instagramはじめました!フォローはこちら

JGC修行初めての海外発券に挑戦!クアラルンプール発JALビジネスクラスFOP単価6.48

follow us in feedly

JAL海外発券

「海外発券」という言葉を聞いたことはありますか?

海外発券とは、海外から日本に来るための航空券を発券することです!

海外の空港が起点になるため、海外在住の方でなければ利用できなさそうな気もしますが、前後に別途、日本からの往復便を追加することで、日本を起点とするスケジュールを組むことができます。

メリットは、往々にして日本発便よりも運賃が安いという点。

例えば、日本発だと30万円する東南アジア行きのJALビジネスクラスが、出発地と目的地を逆にするだけで、半額以下で乗れることも珍しくないんです。

日本在住者が海外発券を使おうと思ったら、必然的に2往復することになるので、普通に海外旅行に行く人が使うことはまずないでしょうが、その効果を発揮するのは、航空会社の上級会員を目指す通称「飛行機修行」をする時!

リーズナブルな運賃で、たくさんのポイント(Fly on Point:フライオンポイント、以下FOP)を稼ぐことが出来ますので、いまや修行(JALの場合「JGC修行」)の定石となっています。

以下では、JAL便利用時の海外発券の方法から、実際の体験記まで、詳しくご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

例えばどんな旅程を組めるの?

それでは具体的に、どんな旅程を組むことが出来るのでしょうか。

今の所海外発券でお得なのは、断然東南アジア方面です。こちらご参照までに。

海外発券の基本ルート

例えば、東京在住者がクアラルンプールを起点として、海外発券を行う場合の基本ルートはこちら!

クアラルンプール→東京→クアラルンプール

クアラルンプール発ビジネスクラス種別Xを選択した場合、1万円強の別料金を支払うことにより、日本国内で2区間クラスJ(普通席よりもゆとりのあるクラス)での乗り継ぎを付けることが出来ます。例えばこんな感じ。

クアラルンプール→東京→石垣→東京→クアラルンプール

この赤字になっている2区間は、約1万円とお安い上に、たくさんのFOPを稼ぐことが出来ますので、JGC修行をする際には是非抑えておきたいところ。一番お得なのは、東京から最も遠い石垣路線ですが、便数が多く、利便性の高い沖縄路線も人気です。

効率良く稼げるのは沖縄路線

日本からの航空券はどうする?

上記のような旅程を「1つの予約」、つまり「1枚の航空券」として発券するのが海外発券なのですが、前述の通り、日本在住者は日本発航空券を別途入手する必要があります。

大体の方は、以下いずれかの方法で手配されているようです。

1. 年2~3回のJALバーゲン時期を狙う
2. ワンワールド加盟で安い航空会社のチケットを購入する
3. 
特典航空券を取る
4. 
LCCで行く

JGC修行では、できるだけFOPを稼がなければなりませんので、オススメは1か2。

半期に一度ほど、日本発東南アジア線JALビジネスクラスがセールになることがあり、海外発券と遜色ない運賃で購入することが出来ますので、この時期に当てられれば、2往復4区間もJALの快適なビジネスクラスを利用可能です。

とはいっても、タイミングよくセールになるとも限りませんし、手堅く行くならワンワールド他社を使うのもよさそうです。クアラルンプールなら、マレーシア航空で直行便を出していますし、JAL便よりお手頃な傾向にあります。

もちろん、同じワンワールド加盟航空会社のため、搭乗記録をJALマイレージバンクに登録しておくことで、必要FOPの半分(JGC&サファイア=25,000FOP、JGP=40,000FOP、ダイヤ=50,000FOP)を上限に対象FOPに加算されるため、上限を超えない限り、搭乗が無駄になることはありません。

私は昨年・今年と、一部旅程を除き、1のJALバーゲンセールを組み合わせて極力楽に、しかも効率よく組むことに成功しました!

海外発券の方は、基本的に一年を通して大きな価格変動がありませんので、毎回日本発便JALバーゲンセールが発表された後、海外発券を計画するようにしていました。

驚異的なFOP単価!クアラルンプール発の海外発券

私も最初は海外発券という響きだけで、なんとなく腰が引けていたのですが、考えが変わったきっかけは、こちらの花梨さんのブログ。

花梨さんは、マレーシア・クアラルンプール発のプレエコを選択された結果、FOP単価が3.4になったとのこと。衝撃的な数字です。エコノミーならいざ知らず、ラウンジや専用チェックインカウンターが使える「プレミアム」エコノミーでこの数字が実現可能だなんて、本当にスゴイですよね!

私がビジネスクラスを選択した理由

プレミアムエコノミーも、エコノミーに比べればもちろん段違いに快適なのでしょうが、結局私はビジネスクラスにしました。

その理由は、何と言っても以前ANAのSFC修行(ダイヤ修行)でプレミアムエコノミーに乗った際、かなり体が辛かったから。

情けない話ではありますが、一度ビジネスクラスに乗ってしまうと、そのあまりの快適さに、出来るものなら次も…となってしまうんですよね…。

また、ビジネスクラスにすることで、日本国内の2区間が自動的にクラスJになり、事前に予約できるのも魅力の一つです(通常は1区間1,000円の追加料金が発生。しかも沖縄路線でアップグレードするのは至難の業)。

海外発券は難しい?

海外発券という響きだけ聞くと、「良くわからないけど、海外現地語のサイトから発券しないといけないのかな?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

日本の航空会社、JALやANAなら、海外発であっても日本語で予約発券することが可能です。

JALの場合、国内向けのページではなく、現地向けのページ(日本語表記)が用意されていますので、そちらから海外発券することができます。

(日本航空 マレーシア地区公式サイトより)

予約方法も、日本のJAL公式サイトと殆ど変わりません。

ビジネスクラス利用時のFOP単価は6.48!

以前はクアラルンプール線のみ、国内で4区間(2往復)付けることが可能でした。以下では、記事公開当時のまま記載しています。

実際に取った予約はこちらです。

諸税込価格145,678円÷獲得FOP22,498=FOP単価6.48。ビジネスクラスで6.48なら、かなりいい数字だと思います。

プレエコほどの破壊力はないものの、フルフラットシートに豪華な食事が心ゆくまで楽しめるなら相当リーズナブルです。

食事は評判の良い料亭「くろぎ」さん監修とのこと。

お父様のお店「実家くろぎ」にお邪魔した記憶も新しく、出来れば味わってみたい…。

しかも、ジャン・ポール・エヴァンのチョコレートも頂けるそうで。

(写真はいずれもJAL公式サイトより)

これは楽しみすぎますね!!おそるべし、JALのビジネスクラス…。

予約はJAL国際線予約センターへの電話が必要

単純な海外発の往復だけ(クアラルンプール→東京→クアラルンプール)なら、JALの海外発便予約サイトから予約が出来るのですが、上記のように国内2区間を組み入れた複雑なプランは、JAL国際線予約センターに電話して、オペレーターさんに手配してもらわなければなりません。

最初はどうやって希望を伝えたらいいものか迷いましたが、まず、クアラルンプール発券で国内線2区間を国際航空券に組み込みたいと伝え、全体を整えていきました。

日本発の航空券はWeb上で手配

こちらでも引き続き、国内4区間組み込み可能だった記事公開当時のまま記載しています。

その後、日本発クアラルンプール行き往復航空券をWeb上で手配。

このときだけは運悪くバーゲンがなかったため、エコノミーの安い運賃で我慢することに(日本発券のビジネスクラス運賃は30万円超でした)。

日本発券分が往復60,180円なので、全てを含めて計算すると、205,858円÷獲得FOP28,306=FOP単価は7.27となりました。

10日かけて8レグ消化

国内4区間可能な当時のまま記載。内容的には、4区間→2区間になる他に大きな変更点はありません。

この旅程は、一息に行うものではありません。日本国内で2回まで可能なストップオーバーを活用します。

1日目…成田-クアラルンプール
(現地で一泊)
2日目…クアラルンプール-成田
(自宅に戻り、三泊)
5日目…羽田-沖縄-関西-沖縄-羽田
(自宅に戻り、六泊)
11日目…成田-クアラルンプール-成田

ということで、10日ほどかけて修行日程(8レグ)を消化することになりました。最初のクアラルンプール行きと最後の帰国便だけがエコノミークラスです。

8時間弱のエコノミーは辛いですが、それぞれ片道はビジネスクラスですし、OKA-SINタッチのように、国際線到着から間をおかず沖縄往復というスケジュールではないので、割と余裕があるのではないかな、と。

↓その後、実際にJALエコノミークラスに乗ってみました!

1日で羽田-沖縄-関西-沖縄-羽田と4レグをこなさなければならない、5日目の国内線修行日が何気に一番辛そうです(苦笑)。

↓国内旅程分の搭乗記

発券手数料を無料にする方法

なお、電話で予約した場合、Web上では発券ができません。そうすると、発券手数料5,400円が別途かかってしまいます。

通常であれば支払う必要のない手数料が発生するのはもったいない気がしていましたが、これを回避する手段も紹介されていたので、真似してみました。

まずは金券ショップでJAL旅行券を1枚購入します。

額面は1,000円/10,000円がありますが、あいにくこちらには10,000円券しか在庫がありませんでした。1枚あればいいので、陸マイラー的には1,000円券を1枚買って、残りをクレジットカード決済するのがベターかもしれません(クレジットカードの還元率にもよります)。

ちなみに、この日は10,000円券1枚で9,700円でした。この段階で300円お得になりますね。

そしてJALプラザ有楽町へ。

マイレージカードを提示し、発券をお願いします。

予習していた通り、JAL旅行券を1枚でも支払いに使えば、発券手数料は免除されるとのことでした。5,400円は大きいです。おかげさまで助かりました!

なお、航空券1冊(1つの予約)あたり、発券手数料が5,400円かかりますので、予約一つにつき1枚JAL旅行券が必要ということです。

今回の海外発券分「クアラルンプール-成田(-)羽田-沖縄-関西-沖縄-羽田(-)成田-クアラルンプール」は、日程こそ間が空いていますが、1冊の航空券として発券していますので、旅行券1枚で済みました。

マレーシアで何をするか?

まず、ヒルトン・クアラルンプールに行くことが一番大きな目的です。

せっかくANAダイヤからステータスマッチで得たヒルトンオナーズダイヤモンド、一度くらいは使ってみたい!どのくらいアップグレードしてもらえるものなのか興味津々です。

それに、例えばニューヨークのヒルトンは高い割に評判が芳しくありませんが、マレーシアはその逆。低価格で高評価なのです。

(写真はヒルトンクアラルンプール公式HPより)

すでに予約を入れましたが、一泊9,700円とお手頃価格でした。

↓宿泊記はこちら!

後はブルーモスクやペトロナスツインタワーでしょうか。

たった一日しかないので、どこまで行けるか分かりませんが、今からとっても楽しみです。

↓実際に行ってみて、靴天国を満喫しました♪

まとめ

●海外発券は群を抜いてお得!気軽にJALビジネスクラスに搭乗できる
●予約はWebではなく電話でする必要がある
●JAL旅行券で支払うと、発券手数料5,400円を節約出来る

ということでした!

出発地と目的地を逆にするだけで、日本発と比べて半額程度でJALのビジネスクラスを利用することが出来るなんて、なんだか不思議な気もしますが、このルールの航空券自体は以前から販売されているため、何らかのバグというわけではありません。

ビジネスクラスでJGC修行というと、贅沢すぎる気もしますが、体力も温存できる上にFOP単価もいい(下手すると国内線だけで済ませるよりも)となれば、これを利用しない手はないですよね♪

初めて乗ったJALのビジネスクラスは、快適で機内食が美味しくて、とにかくびっくりでした!!

2018年JGC修行総まとめ

2018年も、無事JGPを獲得しました。FOP単価は8.04ですが、ヨーロッパにも行けましたし、昨年よりも一層楽しい修行となり、大満足です!

マイルは無料で貯められる!

JGC修行後は、ステータスを活かして世界中に出かけています。

原資は、元手無料で貯めたマイル!

飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで、国際線に必要なマイルも効率よく貯められます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、ここ2年の間に複数回海外旅行に出かけています(それまでは、5年に1度でも行ければ御の字という感じでした)。

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。
JALマイルを貯めるなら、モッピー一択です!

マイルを貯めて、気軽に海外旅行へ出かけましょう♪

これまでの宿泊記はこちら!

 

トップへ戻る