お部屋から壮大な富士山を臨む 伊豆マリオットホテル修善寺<プラチナチャレンジ9泊目>

マリオット修善寺

日本百名湯にも選ばれている、静岡県伊豆半島で最も歴史の深い修善寺温泉。

その市街地から少し離れた山の中に、世界的ホテルチェーンマリオット系列の「伊豆マリオットホテル修善寺」はあります。

以前は「保養所ラフォーレ」として運営されていましたが、2017年7月28日にリニューアルオープン。モダンなホテルに生まれ変わりました。

今回、私はマリオットのプラチナチャレンジの最後の宿泊(9滞在目)として、このホテルに宿泊。以下では、私が実際に宿泊した素敵なお部屋の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

マリオットゴールドメンバー特典 お部屋の無償アップグレード

マリオットリワードゴールドメンバーは、そのステータス特典として空きがある限り、スイートを含めたアップグレードを受けることが出来ます。

ゴールドメンバーになるためには、マリオット系列のホテルに年間50泊する必要がありますが、私の場合は「SPGアメックス」というクレジットカードの会員となることで、自動昇格できました。

ということで、チェックイン時に空きがあれば、お部屋の無償アップグレードを提案して頂けるかもしれません。

・「ルネッサンスリゾートオキナワ」でのアップグレード実績
・「ザ プリンスさくらタワー東京」でのアップグレード実績

今回のアップグレード結果は?

予約時点では、できるだけ宿泊費用を安く済ませるために、いつも通り最も安い「スーペリアルーム」を取っていました。

もともと10,000円強のリーズナブルなお部屋ですが、ベストレート申請が成功したため、最終的な宿泊価格は8,222円仮にアップグレードされなかったとしても満足できる価格です。

アップグレード結果が分かるのはチェックイン時。ドキドキしながらチェックインカウンターに向かいます。

そして結果は…

……

温泉付スーペリアキング」にアップグレード!

温泉付スーペリアキングの当日の宿泊費は19,008円。一方、支払った宿泊費は8,222円でしたので、アップグレードだけで10,000円超得したことになりますね。ありがたい限りです。

お部屋に温泉が引いてあるとのことで、とっても楽しみ。

さっそく行ってみましょう。

3階のお部屋へ

今日のお部屋は3階、755号室です。3階なのに、部屋番号が「7」から始まるのは、近隣のラフォーレ関連施設との通し番号になっているのでしょうか。

伊豆マリオットホテル修善寺 温泉付きスーペリアルームの入口

以前ご紹介したザ・プリンスさくらタワー東京がそういった運用でしたね。

新しいだけあって、ドアや壁も新品のよう。開けてみると…

伊豆マリオットホテル修善寺 スーペリアキング

まったく傷や汚れがありませんし、新しい匂いがします。

お部屋自体はそこまで広いわけではありませんが(30平米)、一人には十分すぎます。ベッドもキングサイズで快適。

伊豆マリオットホテル修善寺 スーペリアキング

傍らにはテーブルと椅子が置いてあり、マリオットリワードゴールドステータス特典のミネラルウォーターと、マリオットおなじみのウェルカムチョコレートが添えられていました。

伊豆マリオットホテル修善寺 ウェルカムスイーツ

ふとベッドの反対側を見ると、お風呂とシャワーが見える作りになっています。

伊豆マリオットホテル修善寺 スーペリアキング

最近新しくなったホテルではよく見る構造ですね。

ベッドの正面には、ハンガーと引き出し、テレビ、キャビネット。

伊豆マリオットホテル修善寺 スーペリアキング

ドアのないクローゼットという体になっていて、ハンガーの下に浴衣やランドリーバッグの入った引き出しがあり、

伊豆マリオット修善寺 スーペリアキング

その下には、アイロンやスリッパもしまわれています。

伊豆マリオット修善寺 スーペリアキング

なぜかアイロン台は見当たらず。うーん、荷物台と思われた引き出しの上面がアイロン台だったりしたのでしょうか。

そして、窓際のキャビネットの中はこんな感じです。

伊豆マリオットホテル修善寺 スーペリアキング キャビネット

セーフティーボックスと冷蔵庫、無料のコーヒーやティーバッグ、グラスとカップ、湯沸かしポット。

さて、冷蔵庫の中は…と見てみると、空っぽ!

伊豆マリオットホテル修善寺 スーペリアキング 冷蔵庫

マリオット系列ホテルで、冷蔵庫がまったくの空だったことはこれまでなかったような?と思いましたが、そういえばコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションでも、特典の水が冷やしてあるだけでしたね。

概してホテルの冷蔵庫に入っている飲み物は高額なので、宿泊者からすると、持ち込んだものを自由に冷やすことが出来ていいのではないでしょうか。

コーヒー・ティーバッグのラインナップはこちら。

伊豆マリオットホテル修善寺 無料のコーヒー類

ドリップコーヒー、TWGのティーバッグ(イングリッシュブレックファースト)、地元静岡が誇るやぶきたブレンドの煎茶、デカフェのコーヒースティック、クリームパウダー、甘味料です。

窓の外は絶景!富士山が見えました

と、ふと窓の外を見ると…あれ!?

マリオット修善寺から眺めた富士山

まさしく真っ正面に、雪を頂いた雄大な富士山が鎮座ましましているではありませんか!全然気が付きませんでした。

この眺め、まるで絵のようです。なんて贅沢なんでしょう。こんなに近く、しかも視界がバッチリ澄み渡った富士山を見たのは初めてです。思わず拝んでしまいそうな神々しさ…。

修善寺って思ってたより遠いな…(疲)と思っていましたが、この風景を見た途端、そんな疲れも一辺に吹き飛びました!こんな眺めを独り占めできるなら、本当に来て良かったです。お天気もいいし最高ですね!

スポンサーリンク

バスルーム

ならばもしや、とバスルームに行って見ると、思った通り、浴槽からも富士山を一望!

伊豆マリオットホテル修善寺

昔の銭湯には、よく富士山の大きな背景画がありましたが、これはまさにそのものではありませんか。

この景色は本当に贅沢ですね〜。8,000円ちょっとで泊まれるなんて、とても信じられません。

浴槽自体も、ゆったり長座できるくらいの広さで、常に温泉が滔々と流れ込んでいます。

伊豆マリオットホテル修善寺

スタッフさんに尋ねたところ、一旦止めるとお湯が冷めてしまうため、24時間流し続けているのだそうです(自分で止めることはできません)。お部屋でこんな本格的な掛け流しを楽しめるとは、贅沢の極みと言っていいでしょう。

ちなみに泉質や効能はこちら。

泉質:アルカリ性単純泉
効能 :疲労回復、神経痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなど

なお、簾もついていますので、下げれば部屋側からは見えなくなります。

伊豆マリオットホテル修善寺

同行者がいても落ち着いて入浴できますね。

シャワーブース

浴槽の手前には、シャワー付きの洗い場もありました。

伊豆マリオットホテル修善寺

アメニティは、タイの高級ブランド「THANN」のシャンプー、コンディショナー、ボディソープ。

伊豆マリオットホテル修善寺

薬草というか、漢方のような奥行きのある香りが特徴的。高級化粧品だけあって、使い心地もなかなかです。

トイレ

さらに、洗い場の手前はトイレになっていました。

伊豆マリオットホテル修善寺

タンクレス、ウォシュレット付き。

伊豆マリオットホテル修善寺

居室とはドアで仕切られていますが、シャワーブースからは丸見えなので、1人や家族連れ以外はちょっと使いにくいかもしれません。

洗面台

洗面台もちょっとモダンでスッキリした雰囲気。

伊豆マリオットホテル修善寺

下には、タオルと足拭きマット、体重計とゴミ箱が置かれていました。

アメニティ

新しくリニューアルしただけあって、洗面ボウルも現代風ですね。

伊豆マリオットホテル修善寺

用意されていたのは、手拭きタオル、ティッシュ、グラス、拡大鏡。

そして、シャンプー等と同メーカー、THANN製の独特の形をしたソープバーや、

伊豆マリオット修善寺

歯磨きセット、ボディスポンジ、コットンセット、カミソリセット、ヘアブラシ。この辺はいつものマリオットという感じです。

伊豆マリオット修善寺

他にはと言うと…

このイオンドライヤーだけ。

伊豆マリオット修善寺

いつも用意されているミニボトルのシャンプーやコンディショナー、ボディソープ、ボディローションはどこにも見当たらず。

シャワーブースに一式、大きなディスペンサーがあるので、ミニサイズはわざわざ置いていないのでしょうね。

何しろ新しく清潔で、全て使いやすく整えられていますので、何の不自由も感じませんでした。

最後に

今回宿泊した伊豆マリオットホテル修善寺の温泉付スーペリアキングは、掛け流しの温泉をいつでも楽しめるのみならず、部屋にいながらにして富士山を臨める素晴らしいお部屋でした。

たまに静岡方面に出張に出かける夫いわく、三島あたりでも富士山が見られるのは半々くらいの確率とのこと。実際私が宿泊した時も、翌日はあいにく雲がかかっていて、富士山を拝むことはできませんでした。

富士山と出会う確率を上げたいのであれば、空気が澄んでいる冬の方がいいかもしれませんね。

修善寺は何年か前に一度来たきりでしたが、また新たな魅力を発見できた、素晴らしい滞在となりました!

伊豆マリオットホテル修善寺へのアクセス方法はこちら↓

静岡県伊豆市、緑深い山上にあるホテル「伊豆マリオット修善寺」は、その名の通り、世界的チェーン・マリオット系列のホテルです。 修善寺と言えば、日本でも有数の有名温泉地。 歴史ある温泉旅館も多く、「西の玉の湯、京の俵屋、東のあさば」と評される名旅館「あさば」は、あまりにも有名ですよね。 伊豆マリオット修善寺は、老舗の温泉旅館とは趣の異なる宿泊施設ではありますが、また違った魅力を持っています。

伊豆マリオットホテル修善寺のゴールドメンバー特典はこちら↓

「伊豆マリオットホテル修善寺」は、静岡県伊豆市の静かな山中にある、マリオット系列のホテルです。 こちらのホテルでは、マリオットリワードの上級会員(ゴールド&プラチナメンバー)を対象とする様々な特典が用意されており、ホテルライフをより豪華で快適なものにしてくれます。 特典は基本的にすべて無料。このため、宿泊費用を増加させることなく、享受することができます。 今回は、私がゴールドメンバーとして利用した際に受けた豪華特典の数々を、余すところなくご紹介したいと思います。 お部...

関連記事

今回はマリオット&SPG最上ステータス「プラチナ」獲得のためのプラチナチャレンジの一環として宿泊しました。

本来であれば年間75泊必要なところ、たった9滞在で最上級プラチナ会員に!プラチナチャレンジについてはこちらから↓

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

私がプラチナチャレンジで実際に予約したホテル、総費用などはこちらでご紹介しています。

マリオットホテルグループには、年間の宿泊回数に応じてステータスが上がるマリオットリワードという制度があります。 このマリオットリワードの最上級会員であるプラチナメンバーになるためには、本来なら年間75泊(つまり、5日に1泊以上のペース)が必要。一般人にはとても手が届きません。 しかし、「プラチナチャレンジ」という特別なキャンペーンを利用すると、たった9滞在(実質的には9泊)でプラチナステータスを獲得できます。

我が家は、飛行機搭乗やクレジットカード決済に頼らずに、ポイントサイトを活用することで、毎年数十万マイル貯めています。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

この一年で貯めたマイル(ANA&JAL)は100万以上!

私が陸マイラー活動を始めたのは2015年の年末。ということは、現在マイルを貯め始めてから約2年が経過したことになります。 実質1年目の2016年は、ほとんど初心者の状態からマイルを貯め始めて、最終的には50万マイル以上を獲得することができました。2年目の2017年では、一体どれくらいのマイルを貯めることができたのでしょうか。 今回は、2017年の総まとめとして、私が1年間で貯めたマイル数と、全フライトを公開したいと思います。 1年間で貯めたマイル まずは、今年1年間で貯め...

現在、ポイントサイトのモッピーでは、1,000円分のボーナスポイントが貰える入会キャンペーンを実施中!JALマイルを効率よく貯めるなら、モッピー一択です。

ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーンが実施されています!! 今モッピーに新規登録すると、入会ボーナスとして最大1,300円分のポイントが貰えてしまいます。入会特典があるポイントサイトは多いですが、ここまでの額が貰えるのはモッピーだけではないでしょうか。 現時点でまだモッピーを利用していない方は、今すぐモッピーへの入会を検討しましょう!期間限定のキャンペーンですので、この機会を逃すのはもったいないですよ。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク