【ルフトハンザ搭乗記】ビジネスクラスの絶品昼食メニューと、見たら欲しくなる?機内誌カタログ(フランクフルトーミラノ)

フランクフルト国際空港

ルフトハンザドイツ航空第一のハブ空港、フランクフルト空港。この空港からは、日本やアメリカなどの長距離線だけでなく、ヨーロッパ域内へ向かう飛行機も数多く出ています。

今回私は、ルフトハンザLH280便(13:15発、14:25着予定)でフランクフルトからミラノへ向かいます。

ロンドンから乗ってきた便が10分ほど遅れたのと、人手不足でボーディングブリッジが動かせず、最終降機になって入国審査に時間を要したため、搭乗口に着いた時にはすでに出発最終のアナウンスが流れていました。

ルフトハンザドイツ航空(Deutsche Lufthansa)はドイツ最大の航空会社です。 ANA(全日本空輸)と同じスターアライアンス加盟航空会社であり、ANAマイルを使って航空券を発券することができるため、日本在住の方であっても、お世話になる機会も多いのではないでしょうか。 私の場合は、イギリスのロンドン(ヒースロー空港)から、ドイツのフランクフルトへの移動に、ルフトハンザ航空のビジネスククラスを利用しました。 これまで何度も国際線に乗ってきましたが、実はルフトハン...

ゲートクローズされないうちに急いで搭乗しなければ!

今回も搭乗するのはビジネスクラス。ミラノ到着までの機内の様子と食事等をご紹介します。

スポンサーリンク

飛行機まではバス移動

それにしても、フランクフルトも大きな空港だけあって、ロンドンから到着後、搭乗口まで移動するだけでかなりかかりました。

同じヨーロッパとはいえ、イギリスからの到着便の場合は入国審査があることもすっかりど忘れしていたので大慌て。

乗り継ぎ時間は1時間10分あるし、ターミナル移動があるわけでもなし。十分だろうと思っていましたが、実際はお手洗いに行く時間さえなく、脇目も振らず早歩きするはめに…。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ機

日本の空港なら、こういった場合、万一乗り遅れてもよほどのことがなければ救済してもらえますが、そこは外国ですし、何かあっても自己責任のつもりでいなければなりません。

1階に降りると、バスが待っていました。もちろん最終便です。

フランクフルト国際空港 ミラノ行き

乗り込んだ後、2,3分で発車。私の後にまだ何人かお客さんが来るはずだったようなのですが、クローズに間に合わなかったのか、誰も続いては来ませんでした。本当にギリギリだったみたいです。

フランクフルトのルフトハンザラウンジに寄る時間が取れなかったのは心残りですが、無事搭乗出来て何よりでした。

機材はエアバス319-100

本日お世話になるのは、日系航空会社では運行していないA319-100という機材です。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ機

中型機に分類され、定員は138人。ルフトハンザでは、6列目までをビジネスクラスに設定しています。

ルフトハンザ機 A319-100 シートマップ

ルフトハンザ公式サイトより

世界一周特典航空券はファーストクラスで発券しましたが、ヨーロッパ域内ではファーストクラスの設定がないため、ビジネスクラスを利用することになっています。

昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、しかもファーストクラスに関しては、ネット上でもなかなか情報が見つかりません。実際に発券するまでは、本当に取れるものなのか、内心ドキドキでした。 この記事では、旅の計画から発券までの過程、実際に私が組んだ世界一周の旅程を詳しくご紹介していきます。これから予...

ルフトハンザのCAさんはとってもフレンドリー

今回のCAさんもフレンドリーな方ばかり。私のスーツケースを見て、「これは重そうだから上に仕舞うのを手伝って下さい」とお願いされたものの、一緒に持ち上げてみて「そうでもなかったわ!アハハ!」と終始豪快な感じでした。

日系とは全く異なる雰囲気ではありますが、はっきり言ってもらえた方がこちらも余計な気を遣わなくて済むので楽ちんです。ルフトハンザはこの日初めて&これが2便目の利用でしたが、早くもかなり気に入ってしまいました。

フランクフルトを出発

席に着き、外を眺めていると、搭乗が終わるや地上係員さんがタラップを回収して帰って行きました。ドイツでは出発時のグッバイウェーブ(飛行機が滑走路に出る際に手を振って見送ること)をしないようですね。もともとANAが始めた習慣で、今は他社や諸外国にも広がっているのだとか。どうやらこちらにはまだ浸透していないみたいです。

フランクフルト国際空港

10年ぶりのフランクフルトは、あっという間の1時間でした。ドイツを離れる時は毎回寂しいものですが、今回の世界一周では、また翌々週に乗り継ぎで戻って来る予定なので、束の間のお別れです。

フランクフルト国際空港

それでは行ってきます!

LH280便ビジネスクラス機内食

ミラノまでは、1時間10分の飛行時間です。水平飛行になると、慌ただしく機内食の用意が始まりました。

ルフトハンザ フランクフルト発ミラノ行き

配膳されたのはこちら。

パンとハムが数種、柿とズッキーニのソテー、チーズ、クヴァルク(ドイツで好まれるチーズの一種。ギリシャヨーグルトに似た風味)にシュトロイゼル(小麦粉、バター、砂糖で作られたそぼろ状のトッピング)をかけたもの、ハッチェスのチョコレート、バターです。

日本だと柿が本格的に出回るのは秋ですが、ドイツのスーパーでは、夏にもよく熟れたものを見かけます。ちなみに品名は、日本語そのままの「KAKI」。18世紀に日本から伝わったことに由来するのだそうです。

スポンサーリンク

ドイツではお昼に温かい食事を取るのが一般的とされているものの、今回の機内食は、朝便と同様にコールドメニューとなっていました。

温かいメニューが良かったな〜と思わなくもありませんでしたが、食べてみたら今回もとっても美味しい!

ものによっては臭みが気になる生ハムも、ちょっと苦手なブルーチーズですらも、新鮮で美味しい!!そう感じられることにびっくりしました。ルフトハンザ、はまってしまいそうです。ドイツ好きな人なら、きっと同意して下さることでしょう。

この量でドイツ人男性が満足できるのかは毎回甚だ疑問ではありますが…搭乗前にラウンジで食べて来ること前提なのかもしれませんね。

ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)は、イギリスの首都ロンドンを代表する国際空港。 パリのシャルル・ド・ゴール空港、フランクフルトのフランクフルト空港と並び、ヨーロッパの中でも最大規模の空港であるため、空港ラウンジも充実しています。 ANAの上級会員が取得できる「スターアライアンスゴールド」で入室可能なラウンジも複数あり、日本人旅行者も利用しやすい空港です。 今回は、ロンドン・ヒースロー空港にある航空会社ラウンジ(特に、ルフトハンザ...

ドリンクは朝我慢した分、満を辞してビール!

ルフトハンザ

銘柄はWarsteiner(ヴァルシュタイナー)のプレミアムビア。

18世紀にドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州のヴァルシュタインという街で創業したメーカーだそうです。

これがまた最っ高に美味しかった〜!

ルフトハンザ280便 ビジネスクラス機内食

水のようにぐびぐび飲んでしまいました。やっぱりドイツのビールは素晴らしいですね。同じ商品でも、日本に輸入されているものとは味が違うように思うのですが、気のせいでしょうか。

おやつはHACHEZ(ハッチェス)のチョコレート。

ハッチェスとは、1890年にブレーメンで創業した有名チョコレートメーカーです。

中身はこんな感じ。どちらも中にガナッシュが入っていて、まろやかで美味しいチョコでした。

機内誌も興味深い

ルフトハンザの機内誌も、やはり日系とは内容が異なっています。こちらはルフトハンザが展開するWorldshopのカタログ。

ルフトハンザ ワールドショップ カタログ

このお店では、ルフトハンザのMiles&Moreで貯めたマイルを支払いに充てることができます。フランクフルトやミュンヘン等の空港に直営店があり、私もフランクフルトでルフトハンザモデルのリモワを購入しました。

飛行機好きなら誰もが憧れる旅行アイテム、それは、リモワ(RIMOWA)のスーツケース! ご存知の通り、日本ではかなり高額なスーツケースとして知られており、海外旅行者にはとっても人気があります。 10万円を超えるモデルも珍しくなく、庶民が手を出すには勇気がいる値段ですが、本国ドイツで購入すると、定価が安い上に、さらに免税手続きをすることによってお得に購入することが出来ます。 今回は、私がドイツを訪問してリモワを購入した時の一部始終をご紹介します。 狙うはルフトハンザモデ...

中を見てみると、ルフトハンザリモワ以外にも色々興味深い商品が載っていました。

こちらは子供のカートにもなるスーツケース。場所を取らないし、労力も要らなそうだし、何より楽しそう!子供がもう少し小さかったら、本気で購入を考えたかもしれません。

ルフトハンザ280便 機内誌

もう1つ気になったのはこちら。

ルフトハンザ ワールドショップ シートベルトキーホルダー

飛行機のシートベルトをモチーフにしたキーホルダーです。差し込み部分がキーホルダーになっていて、バックル部分を壁に掛けて収納具として使うとのこと。ボトルオープナーにもなるすぐれもの!飛行機好きには堪らないデザインですよね。これでルフトハンザのエンブレムが入っていたら完璧かも。

他にも機内で使われているサービスワゴン型の冷蔵庫などなど、航空会社ならではの珍しいグッズが盛りだくさんでした。

あいにくこれらの商品は機内受け取りではなく、ウェブから注文して空港ショップ等に宅配してもらうシステムだったので、購入は出来ませんでしたが、眺めているだけでも楽しいものですね。

スイスを越えてイタリアへ

スイスアルプスを越えたあたりから急速に天気が良くなり、ポツポツと集落が見え始めました。

スイスアルプス上空

この時、ちょうどスイス ルガノ周辺だったようです。地図と完全に一致しました。湖や川、いろんなものを手掛かりに場所を調べるのは、パズルのようでつい夢中になってしまいます。

ルガノ周辺地図

実は今回、ミラノを目的地に入れたのは、このルガノ辺りに用事があったからなのです(ここまで陸路で移動する予定)。20年以上行ってみたいと思っていた街の上空で偶然写真を撮ったんだと思うと、ちょっと感慨深いものがありました。

太陽の国イタリアに到着!

しばらくすると、眼下は一面赤い屋根の街並みに。

ミラノ上空

集落同士が離れているドイツの各都市に比べて、ミラノはどこまでもぎっしり詰まっている印象です。そして太陽の国らしく、燦々と光が降り注いでいて眩しいくらい。

飛行機はぐるりと一周回って、無事にミラノ・リナーテ国際空港に着陸しました。

ミラノ リナーテ国際空港

ここからターミナルまではバスでの移動となります。

ミラノリナーテ空港 バスケア

それにしても暑い!!

光が乱反射して目に突き刺さります。イタリアってイメージ通り明るいんですね〜。ドイツも晴れていれば近い感じにはなりますが、一層眩く感じました。

フライトはあっという間。今回もルフトハンザの魅力を堪能した1時間でした!

関連記事

今回の搭乗記は、2017年7月のスターアライアンスファーストクラス世界一周旅行の一環です。

飛行機搭乗やクレジットカード決済に頼らずに、ポイントサイト等を活用することで、毎年数十万マイル貯め、実現したもの。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

この一年で貯めたマイル(ANA&JAL)は100万以上!

私が陸マイラー活動を始めたのは2015年の年末。ということは、現在マイルを貯め始めてから約2年が経過したことになります。 実質1年目の2016年は、ほとんど初心者の状態からマイルを貯め始めて、最終的には50万マイル以上を獲得することができました。2年目の2017年では、一体どれくらいのマイルを貯めることができたのでしょうか。 今回は、2017年の総まとめとして、私が1年間で貯めたマイル数と、全フライトを公開したいと思います。 1年間で貯めたマイル まずは、今年1年間で貯め...

現在、ポイントサイトのモッピーでは、1,000円分のボーナスポイントが貰える入会キャンペーンを実施中!JALマイルを効率よく貯めるなら、モッピー一択です。

ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーンが実施されています!! 今モッピーに新規登録すると、入会ボーナスとして最大1,300円分のポイントが貰えてしまいます。入会特典があるポイントサイトは多いですが、ここまでの額が貰えるのはモッピーだけではないでしょうか。 現時点でまだモッピーを利用していない方は、今すぐモッピーへの入会を検討しましょう!期間限定のキャンペーンですので、この機会を逃すのはもったいないですよ。

ホテル上級会員になると、沢山の特典を受けることが出来て、ますます充実した旅行に。今手軽にステータスを得るなら、SPGアメックスがイチオシです。

SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年ホテルに無料宿泊できる権利が貰えます。入会するなら最大12,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。当サイトからの紹介も可能です。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク