instagramはじめました!フォローはこちら

成田空港第1ターミナル『Zカウンター』は至高のANAスイートチェックイン!利用条件は?謎のヴェールの中身を全て公開します!

follow us in feedly

成田空港第1ターミナル出発ロビー

成田空港第1ターミナルの隅に人知れず存在している、謎に包まれたチェックインカウンター。それが、「Zカウンター」です。

Zカウンターは、ANA最高峰のチェックインカウンター「ANA SUITE CHECK-IN」の一つであり、選ばれた人のみが入場を許された聖域です。

今回は、成田空港のZカウンターを実際に利用し、その内部に潜入した際の様子を、詳しくご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ANAスイートチェックインとは?

ANAの飛行機に乗る際に利用するチェックインカウンターには、下記のようにランクが設定されています。

ランク カウンター種別 主な対象者
普通 チェックインカウンター(一般) 誰でも利用可
高い ANAプレミアムチェックイン ANAサファイア、SFC等
最高 ANAスイートチェックイン ANAダイヤモンド等

通常のチェックインカウンターとは別に、「ANAプレミアムチェックイン」と、「ANAスイートチェックイン」の2つの特別なカウンターがありますが、その中でも最高ランクのものが、ANAスイートチェックインというわけです。

そして、成田空港のZカウンターは、そのANAスイートチェックインの中でも最上位と言っても過言ではない特別な場所なのです。

ちなみに、ANAプレミアムチェックインについては、下記で詳しくご紹介しています↓

Zカウンター利用対象者

ANAのZカウンターを利用できる人は、下記の通りです。

ANAダイヤモンドメンバーと同行者 成田空港よりANA運航便をご利用の、ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー、および同行者1名
ANA運行便のファーストクラス搭乗者 成田空港よりANA運航便をファーストクラスでご利用のお客様、および同行者1名

Zカウンターに入場するためには、まずANAの最上級会員であるダイヤモンドメンバーになるか、国際線ファーストクラスに乗らなければいけません。

加えて、ANA運航便を利用することが必須条件となっています。

例えば、スターアライアンス加盟航空会社(ANA以外)の便を利用する場合には、ANAダイヤモンドメンバーやファーストクラス搭乗者であっても、Zカウンターには入場できません。

Zカウンターは、自社便を利用する最上級顧客にしか開放されていない特別なチェックインカウンターなのです!

タイ国際航空のロイヤルオーキッドスパや、ルフトハンザのファーストクラスターミナルブリティッシュエアウェイズのコンコルドルームと同様の扱いですね。

ANAスイートラウンジよりもハードルが高い

ANAダイヤモンドメンバーやファーストクラス搭乗者を対象とするサービスとしては、「ANAスイートラウンジ」も知られています。

ただし、ANAスイートラウンジは、スターアライアンス加盟航空会社の便を利用する場合にも利用できることになっています。つまり、ANA運航便の利用は必須条件とはなっていません。

また、ANAスイートラウンジは「ラウンジご利用券」を使えば、ANAダイヤモンドメンバーあるいはファーストクラス搭乗者という条件を満たさずとも入場することができます。

Zカウンター ANAスイートラウンジ
ANAダイヤモンドメンバー
(ANA運航便利用)
ANAダイヤモンドメンバー
(ANA以外を利用)
×
ファーストクラス搭乗者
(ANA運航便利用)
ファーストクラス搭乗者
(ANA以外を利用)
×
ラウンジ利用券の使用 ×

上記のように、ZカウンターとANAスイートラウンジの利用条件を比較すると、明らかにZカウンターの方が利用するハードルが高くなっています。

Zカウンター設置場所

成田空港第1ターミナルでは、A~DカウンターがANA専用の搭乗手続きカウンターとなっています。

今回ご紹介する「Zカウンター」があるのは、Aカウンターをさらに奥へ進んだところ。下のマップ上、赤枠で囲んである場所です(マップでは”Zゾーン”と記載されています)。

成田空港第1ターミナルZ屋敷フロアマップ

実際にAカウンター側から見てみると、こんな感じ。

成田空港第一ターミナルAカウンターからZカウンターを見たところ

Z”カウンター”という名称ではありますが、そこは一般的なカウンターとは全く異なり、外から中の様子をうかがい知ることすらできない、完全に独立した作り。

その外観から、通称「Z屋敷」と呼ばれることもあります。

確かに”カウンター”と言うよりも、”屋敷”と呼ぶにふさわしい、全く別の空間になっていますね。

羽田空港国際線ターミナルANAスイートチェックインとの比較

ANAの国際線スイートチェックインは、現時点では、羽田空港と成田空港の2ヶ所だけにしか設置されていません。

羽田空港の方はと言うと、下の写真のように、一部カウンターがレーンで仕切られて専用になっているだけ。

羽田空港国際線スイートチェックイン

もちろん、羽田空港国際線のANAスイートチェックインがダメというわけではありませんが、Zカウンターほどの豪華さはありません。

それほど、Zカウンターのインパクトは強烈です。

いざZ屋敷へ潜入

2016年の12月にダイヤモンドメンバーになって以来、全国各地のANAスイートラウンジやANAスイートチェックインを体験してきましたが、Z屋敷に来るのはこれが最初で最後。

正面に立つと、ドアの向こうで2人のGSさんが待機しているのが見えました。

成田空港第1ターミナルのZ屋敷

早速、ベールに包まれたZ屋敷の内部に潜入してみるとしましょう!

Z屋敷の中はこうなっている!

ドアをくぐると、すぐに待ってました!とばかりにGSさんがやって来て、「スーツケースをお持ちします、こちらのカウンターへどうぞ!」とスマートに案内してくれました。

成田空港第1ターミナルZ屋敷に入室

羽田や那覇にもANAスイートチェックインはありますが、入口からこんな風にエスコートされるのは初めてで、ちょっとドキドキ。

最初におしぼりが提供されます

カウンターに着くと、さっそくパスポートと航空券のチェック。その間に、もう一人別のGSさんが、ささっとおしぼりを出してくれました。

すかさず冷たいおしぼりが出されました

これも、成田のスイートチェックインならではのサービスではないでしょうか。

利用者も少なく快適

内部を奥から見ると、こんな感じです。私の他には誰一人いなかったため、壁際のソファに座るチャンスもなく、あっという間に手続きが終了しました。

成田空港第1ターミナルZ屋敷の内部を奥から見た図

全部で12のカウンターがありましたが、全部埋まってしまうことは果たしてあるのでしょうか。全く気ぜわしさの感じられない、ゆったりとした空間ですね。

スポンサーリンク

上質な接客サービス

時間的余裕があることもあってか、GSさんの対応も、これまで経験した中で一番親切で丁寧でした。

「Z屋敷に来るのはこれが最初で最後になると思うので、写真を撮ってもいいですか?」と聞いたところ、「まあ、それは是非たくさん撮って下さい!」と写真を撮りやすいように移動してくれたり、備品を整えてくれたり。「この構図はどうですか?」なんて提案まで!

最後は「また是非ダイヤモンドメンバーになって、戻ってらして下さいね」とニコニコ声をかけてくれました。押し付けがましくなく、それでいて気さくで絶妙な接客に、終始感心しきりです。

しかも、これだけではありません。

わざわざスイートラウンジにまで、これがダイヤモンドメンバーとして最後の利用だということを連絡してくれたようで、後でサプライズプレゼントまで頂けたのです!

Z屋敷に配属されるGSさんには、何か特別な選抜試験でもあるのでしょうか?これほど細やかな気配りを頂いたのは本当に初めてで、感激し通しでした。

出国審査場に直結

Zカウンターの再奥には専用の通路があり、スムーズに出国審査場へ進むことが出来ます。

Z屋敷から出国審査場へ

通路を出てすぐのところに手荷物検査場があり、検査終了後は、エスカレーターで3階の出国審査場へ。

Z屋敷から出国審査場へ

あとは、通常通りに審査をパスすれば出国完了です。

成田空港第1ターミナルの出国審査場

ANAスイートラウンジへの導線

出国審査終了後は、51~57番搭乗口方面へまっすぐ進むと…

成田空港第1ターミナル出国審査場からスイートラウンジへ

ANAラウンジへと続くエスカレーター前に出ます。

成田空港第1ターミナル第4サテライトANAラウンジ入口

搭乗時刻までは、ここでゆっくり過ごせるというわけです。

ちなみに、この第4サテライトだけではなく、少し離れた第5サテライトにも、ANAスイートラウンジ・ANAラウンジがあります。

両者の違いやアクセスについても、こちらで詳しくご紹介していますので、是非ご覧ください!

最後に

ということで今回は、成田空港第1ターミナルのZカウンター、通称「Z屋敷」をご紹介しました。

Zカウンターは、他空港(国際線・国内線)のANAスイートチェックインよりも、一層パーソナルケアを重視し、接客の質自体を高めようという力の入れ具合を実感することが出来ました。

ちょっとした会話でもしっかり覚え、どうやって喜ばせようか考えて、というのは、正しく日本らしい細やかさのなせる技。

ラウンジで思いがけず素敵なプレゼントを頂いた時には、感激しすぎて涙が出ました。日本のおもてなしを体現する、ANAの本領発揮ですね。

ダイヤモンドメンバー期間の最後の最後に素晴らしい経験をすることが出来て、本当によかったです。もし叶うならいつかきっと、また利用出来る日が来ますように!

世界の豪華チェックインカウンター

ANAスイートチェックイン以外にも、世界には様々な豪華チェックインカウンターが存在しています。

ドイツ・フランクフルト国際空港にあるファーストクラスターミナルは、ターミナルそのものが最優良顧客だけを対象としている豪華な空間です。

タイ国際航空の本拠地、スワンナプーム国際空港では、チェックインから手荷物検査、ラウンジに至るまで、一切荷物に触れることもなくカートで送ってもらえるというサービスも提供されています。

ワンワールド系列のブリティッシュエアウェイズも立派な専用チェックインカウンターを完備!ラウンジまで専用通路で繋がっていて、シームレスな快適さを体験できます♪

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る