instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

JAL国際線新型A350の就航日がついに決定!ファースト&ビジネスクラスの進化がスゴイ!!

follow us in feedly

JAL国際線新型機A350-1000が満を辞してデビュー

2023年12月12日、JAL国際線新型機「A350-1000」の就航日がとうとう公式発表されました!

単に新しい機材が投入されるというだけでなく、この度ファースト・ビジネス・プレエコ・エコノミー全クラスのインテリア・機能が刷新されます。

JALが国際線キャビンを一新するのは、なんと約20年ぶりのこと!

特にアッパークラスでは各席にドアを設置し、プライバシー性を向上。

さらに世界初となるヘッドレスト内蔵スピーカーなどなど、他にない体験ができること間違いなしです。

今回はそんなA350-1000の全容と各クラスの新旧比較、就航路線などについて詳しくご紹介します!

フラッグシップ刷新に合わせて、羽田空港に「First Class Entrance」が誕生!

最高峰誕生!JALファーストクラス専用チェックイン”First Class Entrance”~気になる利用条件と場所を解説 <羽田空港第3ターミナル>
羽田空港からJALファーストクラスに搭乗する方に朗報です! 来る2024年1月24日、羽田空港第3ターミナルにJALファーストクラス搭乗客専用のチェックインカウンター『First Class Entrance』が新設されることになりました。...

 

現行のファースト・ビジネスクラス搭乗記も是非ご覧ください。

<搭乗記>JAL国際線ファーストクラスは高級料亭だった!最高に美味しい機内食と幻のシャンパンは贅沢の極み
日本を代表するエアライン、日本航空(JAL: Japan Airlines)。 高い安全性はもちろんのこと、和を感じられるおもてなしや、こだわりの詰まった機内食、そしてトップレベルの清潔感で世界的に高評価を得ています。 エコノミークラスでも...
JAL国際線最初の就航地サンフランシスコから羽田へ!ビジネスクラス搭乗記
JALが初めて国際線を就航してから、今年で70周年を迎えます。 その記念すべき最初の就航地がアメリカ西海岸のサンフランシスコ! 当時はDC-6B型というプロペラ機(別名City of Tokyo)で、ウェーク島とホノルルを経由して30時間以...

 

JAL国内線A350搭乗記はこちら♪

JAL国内線A350新型ファーストクラス搭乗記〜スタイリッシュなキャビンにエンタメ&機内食も大充実!
JAL(日本航空)が2019年9月に新しく導入した飛行機、『A350-900』。 この機材は革新技術の組み合わせにより、従来に比べて大幅な低騒音化と燃費改善を実現し、快適性と環境保護を両立した画期的な飛行機です。 今回の新機材導入に際し、キ...
スポンサーリンク

A350-1000の導入路線と運航スケジュールは?

まず2024年1月17日現在、A350-1000は3機の投入が決定されています。

それぞれ現時点の見込みは以下の通り。

就航日 路線
1号機 2024年1月24日 羽田=ニューヨーク(JL005/JL006、隔日運航
2号機 2024年2月2日 羽田=ニューヨーク
(JL005/JL006、毎日運行へ
3号機 未定 羽田=ダラス・フォートワース
2024年1月24日から、まず羽田ーニューヨークの1便を隔日運航し、2月2日から毎日運航となることが発表されています!

A350-1000就航に合わせて、12年ぶりに降機用ビデオもリニューアルされるとのことです。どんなストーリーなのか楽しみですね!

JAL新降機用ビデオ

(JAL公式サイトより)

A350-1000のシートマップ

それでは新機材のシートマップをチェック!

JAL国際線新機材A350-1000・シートマップ

シートクラス ファーストクラス ビジネスクラス プレミアムエコノミークラス エコノミークラス
電源・USB ワイヤレスチャージ、AC電源コンセント、

USB Type-A、USB Type-C

AC電源コンセント、

USB Type-A、USB Type-C

機内Wi-Fi 利用可
機内エンターテインメント 4K個人モニター、ヘッドレスト内蔵のスピーカー 4K個人モニター、Bluetooth対応
席種 1~2列 3~16列 17~19列 45~62列
座席数 6 54 24 155

(JAL公式サイトより)

各クラスはどのような構成になっているのか、詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

ファーストクラス

今回最も大きな進化を遂げたと言えるのが、最上位シートであるファーストクラス!

