【世界一周旅行8】太陽の国イタリア・ミラノに到着!地下鉄(メトロ)切符の買い方

世界一周は3カ国目のイタリアへ

念願のスターアライアンスファーストクラス特典航空券で行く世界一周旅行。

羽田空港を出発した後、1ヶ国目タイ、2ヶ国目にイギリスに滞在。

いよいよヒースロー空港から、ドイツ・フランクフルトを経由して、3ヶ国目のイタリア・ミラノへ旅立ちます。

イタリアに行くのは今回が初めて!美味しいものや美しい街並み、楽しみなものが盛り沢山。一体どんなところなのでしょうか。

前の話はこちらからどうぞ。

ファーストクラス世界一周旅行も、ようやく2カ国目が終わるところまで来ました。 2カ国目のイギリス・ロンドンでの滞在を終え、続いてはドイツ・フランクフルトを経由して、未踏の地イタリア・ミラノに向かいます。 ロンドン発フランクフルト行き、ルフトハンザ901便の出発時刻は、朝9時30分。この便にはファーストクラスが設定されていないため、ビジネスクラスでの移動です。 今回の旅行記では、ホテルからロンドン・ヒースロー空港までの道のりと、飛行機に乗るまでの様子について詳しくご紹介し...
スポンサーリンク

初めてのルフトハンザ

ヒースローからフランクフルト、そしてフランクフルトからミラノまでは、ルフトハンザドイツ航空を乗り継いで向かいます。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ機

イタリアが初めてなら、ルフトハンザも初めて。

ヒースローを発った機内では、コーヒーを浴びるというハプニングがあったものの、美味しい機内食に感動!

ルフトハンザドイツ航空(Deutsche Lufthansa)はドイツ最大の航空会社です。 ANA(全日本空輸)と同じスターアライアンス加盟航空会社であり、ANAマイルを使って航空券を発券することができるため、日本在住の方であっても、お世話になる機会も多いのではないでしょうか。 私の場合は、イギリスのロンドン(ヒースロー空港)から、ドイツのフランクフルトへの移動に、ルフトハンザ航空のビジネスククラスを利用しました。 これまで何度も国際線に乗ってきましたが、実はルフトハン...

フランクフルト空港では、出発遅れとトラブルにより降機が最後になってしまった関係で、乗り継ぎ時間がギリギリになり、ラウンジに寄る時間が取れませんでした。

どうにか無事搭乗できたミラノまでの機内も、フレンドリーなCAさんや最高のドイツビールに癒やされつつ、快適なフライトを満喫。

ルフトハンザドイツ航空第一のハブ空港、フランクフルト空港。この空港からは、日本やアメリカなどの長距離線だけでなく、ヨーロッパ域内へ向かう飛行機も数多く出ています。 今回私は、ルフトハンザLH280便(13:15発、14:25着予定)でフランクフルトからミラノへ向かいます。 ロンドンから乗ってきた便が10分ほど遅れたのと、人手不足でボーディングブリッジが動かせず、最終降機になって入国審査に時間を要したため、搭乗口に着いた時にはすでに出発最終のアナウンスが流れていました。 ...

ドイツに住んでいた頃はお金もなかったので、専らエア・ベルリンやジャーマンウィングスなどのLCCばかり利用していましたが、ルフトハンザはさすがフラッグキャリア(もちろん、今回はビジネスクラス利用だったこともありますけれども)。今回の旅行でかなり大好きになってしまいました。

光り輝くイタリアに到着!

スイス・アルプスを越えた辺りから、機窓から見える風景に変化が見え始めました。

空は果てしなく青く、眼下にはイタリアらしい赤い屋根が続きます。ドイツまでが曇っていたこともあって、全てが眩く光り輝いているよう。

ミラノ上空

飛行機は定刻通り、無事ミラノ・リナーテ国際空港に着陸しました。

ミラノ リナーテ国際空港

ターミナルまではバスで移動。

ミラノ・リナーテ空港 ターミナル入口

さすがは太陽の国イタリア。燦々と太陽が照りつけ、サングラス無しでは歩けないほどでした。
スポンサーリンク

ミラノ2つの国際空港

ミラノには、このリナーテ空港と、マルペンサ空港の2つの国際空港があります。

両者の位置関係はこんな感じ。

リナーテ・マルペンサ空港地図

リナーテの方は、ミラノのシンボル・ドゥオモ等があるミラノ中心市街地から、わずか8kmほどの所にあるのに対し、マルペンサはおよそ50km離れており、日本で例えるなら、羽田と成田のような関係にあります。

リナーテもれっきとした国際空港ではあるものの、現在のところ、日本からの直行便はありません。

今回、私はロンドンからミラノに来るにあたり、マルペンサとリナーテ、どちらでも選べるフランクフルト経由を選びましたが、できるだけ陸路移動を短くしたく、リナーテを指定して航空券を手配することにしました。

マルペンサ近辺には特筆すべき観光名所もありませんので、時間を有意義に使うためにも、これで正解だったと思っています。

ヒルトン・ミラノまで移動

ドイツ・フランクフルトで既にEU入国のスタンプはもらっているので、この空港では審査を受ける必要はなく、荷物を受け取って外へ出るだけです。

ヒースローではロストバゲッジが多いことで有名ですが、今回も問題なく荷物を受け取ることができて一安心。

リナーテ空港 手荷物受け取り

それでは、宿泊先のヒルトンミラノまで移動しましょう。

リナーテ空港では白タクに注意

空港を出るまでに、何人かに「タクシー?」と声をかけられましたが、色々なサイトで見るに白タクの可能性大ということでしたので、構わずに外へ。

リナーテ空港

リムジンバスは片道5ユーロとリーズナブル

正面出た所には、ミラノ中央駅へ向かうリムジンバスもありました。

リナーテ空港 リムジンバス乗り場

こちらは片道5ユーロとお手頃だったので悩みましたが、21インチのグローブトロッターは座席まで持って行くことが出来ず、貨物室に預けなければならないとのこと。

何しろ数日前にロンドンで買ったばかりのほぼ新品。出発まで監視のない貨物室前に放置するのが怖かったので、タクシー一択となりました。

グローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)というブランドをご存知でしょうか。 1897年にイギリス人のデイヴィッド・ネルケンによって創業された、バッグ&ラゲッジメーカーです。 そのグローブトロッターが扱う商品の中でも特に有名なのが、海外旅行の必需品であるスーツケース。 一般的なスーツケースは金属製や樹脂製のものが多いですが、グローブトロッターの商品は「ヴァルカン・ファイバー」という、紙と樹脂からなる特殊素材で作られています。

心配し過ぎかもしれませんが、何しろこんな高級品を持ち歩くのが初めてなもので…。

私はタクシーを選択

乗り場にはタクシーが何台も列をなしており、簡単に乗車することが出来ました。英語はあまり通じませんでしたが、ヒルトンミラノと伝えるとすぐにわかってもらえて、スムーズに出発。

ミラノ リナーテ空港からタクシーで市内へ移動

ヒルトンミラノに到着

ヒルトンミラノまでは、20分20ユーロで到着しました。

一人だと、割高感は否めないものの、平日オフピーク時間で道路も空いていたため、そこそこ安く済んだようです(ミラノのタクシーは、週末だとちょっと高くなるとのこと)。

ヒルトンミラノ外観

ヒルトンミラノは立地も良く、朝ごはん充実!

ヒルトンミラノの設備は若干古さも感じさせましたが、清潔にしてありました。アップグレードもしてもらえましたし、中央駅までほんの2、3分だったので観光にも便利。

ヒルトン・ミラノ(Hilton Milan)は、イタリア最大の都市圏人口を擁する都市ミラノにある4ツ星ホテルです。 世界有数の観光都市でもあるミラノには、様々なホテルがありますが、今回は現在保有しているヒルトンの最上級会員(ダイヤモンドステータス)の特典を活用すべく、ヒルトングループのホテルでの宿泊を選択しました。 ホテルの上級会員特典を利用すると、お部屋の無償アップグレードなどを受けられて、宿泊費を抑えつつも贅沢なホテルライフを満喫することができます。 立地もよく、観...

さらに特筆すべきは、朝ごはんの充実ぶり!世界一周旅行では、ロンドン・ミラノ・ニューヨークのヒルトンに宿泊しましたが、このホテルが断トツに美味しくて、豊富な品揃えでした。

イタリア・ミラノ中央駅から徒歩3分のところにあるヒルトン・ミラノ。 言わずと知れた、世界的ホテルグループ、ヒルトンが運営するホテルです。 こちらのホテルには「エグゼクティブラウンジ」が設けられており、ヒルトン上級会員等の一部の宿泊客に対して、軽食やドリンクを無料で提供しています。 とっても素敵な空間で、同じホテルに宿泊するのでも、ラウンジが使えるのとそうでないのとでは大違い。 今回は、ヒルトンミラノのエグゼクティブラウンジと、ホテル内にあるレストランでの朝食の様子を詳...

まずはミラノのシンボル、ドゥオモを見学

ミラノに来たら絶対に外せない観光地といえば、なんと言っても「ドゥオモ」です。

日中、遅くなるほどに混雑するとのことだったので、ミラノに着いた翌朝、さっそく出かけてきました。

ヒルトンミラノから出かける場合は、徒歩3分のところにある中央駅から地下鉄(メトロ)に乗って、乗換なしの4駅6分。

ヒルトンミラノからドゥオモまで

3kmほどしか離れていませんので、散歩がてら行けないこともない距離ですね。

中央駅からメトロを利用

さて、中央駅に着いたら、まずは切符を購入しなければなりません。

ミラノ中央駅

切符は、駅内にある自動販売機でも買えますが、長蛇の列が出来ていました。

ミラノ中央駅 メトロチケット販売機

いかんせん観光客が多く、機械の扱いに慣れていない人ばかりで、かなり待ち時間が長い様子…。

ということで、私は改札近くの「タバッキ」というお店で切符を購入しました。

ミラノ中央駅 タバッキできっぷを購入

タバッキとは、日本で言うキオスクのようなお店で、改札周辺にいくつもあるのですが、そのいずれでも公式のメトロチケットを販売しています。

タバッキなら、機械を操作する必要なく、対面で購入可能。英語も通じましたし、クレジットカードも問題なく使えました。行列の割には回転も早かったです。

2日間(48時間)有効な切符を購入

この時私が購入したのは、2日(打刻後48時間)有効の8.25ユーロの切符。

ミラノ 地下鉄・バス・トラム共通券

この他に、以下のような種類があります。

  • 片道切符:€1,50(90分有効)
  • 10回券: €13,80(90分有効)
  • 1日券: €4,50(24時間有効)
  • 夜間チケット(20:00以降): €3,00

片道切符が1.5ユーロですから、6回以上乗れば元が取れる計算ですね。

正直なところ、それほど乗るかどうかはわからなかったのですが、いつ見てもチケット売り場が混んでいたので、毎回並んでいては時間がもったいない!万一使用回数が下回ってしまっても、時間節約のためと割り切ればいいかと思った次第です。

が、メトロのチケットはバスやトラムと共通なので、結果的に十分元は取れました。電車だとちょっと行きにくいところにも、気軽にアクセスできてよかったです。有効回数を気にすることなく、短距離でも躊躇なく乗れたのもとっても便利でした。

2日丸々ミラノ観光に費やせるのなら、2日券を買うのがオススメです。

メトロ3番線でドゥオモへ

それでは、3番線に乗ってドゥオモへ向かうとしましょう。

ミラノ中央駅 メトロホーム

スポンサーリンク

ドゥオモ駅到着

イタリアの電車は遅れることも多いと聞いていましたが、きちんと定刻通りの運行でドゥオモ駅に到着。

「Duomo」という表示を目指して進んでいくと…

ミラノ ドゥオモ駅

階段を上った真正面にどーん!とドゥオモが登場!

イタリア ミラノ ドゥオモ

あまりの荘厳さ、美しさに鳥肌が立ちました…!

実は、20数年前に放送されていたアニメ世界名作劇場「ロミオの青い空」が大好きで、いつかは実物を見たいと思っていたので、本当に来られるなんて夢のようです。

500年という途方もない時間を費やして作り上げられたゴシック様式の建物は、細部まで細やかに美しく造成されています。

イタリア ミラノ ドゥオモ

重機もない時代に、一体どうやってこれだけの高さに積み上げたのでしょうね。

興奮冷めやらぬうちに、さっそく入ってみたいと思います。

<次の話>

イタリア・ミラノに来たら、ここを訪れないわけにはいきません。街の中心地にそびえるドゥオモ(大聖堂、ドゥオーモ)です。 世界でも有数の規模を誇るゴシック建築で、完成までに要した年月はなんと500年。当時のイタリアが、いかに素晴らしい技術力を有した都市だったのかが伺えます。 今回は内部や屋上の様子と、ドゥオモ観光ついでに是非訪れてほしい名所、食べてほしいものをご紹介したいと思います! ミラノ観光の目玉、ドゥオモの内部へ ドゥオモの中に入るためにはチケットを購入する必要がありま...

<前の話>

ファーストクラス世界一周旅行も、ようやく2カ国目が終わるところまで来ました。 2カ国目のイギリス・ロンドンでの滞在を終え、続いてはドイツ・フランクフルトを経由して、未踏の地イタリア・ミラノに向かいます。 ロンドン発フランクフルト行き、ルフトハンザ901便の出発時刻は、朝9時30分。この便にはファーストクラスが設定されていないため、ビジネスクラスでの移動です。 今回の旅行記では、ホテルからロンドン・ヒースロー空港までの道のりと、飛行機に乗るまでの様子について詳しくご紹介し...

イタリアのお土産情報はこちら↓

イタリアのお土産の定番って何でしょうか? パスタ、ワイン、チョコレートなどなど、その候補はいくつもありますが、本当に気に入ってもらえるお土産を見つけるのは意外と難しいものです。 じっくり時間をかけてお土産を探すのも楽しいのですが、「できれば短時間でまとめて買ってしまいたい」という方も多いはず。 そんな要望にお答えして、この記事では、”とっても簡単にイタリアのお土産を揃える方法”をご紹介。

関連記事

今回は、マイルを使ったファーストクラス世界一周特典航空券でミラノまでやって来ました。

2017年6月。 約半年前、1月にANAマイルを使って発券した世界一周ファーストクラスの特典航空券を使う日がいよいよやってきました! 記念すべき一便目は、タイ国際航空のファーストクラスです。 今回、タイ国際航空の飛行機も初めてなら、ファーストクラスに乗るのも人生初。 出発前からワクワクが止まりません。

マイルを貯めて、毎年海外旅行へ!マイルは、クレジットカード決済や飛行機に乗ってコツコツ貯めるものではありません。ポイントサイトで大量に貯める時代です。

2018年4月、ソラチカルートの一部変更により、マイルの貯め方が変わりました。世間では改悪と言われていますが、マイルを貯めるのに最も効率的な方法は、いまだにソラチカルートです。少し複雑になってしまいましたが、ソラチカルートを使えば、初心者でも年間21万6,000マイルを貯められるという事実は変わっていません。今からマイルを貯め始めたとしても、驚くほど簡単にビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行くことができます。

オススメのポイントサイトは、陸マイラー人気No.1の「ハピタス」!認定ブログである当サイト経由で登録すると530円の入会ボーナスが貰えます。

ハピタスを使ってみたいけど何だか怖い気がする…そんな人のためにハピタスの仕組みやポイントの貯め方を詳しく解説してみました。ポイントサイト初心者でも毎月数万円、マイルへの交換で年間30万マイル以上稼ぐことも可能ですよ。

JALマイルを貯めるなら「モッピー」!期間限定で1,300円貰える入会キャンペーンも実施中!

ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーンが実施されています!! 今モッピーに新規登録すると、入会ボーナスとして最大1,300円分のポイントが貰えてしまいます。 いつでもやっているキャンペーンではないので、このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキーです。入会特典があるポイントサイトは多いですが、ここまでの額が貰えるのはモッピーだけではないでしょうか。 現時点でまだモッピーを利用していない方は、今すぐモッピーへの入会を検討しましょう!期間限定のキャン...

陸マイラー活動で大量のマイルが貯まると、ビジネスクラス・ファーストクラスでの海外旅行も夢ではなくなります!

昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、しかもファーストクラスに関しては、ネット上でもなかなか情報が見つかりません。実際に発券するまでは、本当に取れるものなのか、内心ドキドキでした。 この記事では、旅の計画から発券までの過程、実際に私が組んだ世界一周の旅程を詳しくご紹介していきます。これから予...
マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。
ANAダイヤモンドメンバーになって、そろそろ一年が経ちます。 この間、ファーストクラスで世界一周に出かけるなど、一人でダイヤ特典を享受することが多かったのですが、残り半年を切って、もっと家族にもダイヤステータスの恩恵を受けてもらいたいと思うに至りました。 ダイヤステータスを存分に活かすには、やはりラウンジが豪華な国際線がベストですが、4人分の特典航空券を取るのは至難の技…。 しかも、我が家の夫は重度の飛行機恐怖症ですので、長距離のエコノミークラスは絶対に無理。最低限ビジ...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク