instagramはじめました!フォローはこちら

【SPG】Wパリ オペラ宿泊記~オペラ座が目の前に見えるお部屋にアップグレード!

follow us in feedly

W パリ オペラ エントランス

フランス・パリは日本人にも人気の都市。

そのイメージ通り、パリ市内にはお洒落なホテルがたくさん存在しています。その中でも、一際目立つデザインのホテルがW パリ オペラ

前衛的なデザインが特徴の「Wホテル」ブランドを冠する、SPGグループの5つ星ホテルです。

パリの一大観光名所「オペラ座」の真正面にあり、アクセスも抜群。オペラ座を見学するなら選択肢に入れておくべきホテルではないでしょうか。

今回は、Wパリ オペラのお部屋の様子を詳しくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

いざチェックイン

Wパリ オペラは、外観だけ見ると、いかにもパリらしいクラシカルな雰囲気。

Wパリ 外観

しかし、一歩中に入ると、Wホテルらしい独特の世界観が広がっていました。

入口を入ってすぐ左手が、レセプションとコンシェルジュのお部屋となっています。

Wパリ オペラ チェックイン

ちょっと大人っぽい雰囲気ですね。

なんと表現すべきなのでしょうか、ゴシック系統というか、より重厚感を感じさせる空間です。

ネオン街を思わせるインテリアのW上海に比べると、相当控えめにしているように思います。

ウェルカムドリンクコーナー

レセプションでは、傍にウェルカムドリンクのコーナーがあり、チェックイン前にレモン水を頂けました。外は暑くて乾燥していたので、生き返りますね。

Wパリ チェックイン時のウェルカムドリンク

お部屋のアップグレード特典

Wパリ オペラは、マリオットボンヴォイ系列のホテルですので、ゴールド以上のエリートメンバーは、お部屋に空きがある限り、無料アップグレード特典を受けることができます。

アップグレードの可否は当日の空き状況によりますが、私が持っているプラチナステータスだと「スイートルーム」にアサインしてもらえることも。

さて、お部屋のアップグレードはあるでしょうか。

アップグレード結果は?

今回は、Wパリ オペラの中でも最安のお部屋を予約していました。

5つ星ホテルですから、最安のお部屋でも十分満足できるはずですが、アップグレードがあれば、さらに快適な滞在となるはず。

気になるアップグレードの結果は…

……

スペクタキュラールーム」にアップグレードされました!!

このお部屋は、スイートルームほど豪華ではないものの、スタンダードなお部屋と比べるとランクの高い素敵なお部屋。

ホテルの口コミによると、プラチナメンバーはこのスペクタキュラールームにアップグレードされることが多いようです。

観光でほとんど部屋にはいない予定なのですが、アップグレードして頂けてありがたい限り。どんなお部屋なのか楽しみです。

目の前がオペラ座のお部屋でした!

それではさっそくエレベーターに乗って、今回宿泊する121号室へ向かいましょう。

W パリ オペラ ロビー

121号室は1階のお部屋ですが、フランスを始めとするヨーロッパ諸国で言う1階は、日本式の2階を指します。

エレベーターを降りたら右へ。

Wパリ オペラ 2階の廊下

お部屋のドアを開けてみると…

Wパリ 121号室

窓の外には美しい佇まいのオペラ座が!

Wパリ オペラ 121 スペクタキュラールーム

おかげで、お部屋全体が一層素敵に見えます♪

インテリアは白を基調に、オレンジとグリーンのアクセントカラーがあしらわれていました。ヨーロッパではどちらかというと、重厚感を大事にしたホテルが多いように思いますが、個人的にはこういった明るい雰囲気の方が嬉しいです。

部屋の真ん中に洗面台があり、その奥がベッドルーム。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム ベッド

右手にトイレとシャワー、左手にクローゼットとなっています。

W パリ オペラ シャワーブースとトイレ

パリ5つ星ホテルの条件は?

Wパリ オペラのスペクタキュラールームに、バスタブはありません。

私はてっきり、5つ星ホテルには必ずバスタブがあるものと思い込んでいましたが、こちらのサイトによると、フランスのホテル格付けの条件は下記のようになっているそうです。なるほど。

5つ星 ★★★★★
客室面積 24m2以上(バスルーム・トイレを含む)
客室設備 バスルーム、ルームサービス、金庫(セキュリティボックス)、バスローブ、ミニバー、バスルーム内の電話
館内設備 スイートルーム、コンピューター、ファックス又は印刷機、客室案内係、駐車係員、1階以上のホテルはエレベーターがある
フロント 従業員が英語を話せる、フロント24時間オープン

スポンサーリンク

洗面台

洗面台の上には、手拭き用のタオル、ティッシュ、コップ、固体石鹸、液体石鹸、ボディクリーム、シャワーキャップ、サニタリーバッグ。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 洗面台 アメニティは少なめ

歯ブラシやシェービングキット等は見当たりません。

5つ星ホテルの割には、ちょっと少なめでしょうか。お願いすればもらえるのかもしれませんね。

蛇口のハンドルは、脇のバー一つ。

Wパリ 蛇口

左右で温度を、上下で水量を調整します。

吐水口もプレートのようになっていて、とってもスマート。

Wパリ スペクタキュラールーム スタイリッシュな蛇口

洗面台下には、タオルと替えのトイレットペーパーが一個。スリッパが見当たらなかったので、電話して持ってきてもらいました。

Wパリ スペクタキュラールーム スリッパの定位置は洗面台の下

本来はタオルと一緒に置いてあるはずだそうです。

シャワールーム

シャワールームはこんな感じです。シンプルながら、レインシャワーもあり。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム シャワー

シャワー室の中には、シャンプー、コンディショナー、ボディソープが用意されていました。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム シャワーアメニティ

アメニティはWおなじみ「Blisslabs」のもの。パラベンやフタレート等を含まず、動物実験も行なっていないニューヨーク発祥のメーカーです。生産国は中国となっていました。

トイレ

トイレの壁も全て真っ黒です。なぜか、室内にバスローブがかかっていました。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム トイレ

クローゼット

クローゼットには、アイロンとアイロン台、バスローブ、セーフティボックス、ランドリー袋。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム クローゼット

そして、傘が入っていました。

Wパリ スペクタキュラールーム  クローゼットの中には傘が

ビニール袋は無料ですが、こちらの不織布製のバッグは4ユーロとのことです。

Wパリ スペクタキュラールーム 不織布製の袋は有料

ミニバー

ミニバーは洗面台の隣、ベッド向きに設置されています。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 有料ミニバー

先日宿泊したW上海のミニバーが非常に充実していたことを思うと、同じWホテルでも品揃えはかなり少なめですね。

冷蔵庫はどこに?

部屋を一回りしても冷蔵庫らしきものが見つからず、あちこち押したり引いたりして見ているうち、ようやく洗面台の側面に発見!

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 洗面台の横に冷蔵庫

特に何の表示もないので、これはなかなか見つけられないはずですね…。気づかずにホテルを後にする人もいそうです。

中にはコーラやスプライト、ビールやお酒のミニボトルが入っていました。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 隠し冷蔵庫の中

そこそこ余裕があるので、フランスお土産としてオススメなバターを買って冷やしておくことも十分出来そうです。

スポンサーリンク

ベッドルーム

ベッドはクイーンサイズで、一人にはもったいないくらいの大きさ。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 窓側から入口の方を見た図

寝心地もなかなかでした!

パリの歴史上の人物をモチーフにしたアートの数々

ベッド上でまず目を引くのは、写真をプリントしたような一風変わったクッション。

Wパリ ベッドルーム

公式サイトによれば、写真家マルセル・ファン・デル・フルーフト氏による、パリの歴史上人物のモチーフを採用しているのだそうです。

Wパリ スペクタキュラールーム クッション

これは…男装した女性、なのでしょうか?

筆を手にしているところを見ると、画家のようですが、一体誰なのでしょう。ちなみに、お部屋によっていろんなバージョンがあるとのことでした。

さらに、壁にはエミリー・フォーゴットによるフランス人物画をモチーフにしたキャラクターがあしらわれています。上の写真カーテン側に写っている貴婦人風猫ちゃんや、ラジカセを持った吟遊詩人風の鳥などなど…。

Wパリ スペクタキュラールーム エミリー・フォーゴットが描いたキャラクター

フランスの歴史に詳しい人なら、きっと「ああ、あれね!」とクスッと出来ること間違いなしですね。

電源ボックス

ベッドの傍らのボックスには、iPodやUSBなど、いろいろな端子を繋ぐケーブルがまとめられています。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム ベッド右脇には電源ボックス

特に、NOKIAやSAMSUNGの端子が充実していました。SONY/ERICSONも一つありましたが、手持ちの機器には対応せず残念。

この他お部屋にあった電源は、2つの丸い穴が付いているC型が主で、一つだけUSB対応のものがあったかと思います。

残念ながら、持参したトラベルアダプターが合わず、Mac Bookを充電できないため、これは買いに行かないといけないのか…とコンシェルジュに販売店を尋ねたところ、親切に貸して頂けてことなきを得ました。

Wパリ トラベルアダプターの貸し出しあり

これには大助かりでした!

液晶テレビ

テレビは、40インチのものがベッドの正面に取り付けられています。NHKワールドが見られるはずですが、故障のため視聴できずじまいでした。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム テレビ

テレビの下にも色々と装飾品が並んでいますが、公式サイトによると、

大胆な黒い彫像からメゾンマルタンマルジェラ作の「羽根型ボールペン」、トレンディーなアートとファッションブックにいたるまで、思いがけないアイテムが目を惹きます。

と紹介されていました。

ワーキングデスク

テレビの脇にはデスク。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム デスク上に無料の水

プラチナメンバー用に、1泊1名につき1本ボトルウォーターが付いています。ここではエビアンの330mlが机上に置いてありました。

枕元にももう一本ありますが、こちらは1本4ユーロとなっているので注意が必要です。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム ベッド脇にミネラルウォーターと電話の子機、リモコン

照明

W上海ではいくつか照明の種類があり、中でも赤っぽく光るライトが扇情的でびっくりしたものですが、こちらではそれほどチャレンジングなラインティングはありません。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 照明

「スパーク」を押すと、洗面台の上が星空のように輝くくらい。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム スパークル

そこまで大胆ではないのは、パリという土地柄を考慮してのことなのかもしれませんね。

窓からの眺め

前述の通り、窓からはオペラ座が見えます。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 窓の外にはオペラ座

日中はたくさんの人で賑わっていますが、深夜〜夜明け前には、まだ誰もいないオペラ座を独り占め出来るという特別感を味わうことができました。

Wパリ オペラ スペクタキュラールーム 夜明け前のオペラ座

朝食も素晴らしい!

尚こちらのホテル、SPGプラチナステータスがあれば、朝食も無料です。

その朝食の美味しかったこと!!

パリらしい素敵なレストランで、行き交うパリジャンやパリジェンヌを眺めつつ…

Wパリ 朝食会場

見た目もオシャレなブッフェを堪能!

Wパリ朝食メニュー

野菜少なめが多いヨーロッパにあって、こちらはなかなかの品揃えです。

Wパリ朝食

もちろんパンも焼き立てフレッシュ!バゲット、クロワッサン、パンオショコラ、パンケーキにクレープもありました。

Wパリ朝食パン

デザートも充実。いろんな種類のヨーグルトがあって、選ぶのがとっても楽しかったです♡

Wパリ朝食ヨーグルト

特筆すべきはその味!どのお料理も優しい味わいで、とっても美味しい!!心から満足できる朝食となりました。

Wパリ朝食の様子

SPGステータスのおかげで、贅沢な気分を満喫したパリの朝でした!

最後に

Wパリ オペラの魅力は、何と言ってもその抜群の立地と眺め!

そして、クラシックとモダニズムがうまく融合した、個性的なインテリアです。

バスタブがないことや、アメニティが少なめな点など、日本人が想像する5ツ星ホテルとは少し違うかな?と感じる部分もありましたが、それらを補って余りあるメリットもあります。

例えば、パリを代表するデパートであるギャラリーラファイエットやプランタンに近いため、買い物の合間に戻って来ることも容易にできます。

実際、美しいドーム天井で有名なギャラリーラファイエットに出かけ…

ギャラリーラファイエットの美しい天窓

子供達のお土産に、フランスらしさ溢れる可愛い着せ替え人形を購入してきました。出かけてからホテルに帰ってくるまでの所要時間は、ほんの15分ほど!

ギャラリーラファイエットで購入した着せ替え人形

フランスらしい着せ替え人形

こういったものはどうしてもかさばるので、買ってすぐホテルに置きに戻れるというのは想像以上に便利でした。

その他、メトロの駅もほんの数十メートルのところにあるため、どこに観光に行くにも便利です。

総合的にはとっても満足度の高いホテルでした。

パリおすすめグルメはこちら♪

パリのお土産はボンマルシェがおすすめ!その理由は…?

関連記事

通常よりもお得にプラチナステータスを得る方法はこちら。

プラチナチャレンジは、SPGアメックスで取得したゴールド会員の資格があると、すぐに開始することが可能です。

SPGとマリオットは、2018年8月18日からプログラムが統合されます。

今回パリで泊まったその他の素敵ホテルはこちら↓

これまでのホテル宿泊記はこちらでまとめています。

JALの上級会員になろう!

今回は、JAL上級会員になるための「JGC修行」の一環として、パリを訪れました。

JGC修行のすべて~JAL上級会員になるために【2020年対応最新版】
JAL(日本航空)は、言わずと知れた日本を代表するレガシーキャリアです。 日本に住んでいれば、一度ならず利用したことがあるという方も多いことでしょう。 そんなJALに、実は上級会員制度が設けられていることをご存知ですか?...
【JGC修行】カタール航空でパリへ!世界一のビジネスクラス「Qsuite」体験ルート
2018年も早3月に突入。 今年もJALのJGC修行(正確にはJGP修行)をすることは、昨年のわりと早い段階で決めていたのですが、なかなかこれは、というチケットが見つかりませんでした。 例年なら、1~3月と早い時期に始ま...
カタール航空のビジネスクラスが凄すぎる!豪華な機内と贅沢なサービスを徹底リポート<羽田発ドーハ行QR813搭乗記>
中東カタール・ドーハを本拠地とする「カタール航空(Qatar Airways)」。 カタール国営の航空会社であり、ナショナル・フラッグ・キャリアとされています。 ANAやJALと比べると、日本での知名度はそれほど高くはあ...
贅沢すぎる天空のバーラウンジ!カタール航空ビジネスクラス搭乗記A380<ドーハ→パリQR39便>
中東御三家の一角・カタール航空は、エアバス社の総2階建て超大型旅客機「A380-800」を運行しています。 この機材の特徴は、なんと言ってもラグジュアリーなバーラウンジ! 飛行機内に、高級店さながらのバーカウンターが設置されてお...
【Qsuite(Qスイート)】世界一のビジネスクラスはまるでファーストクラス?個室シートから機内食まですべて公開!カタール航空パリ〜ドーハ搭乗記
飛行機のビジネスクラスといえば、誰もが憧れるエグゼクティブな上級客室。そこでは、エコノミークラスとは一線を画する豪華サービスが提供されています。 数あるビジネスクラスの中でも”世界一”と評されているのが、中東御三家の一角である...
カタール航空の豪華プレミアムラウンジ~パリ・シャルル・ド・ゴール国際空港<ビジネスクラス&ファーストクラス専用>
フランス・パリのシャルル・ド・ゴール国際空港には、カタール航空が直営する「Qatar Airways プレミアムラウンジ」が設けられています。 フランスにありながら中東の香りを感じさせるこちらのラウンジでは、モダンな雰囲気の中...
カタール航空の本拠地ラウンジが広すぎ豪華すぎ!ドーハ・ハマド国際空港アルムルジャンビジネスラウンジのすべて
世界各国の空港には、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗者、航空会社のエリート会員向けの豪華なラウンジが数多く存在しています。 その中でも、中東系の航空会社が運営するラウンジは特別豪華! 中東御三家と呼ばれる、エミレー...

昨年のJGC(JGP)修行についてはこちらからどうぞ。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る