instagramはじめました!フォローはこちら

【2019最新】最高峰!リニューアル後の羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジはこんなところ<利用条件・サービス内容>

follow us in feedly

羽田空港JALファーストクラス

羽田空港には様々なラウンジが設けられており、飛行機に搭乗するまでの待ち時間をゆったりと過ごすことができます。

JALが運営するラウンジとしては「サクララウンジ」が有名ですが、実はそれだけではありません。サクララウンジよりもワンランク上の「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」というものが存在しています。

そこは、まさに国内最高峰!特別な条件を満たした人だけが入場を許される贅沢な空間です。

今回は、この羽田空港国内線第1ターミナルにあるJALダイヤモンド・プレミアラウンジについて、利用条件やアクセス方法、ラウンジ内部で提供されているサービス内容まで、その全貌を余すところなくお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク

JALダイヤモンド・プレミアラウンジ設置空港

2019年8月現在、JALダイヤモンド・プレミアラウンジは、国内の主要空港5箇所に設置されています。

マップで見ると、下記の通り(金色のマークが「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」、銀色のマークが「サクララウンジ」です)。

JAL 国内線ラウンジマップ

ダイヤモンド・プレミアラウンジ利用条件

まずは最も気になる利用条件から。

JALダイヤモンド・プレミアラウンジを利用できるのは、下記いずれかの条件を満たした人です。

  • JAL国内線ファーストクラスにて当日当該空港より出発、または当日乗り継ぐ場合
  • JAL国際線ファーストクラスから、もしくは同クラスへ翌日午前6時までに乗り継ぐ場合
  • JMBダイヤモンド会員
  • JGCプレミア会員
  • ワンワールドエメラルド会員
    ※いずれも同行者1名まで利用可能(3歳未満の幼児は同行者としての数に含まず)

ANAの最高峰・スイートラウンジでは、基本的に最上級ステータスである「ダイヤモンド」または「ミリオンマイラー」にしか門戸を開放していないのに対し、JALダイヤモンド・プレミアラウンジは、国内線ファーストクラスでも入場することが出来るんですね。

JALのダイヤモンド・JGCプレミアや、ワンワールドエメラルドを獲得するためには、安くても数十万円かかりますので、一度どんな所か見られればそれでいいという場合は、JALファーストクラスに搭乗するのが最も手軽な方法だと思います(ANAの場合は、ヤフオクなどでスイートラウンジご利用券を入手するという方法もあります)。

JALファーストクラスでは、最上ラウンジを利用できる他、素晴らしいシートに日本各地の料亭とコラボした美味しい機内食、幻の焼酎まで頂けますので、ぜひオススメです!

ちなみに今回、私は昨年JGCプレミアの必要条件をクリアしたことによる利用です。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジへのアクセス

羽田空港国内線ダイヤプレミアラウンジは、第1ターミナルの南北に2箇所設けられています。

羽田空港JALダイヤプレミアラウンジマップ

ウイングは下記の通り行き先別に分かれているため、搭乗する便によって選べば良さそうですね。

南ウイング 中国・四国・九州・沖縄方面
北ウイング 北海道・東北・北陸・東海・近畿方面

地図上で見る限り、北と南の違いとしては、北の方が広め(北185席/南115席)かつ、シャワールームが付いているというところでしょうか。南ウイングの方は、併設されているサクララウンジのシャワールームを共有することになります。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジ営業時間

また、営業時間にも若干の差が。

ダイヤモンドプレミアラウンジ営業時間 南 5:15~
北 5:30~

これはそれぞれのウイングの始発時間に合わせているためでしょう。

両者の間にはそれほど距離があるわけではないため、5時30分以降ならどちらに行っても良いのですが、今回は子連れのため移動に手間取ることを考えて、搭乗口に近い南ウイングのダイヤモンドプレミアラウンジを訪問することにしました!

スポンサーリンク

 特別感満載!JALファーストクラスカウンター

ダイヤプレミアラウンジを利用する場合、一般の出発口から搭乗口のある制限エリアに入った後、エントランスまで行くこともできますが、実はJALカウンターが並ぶ一角に、ひっそりと専用入口「JALファーストクラスカウンター」も設けられています。

場所はJALグローバルカウンターの左手!↓

羽田空港ialファーストクラスカウンター

近寄ってみましょう。さすが最上級顧客向けのエントランス、高級感が溢れていますよね!

羽田空港JALファーストクラスカウンター

このファーストクラスカウンターも、もちろん利用条件はダイヤモンドプレミアラウンジと同じです。

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ対象者一覧

専用チェックインカウンター

中には専用のチェックインカウンターがあり、搭乗手続きはもちろん、手荷物を預けることも可能です。

専用保安検査場を経てエスカレーターでJALラウンジへ

手続きが済んだら、奥右手の入口からダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場」へ進み(こちらは撮影禁止なので写真はありません)、検査後エスカレーターで上へ上がります。

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジエントランス

こちらがラウンジのレセプションです!

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジエントランス

左に進むとダイヤモンドプレミアラウンジ、右に進めばサクララウンジとなっていました。

JALダイヤモンド・プレミアラウンジの全貌

受付を済ませて、いよいよ左手のダイヤモンド・プレミアラウンジへ行ってみるとしましょう!

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジへ

オブジェ「南の黒松」がお出迎え

ラウンジに入ってみると、正面にどーんと松のオブジェがお出迎え!

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ正面

このオブジェは「東 信(あずままこと)、花樹研究所」というフラワーアレンジメント会社の作品で、タイトルは「Black Pineeee」。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジ松のオブジェ

JAL公式サイトによれば、以下のようなコンセプトがあるのだそうです。

「植物の中でも最も複雑な造形美と強い生命力を持ち合わせる松を人工物としていかに自然と共存するか。そこに新たな美が生まれる」をコンセプトに、北は“赤松”、南は“黒松”をイメージに製作頂きました。

なるほど…。

「北の赤松」

ちなみに北の方はと言いますと、こちら!

羽田空港第1ターミナルJALダイヤモンド・プレミアラウンジ北の赤松

ちょっと赤みがかってますでしょうか。そして南の黒松と対称的な形をしていますね。面白いアート作品です。

ラウンジフロアマップ

さて、ラウンジの内部は、入口から見て左がバーエリア、右がライブラリーとプライベート&リラックスエリアとなっています。

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジマップ

早速バーエリアから見てみましょう!

スポンサーリンク

バーエリア

以前はかなり小ぢんまりしていて、お昼時などは席を見つけるのが難しかったバーエリアですが…

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジバーエリア

2019年初頭のリニューアル工事によって、この通りだいぶ広くなりました!

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ/リニューアル後のバーエリア

カウンターはL字型に拡張され…

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ/リニューアル後のバーエリア・カウンター

以前はバックヤードだったであろう奥側のスペースも客席として解放!

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ/リニューアル後のバーエリア・客席

おかげ様で混雑している時でも、容易にテーブルを見つけることができました♪

それでは、置いてあるメニューをチェックしましょう(なお、リニューアルしても、メニューには特に変更ありませんでした)!

ドリンク

まずはビールから。

銘柄はサントリープレミアムモルツ、サッポロエビス、アサヒ熟撰と、最上級ラウンジらしく、3種類ともプレミアムビールです。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジドリンクメニュー:ビール

ウイスキーや焼酎などもあります。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジ焼酎など

添えてある「あられミックス」はサクララウンジよりもちょっぴり豪華。お醤油味のかきもちや、えび満月なども混ざっていました。

カウンターの端にあるのはコーヒーマシーン。ラウンジではおなじみのEGRO社製で、ブレンドの他カプチーノなども楽しめます。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジコーヒーマシーン

こちらはジュースサーバー。

羽田空港国内線第1ターミナルJALダイヤモンドプレミアラウンジジュース

つい最近、沖縄のダイヤモンドプレミアラウンジと同じものに変更されました。

ミックスジュースを作ることもできるタイプです。

これらの他、冷蔵庫にポカリスエットやトマトジュースなどもありました。

フード

このダイヤモンドプレミアラウンジ、サクララウンジと最も異なる点は、やはり食べ物が充実していること!

福岡では三日月、沖縄ではオハコルテ等々、ご当地の有名店とコラボしたパンを楽しめるのも嬉しいポイントです。

この日のメニューは、メゾンカイザーのクロワッサンに、JAL国際線ラウンジ名物のオリジナルビーフカレーをベースに開発された「JAL特製焼きカレーパン」!カレーパンは11時30分からの提供です。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジパンコーナー

やっぱりかなり人気で、あっという間になくなっていきます。

カレーパン以外にはメゾンカイザーのパンが置いてあり、季節によって変更されるのですが、この時は「ほうじ茶とホワイトチョコのパン」「粒マスタードとベーコンのチャバタ」が用意されていました。

羽田空港国内線第1ターミナルJALダイヤモンドプレミアラウンジジュース

割とハード系が多い中、柔らかいパンが出ているのはちょっと珍しいかも!特に、ほうじ茶のパンがミルキーで美味しかったです。

そのお隣には、「坦々風スープ」と「味噌汁」も用意されていました。

この他にも、おにぎり(この日はうまだしおにぎり)や「ブルーベリーSOYJOY」などもあったのですが、いずれも並んだ端から即完売。お昼時はかなり競争率が高いです。

ライブラリーエリア

続いては、ラウンジ入口右手のライブラリーエリア。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジライブラリーエリア

ここにはゆったりとしたソファーが並んでおり、みなさんPCで仕事をしたり本を読んだり、思い思いに過ごされている様子でした。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジライブラリーエリア

カウンター席からは駐機場も見えますので、飛行機を眺めながらのんびり過ごすのも良さそうですね。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジライブラリーエリア

スポンサーリンク

プライベート&リラックスエリア

最後にご紹介するのが、「プライベート&リラックスエリア」。

リニューアル以前は、ライブラリーエリアの奥にこのような入口があり…

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジプライベート&リラックスエリアの入り口

正面にはマッサージチェアのブース。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジマッサージチェア

そして、マッサージチェアの背中側、通路を挟んで3つほど半個室が並んでいました。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジプライベートエリア

が、リニューアルでこの半個室ブースは撤去され、マッサージチェアのみのコーナーに。

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ/リニューアル後のリラックスエリア

その分オープンスペースが拡張されました。

羽田空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ/リニューアル後のリラックスエリアが広く

こちら側のスペースも、混雑時には家族バラバラに座らないと席がないという状況がままありましたので、ファミリー層にとっては、ありがたい改修結果と言えるのではないでしょうか。

ファシリティ

これまで、ラウンジ内の設備をご紹介してきましたが、その他の設備は以下の通りです。全てレセプションからラウンジ入口までの途中に設置されています。

喫煙室

レセプションから一番近いところにあるのが喫煙室。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジ喫煙室

お邪魔にならないよう入室しませんでしたが、外からでは中の様子がわからないようになっていました。

クローク

喫煙室の向かい側にあるのがクロークです。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジクローク

鍵付きで、ラウンジ内では邪魔になるスーツケースやお土産品などをしまっておくことができます。

以前はシンプルな鍵でしたが、リニューアルを機に、交通系iCカードで施錠/開錠する仕組みに変わっていました。

ラウンジを出る時には、しっかり引き取るのをお忘れなく(うっかりやらかしそうになりました)!

お手洗い

お手洗いはこんな感じ。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジお手洗い

パウダースペースも2つあり、清潔なお化粧室でした。

羽田空港JALダイヤモンドプレミアラウンジ化粧室

最後に

今回は、羽田空港 JALダイヤモンドプレミアラウンジの全貌をご紹介しました!

たまたま週末で混んでいる時間帯だったということもあるでしょうが、利用者数の割にラウンジが狭く、キャパシティが足りていない印象でした。

→リニューアル後はバーエリア、シーティングエリア共に拡張し、以前と比べると容易に席を見つけられるようになっていました。

また、すぐお隣にあるサクララウンジは、キッズルーム・シャワールーム付きと、ファシリティ面でかなり充実しているので、ダイヤモンドプレミアラウンジにより厳しい利用条件が課されている点を考えれば、残念ながら若干見劣りすらするような…(すみません)。

羽田空港サクララウンジの詳しいレポートはこちら↓

ダイヤモンドプレミアラウンジの良い点としては、やはり飲食物の充実度でしょう!

特に、お昼以降の時間帯には全てのメニューが出揃い、何も持ち込まずとも十分食事が出来ますし、食べ物にこだわりのあるJALらしく、品質も優れているのは嬉しいところですね。

国内5つあるダイヤモンド・プレミアラウンジは、近年新千歳・福岡那覇・伊丹とリニューアルオープンが続いています。

この羽田のラウンジも2010年にリニューアルオープンしたばかりで、まだまだ新しくはあるのですが、モダンでJALらしくオシャレなインテリアに統一された他空港ダイヤモンドプレミアラウンジとの差も感じられるようになりましたし、そろそろまた一新されるのかも?と期待するこの頃です。

関連

これまでに訪れたJALラウンジのレポートはこちら!

JALファーストクラスラウンジではお寿司にジョンロブの靴磨きも!?最高のサービスを楽しもう!【成田空港第2ターミナル本館】
飛行機に乗る前の時間をゆっくり優雅に過ごせるエアラインラウンジ。 日本を代表する航空会社である日本航空(JAL)では、和の心を感じさせる、きめ細やかなラウンジサービスを提供しています。 中でも、ファーストクラス搭乗客や、...
成田空港 JALファーストクラスラウンジ『サテライト』にしかない贅沢なサービスとは?<国際線第2ターミナル>
日本の玄関口・成田空港第2ターミナルには、最高峰ラウンジ「JALファーストクラスラウンジ」が3つ設けられています。 なぜ3つもあるかと言いますと、成田空港の第2ターミナルが「本館」と「サテライト」から構成される、とっても広大な...
【国際線】すべてがトップクラス!本館サクララウンジは成田空港のベストチョイス<JAL JGC修行1-6>
成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジ、カンタス航空ラウンジ、JALサクララウンジ(サテライト)と来まして、最後は本館にあるJALサクララウンジです...
【成田JALサクララウンジ】サテライトは本館とどう違う?特製カレーにマッサージチェア!<JAL JGC修行1-5>
日本の玄関口、成田空港には各航空会社が直営する「エアラインラウンジ」が多数存在しています。 JALやキャセイパシフィック航空、アメリカン航空等のワンワールド便に搭乗する場合には、同じワンワールドに加盟する航空会社のラウ...
<羽田空港国際線>JALファーストクラスラウンジは国内最高峰!利用条件からサービス内容まで徹底レポート
JALファーストクラスラウンジ(JAL First Class Lounge)は、JALが直営する最高峰のラウンジです。 その豪華さは、日本国内の空港ラウンジの中でも随一!! 国際線ファーストクラス搭乗者を対象としたラウ...
関西国際空港の国内線JALサクララウンジってどんなところ?利用条件・営業時間は?
関西国際空港は、大阪府泉佐野市・泉南郡田尻町・泉南市にまたがる国際空港で、伊丹空港(大阪国際空港)・神戸空港と並んで、関西三空港のひとつに数えられています。 日本を代表するハブ空港ですから、当然空港内の設備も充実しており、JA...
最高級のおもてなし空間!福岡空港JALダイヤモンド・プレミアラウンジ〜利用条件やサービス内容をご紹介
JAL直営の国内線最上級ラウンジ、それが「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」! 限られた人だけに入場を許された、特別なラウンジです。 JALのラウンジと言えば「サクララウンジ」が有名ですが、ダイヤモンド・プレミアラウンジは...

これまでに訪れた国内外の空港ラウンジはこちらにまとめています。

空港ラウンジ訪問記まとめ〜ANA・JAL・他航空会社・プライオリティパス
空港における楽しみの1つ「空港ラウンジ」。 そこは、飛行機が出発するまでの待ち時間を過ごすだけではなく、これから始まる旅行を快適にするという大きな役割を持っています。 空港ラウンジは、ゴールドカードを提示すれば無料で入室...

マイルを貯めて旅行しよう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る