instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

<搭乗記>JAL国際線ファーストクラスは高級料亭だった!最高に美味しい機内食と幻のシャンパンは贅沢の極み

follow us in feedly

JAL国際線ファーストクラス搭乗記

日本を代表するエアライン、日本航空(JAL: Japan Airlines)

高い安全性はもちろんのこと、和を感じられるおもてなしや、こだわりの詰まった機内食、そしてトップレベルの清潔感で世界的に高評価を得ています。

エコノミークラスでも十分その真髄を感じることが出来ますが、やはりファーストクラスは別次元!

高級料亭顔負けのお食事や、地上ではそうそう目にする機会すらない幻のシャンパンが提供され、さらに時期によっては超貴重な焼酎「森伊蔵」をゲットするチャンスも!?

今回はアラスカ航空で購入したマイルを使って、サンフランシスコ行きJALファーストクラスの特典航空券を入手しました!(経費後述)

本記事では、JALファーストクラスのサービス全容から、お得に搭乗出来た理由まで詳しくレポートします♪

今回のサンフランシスコ旅関連記事はこちら。

サンフランシスコ・マリオット・マーキスで豪華スイートにアップグレード!大充実のクラブラウンジ・朝食・プラチナ特典のすべて
気候や交通の便がよく、見所も沢山と、アメリカ初心者にもおすすめの街、サンフランシスコ。 この街には数多くのマリオット系列ホテルがありますが、もしあなたがマリオットボンヴォイ・プラチナ以上のステータスを持っているなら、サンフランシスコ・マリオ...
<2024最新版>本当に買いたいサンフランシスコのお土産!日本では入手しにくい厳選アイテムを一挙公開♪
美しい景観、豊かな文化、テクノロジーの中心地としての魅力を持ち合わせた都市、サンフランシスコ(San Francisco)。 ゴールデンゲートブリッジにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーと、たくさんの見所が思い浮かびますが、お土産にはど...

復路はビジネスクラスを利用しました♪

JAL国際線最初の就航地サンフランシスコから羽田へ!ビジネスクラス搭乗記
JALが初めて国際線を就航してから、今年で70周年を迎えます。 その記念すべき最初の就航地がアメリカ西海岸のサンフランシスコ! 当時はDC-6B型というプロペラ機(別名City of Tokyo)で、ウェーク島とホノルルを経由して30時間以...

 

2024年就航のA350-1000型機のファーストクラスは、広さも機能性も大幅アップデートされているようなので、ぜひいつか乗ってレポートしたいと思っています!

JAL国際線新機材A350-1000はファースト&ビジネスクラスの進化がスゴイ!!
JALが20年ぶりに国際線キャビンを一新! 待望の新型機「A350-1000」が登場しました♪ 単に新しい機材が投入されるというだけでなく、この度ファースト・ビジネス・プレエコ・エコノミー全クラスのインテリア・機能が刷新されます。 特にアッ...

就航に合わせてファーストクラス専用チェックインカウンターもオープンと、2024年は特別な一年になりそうです。

最高峰誕生!JALファーストクラス専用チェックイン”First Class Entrance”~気になる利用条件と場所を解説 <羽田空港第3ターミナル>
羽田空港からJALファーストクラスに搭乗する方に朗報です! 来る2024年1月24日、羽田空港第3ターミナルにJALファーストクラス搭乗客専用のチェックインカウンター『First Class Entrance』が新設されることになりました。...
スポンサーリンク

フライト情報

本題に入る前に、今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 NH002
区間 東京・羽田 - サンフランシスコ
出発時間 16:25
到着時間 9:45
所要時間 9時間25分
搭乗クラス ファーストクラス

羽田空港第3ターミナルに到着

ということで出発当日。羽田空港第3ターミナルにやってきました!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナルに到着

平日にも関わらず、チェックインエリアはかなりの混雑ぶり。

2023年に入ってからこれが4回目の利用ですが、回を追うごとに賑わいが増しているような気がします。

<1回目>

ANAマイルで乗れる♪ガルーダインドネシア航空ビジネスクラス機内食は侮れない!<羽田-ジャカルタ搭乗記>
ガルーダ・インドネシア航空は、1949年に設立されたインドネシアの国営航空会社。 日本からは、ジャカルタ・バリ・メナドに直行便を出しています。 ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズや、ワールド・ベスト・キャビンクルーなど、さまざまな...

<2回目>

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...

<3回目>

<最新版>エバー航空ビジネスクラス搭乗記〜美食の空の旅!絶品機内食を楽しめる快適フライトで台湾へ♪
皆さんは、「エバー航空/EVA Air」というエアラインをご存知ですか? エバー航空とは1991年に運航を開始した台湾の航空会社で、2013年からはANAと同じスターアライアンスに加盟しています。 一度も重大事故を起こしていないことから「最...

ちょっと見渡した限りでは、日本人よりも外国の方が多い印象でした。

スポンサーリンク

JALファーストクラスチェックインカウンター

今回はファーストクラス搭乗ですので、こちらの専用カウンターを利用することが出来ます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・ファーストクラスチェックインカウンター

対象者は、ワンワールド運航便のファーストクラス搭乗または、ワンワールドエメラルドメンバー(JALの場合はJMBダイヤモンドメンバー・JGP)です。

コロナ禍前の数年間はJGPをキープしていたため、エコノミー搭乗であってもこちらを利用できましたが、JGC降格となった今では滅多にない貴重な機会となりました。

晴れてJAL JGP/JGCプレミアに到達!ワンワールド・エメラルドメンバーになりました♪<JGC修行完結>
JALの上級会員ステータス、「JGCプレミア=JGP」を獲得すべく、4月から飛行機に乗り続けること2ヶ月。 とうとう最後の9回目となりました! 今回の旅程は、海外発券したクアラルンプール往復。行きはビジネスクラス、帰りはエコノミーです。 い...

ちなみに2024年1月24日、20年ぶりの国際線新型機投入に伴い、JALファーストクラス専用チェックイン”First Class Entrance”が登場!

最高峰誕生!JALファーストクラス専用チェックイン”First Class Entrance”~気になる利用条件と場所を解説 <羽田空港第3ターミナル>
羽田空港からJALファーストクラスに搭乗する方に朗報です! 来る2024年1月24日、羽田空港第3ターミナルにJALファーストクラス搭乗客専用のチェックインカウンター『First Class Entrance』が新設されることになりました。...

ワンワールドエメラルドや他社便ファーストクラスは対象外、あくまでもJAL便ファーストクラスに搭乗する人しか利用できないとのこと。

ぜひ次回はこちらに入ってみたいものです。

スポンサーリンク

Face Express登録

さて。

搭乗口へ向かう前に、フェイスエクスプレス/顔情報登録も済ませておきましょう!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・ファーストクラスチェックインカウンター・FaceExpress

フェイスエクスプレスとは、搭乗手続き後に専用機器で顔情報を登録しておくと、保安検査場入口や搭乗口でチケットを提示する必要がないというもの。

羽田空港では2021年7月に導入されました。

現在、JALとANAのみ利用可能なシステムです(一部便は対象外)。

この6月にANAでロンドンへ発った際に初めて利用したのですが、その時はまだ保安検査場入口でしか稼働していませんでした。

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...

果たして今回は、搭乗口で初の顔パス体験となるのでしょうか?

優先レーンが一部復活

羽田空港といえば、コロナ明けから人手不足のため保安検査場前が毎回長蛇の列で、30分かかることも珍しくありません。

ただ今回、これまで完全に閉鎖されていた優先レーンがめでたく復活していました!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・ファースト&ビジネスクラス優先レーン

ただし、航空会社のエリートステータスは依然として対象外

ビジネスクラスとファーストクラスに乗る人だけ(同行者は不可)が利用できます。

完全復活とまではいえないものの、まずは復活への第一歩が見られたことが嬉しかったです。

おかげさまでスムーズに制限エリアに入ることが出来ました♪

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・制限エリアへ

スポンサーリンク

搭乗前はJALファーストクラスラウンジへ

今回の旅では、リニューアルされたJALファーストクラスラウンジに訪れるのも大きな目的の一つ。

2020年、2フロアに拡張されただけでなく、インテリア設備もよりJALらしくバージョンアップ!

最新!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ〜本格寿司に山崎12年!利用条件からサービス内容まで全て紹介
2020年リニューアル!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジに行ってきました♪本格バーJAL's SALONでは幻のウイスキー山崎12年のサービスも&お鮨のパフォーマンスも健在。パワーアップしたファーストクラスラウンジの全貌をぜひご覧ください!

あいにく一部サービスは休止中だったものの、本格的なお寿司等々ゆっくりと堪能させて頂きました♪

スポンサーリンク

搭乗開始

出発時刻の30分前に搭乗口へと向かいます。この日は111番ゲートでした。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前

案内開始が少し遅れたものの、ファーストクラス=GROUP1として一番乗りです!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル/搭乗開始

エスカレーターでワンフロア下へ。この瞬間が一番ワクワクドキドキするタイミングかもしれません♪

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル/搭乗開始・使用機

窓の外にB777-300ERの姿が迫ってきました。これからの9時間超、どんな旅になるのでしょうか?

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル/搭乗開始・使用機2

ファーストクラスへは、手前の入口から進みます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・PBBへの分かれ道

JAL便でファーストクラス用のPBBを渡るのは、4年ぶり2度目。

ここまで来るのに本当に色々あったなぁと、なんだか感慨深いものがありました。

【搭乗記】国際線ファーストクラスJAL SUITEに乗ってみた!贅沢なシートとアメニティをレポート♪
JAL(日本航空)といえば、言わずと知れた日本を代表するフラッグキャリア。日系らしくきめ細やかなサービスで、国内だけでなく海外からも高い評価を得ています。 その中でも最高峰のサービスを堪能するには?と聞かれれば、答えはもちろん「国際線ファー...
スポンサーリンク

ファーストクラスキャビン「JAL SUITE」

さて、こちらがお久しぶりのファーストクラスキャビン「JAL SUITE」です!!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・キャビン全体

シートマップはこちら。1-2-1・2列の配置となっています。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・シートマップ

(JAL公式サイトより)

一列目窓側

今回は1列目・進行方向右手の窓側1Kを選択しました♪

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・1K

正面から見ると、かなり横幅に余裕を持たせていることがわかりますね。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・1Kを正面から

縦幅も言わずもがな、反対側までは足が届きません。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・1Kに着席

今回のCAさんもとても優しく親切な方ばかりで、早速記念撮影をしていただきました♪

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・1Kに着席して記念撮影

この構図から座席の広さが伝われば幸いです。

お隣の1Gは空席。他の座席は全て埋まっていました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・お隣は空席

このように、横から見ただけではお隣の方と目が合うことはないものの、オーバーヘッドビンを開け閉めしたり、お化粧室などで出入りする際には多少なりとも気を使いますので、今回はラッキーでした!

ちなみに、着座しての視界はこんな感じです。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・着座した視界

スポンサーリンク

収納

座席の広さに比例して、シートの収納力もなかなかのもの。

右肘掛け下には、ブリーフケース用のスペースに、眼鏡ケースやスマホを置くのにぴったりのポケットが設計されています。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・肘掛け下の収納

オットマンの下スペースには、機内持ち込み最大サイズのスーツケースがピッタリと収まる上に、離発着時も置いたままで許されることが個人的に一番嬉しいポイントでした♪

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・収納スペース

(JAL公式サイトより)

このスペースに物を置いておくことが許されない・または広さが十分でないエアラインも意外と多いんですよね。

その他には、モニター横にメニューブックを置くポケット。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・収納スペース・マガジンラック

左手の蓋を開くと、中には電源や端子が設置されていて、スマホなどの小さいものならトレーに置いたまま充電できますし、

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・モニター下の電源

そうでなければ、このように隙間にケーブルを通して使うことができます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・モニター下の電源にケーブルを繋ぐ

さらにその手前にはマガジンラックなど、痒いところに手が届くような豊富な収納スペースが魅力的です。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・収納スペース・マガジンラック

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク

ファーストクラスの乗客が揃う頃、ウェルカムドリンクサービスが回ってきました。

ビジネスクラスではANAと同様にプラカップでの提供ですが、ファーストクラスはグラスでの提供です。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ウェルカムドリンク

今回は滅多に頂けないシャンパン「サロン」に万全の状態で臨むべく、ペリエをお願いしました♪

スポンサーリンク

アメニティ

まだ出発まではしばらくかかりそうですので、待つ間にアメニティをチェックしてみましょう。

まず目に付いたのはアメニティポーチ。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・アメニティ

ポーチはゼロハリバートンとのコラボデザインです。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ゼロハリコラボのアメニティポーチ

ちょっと無機質というかマニッシュというか、とてもシンプルなデザインのポーチですね。

中にはフライト中快適に過ごすためのあれこれが入っていました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ゼロハリコラボのアメニティポーチの中身

  • ポケットティッシュ
  • モイスチャーマスク
  • アイマスク
  • 歯ブラシ
  • 耳栓
  • マウスウォッシュ
  • ヘアブラシ
  • リップ(ロクシタン)
  • ハンドクリーム(ロクシタン)

コスメ系はロクシタンですが、リップは香りが強くシャンパンの味がわからなくなってしまいましたので、食後に付けることをお勧めします。

ビジネスクラスで配布されるのはハンドルが透明の歯ブラシ。

ファーストクラスではシンボルカラーの赤と、実は意外なところで差別化もされています。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・アメニティ・歯ブラシ

そしてもちろん、スリッパも完備。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・スリッパ

持ち帰り可能なパジャマが配布されるのはファーストクラスならではですね。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ラウンジウェア

ちょっと見づらいので、ホテル到着後に改めて撮り直してみました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・パジャマ

4年前と比べると、裾の赤いワンポイントがなくなっています。

個人的にはいいアクセントだと好印象でしたので、ちょっぴり残念。

その代わりに(?)内側のタグに「JAL FIRST CLASS」のロゴを発見しました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル・搭乗口前JAL国際線ファーストクラス搭乗記・パジャマのタグ

実はついこの間まで前回頂いたパジャマが現役で活躍していたのですが、とうとうほつれて穴が空いてしまいましたので、ちょうど良かったです。

トイレ

なお、着替え時はCAさんがお化粧室まで一人一人エスコートしてくれます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・お化粧室

アメニティコーナーには、高級コスメブランド「Clé de Peau Beauté/クレドポーボーテ」のオイル「ユイルレパラトゥリス」と、ボディローション「エマルションプールルコール」が用意されていました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・アメニティ・化粧室

どちらも自分では買えない上等の化粧品。

ちょうど乾燥が気になる季節でしたので、しっかり活用させていただきました。

スポンサーリンク

いざ出発

そうこうする内、とうとう出発時刻に。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・羽田空港を出発

羽田空港ともこれでしばしのお別れです。

とはいえ、最近アメリカの入国審査がかなり厳しくなっていると聞きますので(女性一人の場合は特に)、もしかして蜻蛉返りで明日あたり戻ってくることになったりして…なんて一人密かに一抹の不安を抱えつつも、機体は無事離陸!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・離陸

とりあえず心配事は傍に置いておいて、久々の希少な機会を楽しむとしましょう♪

スポンサーリンク

ファーストクラスはWi-Fi無料

ロングフライトで、あると助かるものといえば、機内Wi-Fiもその一つ。

国内線ではいざ知らず、国際線は多くの場合別料金です。

ただしファーストクラス搭乗者には、フルフライトプランが無料になるクーポンが付いています!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・機内Wi-Fi無料クーポン

これがあればネットサーフィンはもちろん、リアルタイムで家族とチャット可能。

特に私は機内食の感想などを即家族に共有したい派なので、これはかなり嬉しいサービスです。

PC、スマホ共に簡単に繋ぐことができました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・機内Wi-Fi無料クーポンを入力

スポンサーリンク

機内食

水平飛行に入ると、さっそく機内食のスタートです!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・機内食メニュー

「BEDD」とは何かと言いますと…

空の上のレストラン 「スカイオーベルジュ BEDD(ベッド)」

スターシェフと料理プロデューサーで結成するドリームチームが、最高の食材と自由な発想で夢のスペシャリテをお届けする、空の上のレストラン「スカイオーベルジュ BEDD(ベッド)」。 お腹が満たされた後は、座席をベッドにしてお休みいただけるファーストクラス、ビジネスクラスならではのシーンを想像させる「BEDD」という名前の最後の“D”の文字には、“Dine(お食事をする)”、“Delicious(おいしい)”、“Dream(夢見ごこち)”の意味を込めました。

(JAL公式サイトより)

というわけでJALは数ある中でも、かなり食へのこだわりが強いエアラインなのです♪

おしぼりと幻のシャンパンが登場

まずはアペリティフとのことで、おしぼりと共に…

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・機内食のスタート・おしぼり

お待ちかね幻のシャンパン、「SALON(サロン)」がやってきました!!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・超高級シャンパン・サロン

私のような根っから庶民は、ボトルを目にする機会すらそうそうない超高級品。

数少ないネット販売店を見る限りでは、1本20万円前後するようです。

前回調べた際には8万円でしたので、この4年で販売価格がなんと倍以上に!?

どのくらい貴重かなシャンパンかは、ワインショップ「エノテカ」さんの紹介文で、より深くご理解いただけるのではないでしょうか。

孤高の存在であり続ける、幻のシャンパーニュ

ウジェーヌ・エメ・サロンという一介のシャンパーニュ愛飲家が造り上げた唯一無二のシャンパーニュ、サロン。複数のクリュやセパージュを組み合わせるアッサンブラージュこそ王道のシャンパーニュにおいて、ル・メニル・シュール・オジェのシャルドネのみを用い、生粋のブラン・ド・ブランに仕立てられています。そのこだわりと情熱が造り上げた究極とも言えるシャンパーニュは、多くの愛好家や美食家たちから羨望の眼差しが向けられ、数あるシャンパーニュの中でも孤高の存在であり続けています。

出典エノテカオンライン)

そんな貴重なシャンパンを、今回も惜しげもなく注いでいただきました!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・超高級シャンパン・サロンを注いでいただく

ピクルスやチーズ、サラミといったアミューズと一緒にいただきます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・超高級シャンパン・サロンとアミューズ

一口含んで、「さすがサロン!とても華やかな香り!」と思ったのですが、よく考えてみるとアメニティに入っていたロクシタンのリップの香りが一番主張しているような…。

慌ててリップを拭き取ったものの、香りはそう簡単には消えてくれず、せっかくのサロンなのに大変もったいないことをしてしまった…と後悔の嵐でした(涙)。

もしまた機会を得られた暁には、必ずやこの教訓を活かしたいと思っています。

スポンサーリンク

機内食メニュー

気を取り直しまして、メインの機内食へ。

メニューはこんな感じです。

和食 洋食
前菜五種

  • <虎白>百合根 トリュフソース掛け
  • <石かわ>伊勢海老真丈 おかき揚げ
  • <石かわ>かます昆布〆焼霜 針生姜 土佐酢
  • <石かわ>長芋 いくら餡
  • <虎白>加茂茄子 松茸餡
アミューズ・ブーシュ

  • 山羊乳のパヴァロワ
御椀

  • <虎白>焼蟹真丈 三つ葉 柚子
アペタイザー

  • カマスとナスのプレッセ
  • 毛蟹のクスクス
中皿

  • <虎白>黒毛和牛 蒸し玉葱ソース むかご 針葱
  • <虎白>キャビア 酢橘ジュレ
メインディッシュ

  • 甘鯛のヴィエノワーズ コンテソース
  • 和牛フィレ 赤ワインソース 蓮根のフリット ポワロー添え
煮物

  • <石かわ>きんき煮付け 舞茸 平茸 小松菜
メゾンカイザー特製ブレッド

  • プチバケット
  • プチブリオッシュ
  • わかめのチャバタ
  • レザンカンパーニュ
御飯

  • <石かわ>五目御飯(牛蒡 干し椎茸 お揚げ 生姜 人参)
  • 白御飯
デザート

  • ガトー・フリュイ
味噌椀

  • なめこ 葱
コーヒー・紅茶
香の物

  • <虎白>柴漬け
甘味

  • <石かわ・虎白>ココナッツわらび餅

JALでは個人用リモコン・モニターから機内食・機内販売をオーダー出来るサービスを実施しているとのこと。

実際リモコンを見ると、メニューブックに掲載されている品目以外にも沢山ラインナップされていたのですが、今回はサービス休止中だったようで、機内食・機内販売ともに注文することはできませんでした。

 

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・リモコンに表示される機内食メニュー

和食を選択

洋食の方も、予約の取れない有名レストラン「カンテサンス」監修ということで、かなり惹かれるものがあったのですが、前回の感激が忘れられず、今回も和食を選択しました!

前菜

まずは前菜五種からスタートです。

小さなお猪口に一口、二口くらいで食べ切れる量のお料理が可愛らしく盛り付けられています。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・機内食・和食の小鉢

ちょこっとずつ色んな種類を味わえるのが嬉しいんですよね♪

温菜と冷菜どちらもバランスよく、そして純和風だけでなく、トリュフソースなど洋食のエッセンスも取り入れられていて、今回も早々に「和食を選んで正解だった」と思わせてくれる、素晴らしい5品でした。

お椀

続いてはお椀。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・蟹真丈のお椀

大きめの真丈にはカニの身がぎっしりと詰まっていて、その甘みと鼻に抜ける香りの芳醇なことと言ったら!

今回の機内食で一番好みだったかも?くらいに満足感抜群でした。

中皿

お次は中皿(なかざら)。

中皿とは、会席料理で献立の半ば、焼き物と煮物の間などに出す軽いお料理のことだそうです。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・中皿

上の写真はすでにキャビアを盛り付けた後ですが、このように一人一瓶ずつ配られるという大盤振る舞いぶり。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・中皿・キャビア

下世話ながら、この小さな瓶一つで六千円ほどするそうです。さすがは最高峰・ファーストクラス…!

私はこのまま頂きましたが、CAさんによると「もしお腹にそれほど余裕がなさそうであれば、一旦この中皿を抜いて、後ほどお茶漬けにアレンジして出すことも出来ますよ!」とのお話でした。

あっという間に完食してしまったので生憎叶わずでしたが、どんな風に出来上がるのか、ちょっと見てみたかったかも?

ロイヤルブルーティー“クィーン オブ ブルー”

この辺りで、こちらもJALファーストクラスでしかお目にかかったことのない高級ティー「ロイヤルブルーティー クィーン オブ ブルー」へと切り替えていただきます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・プレミアムティー

ロイヤルブルーティー クィーン オブ ブルーは、手摘みの高級茶葉のみを使用し、湘南茶工房のティーソムリエたちが、手間暇を惜しまず丁寧に1本1本作り上げた究極のストレートティー(お茶)です。

お茶の概念を覆す雑味のない上品でフルーティな味わい、飲んだ後に続く余韻、そしてシャンパンのように輝く色は、まるで“お茶の宝石”です。

年に一度、夏にしか採れない希少な茶葉を使用した“クィーン オブ ブルー”は、フランス料理、日本料理からチーズ、スイーツまで幅広い料理と合う逸品です。

ワインやシャンパンのようにワイングラスでお洒落にお楽しみください。

(JALファーストクラスメニューブックより)

公式サイトで確認したところ、ビクトリア女王により名付けられたという台湾最高級茶葉「東方美人」を使用しており、750ml一本で5,400円と、お値段もシャンパンにも劣らぬ最高級品です。

こちらも前回搭乗時、印象に残っていた一品。

JAL国際線ファーストクラスの機内食が贅沢すぎる!本当に美味しいと評判の和食・洋食メニューを実食レポート
誰もが一度は憧れる、夢の空間「ファーストクラス」。 片道100万円を超えることもあるVIP専用シートでは、世界各国のセレブの舌を唸らせる美食の数々が提供されています。 まさに空の上の高級レストランというわけですね。 今回は、日本が誇るフラッ...

こうして再び味わえて感無量でした!

煮物、御飯、味噌椀、香の物

メインはご飯やお椀と一緒に供されます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・台の物

この日の主役はキンキの煮付けです!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・煮物

ほろほろと柔らかくて、味付けもちょうどいい塩梅。とても美味でした♪

これほどのクオリティを機内で味わえるとは…これ以上ない贅沢です。

ご飯は白米と炊き込みの二種からチョイス可能。せっかくなので、より秋っぽい炊き込みご飯をお願いしました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・炊き込みご飯

機内食あるあるの、加熱しすぎで一部が固まっている、なんてことも当然ありません。

ほっとする優しい味わいで、量もちょうどよかったです!

甘味

最後はデザート。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・和食・甘味

ちょっと変わった見た目のこちらは、ココナッツわらび餅というものです。

まったりぷるぷる、濃厚なココナッツが香る楽しい一品。

これまであまり出会ったことのない風味ととろける美味しさで、願わくばもう2、3個頂きたいくらいでした!

スポンサーリンク

ベッドメイキング

食事を終えると、CAさんがすぐに「ベッドをお作りしましょうか?」と声をかけてくれました。

どこまでも行き届いたホスピタリティと徹底した上げ膳据え膳に、恐縮至極です。

今回はフライト時間もそれほど長くありませんし、時差ボケを予防するためにも早めに就寝したいと思っていたところでしたので、お言葉に甘えてベッドメイキングをお願いしました!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ベッドメイキング

JALファーストクラスでは、エアウィーヴのハード/ソフト二面マットレスを採用しているのですが、今回はソフトで。

程よい反発で座面全体を覆ってくれて、寝心地は抜群です。

傍にはミネラルウォーターとクレドポーボーテのスキンケアセットも。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ベッドタイムのお供

内容品は以下の通りです。

  • クレ・ド・ポー ボーテ ローション
  • クレ・ド・ポー ボーテ エサンス
  • クレ・ド・ポー ボーテ マスク

完全に女性向けの内容ですので、おそらく男性には違うものが提供されるのでしょう。

実は勿体無くて開ける勇気がなく、まだ使っていません(笑)。

スポンサーリンク

バーカウンター

搭乗客全員の食事が終わり消灯する頃、ギャレーにはセルフのバーカウンターが登場します。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・セルフバーカウンター

基本はCAさんにお願いする方が多いからか、ドリンクのラインナップはミネラルウォーターとウイスキー・響一本のみでした。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・セルフバーカウンター・ナイトキャップ

そしてJALファーストクラスといえばこちら、HotarunoHikari/ホタルノヒカリというメーカーのおつまみ!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・セルフバーカウンター・おつまみ

こちらは2017年から提供されているものです。

都内にいくつか直営店があるのですが、この素敵なパッケージはJAL限定で、ここでしか出会うことができません。

見た目だけでなく、素材・お味も本格的な逸品!

もしかして今回も頂くチャンスがあるかな?と密かに期待していましたので、再会できて嬉しかったです♪

スポンサーリンク

森伊蔵ゲット

そしてもう一つ、今回是非とも確保しておきたかったもの。

それが当時ファーストクラス限定で販売されていた、幻の焼酎「極上 森伊蔵」です!!!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・極上森伊蔵

(JAL公式サイトより)

お酒好きな方はもちろん、そうでない方であっても幻の焼酎「3M=魔王・村尾・森伊蔵」をご存知という方は多いのではないでしょうか。

三銘柄の中でも、森伊蔵は最も入手困難な焼酎です。

定価で購入するためには抽選販売に応募し、恐ろしい倍率を勝ち抜く強運が求められます。

極上が付かない無印の森伊蔵であれば、ほぼ毎年ビジネスクラス以上を対象に販売されていますが、取扱時期にはバラつきがあり、2023年は7月で終了。

衝撃のJALビジネスクラス機内食〜幻の焼酎森伊蔵も買える!<JAL JGC修行2-2>
国際線のお楽しみといえば、何と言っても機内食ですよね♪ 皆さんは、ANAとJALどちらの機内食がお好きですか? 私はこれまでANA一筋だっため、JALの国際線に乗ったことはありませんでした。 それが今回、マレーシア行きJALビジネスクラスに...

せっかくJALのアッパークラスに乗るからにはゲットしたかったなぁと思っていたら、折よくファーストクラス限定で「極上」森伊蔵が登場してくれたという次第なのです。

買える人が限られているとはいえ数量限定の超貴重品ですので、搭乗前から確保できるか戦々恐々!

果たしてその結果は…

おかげさまで、無事に購入することが出来ました!!

ただし、当商品は発売から一ヶ月もしないうちに完売したとのこと。この日も他の皆さん全員購入されたらしく、さすが人気の高さが伺えますね。

2024年の森伊蔵販売スケジュールが決定

そんな森伊蔵、2024年もJAL機内販売に登場することが発表されました!

ファーストクラス・ビジネスクラス

  • 販売期間:2024年4月1日(月)~7月31日(水)(なくなり次第終了)
  • 販売路線:中長距離路線
    ・北米線:シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトル、サンディエゴ 、バンクーバー
    ・ハワイ線:ホノルル、コナ
    ・欧州線:ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ
    ・中東線:ドーハ (日本着便のみ)
    ・オセアニア線:シドニー、メルボルン
    ・東南アジア線:シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、マニラ、バンコク、ハノイ、ホーチミンシティ
    ・南アジア線:デリー、ベンガルール

プレミアムエコノミークラス ※B777-300ER機材・A350-1000のみ

  • 販売期間:2024年4月1日(月)~5月31日(金)
  • 主な対象便
    ・北米線:シカゴ JL10/9便、ダラス・フォートワース JL12/11便、ニューヨーク JL4/3便, JL6/5便、ロサンゼルス JL16/15便
    ・欧州線:ロンドン JL43/44便、パリ JL45/46便
    ・東南アジア線:バンコク JL31/34便

該当便に搭乗する機会があれば、ぜひ狙ってみてください!

スポンサーリンク

朝食の時間

その後、3時間ほどゆっくり眠りにつき、気づけば朝日が差し込む頃となりました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・目覚め

10時間未満のフライトだと、やはりあっという間に時間が過ぎてしまいますね。

せっかくのファーストクラスですので、出来ることならニューヨークあたりまで乗っていたいものです。

アラカルトメニュー

本便では、1度目の食事が終わった後の好きなタイミングで注文できるアラカルトメニューも多彩に用意されています。

おすすめの一品
  • チャーシュー丼
お酒のお供に
  • 新潟加賀屋 貝柱のうま煮
  • 串盛り合わせ(ねぎまタレ・鶏もも串山椒・だし巻き)
軽いお食事
  • ヴィーガンシーザーサラダ
  • 宮崎和牛カレー
  • 白いんげん豆のスープ
JALオリジナル麺
  • JAL特製『ソラノイロ』鶏油香る中華そば
サンドイッチ
  • 炭焼きチキンとごぼうサラダのチャバタ
  • 蒸し鶏と玉子サラダのカンパーニュサンド
チーズセレクション
  • 各種チーズの盛り合わせ〜ワインと共に〜
リフレッシュメント
  • 季節のフルーツ盛り合わせ
  • プチデザートのトレイ(いちごモンブラン・ムースショコラオランジェ)
  • ショコラ
フミコの和食
  • 台の物
    穴子と舞茸、牛蒡の煮物
    実山椒
    春菊と菊花、粟麩
  • お椀
    味噌汁
  • ご飯 大根の浅漬け 昆布の佃煮 梅干し
フミコの洋食
  • メインディッシュ
    薩摩いも鶏とアプリコットの煮込み
    舞茸とエリンギのソテー
    発芽ひよこ豆とキヌアを添えて
  • サイドディッシュ
    ギリシャヨーグルトとシャインマスカット
  • ブレッド
    テーブルロール
    プチチャバタ〜メゾンカイザー特製ブレッド〜

以前はファーストクラスとビジネスクラスのメニューに、それなりの差があったような記憶があるのですが、少なくとも現在はほぼ同じラインナップになっているようです。

フミコの〇〇?

数ある中から今回選ぶのは、「フミコさん監修メニュー!

フミコさんとは、国際的な食ジャーナリストである狐野 扶実子(この ふみこ)氏のこと。

かの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」を首席で卒業され、パリ3ツ星レストラン「アルページュ」スーシェフ、世界各国VIPの「出張料理人」、「FAUCHON」のエグゼクティブ・シェフ等々、華々しい経歴をお持ちの方です。

フミコさんの作り出すお料理は「この食材をこんな風に調理するんだ!」「なんでここまで複雑な味付けを思いつけるんだろう?」と毎回感激&全くハズレなし!

ということで、今回も最初から注文することは決まっていました。

洋食を選択

最後まで和食と洋食で迷った挙句、2020年にWWFが発表した『未来の食材50』を使っているという洋食の方をお願いしてみることに。

届けられたのがこちらです!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・朝食・フミコの洋食

鶏肉にキヌアと、一切運動しない機内でも罪悪感が少ない組み合わせ。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・朝食・フミコの洋食・メイン

塩味・酸味・甘味・苦味・旨味が徹底的に計算されていて、複雑でありながら手が止まらない不思議な美味しさに、今回も思わず唸ってしまいました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・朝食・フミコの洋食・メインの鶏肉

アプリコットやカリフラワー、茸との組み合わせも、一体どこからインスピレーションを得られるのかと感心しきりです。

今回も、フミコさんの天才的センスをまざまざと見せつけられる一皿でした!

デザート

機内食を締めくくるのは、プチデザートのいちごモンブラン。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・朝食・フミコの洋食・デザート

添えられているのは、有名ショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンのガナッシュショコラです。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・ジャン=ポール・エヴァンのチョコレート

前回は着陸前のご挨拶時に配られましたが、今回はデザートとしていただきました。

こちらもいっぺんに食べてしまうのが惜しく、アメリカへの持ち込みに問題ない旨を確認の上、持ち帰ることに。

もう一つ嬉しいお土産が増えた反面、いよいよ降機の時間が近づいていることを実感します…。

スポンサーリンク

着陸

食後、着替えや荷物の整理を済ませ終わるや否や、シートベルト着用サインが点灯!

機体は速やかに降下を開始し、眼下に東海岸の光景が広がり始めました。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・サンフランシスコ上空へ

着陸寸前には、半年前UAでラスベガスからサンフランシスコへ飛んだ時と同じように、カリフォルニア州最長を誇る橋「San Mateo-Hayward Bridge(サンマテオ・ヘイワード・ブリッジ)が姿を表します。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・サンフランシスコ上空・ブリッジ

あの時は、まさかこんなに早くサンフランシスコを再訪することになろうとは思いもしませんでした。

ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...

むしろこれが一生に一度の風景になるだろう、くらいの感覚だったかも?

大袈裟ですが、人生どうなるかわからないものですね。

その後、無事サンフランシスコ国際空港に着陸!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・サンフランシスコ国際空港に到着

アラスカ航空の飛行機もなんだか懐かしい♪

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・サンフランシスコ国際空港に着陸

優しいCAさんと、快適すぎたファーストクラスシートに別れを告げ、入国審査へと歩を進めます。

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・サンフランシスコ国際空港・入国審査へ

前半で触れた通り、昨今女性一人旅でのアメリカ入国が非常に厳格化されているとのことで、もしかしてもしかするかも…と内心冷や汗ものでしたが、特に何事もなく、いつも通りの審査を経て入国完了!

JAL国際線ファーストクラス搭乗記・アメリカ入国

おそらく怪しまれるには地味過ぎたか、それとも年を取り過ぎていたか、はたまたその両方かもしれません(笑)。

ちなみに今回の質問内容はこんな感じ。

  • 何日滞在する?
  • 目的は?
  • ホテルはどこ?
  • 食べ物持ってる?(チョコレートを持っていますと答えましたが、昨年のハワイ同様にああそうですか程度の反応でした。)

いずれにせよ、無事アメリカに到着できて何よりでした。

さっそく高速鉄道BARTに乗って、市街地に向かうとしましょう!

サンフランシスコ空港から市内へのおすすめ移動手段は?高速鉄道BARTの乗り方徹底解説~チケット・クリッパーカードの買い方と使い方
アメリカを代表する観光都市、サンフランシスコ。 個人で旅行する際にまず気になるのは、空港から市内への移動方法ではないでしょうか。 車社会のアメリカでは、電車でのアクセスがしづらいことも多いのですが、その点サンフランシスコなら心配不要! BA...
スポンサーリンク

今回の経費

ご参考までに、今回かかった経費は以下の通りです。

  • アラスカ航空マイル 85,000マイル
  • 諸税 $56.35(≒8,500円)

アラスカマイルは、50%ボーナスセールの際に購入しました。

年々改悪されていますが、特典航空券に交換できる対象エアラインが多く、日系の特典航空券に比べると諸税が格段に安いことが魅力です。

JALマイルはポイントサイトで貯めることができるものの、決してレートがいいとは言えません。

近々に使い道が決まっているのであれば、アラスカ航空マイルはかなり重宝します。

次回は入手難易度が高めなコンコルド航空ビジネスクラス特典航空券を狙っています!

最後に

ということで、今回はJAL国際線ファーストクラス搭乗記をお届けしました!

4年ぶり2度目となるJALのファーストクラスは、以前と変わらないクオリティで、たった10時間では物足りないと感じてしまうほど。

CAさんの接客も快く、色々お話できたのも楽しかったです。

チーフパーサーさんからサンフランシスコの観光情報を教えて頂けたおかげで、予定の100倍充実した滞在になったのも嬉しい思い出♪

搭乗から降機まで細やかにご配慮いただき、とっても大満足のフライトでした!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
X(旧twitter)もフォローして下さると、とっても嬉しいです!

 

【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

関連記事

<2024最新版>本当に買いたいサンフランシスコのお土産!日本では入手しにくい厳選アイテムを一挙公開♪
美しい景観、豊かな文化、テクノロジーの中心地としての魅力を持ち合わせた都市、サンフランシスコ(San Francisco)。 ゴールデンゲートブリッジにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーと、たくさんの見所が思い浮かびますが、お土産にはど...
リニューアルされたセントレジス~プラチナ特典で超ハイレベルの朝食が無料<サンフランシスコ宿泊記2023>
マリオット系おすすめホテル3選inサンフランシスコの最終章は、「セントレジス・サンフランシスコ」です! こちらのホテルは2005年開業と比較的新しいホテルですが、さらに2022年に全面改装の上、満を辞してリニューアルオープンしました。 サン...
世界の高級ホテル宿泊記~ザ・リッツカールトン・サンフランシスコのクラブラウンジ最新レポート!
「サンフランシスコでおすすめ!マリオット系列ホテル3選」と題しまして、前回のパレスホテルに続き、第2弾としてご紹介するのが、「ザ・リッツカールトン・サンフランシスコ」! サンフランシスコの中でも、高級街区である「ノブヒル」に位置しており、世...
まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