instagramはじめました!フォローはこちら

【搭乗記】カタール航空ビジネスクラスはやっぱり最高!快適シートと絶品機内食を楽しむドーハ-リスボンの旅(B787-8)

follow us in feedly

カタール航空ビジネスクラス搭乗記〜ドーハ・リスボン

2020年2月。今年も大好きなカタール航空に搭乗できる機会が巡ってきました!

今回の旅程は、新規就航したばかりの路線である、カタール・ドーハ発ポルトガル・リスボン行

昨年の秋、ちょうど新路線を対象としたセール運賃が出ていましたので、どうせなら行ったことのないところに行こうと思いまして。ポルトガルは昔から一度は訪れてみたかった国ということもあり、あっさりと決定しました。

未踏の地と思うと少々緊張もしてきますが、何と言っても利用するのは安定のカタール航空。快適な旅になることは間違いありません!

一体どんな旅になったのか、旅行記形式で詳しくご紹介します♪

スポンサーリンク

今回のフライト情報

ドーハ・ハマド国際空港・リスボン行きのチケット

さて、今回搭乗する便の情報は下記の通りです。

便名 QR341
区間 ドーハ(ハマド)- リスボン
出発時刻 7:25
到着時刻 12:30
フライト所要時間 7時間55分

初めてのバス案内

この日の搭乗口はD24。ハマド国際空港からの出発で、初めての連絡バス利用となりました。

ドーハ・ハマド国際空港のD24ゲート

優先搭乗対象者は最終案内

搭乗口には「プライオリティボーディング=優先搭乗」として、ファーストクラス、ビジネスクラス、プリビレッジクラブとワンワールドのエリートステータスが挙げられています。

ドーハ・ハマド国際空港・リスボン行き・搭乗レーン

しかし、アナウンスによるとなんと「対象者は最終案内なので、アナウンスがあるまでは座っていて下さい」とのこと。

バスでの案内では、先に機内へ入っても、エコノミークラスの搭乗が終わるまで長時間待つことになるからなのでしょうね。ビジネスクラスでは初めて※の経験でした。

※ファーストクラスでは以前経験しました↓

いよいよバスへ

全てのエコノミー搭乗客が全員去った後、ようやくビジネスクラスとエリートメンバーが呼ばれ、バスへと向かいます。

さすがはリッチなカタール航空、専用ラッピングのバスが用意されていました!

ドーハ・ハマド国際空港・リスボン行き・カタール航空ビジネスクラス専用バス

中はこんな感じでゆったり。

ドーハ・ハマド国際空港・リスボン行き・カタール航空ビジネスクラス専用バスの中

国内のバスに比べれば、十分豪華でおしゃれなバスではありますが、聞くところによれば、本来カタール航空ビジネスクラス専用バスは、カーペット張りでソファが付いているとのこと。

新規就航路線が増えたため、ビジネスクラス用バスが足りなくなってしまったのか、それとも単なる仕様違いなのか…

エコノミークラス用のバスを見ていないので、その辺りは定かではありませんが、それよりも、バスが発車して使用機にたどり着くまで10分以上かかったことに驚いてしまいました。

ハマド国際空港、どれだけ広いのでしょうか。

ドリームライナーB787ー8

さあ、この日搭乗するのはこちらの飛行機です!

ドーハ・ハマド国際空港・リスボン行き・カタール航空B787-9にタラップで搭乗

機種は、「DREAM LINER(ドリームライナー)」の文字が輝くB787-8。

カタール航空ドリームライナー

乗り心地や燃費を飛躍的に向上させた機材として知られています。

ビジネス・エコノミーの2クラス制

この便にはファーストクラスの設定がなく、ビジネスクラスが最前方を占めていました。

カタール航空B787-9ビジネスクラスキャビン後方から

キャビン前方から全体を見るとこんな感じ。

カタール航空B787-9ビジネスクラスキャビン前方から

シートは以前の東京便などにも採用されていた、ヘリンボーン型のレイアウトです。

中央列の頭上にはオーバーヘッドビンがないため、すっきりと開放感がありますね。

自由に使えるミニバー

キャビン後方にはカウンターが設けられており、離発着時を除いておやつやフルーツ、シャンパンなどが用意されています。

カタール航空B789ビジネスクラスキャビン・カウンター

シャンパンは「LALLIER(ラリエ)」という銘柄。桃に似たふくよかな香りが特徴とのことでした。

カタール航空B789ビジネスクラス・シャンパン

カタール航空のおやつは、毎回ヨーロッパの美味しいものが揃っていて大好きです♡

カタール航空B789ビジネスクラス・おやつ

シート詳細

今回のシートは2Aを選択。

カタール航空ドーハ初リスボン行き・ビジネスクラス・2A

全体的にカーブしていて、どこか女性的な優美さを感じさせますね。

カタール航空ドーハ初リスボン行き・ビジネスクラス・2Aの座席部分

左の肘掛にコントローラー類を集約。液晶パネル付きのコントローラーは操作性が高く、手元で映画を観ることも出来ます。

カタール航空B789ビジネスクラスの肘掛機能

もちろん全席に大きな個人用モニターも完備。

カタール航空B789ビジネスクラスの個人モニター

カタール航空では、4,000ものチャンネルが用意されているため、長いフライトでも飽きることなく映画やテレビ番組を楽しめました。

ちなみに、路線によってラインナップが異なる模様。

帰りにもう一度観ようと思っていたら見つからなかったり…(月を跨いではいません)。お目当ての映画は、観られるうちにしっかり観ておきましょう!

収納

さて収納はと言いますと、こちらも肘掛下にあります。

左には蓋つきで深いものが。一眼レフも収まりました。

カタール航空B789ビジネスクラス・肘掛収納

そして右手にはヘッドフォン入れ。

カタール航空B789ビジネスクラス・肘掛収納右

足元には靴入れまで!

カタール航空B789ビジネスクラス・靴入れ

靴を床に置きっぱなしにしていると、リクライニングする時にうっかり巻き込んでしまったりするので、専用の収納があるのはほんとに便利です。

アメニティ

アメニティポーチに入っているのは、アイマスク・ソックス・耳栓と、おなじみのイタリア自然派化粧品メーカー「MONTE VIBIANO」製のフェイスミスト、クリーム、リップの3点セット。

カタール航空ドーハ初リスボン行き・ビジネスクラス・アメニティ

ただ、以前ほどポーチのカラーバリエーションがなくなったような?

たまたまかもしれませんが、羽田からドーハまでの便でも、同じベージュのポーチでした。

そして、旧バージョンではポーチとアイマスク等小物の色が揃えてありましたが、今回はベージュに黒とシンプル。

いつも何色が当たるか楽しみの一つでしたので、これはほんのちょっぴり残念でした。

機内食

離陸後、航行が安定すると、いよいよお楽しみの機内食です!

カタール航空B789ビジネスクラス・離陸

はじまりはシャンパン

まずはドリンクとナッツが提供されます。シャンパン(ロゼ)をオーダーしました。

カタール航空B789ビジネスクラス・シャンパンとナッツ

何度経験しても、嬉しく幸せを感じます。

この便では朝食を提供

羽田からの乗り継ぎでしたので、もう随分時間が経っているような気がしていましたが、現地時刻はまだ朝の8時。

カタール航空のビジネスクラスでは、好きな時に好きな物を頼めるアラカルト形式で機内食を提供しています。

メニューを開くと、1番上に「ブレックファスト」と記載されていました。

カタール航空B789ビジネスクラス搭乗記・機内食メニュー

前菜からメイン、パンまで色々と選択肢がありますね。せっかくなのでお願いしてみましょう!

スムージー

まずこちらは、カタール航空に乗ったらぜひ頼みたいスムージー。

カタール航空B789ビジネスクラス搭乗記・機内食・スムージー

時期によって使用する果物が変わるのですが、この日はバナナ&メロンでした。

正直に言うと、普段どちらも自分から好んで口にする事はない果物ではあるものの、カタール航空のスムージーなら話は別です。

今回もフレッシュでとっても美味しかったので、搭乗される際にはぜひオーダーしてみて下さい!

