、とてもスタイリッシュな雰囲気。モダンジャパニーズとでも言うのでしょうか。

那覇空港サクララウンジ
各席にコンセントが設置されていますし、座席間にゆとりがあるように感じました。

那覇空港サクララウンジ
いろいろなタイプの席があるので、自分好み、またシチュエーションに合ったイスを見つけることが出来ます。

那覇空港サクララウンジ
この空間の贅沢なこと。仕事をするにもリラックスするにも、最適な環境ではないでしょうか。

那覇空港サクララウンジ

お手洗い

続いてお手洗いへ。
ラウンジエリアの最奥にあります。入口は自動ドアになっていて、ちょっとうれしい。

那覇空港サクララウンジ
女性用お手洗いの中は、ラウンジ室内よりも明るい木目が清潔感を演出しています。

那覇空港サクララウンジ トイレ
手洗い場の蛇口がなにやら不思議な形をしていると思ったら…

那覇空港サクララウンジ
ハンドドライヤー一体型とのことで驚きました。

那覇空港サクララウンジ
すごく先進的ですね…さすがはダイソン製。

その他のファシリティ

コピー・FAX機も、受付からラウンジに至る廊下に設置されています。ピクトグラムが可愛い。

こちらは通話ブース。


その隣にクローク。沢山の荷物を持って入室するのは憚られるので、お土産を買った後などに重宝しそうです。


ラウンジエントランス直ぐ側に、喫煙室も有りました。

最後に

今回の修行では、1日で4レグをこなすため早朝の出発となりましたが、那覇空港でサクララウンジが利用できたおかげで、だいぶ体力的に楽することができました。

  • ドコモプレミアムクーポンを使えば、JAL平会員でもサクララウンジ利用可
  • クーポンは再入室可能(那覇から2回出発し、いずれも搭乗前に利用できました)!

という2つのポイントは、JGC修行僧であれば覚えておいて損はないと思います。

那覇空港のサクララウンジは新しく清潔で何よりオシャレ。落ち着きがありつつも明るくて素敵なラウンジでした。

惜しむらくは、食べ物が「おかき」しかないことでしょうか。最上のダイヤモンド・プレミアラウンジではないので、仕方のないことではあるのですが、JALラウンジは「飲食持ち込み不可」とされているため、他に選択肢がないのが少々残念に思いました。

他は、設備も最先端ですし、席がゆったりしているのがとてもいいですね!忙しない4レグの間、一時でも休ませてもらえて非常に助かりました。

次回は、関西空港へ出発です。

<次の話>

JGC修行第3弾は国内線4レグのスケジュール。 羽田ー那覇ー関西ー那覇ー羽田を1日でこなします。 前回の記事で、羽田から沖縄までの1レグ目を終えましたので、続いて2レグ目では関西国際空港へ。 関西国際空港行きの便は午前11:50発。沖縄に到着したのが午前9時ごろでしたから、約3時間は沖縄でのんびりできました。 一日4レグ修行はまだ始まったばかりですから、ここで躓くわけにはいきません。

<前の話(JAL JGC修行第2弾)>

2017年第2回目のJGC修行は、JALビジネスクラスで行く成田ークアラルンプール往復! JALの国際線&ビジネスクラスが初めてなら、クアラルンプールも初めて。一体どんな旅になるんでしょう。とっても楽しみです。 早朝6時30分。ほとんど車も歩く人もいない銀座にやって来ました。 いつも通り、高速バスTHEアクセス成田で成田空港に向かいます。都心から成田空港への移動手段は断然バスがオススメです。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク