instagramはじめました!フォローはこちら
マイルの貯め方2018最新版!

年間100万マイルを実現した驚きの方法とは?
そのすべてを公開しています!

詳しくはこちら

ANAダイヤ修行記1-11:シドニー国際空港免税店&ニュージーランド航空ラウンジ

follow us in feedly

ホテル最寄りのミュージアム駅から15分ほど電車に乗って、シドニー・キングスフォード・スミス空港に戻ってきました。

dsc08436

時刻は15時30分。チェックイン開始まであと3時間もあります。

スポンサーリンク

シドニー空港ANAチェックインカウンターは出発3時間前オープン

預ける手荷物さえなければラウンジに直行できるのですが、買ったばかりの化粧品やシャンプーはどう頑張っても機内に持ち込めませんし、捨てるわけにも行きませんので、大人しくチェックイン開始を待っている他ありません。

OKA-SINタッチの時、チャンギ空港でも同じく出発3時間前チェックイン開始となっているものの、4時間以上前に手続き出来た記憶があります。

シドニー空港でも、もしかしたら早めに開いていたりするかも?と淡い期待を抱いてカウンターまで行ってみましたが、この通り誰もいませんでした…。

dsc08448

シンガポール発の日本着便は1日何便もあるため、早めでもカウンターが開いていて対応してもらえるのに対し、シドニー発は羽田行きの1便しかないからかな、と思われます。

仕方がないのでちょっとだけ散歩することにしました。

無料のシャワールームあり

シドニー空港では、誰でも使えるシャワールームがあります。トイレの中に併設されていました。

dsc08443

意外と?ちゃんとした個室になっていて、鍵のかかる部屋の中に1室シャワーブースが収まっています。女子トイレにはこれが2部屋ありました。

dsc08452

もちろんタオルなどはありませんが、シャワージェルは備え付けられています。

空いている時間帯なのか、使った形跡はありませんでした。これが無料ってすごいですね!

解脱前のSFC修行僧でもしラウンジを使えなくても、手軽にシャワーを浴びられるって素晴らしいことです。

チェックイン開始!

うろうろしてみたり、座って人間観察したりで2時間半。18時すぎになると係の方が出てきて、カウンター準備を始めました。

入口は手荷物専用・エコノミー・優先レーンの3つです。

dsc08457

カウンターの前で待つこと15分。

dsc08461

ようやくチェックイン手続きが開始されました!

dsc08469

シドニー線にはファーストクラスがありませんので、このビジネスクラスカウンターが最優先レーンです。

ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・ANAプレミアムメンバー・スターアライアンスゴールドメンバーがここを使うことが出来ます。

シドニー→羽田→沖縄までの搭乗手続きと、荷物の預け入れも完了しましたし、これで一安心。

ちなみに、搭乗手続きは沖縄まで終わっていますが、荷物は羽田空港国際線ターミナルで一旦受け取る必要があります。

国際線と国内線ターミナルはバス移動が必要なほど離れているので、自分で責任持って運ばなければならないのです。もし沖縄まで預けたければ、国内線ターミナルで再度手続きを取ることになります。

オーストラリアを出国

それではさっそく出国しましょう。

dsc08471

オーストラリアの場合、出国時にも入国カードのようなものを書かなければなりません。

dsc08472

記入方法に迷うところもあってまごつきましたが、検査官はこのカードをまったく見ることなく「その箱に入れておいて~」と。このカード、意味あるのでしょうか…。

検査自体は、行きと同様にエクスプレスパスをもらって、ほとんど並ばずに手続き完了しました。

ANAダイヤ修行記1-3:プレミアムエコノミーの乗り心地は?プレミアムクラスとの比較
OKA-SYDタッチ2レグ目で沖縄から羽田へと帰ってきました。一息つきたいところですが、今度はシドニー行きの飛行機に乗らなければいけません。 今回のシドニー行きの便は初めての「プレミアムエコノミー」です。 飛行機に乗るまでの話か...

免税店で買い物

ラウンジに行く前に、免税店をチェックしましょう。

ジュリークは市内よりもお得

まずは結局市内で買えなかったジュリークへ。出国検査場を出てすぐ、正面にありました。

dsc08476

販売価格は大体市内の10%引き。3点買うとさらに10%割引となっていました。

dsc08478

市内デパートMYER(マイヤー)のジュリークでは、3点買うと何らかのプレゼント。

直営店では定価販売のみで、多少オトクな詰め合わせもあるという形態でしたので、この空港免税店が一番安く購入できますね。

ANAダイヤ修行記1-9:ジュリーク本場事情&ミートパイを食す
シドニー2日目は、朝からハーバーブリッジを渡り、お土産の買い出しに行き、普段出不精な私にしては相当運動したわけですが、翌日はいよいよ帰国日。 悔いのないようにしなければ!ということで、まだまだ歩き回ります。 本場でジュリーク...

直営店の店員さんがおすすめしてくれた中の3点を購入しました。

dsc08534

セール期間なら市内でももっと安くなるのでしょうが、10月下旬当時はこのような結論となりました。

食品は概して市内がお得

シドニー国際空港は免税店舗が多く、品数も豊富でした。
dsc08482

食品関係は市内の方が安い印象です。

スーパー「ウールワース」では1個AUD2.5だったティムタムも、AUD5~となっていました。

バリエーションも少なく定番品が中心でしたので、ティムタムを購入したい方は空港に来る前に済ませておくことをおすすめします。
dsc08483

ニュージーランド航空のラウンジへ

買い物をすませたら、お楽しみのラウンジへ。

ANA直営のラウンジはありませんが、同じスターアライアンスメンバーであるニュージーランド航空のラウンジを利用できます。

ラウンジ内部については、こちらで詳しくレポートしていますのでご覧ください。

【シドニー】ニュージーランド航空ラウンジを徹底リポート!ANAに乗るならここがオススメ<キングスフォードスミス空港>
ニュージーランド航空(Air New Zealand)は、その名前からも分かるように、ニュージーランドを本拠地とする航空会社です。 お隣の国であるオーストラリアにも縁が深いようで、日本からの観光客も多いシドニー・キングスフォー...

いよいよ搭乗口へ

客層は、ANA便利用と見られる日本人が主でした。

dsc08555

買い物にラウンジに…と過ごしていると、3時間あっという間です。

ラウンジを楽しみたいなら、手荷物を預けないで済むよう調整して、チェックインカウンターには寄らず早めに出国した方が良いですね。

いよいよ搭乗です。

<次の話>

ANAダイヤ修行記1-12:帰国便はビジネスクラスにアップグレード!帰国~OKAタッチへ
今回、プレミアムエコノミー指定のANA旅作を利用してシドニーに来た私ですが…帰りはビジネスクラスです! …と言っても、別にインボラアップグレード(満席により調整のためアップグレードされること)されたわけではなく、事前に25,000マイ...

<前の話>

ANAダイヤ修行記1-10:シドニー最終日。ENCASA DELIのサンドイッチが美味しすぎる!
とうとうシドニー最終日となりました。何を見ても食べても素晴らしくて、離れがたい思いです…。 その一方で、かなり疲れも溜まって来ましたので、今日はあまり無理せず凌ぎたいところ。 この日は10時前にチェックアウトして、お土産の調整と...
トップへ戻る