ルフトハンザ航空の空港ラウンジを徹底解説!ランク別の入室条件や日本人にオススメの利用方法とは

ルフトハンザドイツ航空 搭乗する人々

ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)は、ドイツ最大の航空会社。いわゆるナショナル・フラッグ・キャリアです。

スターアライアンス加盟航空会社(創立メンバー5社の一つ)であるため、日本を代表する航空会社”ANA”とも関わりが深く、ANAマイルを使ってルフトハンザの飛行機に乗ることも可能。

海外の航空会社ではりあすが、日本在住者にとっても使い勝手の良いエアラインです。

ルフトハンザ航空では、主にヨーロッパの空港に、飛行機に乗る前の時間を快適に過ごしてもらうため「乗客専用のラウンジ」を多数設けています。

このラウンジは、原則としてビジネスクラス以上の乗客を対象としているため、その内部はとっても豪華。無料で飲食可能となっており、待ち時間をゆっくり過ごせるだけでなく、贅沢な気分を味わうことができます。

以下では、ルフトハンザ航空のラウンジの種類や、入場するための条件等について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ルフトハンザ航空のラウンジの種類

ルフトハンザのラウンジには、3つのランクが存在しています。

1.ファーストクラス
2.セネター
3.ビジネス

どの空港にも、上記3種類全てが設置されているかというと、そういうわけではなく、例えばセネターラウンジとビジネスラウンジの2つだったり、ビジネスラウンジだけだったりもします。

特に、ファーストクラスラウンジは設置数が少なく、ドイツのフランクフルトとミュンヘンにしかありません。

ちなみに、ランクの高さは、「ファーストクラス>セネター>ビジネス」の順。ファーストクラスが最もランクが高いラウンジです。

それぞれどういう違いがあるのでしょうか?

ファーストクラス・セネター・ビジネスの概要と利用資格

各ラウンジの概要と利用資格を簡単にまとめると、下記の通りです。

カテゴリ 概要 利用資格
ファーストクラスラウンジ ルフトハンザ(LH)が展開するラウンジの中で最も豪華絢爛 1. ルフトハンザ・スイスインターナショナルファーストクラス利用者
2. Hon Circle*1メンバー
セネターラウンジ ビジネスラウンジよりも飲食物等の質が高い 1. ルフトハンザ・スイスインターナショナルファーストクラス利用者
2. スターアライアンスファーストクラス利用者
3. Hon Circleメンバー
4. セネターメンバー*2
5. スターアライアンスゴールド
ビジネスラウンジ 一般的な航空会社ラウンジ 1. ルフトハンザ・スイスインターナショナルファーストクラス利用者
2.スターアライアンスファーストクラス利用者
3. Hon Circleメンバー
4. セネターメンバー
5. スターアライアンスゴールド
6. スターアライアンスビジネスクラス利用者
7. 有効なラウンジ利用券+LH便のプレミアムエコノミークラス搭乗券
8. 有効なフリークエント トラベラー*3カード+当日到着/出発する便のスターアライアンス/コードシェア パートナーの搭乗券
*印は、ルフトハンザドイツ航空の上級会員ステータス。
1. Hon Circle>2. セネター>3. フリークエントトラベラー

当然のことですが、ファーストクラスの利用条件が最も厳しく、セネター、ビジネスの順に対象者を広く設定していることがわかりますね。

ルフトハンザドイツ航空には、この他にも到着時だけ利用できるウェルカムラウンジ(フランクフルトのみ)もありますが、ここでは割愛。

より詳しい情報については、公式サイトでご確認ください。

ファーストクラスラウンジの利用条件は厳しい

ファーストクラスターミナル

利用できるものならランクが高い方がよいですから、ルフトハンザのラウンジを使うのであれば、ファーストクラスラウンジを狙いたいところ。

特に、フランクフルトのファーストクラスターミナルといえば、ヨーロッパ随一と言っても過言ではない、ラグジュアリーなラウンジとして有名です。

しかし、ルフトハンザのファーストクラスラウンジは、上記表にも記載されているように、

「(1)ルフトハンザ航空&スイスインターナショナル航空のファーストクラス搭乗者」または「(2)HON Circleメンバー」しか入ることが出来ません。

自社便の利用が原則

航空会社のラウンジは、加盟している航空連合(ルフトハンザの場合は、スターアライアンス)が運行する便の搭乗者でも入場できる場合があります。

例えば、ANAのスイートラウンジは、ANAのファーストクラス搭乗者だけでなく、スターアライアンス加盟航空会社のファーストクラス搭乗者にも開放されています。

羽田空港国際線ターミナルには、ゴールドカードの会員等が利用できるカードラウンジの他、特定の航空会社の上級会員等が利用できる航空会社運営のラウンジがあります。 航空会社のラウンジは、ビジネスクラスやファーストクラス搭乗者が利用するラウンジでもあるため、カードラウンジと比べると設備もサービスも豪華。飛行機の待ち時間を快適に過ごすことができます。

しかし、ルフトハンザのファーストクラスラウンジは、たとえファーストクラスの利用客であったとしても、ルフトハンザ航空とスイスインターナショナル航空(ルフトハンザ子会社)でないと利用することができません。つまり、自社便を利用しないと使えないというこど。

同じスターアラインアンスの航空会社でも、ラウンジの利用条件には違いがあるのです。

・ANAスイートラウンジ ⇒ スターアライアンスのファーストクラス搭乗者であれば利用可
・ルフトハンザファーストクラスラウンジ ⇒ 原則として自社便のファーストクラス搭乗者だけが利用可

タイ航空のロイヤルオーキッドスパが、利用者を自社便のファーストクラス搭乗者に限定しているのと同じ扱いですね。

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港内にある、タイ国際航空直営「ロイヤルオーキッドスパ」では、利用者に60分間または30分間のスペシャルマッサージを提供しています。 対象となるのは、タイ国際航空のファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者のみで、スターアライアンス航空会社のファーストクラス搭乗者は対象外。また、同伴者も利用することはできません。

HON Circleとは

Hon Circle会員証
ルフトハンザドイツ航空公式サイトより画像引用

自社便に搭乗せず、ファーストクラスラウンジを利用したい場合には、「Hon circle」のメンバーであることが条件となります。

「Hon circle」とは、ANAで言うところのダイヤモンドメンバーと同じで、ルフトハンザ航空における最上級ステータスです。その到達条件は「2年以内に600,000 HON Circleマイル以上獲得」すること。

60万マイルという条件だけでもそもそも大変なのですが、その上、実績対象となるマイルの種類も「Hon Circleマイル」に限られるという厳しさがあります。

HON Circleマイルとは、ビジネスクラス・ファーストクラス搭乗に限って加算されるマイルのこと。エコノミークラスを利用した場合、HON Circleマイルは貯まりません。Hon circleメンバーを目指すのであれば、ビジネスクラスやファーストクラスに乗り続けるしかないのです。

ルフトハンザのファーストクラスラウンジ利用の条件が、いかに高いハードルなのかがわかりますね。
スポンサーリンク

日本在住者がファーストクラスラウンジを利用するには

上記のように、Hon circleのメンバーになるのは、あまり現実的な選択肢ではありません。

日本在住者がルフトハンザのファーストクラスラウンジを利用するなら、ルフトハンザ航空やスイスインターナショナル航空のファーストクラスチケットを入手する方法が一般的です。

ちなみに、ルフトハンザのファーストクラスは、ANAマイルを使った特典航空券で利用することができます(ANAマイルを使った特典航空券の場合、規定によりスイスインターナショナル航空ファーストクラス利用不可)。

現金でファーストクラスチケットを購入するなんて無理だよ!という方は、ぜひANAマイルを貯めてみてください。陸マイラー御用達の「ソラチカルート」を使えば、1年間で20万マイル以上貯めることが可能です(ソラチカルートは2018年3月末での封鎖が発表されましたが、他にも効率よくマイルを貯める方法は残されています。)↓

2018年4月、ソラチカルートの一部変更により、マイルの貯め方が変わりました。世間では改悪と言われていますが、マイルを貯めるのに最も効率的な方法は、いまだにソラチカルートです。少し複雑になってしまいましたが、ソラチカルートを使えば、初心者でも年間21万6,000マイルを貯められるという事実は変わっていません。今からマイルを貯め始めたとしても、驚くほど簡単にビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行くことができます。

私の場合も、ANAマイルを使った「ファーストクラス世界一周特典航空券」によって、ルフトハンザのファーストクラスラウンジを利用しました。

知られざるその内部は、これまでで最も贅沢で優雅な空間。こちらで詳しくレポートしています↓

世界各国の空港には、飛行機出発前の時間を快適に過ごすための「空港ラウンジ」が設置されています。 空港ラウンジといっても、クレジットカードを提示するだけで入場できるラウンジから、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗客のみが入場できる特別なラウンジまで様々。 その中には、例えば、香港のキャセイパシフィック航空のラウンジや、ドバイのエミレーツ航空のラウンジなど、生きている間に一度は訪れてみたいと評判の豪華絢爛なラウンジもあります。 それらと並んで、世界一豪華と評されている空...

セネターラウンジが狙い目

ルフトハンザ ラウンジロゴ

ファーストクラスラウンジの利用条件を満たすのが難しい場合には、セネターラウンジを狙うのがオススメです。

セネターラウンジは、上記利用条件の表を見てお分りいただける通り、ファーストクラスラウンジとビジネスラウンジの中間に位置するラウンジです。

つまり、ファーストクラスとまではいかないものの、一般的なビジネスクラス搭乗者が利用できるビジネスラウンジよりもワンランク上という位置づけ。

日本のANAやJALには存在しないカテゴリのラウンジですので、あまり馴染みがありませんかもしれませんが、こちらも素晴らしいラウンジですよ。

セネターラウンジのレポートはこちら!

ルフトハンザ航空の本拠地”フランクフルト空港”には、上級会員向けのセネターラウンジ(Senator Lounge)が設置されています。 日本ではあまり聞き慣れない名称ではありますが、ランク的にはファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジの中間。そこでは、ビジネスクラスラウンジよりも1ランク上のサービスが提供されています。 もちろん、誰でも使えるわけではありませんが、ルフトハンザが加盟している”スターアライアンス”のゴールドメンバーであれば入室可能! ということは、...
ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)は、イギリスの首都ロンドンを代表する国際空港。 パリのシャルル・ド・ゴール空港、フランクフルトのフランクフルト空港と並び、ヨーロッパの中でも最大規模の空港であるため、空港ラウンジも充実しています。 ANAの上級会員が取得できる「スターアライアンスゴールド」で入室可能なラウンジも複数あり、日本人旅行者も利用しやすい空港です。 今回は、ロンドン・ヒースロー空港にある航空会社ラウンジ(特に、ルフトハンザ...
無事、定刻にデュッセルドルフ空港駅に到着! 駅から空港までは、スカイトレインに乗ってターミナルに移動します。 スカイトレインとは デュッセルドルフ空港と空港駅を結ぶモノレール、それがスカイトレインです。 毎日3:45~0:45にかけて、3.5~7分間隔で運行しています。 空港内の移動手段なのにこのスカイトレイン、なんと有料です(2.8ユーロ)。 ただし、一部旅行代理店・航空会社で購入したエアチケットにはスカイトレインの料金が含まれていることがある他、下...

スタアライアンスゴールドメンバーなら利用可能です

スターアライアンスゴールド

ルフトハンザのセネターラウンジは、スターアライアンスの最上級会員「スターアライアンスゴールド」の資格を保有していれば、利用することができます。

このため、例えばエコノミークラスに乗る場合であっても、スターアライアンスゴールドメンバーであれば、セネターラウンジを利用することが可能です(もちろん、ビジネスラウンジでも利用可能)。

かなりお得ですよね。

ちなみに、スターアライアンスゴールドの資格は、ANAの上級会員(プラチナメンバーまたはSFC会員)になることで取得可能です。つまり、日本在住者でも比較的簡単に取得することができるということ。

特に、SFC会員に関しては、一度取得してしまえば、その後の維持も簡単です(スーパーフライヤーズカードを保有しているだけでOK)。

ルフトハンザのラウンジを利用する場合には、まずANAの上級会員となって、スターアライアンスのゴールドメンバーになっておくことをオススメします。

SFC会員を目指すSFC修行の詳細はこちら↓

SFC修行について詳しく解説しています。「そもそもSFCってなに?」、「なぜ修行するの?」など、SFC修行に関する疑問への答えが全てこの記事に書かれています。

セネターラウンジとビジネスラウンジの違い

ルフトハンザのビジネスラウンジは、ごく一般的な航空会社ラウンジ。ANAで言うならば、プラチナやSFCメンバーが利用できる「ANAラウンジ」に該当します。

羽田空港国際線ANAラウンジはこちらでご紹介しています↓

マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。

セネターラウンジは、ビジネスラウンジよりもワンランク上のラウンジで、ファーストクラスラウンジには及ばないものの、置いてある飲食物がより上質で充実しているのです(個人の感想です)。

まとめ

  • ルフトハンザが運営する空港ラウンジは、ファーストクラス・セネター・ビジネスの3種類
  • ルフトハンザのファーストクラスラウンジを利用できるのは、ルフトハンザ航空&スイスインターナショナル航空のファーストクラス搭乗者か、ルフトハンザ最上級ステータス「Hon Circle」メンバーのみ
  • セネターラウンジはファーストクラスラウンジとビジネスラウンジの中間
  • スターアライアンスゴールドメンバーなら、セネターとビジネスいずれも利用することができる

…ということでした。

ヨーロッパに行き、そしてヨーロッパ域内を移動するなら、幅広いネットワークを持つルフトハンザは選択肢として欠かせません。

これまで、ルフトハンザのエリート会員やラウンジのシステムがちょっとわかりにくかったのですが、世界一周旅行を機に色々と勉強してみて、ANAとはまた違った魅力を感じました。

ちなみに、これまでに訪れた空港ラウンジはこちらでまとめています。

空港における楽しみの1つ「空港ラウンジ」。 そこは、飛行機が出発するまでの待ち時間を過ごすだけではなく、これから始まる旅行を快適にするという大きな役割を持っています。 空港ラウンジは、ゴールドカードを提示すれば無料で入室できるカードラウンジから、特別な乗客だけに入室が許されたラウンジまで、その種類は様々。 今回は、これまでブログ内でご紹介してきた”空港ラウンジ”を一覧形式でまとめてご紹介。日本国内にとどまらず、世界各国の空港にあるラウンジの様子もお届けします。

この2年間、陸マイラー活動で貯めたマイルを使って、ANAビジネスクラスでのヨーロッパ旅行や、スターアライアンスファーストクラス世界一周旅行など、特典航空券での旅行を多数実現させてきました。

陸マイラーとは、飛行機搭乗やクレジットカード決済に頼らずに、ポイントサイト等を活用することで、毎年数十万マイル貯めている人のこと。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

この一年で貯めたマイル(ANA&JAL)は100万以上!

私が陸マイラー活動を始めたのは2015年の年末。ということは、現在マイルを貯め始めてから約2年が経過したことになります。 実質1年目の2016年は、ほとんど初心者の状態からマイルを貯め始めて、最終的には50万マイル以上を獲得することができました。2年目の2017年では、一体どれくらいのマイルを貯めることができたのでしょうか。 今回は、2017年の総まとめとして、私が1年間で貯めたマイル数と、全フライトを公開したいと思います。 1年間で貯めたマイル まずは、今年1年間で貯め...

特に、ANAマイルは「ソラチカルート」という方法を使って、効率よく大量に貯めることができます↓

2018年4月、ソラチカルートの一部変更により、マイルの貯め方が変わりました。世間では改悪と言われていますが、マイルを貯めるのに最も効率的な方法は、いまだにソラチカルートです。少し複雑になってしまいましたが、ソラチカルートを使えば、初心者でも年間21万6,000マイルを貯められるという事実は変わっていません。今からマイルを貯め始めたとしても、驚くほど簡単にビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行くことができます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク