instagramはじめました!フォローはこちら

二条城を独り占め!ニジョウルームの魅力を徹底解剖♪HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル・ザ・三井京都)宿泊記

follow us in feedly

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記

2020年11月3日、京都市・二条城前に堂々オープンした「HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル・ザ・三井京都)」

国内外の富裕層をターゲットにしているというこちらのホテルは、お部屋の設えから小さな備品に至るまで、全て手抜かりなく吟味・計算された、まさしく超高級&一流ホテルです!

中でも、最高の眺めを誇る二条城ビューのお部屋は希少。

ということで今回は、眼前に二条城を独り占めできる「ニジョウルーム」の素敵な景色と、お部屋の様子を併せてご紹介します♪

HOTEL THE MITSUI KYOTOへのアクセス、チェックインの様子やレストラン・イベントについてはこちらの記事をどうぞ。

ニジョウルームの贅沢すぎるバスルーム・アメニティについては、こちらの記事でまとめています。

スポンサーリンク

ベッドルーム

それではさっそく、こちらが今回ご紹介するニジョウルームの居室部分・ベッドルームです!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム・ベッドルーム全景

奥側から見るとこんな感じ。床・壁・家具まで温かみのある木材で統一されています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム・ベッドルーム全景を窓側から

デザイナーのアンドレ・フーさんが、「目覚めた瞬間に京都にいるなぁと実感できるよう」デザインしたお部屋のテーマカラーは、穏やかな苔色(モスグリーン)。

いかにも京都らしく、豊かな自然を連想させるカラーリングです。リラックス効果も期待できそう!

ベッド

今回、ベッドはキングサイズが一台のタイプでした。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ベッド正面から

ニジョウルームにはキングだけでなく、ツインの設定もあるとのこと。

一人旅の私にとっては、この継ぎ目のないキングベッドでバッチリでしたが、二人旅ならツインをリクエストした方がゆっくり眠れそうですね。

真っ白いベッドリネンは、目がしっかり詰まってとっても滑らかで気持ちよかったです♪

ベッド背景は西陣織製!

そして特徴的なのがこちらの壁!なんと贅沢にも、京都の伝統工芸・西陣織で作られています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ベッドボードは西陣織

白、ベージュ、金の糸で織られたデザインは、円山応挙氏の「雪松図屏風」をモチーフにしたもの。

全体図は三井記念美術館の公式サイトでご覧になれますが、その概要は以下の通りです。

一面の雪の中にきらめく光を照り返して屹立する松の姿を、墨と金泥と紙の白色のみで情感豊かに描きだす。松は輪郭線を用いない没骨技法をもってし、右隻には直線的で力強い老松、左隻には曲線的で柔らかい若木を配する。写生を基礎に、これを伝統的な装飾画風と融合させた平明で清新な応挙様式の代表作である。

決して派手ではないものの、さりげなく侘び寂びが込められたその織目に、日本らしい奥ゆかしさを感じますね。

ベッドサイド

照明やカーテンのスイッチは、向かって右側のベッドサイドにまとめられていました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ベッドサイドのボタン

ユニバーサル電源とUSB電源の両方がついているのも便利!

反対側のベッドサイドには、BOSEのスピーカーとアクセサリートレイも用意されています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ベッドサイドの備品

ちょっとしたことですが、ピアスやネックレスなど、失くしやすい小物の置き場所が決まっていると安心ですよね。

ターンダウンではお菓子やコスメのプレゼントも

なお、18時〜20時ごろにかけて、各部屋にターンダウンサービスが提供されます。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ターンダウン時

この時、女性客だとリップバームやフェイスマスクなどのコスメ用品が置かれることが多いそうなのですが、私の場合は、菓匠 清閑院さんの「紅葉よそほひ」という和菓子でした。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ターンダウン時のプチギフト

花より団子派なのを見透かされてしまったのでしょうか(笑)

袋の中には、寒天に小豆と紅葉をあしらった、とっても綺麗なお菓子が!京都らしくてほのぼのしました。

紅葉よそほひ

(菓匠 清閑院公式facebookより)

スポンサーリンク

充実のミニバー

ベッドの正面には、テレビやデスク、そしてHOTEL THE MITSUI KYOTOの室内に多数見られるモチーフ「岡持」を模したミニバーが置かれています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ベッドから正面

ミニバー台上には、無料のミネラルウォーターやお茶・コーヒーマシン。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ミニバー

お部屋のデザイナーであるアンドレ・フーさんは、日本の苔がお好きということで、室内のテーマカラーをモスグリーンにしているだけでなく、こんな可愛らしい苔玉(フェイクグリーン)も置かれています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜苔玉

空間の余裕を感じさせますね。

では、ミニバーにあるメニューを見てみましょう!

全てにおいて並々ならぬこだわりを持つHOTEL THE MITSUI KYOTO、ミニバーでもそのセンスが遺憾なく発揮されています。

ロゴ入りミネラルウォーター

京都らしさを大切にするHOTEL THE MITSUI KYOTOが採用するのは、やはり地元・京都のメーカー品が中心です。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ティーバッグ

まず、ミネラルウォーターはホテルのロゴ入り。酒造「黄桜京都」による品で、中身は伏見の水となっていました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ミネラルウォーター

市販のペットボトルを置いてあるホテルも多い中、しっかりオリジナルを用意しているとは、さすがHOTEL THE MITSUI KYOTO。

マリオット系列では、同じくラグジュアリーラインのリッツ・カールトンでも同じ運用となっています。

ティーバッグは京都の老舗「柳桜園茶舗」

ティーバッグは「柳桜園茶舗」のもの。柳桜園茶舗は、1875年創業の日本茶専門店です。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜柳桜園こちらのお茶屋さん、かつて御所にお茶を納めていた歴史があり、現在でも茶道家元にご贔屓にされているのだそう。

鳥獣戯画のパッケージもかわいいですね。ほうじ茶と緑茶の2種類がありました。もちろんお味も本格的!

ちょっと調べた限りでは、このティーバッグを販売しているサイトは見つからなかったのですが、もしかするとこれもHOTEL THE MITSUI KYOTO専用の品なのでしょうか。

その他のメニューも高級志向

そして引き出しの中には、グラス類と一緒に、常温のアルコールドリンクと和菓子、ティーバッグにネスプレッソカプセルが収められています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ミニバー引き出しの中身

この中では、コーヒーと紅茶のティーバッグが無料で、それ以外は有料です。

紅茶はシンガポールの高級ブランド「TWG」。イングリッシュブレックファストと、バニラブルボンの2種類がありました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜TWGのティーバッグ

そして目を引くのが、ティーバッグの下にある白い小箱たち。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜干菓子

ホテルのミニバーでは、スーパーやコンビニで買えるようなスナックが置かれていることが多い中、HOTEL THE MITSUI KYOTOでは、地元京都の「塩芳軒(しおよしけん)」さんのお干菓子と、豆富本舗さんのミックスナッツ、そしてオリジナルのミントが用意されていました。

お値段はというと、お干菓子が2,000円、ミックスナッツが1,200円、そしてミントが600円と、なかなかの高級品。

私はあいにく手が出ませんでしたが、上品なチョイスで、外国の方や富裕層の方々には需要がありそうです。

コーヒーカプセルは3種類あり、デカフェの他に「イスピラツィオーネ・ヴェネツィア」「イスピラツィオーネ・ナポリ」という2つをラインナップ。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜コーヒーカプセル

これは、イタリアの各都市をイメージした「イスピラツィオーネ・イタリアーナ」というシリーズのもので、ヴェネツィアは「⾧時間焙煎が織りなす調和」、そしてナポリは「力強く深い焙煎い香り」を楽しめるとのことです。

ゴージャスなパッケージカラーで、こちらもHOTEL THE MITSUI KYOTOにぴったりですね。

一番下の段には冷蔵庫も付いていました。中にはソフトドリンクからシャンパンまでバラエティ豊かなドリンクが収まっています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜冷蔵庫

ペプシコーラやペリエが800円からと、こちらもなかなかのお値段。一度でいいので、気軽に利用できる身分になってみたいものです…。

スポンサーリンク

特注カラーのネスプレッソ

ネスプレッソ本体も、特別なものが用意されています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ネスプレッソ

写真ではちょっと伝わりづらいかもしれませんが、このネスプレッソ、ほんのりとモスグリーンががっているのです。

なんとお部屋に調和するように、わざわざ特注したカラーなのだとか!

そんなこだわりのネスプレッソですが、欠点が一つ。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ネスプレッソにコップが入らない

なんと、そのままでは備え付けのカップが置けないのです…。

「ネスプレッソのカラーにばかり拘っていて、カップサイズを考慮するのを忘れていました」とはスタッフさんの談(笑)。

ではどうするのかと言いますと、このように下の水受けトレーを外してセットするほかありません。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ネスプレッソにコップをセットするには

全てにおいて、完全・完璧を追求している印象のHOTEL THE MITSUI KYOTOも、こんなうっかりをすることがあるなんて、なんだか親しみが湧くような気もしますね!

電気ケトルなどなど

一番下の引き出しには、アイスペールとデロンギの電気ケトル。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜湯沸かし器

ターンダウン時には、何も言わずともアイスペールに氷を入れてくれていました。

ウェルカムスイーツで優雅なティータイム

ミニバーを検めていると、ノックの音が。

スタッフさんが、こんな素敵なウェルカムスイーツを届けてくれました♪こちらはどうやら、宿泊者全員に配られるようです。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ウェルカムスイーツ

その内容は、葡萄と秋らしい色合いの和菓子が2種類。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ウェルカムスイーツ接写

最初に頂いたこの葡萄が、あんまりにも甘くてジューシーでびっくり!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ウェルカムギフトの葡萄

同じく京都・嵐山にあるマリオット系列ホテル「翠嵐」でも、スーパーでは手に入らないような美味しい果物が出されたことを思い出します。

和菓子の方は、京都の名店「二條若狭屋」さんが提供されているものです。秋らしい紅葉とイチョウがとっても素敵!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜和菓子でティータイム

柳桜園茶舗さんのお茶と一緒に、素敵なティータイムとなりました♪

スポンサーリンク

こだわりのデスクスペース

そして、窓辺に置かれた素敵なデスクスペースにも並々ならぬこだわりが。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ウォルナットを切り出したデスク

無垢材切り出しテーブル

まずこのテーブルは、ウォルナットを切り出した無垢材で作られています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ウォルナットのデスク

スタッフさんによれば、ホテル開業が決まって最初に確保したのが、このテーブルのための丸太だったのだとか!

乾燥に時間がかかるため、3年かかってようやく出来上がったというこだわりの逸品です。

インテリア雑誌に出てくるような、いかにもオシャレな佇まいですよね。

照明は行灯型

照明も、行燈を形取ったというレトロなフォルム。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜行燈

夜には窓辺をほんのりと照らしてくれて、一層雰囲気が出ます。

素敵なレターセットも

机上には文箱があり、開けてみると、ポストカードと鉛筆が入っていました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜レターセット

ポストカードは京都の雪景色でしょうか、趣があって素敵。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ポストカード

噂によれば、スイートルームには書道セットが用意されているとのこと。いずれは体験してみたいものです。

スポンサーリンク

窓からは二条城を臨む

そしてニジョウルーム最大の魅力の一つ、それが窓からのこの眺め!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜二条城

その名の通り、二条城を一望することができるのです。

二条城とはどんなお城なのかと言いますと、詳しくはこちら。

二条城は1603年(慶長8年)、江戸幕府初代将軍徳川家康が、天皇の住む京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするため築城したものです。将軍不在時の二条城は、江戸から派遣された武士、二条在番によって守られていました。3代将軍家光の時代、後水尾天皇行幸のために城内は大規模な改修が行われ、二の丸御殿にも狩野探幽の障壁画などが数多く加えられました。壮麗な城に、天皇を迎えることで、江戸幕府の支配が安定したものであることを世に知らしめたものです。1867年(慶応3年)には15代将軍慶喜が二の丸御殿の大広間で「大政奉還」の意思を表明したことは日本史上あまりにも有名です。二の丸御殿、二の丸庭園、唐門など、約400年の時を経た今も絢爛たる桃山文化の遺構を見ることができます。1994年(平成6年)、ユネスコ世界遺産に登録された二条城は、徳川家の栄枯盛衰と日本の長い歴史を見つめてきた貴重な歴史遺産と言えます。

(二条城公式サイトより抜粋)

日本史に疎い私でも、さすがに大政奉還は知っています。まさしく目の前のここがその舞台になったのかと思うと、胸に迫るものがありますね。

ちなみに、案内してくださったスタッフさんによれば、この4階から見る二条城が一番美しいとのこと。

これ以上高いと、裏手に並ぶ住宅地まで見えてしまうため、これこそ美しい二条城だけ視界に入るベストな高さだと仰っていました(そもそも建築基準法で高さ制限もあるそうですが)。

最後に

ということで、今回はHOTEL THE MITSUI KYOTOのニジョウルーム居室について詳しくご紹介しました。

水回りに引き続き、ベッドルームもこだわりがたっぷり詰まった素晴らしいお部屋。さすがは三井のフラッグシップホテルですね。

シャープすぎず、かといってナチュラルすぎず。

全てにおいて徹底的に洗練されていて、小物から家具まで、普通の家では早々お目にかかれないというか、真の富裕層の邸宅はこんな感じなんだろうなという印象を受けました。

京都らしさ・日本らしさを追求しながらも、デザイナーのアンドレ・フー氏が香港ご出身ということで、どこか洋のエッセンスも感じられます。

香港のフラッグキャリアである、キャセイパシフィック航空ラウンジの色合いや雰囲気が好きな方なら、きっとHOTEL THE MITSUI KYOTOも気に入ることでしょう。

ホテル概要

ホテル名称 HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル・ザ・三井京都)
マリオット・ホテルカテゴリー 7(無料宿泊必要ポイント50,000/60,000/70,000)
所在地
〒604-0051 京都府京都市中京区二条油小路町284
階数 地下1 – 4階 
部屋数 161室
開業 2020年11月3日
最寄駅 地下鉄東西線・二条城前駅

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

HOTEL THE MITSUI KYOTOは、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「プラチナエリート」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

2021年1月現在、プラチナチャレンジは受付停止中です。また状況が変わり次第、お知らせします。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます。

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
\\この記事をSNSでシェアして、みんなに教えてあげよう//
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行
トップへ戻る

【初回限定】Uber Eats 1,000円OFFクーポン


※このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス