instagramはじめました!フォローはこちら

【搭乗記】初のカタール航空!ビジネスクラスで羽田からドーハへ QR813便

follow us in feedly

カタール航空機内からみるドーハ

中東カタール・ドーハを本拠地とする「カタール航空(Qatar Airways)」

カタール国営の航空会社であり、ナショナル・フラッグ・キャリアとされています。

ANAやJALと比べると、日本での知名度はそれほど高くはありませんが、世界的に見れば、その評判は最高クラス。エミレーツ航空・エティハド航空と共に、中東御三家の一角をなす5スターエアラインとして知られています。

カタール航空の特徴は、何と言っても、細やかなホスピタリティと潤沢なオイルマネーを背景とした豪華サービス!

飛行機好きなら一度は乗ってみるべし!と言われるエアラインなのです。

今回は、東京・羽田空港からドーハ・ハマド空港へ向かうQR813便のビジネスクラスを利用しました。

カタール航空の飛行機に乗るのは初めてでしたが、これまでに乗ってきたどのエアラインとも違う楽しいフライト(少々のアクシデントもあり…)になりましたので、一部始終を余すところなくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

フライト情報

今回のフライト詳細は、下記の通りです。

便名 QR813
機材 A350-900
フライト区間 東京(羽田国際空港) ⇒ ドーハ(ハマド国際空港)
出発時刻 0:01
到着時刻 6:00(東京とカタールの時差は6時間)
フライト時間 約12時間

搭乗開始

この日は出発時刻が11分早まり、23:50に発つことになりました。聞くところによると、当該便はよく出発時刻が早まるようです。

数時間前からJALファーストクラスラウンジで待機していたため、特に慌てずにすみましたが、ギリギリを目指して空港に来ると焦ってしまいそうですね。

ラウンジ内の案内板には、搭乗時刻が表示されていなかったので、ファーストクラスラウンジのスタッフさんに尋ねたところ、「搭乗が開始されたらアナウンスしますので」とのこと。

私は出来れば人が少ないうちに機内の写真を撮りたかったので、30分前を見計らって搭乗口へ。

羽田空港国際線ターミナル 114番搭乗口

すると、すでにビジネスクラスやワンワールドエメラルド・サファイアメンバーの優先搭乗が始まっていました。

羽田空港国際線ターミナル 112番搭乗口

さっそく乗り込むとしましょう!!

A350-900とは

本日の機材はA350-900。エアバス社が誇る大型機で、静音性が高く、今もっとも静かな飛行機とも言われています。CO2排出量も大幅に低減されており、人にも地球にも優しい機種です。

カタール航空 羽田発ドーハ行き A350-900

これから12時間、お世話になります!

ビジネスクラスシートマップ

ちなみに、ビジネスクラス部分のシートマップはこちら。

カタール航空 A350-900 ビジネスクラス シートマップ

シートスペック

シートスペックはこちら。当然フルフラット可能ですので、長時間でも快適に過ごすことが出来そうです。

シート数 36席
シートピッチ 127cm
シート幅 55.9cm
リクライニング角度 180度

ピンク色の機内

乗り込んでまずびっくり!全体的にピンク!!

カタール航空813便 羽田ードーハ

そして、哀愁漂うアラビアンなBGMがかかっています。まだ飛行機に乗ったばかりなのに、すでに外国に来た感満点!

外資系では、これまでにシンガポール航空・キャセイパシフィック航空・タイ国際航空・ルフトハンザ航空・スイスエアを利用したことがありますが、これほどまでに異国情緒溢れるキャビンは初めての体験です。

窓側ソロシートを選択

座席は、5列目窓側のソロシートにしました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 5K

ちょっと窓側に向けて角度がついたヘリンボーン式。このスタイルも初めてです。仕切り自体は低めなので、あまりプライベート感がないのかなと思いきや、角度のおかげでお客さん同士の目が合いにくく、思った以上に快適でした。

テレビの下はこんな感じ。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン テレビ下の収納

1シートで窓3つ近くを占めていますので、ビジネスクラスとしては奥行きが深い方なのではないでしょうか。座った状態では、どう頑張ってもオットマンまで足が届きませんでした。

シートの幅はそれほどありませんが、普通体型なら問題はなさそうです。

収納

こちらのシート、手の届く範囲にいくつも収納があります。

右下には三角形の深いボックス。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 右下の収納ボックス

その上部には、ユニバーサル電源やUSB電源、端子が並んでいました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 電源

左にはヘッドフォンとペットボトルホルダー。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 左下の収納

足元の引き出しは、靴を収納するためのものだそう。座席をフルフラットにすると、靴の置き場に困ることも多いので、こうしてしっかり収納場所が確保されているのはいいですね!

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 靴を収納する引き出し

設備

コントローラーはタッチパネル式。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン コントローラー

もちろん日本語も選択可能です。輝度も高く、反応もバッチリでした。

リクライニングは、右のパネルで調整することができます。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン リクライニング調整ボタン

そして、この機材の面白いところは、外部3箇所にカメラが取り付けられているところ!前・下・後ろからの風景を、リアルタイムで鑑賞することができるのです。

例えば、後ろからの画像はこんな感じ。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン リアカメラの画像

おそらく尾翼に付いているのでしょう。かなり高い角度から旅客機全体を写しています。

こういう感じで自分の乗る飛行機を見るのは初めて!不思議な気分を味わうことができました。

アルマーニのアメニティ

アメニティは「ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」。いわゆる”初代”アルマーニとして知られるブランドですね。

アルマーニは、その他にもエンポリオ・アルマーニ(EMPORIO ARMANI)や、アルマーニ・エクスチェンジ(ARMANI EXCHANGE)等のブランドを展開していますが、ジョルジオ・アルマーニは、それらとは一線を画する高級ライン。

さすがカタール航空といったところでしょうか。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン アルマーニのアメニティキット

中には、ジョルジオ・アルマーニの「Si」というラインのミニ香水とボディクリーム、オランダの化粧品メーカー「Rituals..(リチュアルズ).」のリップバーム、靴下、耳栓、アイマスク、ヘアブラシが入っていました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン アルマーニのアメニティには香水なども

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 耳栓やアイマスク等のアメニティ

香水とボディクリームはいかにも外資系!といった感じで、相当香りが強かったです。日本人の場合、好き嫌いがはっきりと分かれるかもしれません。

ちなみに、カタール航空では、エコノミークラスでも1人1人に基本的なアメニティを配ってくれるのだとか。とっても贅沢なサービスですよね(ビジネスクラスとは内容品が異なります)。

ビジネスクラスでもパジャマが貰える!

さらに、カタール航空のビジネスクラスでは、なんとパジャマとスリッパも頂けます!

大多数のエアラインでは、ファーストクラスでしか提供していないのですが、さすがは中東御三家です。CAさんがサイズを選んで持って来てくれました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン ホワイトカンパニーのパジャマ

ロンドンの「THE WHITE COMPANY」というメーカーが作っているようです。

ロンドンではメジャーなお店のようで、今回の旅の中で訪れた、キングスクロス・セントパンクラス駅構内にもテナントがあるのを発見しました。

中身はグレーのシンプルなパジャマ上下と、黒のスリッパ。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン パジャマとスリッパ

今回もサイズはSでした。丈が長すぎることもなく、丁度いいゆとりで着心地も良かったです。

ちなみに、ルフトハンザ・タイ国際航空・ANAのファーストクラスで提供されているパジャマについては、こちらの搭乗記をどうぞ。

【ファーストクラス搭乗記】ルフトハンザ最高峰のサービスと機内食を一挙公開!フランクフルト~ニューヨークB747-8
ドイツが誇るフラッグキャリア「ルフトハンザドイツ航空」。 堅実、質実剛健なイメージの航空会社ですが、ファーストクラスで提供しているサービスはとっても豪華でこまやか。 これぞ正統派ファーストクラス!という、魅力溢れる空間と...
【ファーストクラス搭乗記】タイ国際航空A380でバンコクからイギリス・ロンドンへ〜設備編〜
世界一周旅行の最初の目的地、タイ・バンコクを発ち、一路イギリス・ロンドンへ。 今回の旅行では、計3回ないし4回ファーストクラスに搭乗する予定です(回数が決まっていないのは、一便空席待ちの状態だから)。 前回、羽田からバン...
乗ってきました!ANAファーストクラス搭乗記〜日本最高峰の客室とサービス、機内食を全て公開<ニューヨーク〜羽田>
誰もが憧れる夢のシート「ファーストクラス」! その価格は飛行機片道分だけで100万円を超えることもあり、普通の人なら、一生乗る機会がなくてもおかしくありません。その存在を知ってはいても、実際にどんなサービスが提供されているのか...

スポンサーリンク

カタール航空ビジネスクラスのフード&ドリンク

国際線ビジネスクラスのお楽しみといえば、何と言ってもフード&ドリンク!

カタール航空では、特にレベルの高い飲食物を提供していることで知られています。実際のところはどうなのでしょうか?順にご紹介していきたいと思います!

ドリンクのメニュー

まず、ドリンクメニューから見てみましょう!

シャンパンは、Lanson(ランソン)の白とロゼが用意されていました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン ワインメニュー

参考小売価格は、白が6,000円、ロゼが7,800円とのことでした。

白ワインは、フランスのJean Marc Brocard(ジャン・マルク・ブロカール )と、イタリアのAttems(アテムス)。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 白ワインリスト

さらに、アメリカ・カリフォルニアのWhite Knight(ホワイト・ナイト)と、フランスのChateau Branaire-Ducru(シャトー・ブラネール・デュクリュ)。ホワイトナイトの方は10ドル台前半で購入可能なアメリカの銘柄ですが、ブラネールは1万円前後となかなかのお値段。評判も良いようです。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 白・赤ワインリスト

デザートワインのLamothe Guignard(ラモット・ギニャール)と、ポートワインのGran CRUZ(グラン・クルーズ)。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン ポートワインなど

もちろん、その他にも多数のドリンクが用意されていました。日本発着路線では、日本酒、焼酎、焙じ茶も提供されます。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン ドリンクリスト

機内食メニュー

日本発着便ですので、機内食メニューには和文表記もありました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 機内食メニュー 日本語

基本は好きな時に好きなものを注文できるアラカルト方式。和食懐石もなかなか美味しそうですね。

ウェルカムドリンク

荷物をしまい終えた頃に、ウェルカムドリンクサービスが回って来ました。もう夜も遅いので、デカフェのカフェオレをオーダー。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン ウェルカムドリンクはデカフェのカフェオレ

コーヒーマシンが用意されていて、カプチーノなども提供できるのだそうです。この時はあいにく故障中とのことで、カフェオレにしましたが、ちゃんと温めた牛乳で作られていて、ホッと一息つくことができました。ちょっとしたことですが、こんなところにも「地上以上に美味しいものをサーブしよう!」という心意気を感じることができます。

早々に就寝

離陸後、すぐに1回目の機内食提供が始まるのですが、既に深夜0時を回っていますし、今後の旅程に備えて早速就寝することに。

ベッドの用意をしていると、すかさずCAさんがベッドパッドを持ってきてくれました。キルトの薄いものではありますが、サラサラでとても肌触りのいい生地!快適なベッドの完成です。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン フルフラットシート

結局、12時間のフライト中、7時間ほどぐっすり眠ることが出来て、体も頭もスッキリしました。

消灯中、キャビン中央付近にはバーカウンターが出現

起床後、ちょっと小腹が空いたので、ビジネスクラスキャビンの中央付近にあるカウンターを覗いてみることにしましょう。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 中央のバーカウンター

カウンター上には、ワインやシャンパン、スナック類、フルーツが、バラの花びらと共に美しく並べられていました。グラスもオシャレにディスプレイされていますね。飛行機が揺れたら床に落ちて割れたりしないか、ちょっと心配になってしまいますけれども、とにかくオシャレ!!

スナックの充実度が嬉しい

スナックは、イギリス製のトマトブルスケッタ(小さなラスクのようなもの)やりんごチップス、オーストリア製のフリーズドライのブルーベリーやラズベリーをチョコでコーティングしたものなど、大好きなものばかりで嬉しい!

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン スナック

これほどオシャレで充実したスナックバー、初めて見ました…!

通りがかったCAさんの「好きなだけたくさん持って行って下さいね」とのお言葉に甘えて、2袋頂いてきました。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン スナック

他に並べられている、ウォーカーズのショートブレッドやゴディバのチョコレートは、CAさんが持って来てくれたものです。

ご飯を食べるほど空腹ではないけれど、というタイミングにバッチリでした。美味しいお菓子に囲まれる幸せ、堪えられませんね!

スポンサーリンク

アクシデント発生!

お菓子やお茶は美味しいし、仕事もはかどるし、カタール航空最高だな~♡なんて思っていたのですが、最後の最後にアクシデント発生!

一体何がどうしてそうなったのやら、今となっては思い出せませんが、テーブルの上に置いてあったノートPCが、つるつる~っと壁とシートの隙間に吸い込まれてしまったのです!!

一見すると、指も入らないくらいのほんのわずかな隙間。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 壁とシートの隙間

まさかそんな隙間にうまいことぴったり、微塵も引っかかることなくPCが落ちるなんて…としばし呆然。とても自分でなんとか出来そうな感じではなく、到着地のエンジニア案件になってしまうことは一目瞭然でした。

忙しい中、スタッフさん達にいらぬ面倒をかけてしまう申し訳なさはもちろんのことながら、ドーハ到着1時間後に控えているパリ行きに、果たして間に合うのでしょうか…。

CAさんによれば、この隙間を開けるのはもしかすると難儀するかもしれない、万一の時にはPCを後から届けるので、連絡先を渡しておくことと、もし作業完了までドーハで待つのなら、次便に振り返られるかの確認まで並行して行ってくれることになりました。

本当に、申し訳ないやらありがたいやら…

何人ものCAさんがとても親身になってくれて、何とか取れないか頑張ってみたり、似たような経験があるので、気持ちはとてもよくわかると慰めてくれたり、本当に嬉しかったです。さすがは5スターエアライン。

不安の中朝食

とりあえず、心配しても仕方がないので、今できることをしましょう!と、朝食を勧めてくれました。おっしゃる通り、今後どうなるにせよ、まずはしっかり食べて備えなくては。

ということで、注文した朝食はこちら。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 朝食はワッフル

バターミルクワッフルと、リンゴと葉野菜のエナジャイザー(ヘルシードリンク)です。

正直、気持ちをきっぱり切り替えるまではなかなか至らず、とにかく飲み込まなきゃ!という感じだったのですが、バターの風味が濃くて、添えられたフルーツまで美味しかったです。ドリンクの方も自然な甘みで、いかにも健康になれそうな味でした。

カタール航空で出てくるものは、どれも「いかにも」な機内食味ではないんですよね。それが本当にすごいことだと思います!

ドーハに到着

そうこうするうち、眼下にはエメラルドグリーンの海と、砂色の街が広がり始めました。生まれて初めて見る中東の街並みです。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン ドーハ上空からの眺め

ドーハには定刻よりも早く着陸する予定でしたが、何らかの事情で迂回。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 航路

結局、定刻ちょっと過ぎに到着しました!

カタール航空 QR813便 ドーハ・ハマド国際空港に到着

この後、落としてしまったPCを探す作業があるため、作業員さんが来るまで降りずに待機です。

パソコン発掘作業開始

ビジネスクラスの乗客が全員降りた後、作業員さんが前の入口から入って来ました。

どこに落としたのか、何色のPCなのかを伝えて、作業開始。

カタール航空 QR813便 ビジネスクラスキャビン 作業員さんが落としたPCを捜索

蓋自体は5分ほどで開いたはいいものの、出て来るのはこれまでに他のお客さんが落としたと思しき機内誌の山のみ…。

一体どこにいってしまったのでしょうか。

さらに待つことしばし。

 

作業員さんから返ってきた答えは、まさかの「NO!(ない!)」

 

えーーーーーーっ(涙)

 

さすがに蓋さえ開けば、すぐ見つかるだろうと思っていたのに…。

CAさんが「前後にスライドしてしまったのでは?」と作業員さんに尋ねるも、「それはあり得ない、本当にここに落としたのか?」と疑われてしまう始末。

これはもう、パリ行き無理かも…。

奇跡的に発見!

私も作業員さんも半ばあきらめモードでしたが、一人のCAさんがおもむろに一つ後ろの席に近づいて、ゴソゴソ…

あった!!

なんと、自席ではなくその後ろの席で発見!?

各ブースごとに仕切りがあるため、別のシートまで移動することはないはずが、着陸時の衝撃のためか、後ろの席までスライドしてしまったらしいのです。

取れそう!

CAさんが懸命に手を伸ばします。

すると、…

……

取れたー!!

無事PCが取り出され、機内にいた皆で拍手喝采の大歓声!!

作業を始めて15分ほど、一時はどうなることかと思いましたが、おかげさまで無事にPCが戻ってきました。

カタール航空 QR813便 無事にPCが手元に戻ってきました

本当に助けて下さった皆さんには、感謝のしようもありません。

次のパリ便にもなんとか間に合い、ことなきを得ました。もちろん乗ってきた機材も、次便のスケジュールに影響することなく済んで、一安心。

ビジネスクラスのシートは複雑なため、物を落とさないよう細心の注意を払っていたつもりでしたが、もっと気をつけておかなければならないと改めて学んだフライトになったのでした。

最後に

初めてのカタール航空は、ビジネスクラスということもあり、素晴らしいシートに美味しい機内食、そして親切なCAさんを始めとしたスタッフの皆さんのおかげで、忘れがたいフライトとなりました。

全体的に、5スターらしく安定感のあるオペレーションがなされていることを実感。

これまであまりご縁のなかった中東系エアラインでしたが、これからはぜひ積極的に利用していきたいと思います!

続くパリ行きの便は、本当にここは飛行機なの!?と疑うほどにラグジュアリーなバーラウンジ付きで、一層素晴らしい体験が出来ました。

なお、今回の到着時にはあいにく利用することができませんでしたが、帰国前に利用したハマド国際空港のカタール航空ラウンジもびっくりするほど絢爛豪華!!

パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港のカタール航空プレミアムラウンジも美味しいものいっぱい!至福の時間を味わえます。

パリからドーハまでは「世界一のビジネスクラス」と名高いQsuite(Qスイート)を利用。素晴らしい体験となりました!

関連記事

今回は、JAL JGC(JGP)修行の一環としてカタール航空便に搭乗しました。

カタール航空の飛行機には、JALマイルを使って乗ることもできます↓

マイルを貯めて、毎年海外旅行へ!マイルは、クレジットカード決済や飛行機に乗ってコツコツ貯めるものではありません。ポイントサイトで大量に貯める時代です。

陸マイラー活動で大量のマイルが貯まると、ビジネスクラス・ファーストクラスでの海外旅行も夢ではなくなりますよ♪

今回の目的地・パリで泊まったSPG素敵ホテルはこちら↓

これまでの宿泊記はこちらでまとめています↓

トップへ戻る