メインが到着

前回の食事から結構時間が空いていたので、メインはがっつり「ハーブ&クリームチーズオムレツ・チキンソーセージ」を注文しました。

カタール航空B789ビジネスクラス搭乗記・機内食・朝食

温められたパンと、しっかり冷えたたっぷりのバターにジャム、塩胡椒も一緒です。

奥中央に置いてある電池式のランタンは、以前はQスイートでしか見られないものでしたが、最近はそれ以外の便でもお目にかかりますね。

お味の方はさすが定評のあるカタール航空、とても飛行機の中とは思えないフワトロのオムレツにクリーミーなソースがよく合って、とっても美味しかったです!

ランチ

数時間のんびり映画を観続けて、そろそろ機内食ラストオーダーの時間となりました。

快適すぎて、時間があっという間に感じられます。

最後に注文したのは「チキン・ア・ラ・ノルマンド」。

カタール航空B789ビジネスクラス搭乗記・機内食・昼食

詳細は記載されていませんでしたが、一般的にこのお料理はカルヴァドスやコニャック、またアップルサイダーなどで鶏肉を煮込んだものだそう。

マッシュルームや人参、ポテトがゴロゴロ入っていて、コク深くすごーく好きな味!

ビーフシチューなど、お肉の煮込みが好きな方なら、きっと気に入るメニューだと思います。

毎回カタール航空に乗る時に一番楽しみにしていると言っても過言ではない機内食。おかげさまで、今回も大満足でした!

リスボン・ポルテラ空港に到着

飛行機はその後も順調に飛行を続け、リスボン上空へ。

カタール航空B789ビジネスクラス搭乗記・リスボン・ポルテラ空港に着陸

少し前までは雨が降っていたようですが、着陸とほぼ同時に晴れ間が覗くという幸運に恵まれました。

カタール航空B789ビジネスクラス搭乗記・リスボン・ポルテラ空港

最後に

ということで今回は、カタール航空ドーハ発リスボン行きB787-8ビジネスクラスの搭乗記をお届けしました。

初めての国に行く時はドキドキしてしまいますが、お気に入りの航空会社なら安心して旅ができるなぁと改めて実感。

羽田から乗り継ぎを含めると、ほぼ丸一日という長時間のフライトでしたが、快適なシートと美味しい機内食、豊富な映画チャンネルのおかげで大した疲れもなく、今回も快適なフライトでした♪

これまでの搭乗記

ブログ内でご紹介してきた搭乗記はこちらにまとめています(リンク集)。

カタール航空関連

カタール航空は機材だけでなく、ファースト・ビジネスクラス専用ラウンジなども、全てが高品質でとても素晴らしいエアラインです!

【カタール航空】トランジットで最高級ホテルに無料宿泊!?ビジネスクラス搭乗客に与えられる驚きの特権とは
絢爛豪華なサービスで知られる中東御三家の一つ「カタール航空」。 その本拠地ドーハ・ハマド国際空港では、ビジネスクラス・ファーストクラス向けに、特別なおもてなしが提供されています。 それは、ドーハ市内にあるホテルでの無料宿...
贅沢すぎる天空のバーラウンジ!カタール航空ビジネスクラス搭乗記A380<ドーハ→パリQR39便>
中東御三家の一角・カタール航空は、エアバス社の総2階建て超大型旅客機「A380-800」を運行しています。 この機材の特徴は、なんと言ってもラグジュアリーなバーラウンジ! 飛行機内に、高級店さながらのバーカウンターが設置されてお...
荘厳すぎて圧巻!カタール航空アル・サファ・ファーストラウンジは完全に別次元でした!<ドーハ・ハマド空港>
ドーハ・ハマド国際空港にある「カタール航空 アル・サファ ファーストラウンジ(Al Safwa First Lounge)」 聞くところによれば、7つ星との評価を獲得し、世界一の空港ラウンジに選出されたこともあるのだとか。そう...
【最新版】カタール航空の豪華プレミアムラウンジ~パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港<ビジネスクラス&ファーストクラス専用>
フランス・パリのシャルル・ド・ゴール国際空港には、カタール航空が直営する「Qatar Airways プレミアムラウンジ」が設けられています。 フランスにありながら中東の香りを感じさせるこちらのラウンジでは、モダンな雰囲気の中...

JALの上級会員になろう

今回は、JALの上級会員を目指すJGC(JGP)修行の一環として、カタール航空Qスイートに搭乗しました。

どうすれば上級会員になれるのか?JGC修行についてはこちらで詳しくご紹介しています。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る