つい先日、現行ファーストクラスに搭乗してきたところですが…

<搭乗記>JAL国際線ファーストクラスは高級料亭だった!最高に美味しい機内食と幻のシャンパンは贅沢の極み
日本を代表するエアライン、日本航空(JAL: Japan Airlines)。 高い安全性はもちろんのこと、和を感じられるおもてなしや、こだわりの詰まった機内食、そしてトップレベルの清潔感で世界的に高評価を得ています。 エコノミークラスでも...

 

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラスシート全体図

(JAL公式サイトより)

新シートはご覧の通り各席にドアが付き、個室仕様に。よりプライバシーを重視した造りとなりました!

ドア付きのファーストクラスは、近年ANAを始めとした他エアラインでも増えてきていますが、実際に乗ってみると周りの目を気にしなくて良いため、到着後の疲れ方が予想以上に違います。

【搭乗記】ANA新型ファーストクラスTHE Suiteに乗ってみた!ドア付き最新シートに豪華すぎるアメニティ&機内食まで全てレポート♪
国際線の飛行機で、最も高価&最もサービスが充実している搭乗クラスといえば、皆様ご存知ファーストクラス。 中でも、ANAのファーストクラスは以前から高い評価を得ていましたが、2019年、全てを刷新したファーストクラス、その名も「THE Sui...
【搭乗記】エミレーツ新型ファーストクラスは世界トップレベル!アメニティや機内食まで全てレポート♪B777-300ER
最上級の飛行機旅といえば、やはりファーストクラス!ですよね。 世界各国、何社ものエアラインがファーストクラスを持っていますが、アラブ首長国連邦エミレーツ航空のファーストクラスは間違いなくトップクラス。 2020年には、トリップアドバイザーの...

新旧比較

ファーストクラスシートの新旧比較表はこちら。

現行ファーストクラス 新ファーストクラス
座席配列 1-2-1 1-1-1
座席数 8席 6席
シート幅 58cm 123cm
ベッド幅 84cm 123cm
ベッド長 199cm 203cm
個人用モニターサイズ 23インチ 43インチ
個室の高さ 157cm

席数を減らしたことが影響してか、シートサイズ全ての数値が旧式を大きく上回りました。

ダブルベッドになる座席

特にシート幅はなんと2倍以上に!分割して使うこともできるようです。

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラスの座席を正面から

(JAL公式サイトより)

このように全体を倒してダブルベッドにするもよし、奥のサイド部分を座席のままにして使い分けるもよし。

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラスの座席をベッドにしたところ

(JAL公式サイトより)

どっちも試してみたいですね。

水平飛行中はメインシートに2名、モニター下のオットマンに1名の計3名が一緒に座って過ごせるそうです!

収納

そして個人的に嬉しいのが、モニター下の収納部分!

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラスモニター下の収納

(JAL公式サイトより)

想定されているスーツケースの実際のサイズはわからないものの、この感じなら随分たくさんしまっておけそうではないですか?

いかにファーストクラスといえど、このスペースには物を置けないことも珍しくありません。

【ファーストクラス搭乗記】タイ国際航空でスターアライアンス世界一周旅行に出発 <羽田~バンコク・スワンナプーム空港>
このたび、タイ国際航空の国際線ファーストクラスに搭乗してきました! 色々なブログや雑誌記事で見るに、タイ国際航空は世界各国の航空会社の中でも機材やサービス内容がトップクラスとのこと。実際に体験できる日が来るなんて夢のようです♪ 今回乗るのは...
【ルフトハンザ】ファーストクラス搭乗記~世界最高峰のサービスと機内食を一挙公開!フランクフルト~ニューヨークB747-8
ドイツが誇るフラッグキャリア「ルフトハンザドイツ航空」。 堅実、質実剛健なイメージの航空会社ですが、ファーストクラスで提供しているサービスはとっても豪華でこまやか。 これぞ正統派ファーストクラス!という、魅力溢れる空間となっていました。 今...

長時間のフライトでは荷物の出し入れが必要になることも多々ありますので、いちいちオーバーヘッドビンを開けることなく、いつでも手元で済むのはありがたい限りです。

モニター傍にはクローゼットも。

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラス・クローゼット

(JAL公式サイトより)

ブリティッシュエアウェイズのファーストクラスなどでも採用されているタイプです。

ブリティッシュ・エアウェイズの豪華ファーストクラスに乗ってみた!ロンドンまでの最高に贅沢な空の旅をすべて公開!!
ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、ロンドン・ヒースロー空港を本拠地とするイギリスの航空会社です。 ヨーロッパでは3位、世界でも9位の規模を誇る大手航空会社であり、1998年に発足したワンワールドの創立メンバー...

日系アッパークラスではCAさんが上着を預かってくれることが多いのですが、こちらも自分の好きなタイミングで着脱できて、より気楽に過ごせそう。

下部には専用ミニバーもあります。

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラス・個人用ミニバー

(JAL公式サイトより)

これもなんだかエミレーツっぽいですね!

エミレーツ航空A380ファーストクラスに乗ってみた!世界一豪華な機内を徹底リポート~成田-ドバイ搭乗記
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地とするエミレーツ航空。 同じくUAEのアブダビを本拠地とするエティハド航空、そしてカタールのドーハを本拠地とするカタール航空と並んで、「中東御三家」と称されています。 その贅を尽くしたサービスは、日...

おそらく冷却機能は付いていないのでしょうが、ちょっと気が利いた収納です。

最新テクノロジー採用

A350-1000では、AV等の電子機器類にも最新技術が反映されています。

まずモニターは4K・43インチと、ANAの最新ファーストクラスと同等に。

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラスの座席

(JAL公式サイトより)

お篭り感と相まって、機内エンターテインメントをより一層楽しめそうですね。

そして注目すべきは、世界初!ヘッドレストに内蔵されたスピーカーです!

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラス・内蔵スピーカー

(JAL公式サイトより)

これまでの常識を覆す、まさかのヘッドフォン不要!

先日、サンフランシスコ便でファーストクラス担当のCAさんとお話しした際、「クルーもまだ実機は見ていないんですが、このスピーカーがどんなものなのかすごく気になってるんです!」と仰ってました。

ビジネスクラスでもこのヨーロッパ製スピーカーが採用されているらしいのですが、ドアが付いていれば他のシートの音は全く気にならないものなのでしょうか?

キャビン全体がどんな雰囲気になるのか、音響品質はどうなのかも気になるところです(手持ちのBluetoothイヤホンを使うこともできるとのこと)

さらに、なんと充電がワイヤレスに!

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラス・ワイヤレス充電

(JAL公式サイトより)

大方のスマホはここで充電できるのでしょうね。もし対応していない場合のために、ユニバーサル電源も併用可能なようです。

傍には、操作用タブレットなるものも。

JAL国際線新機材A350-1000・ファーストクラス・操作用タブレット

(JAL公式サイトより)

もしかするとエミレーツ航空のように、照明や空調を一括コントロールしたり、CAさんとビデオ通話が出来たりするのでしょうか?

【搭乗記】エミレーツ新型ファーストクラスは世界トップレベル!アメニティや機内食まで全てレポート♪B777-300ER
最上級の飛行機旅といえば、やはりファーストクラス!ですよね。 世界各国、何社ものエアラインがファーストクラスを持っていますが、アラブ首長国連邦エミレーツ航空のファーストクラスは間違いなくトップクラス。 2020年には、トリップアドバイザーの...

シートの広さやドアも去ることながら、見慣れない斬新なシステムばかりで、1日も早く搭乗してみたいものです♪

スポンサーリンク

ビジネスクラス

続いてビジネスクラスへ行ってみましょう!

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラスシート全体図

(JAL公式サイトより)

ファーストクラスと同様に、こちらにもドアが付き半個室形態になりました♪

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラスシート・ドア

(JAL公式サイトより)

ANAの新ビジネスクラスTHE Roomに近い雰囲気ではあるものの、前後席が違い違いに設定されているANAとは異なり、こちらは全席進行方向を向いているよう。

JAL新機材A350ビジネスクラスキャビン

(JAL公式サイトより)

ANAが前後席を組み合わせているのは、限られたスペースを効率よく利用するため。

全席前向きで揃えたJAL新ビジネスクラスの居住性がどんな感じなのか気になりますね!

新旧比較

では、現在の長距離用ビジネスクラスとスペックを比べてみましょう。

現行ビジネスクラス(JAL SKY SUITE 777) 新ビジネスクラス(A350)
座席配列 2-3-2 1-2-1
座席数 49席 54席
シート幅 52cm 56cm
ベッド幅 65cm 56cm
ベッド長 188cm 198cm
個人用モニターサイズ 23インチ 24インチ
個室の高さ 132cm

一番大きな変更点は座席配列でしょうか。

一列当たり7席→4席へと半分近くになる一方で、全席数は5席増加と、非常に贅沢にスペースを使っているようです。

収納

ビジネスクラスでもオーバーヘッドコンパートメントがない分、個室内収納はしっかり確保されています。

自席に機内持ち込み最大サイズのスーツケースも、このように専用スペースにしまって置けるとのこと。

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラスシート・収納

(JAL公式サイトより)

さらに、専用ワードローブも完備しています。

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラスシート・クローゼット

(JAL公式サイトより)

これまでビジネスクラスでは上着を収納するスペースがなかったため、ファーストクラスのようにパジャマに着替える想定がされていなかったそうですが、このワードローブが作られたことにより問題解決。

有名タオルメーカーUCHINOの素材を用いたリラクシングウェアの貸出サービスを開始するそうです。

JAL新機材A350ではビジネスクラスにリラクシングウェア貸出サービス

(JAL公式サイトより)

これはロングフライトの快適度が爆上がりな予感ですね!

AV機器もアップデート

個人用モニターは現行23インチから24インチへ。

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラスシート・モニターもサイズアップ

(JAL公式サイトより)

大きさはそれほど変わらないものの、4Kで画質は大幅に改善されていそうです。

そして前述の通り、ビジネスクラスでもスピーカーはヘッドレストに内蔵!

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラス・内蔵スピーカー

(JAL公式サイトより)

ヘッドフォンを装着していると、座席を離れる時にケーブルの取り扱いに手こずることもありますが、そんな煩わしさから解放されるなんて素晴らしいですね♪

充電ポートはこちらも置くだけワイヤレス!どのくらい快適になるのか想像もつきません。

JAL国際線新機材A350-1000・ビジネスクラス・充電ポート

(JAL公式サイトより)

スポンサーリンク

プレミアムエコノミー

ではでは、お次はプレミアムエコノミーへ。

JAL国際線新型A350-1000・プレミアムエコノミークラス

(JAL公式サイトより)

公式サイトによれば、こちらも現行から大幅にアップグレードされたとのことです。

新旧比較

まずはスペックの比較から。

現行プレミアムエコノミークラス(JAL SKY PREMIUM 777) 新プレミアムエコノミークラス(A350)
座席配列 2-4-2 2-4-2
座席数 40席 24席
シート幅 48cm 48cm
前後間隔(シートピッチ) 107cm 107cm
個人用モニターサイズ 12.1インチ
(最前列は8.9インチ)
16インチ

大きな変更点としては、座席数が4割減になったこと。おそらくこの分がビジネスクラスに転用されたのでしょう。

そして個人用モニターが二回りほど大きくなっています。

プライバシー性の向上

ただ、よくよく調べてみると、データだけではわからない部分がアップデートされているようです。

例えば隣席との仕切り。

現行はこのくらいの大きさですが…

JAL国際線新型A350-1000・プレミアムエコノミークラス・現行のディバイダー

(JAL公式サイトより)

新型機ではこの通り、一気に大型化!

JAL国際線新型A350-1000・プレミアムエコノミークラス・新型機のディバイダー

(JAL公式サイトより)

このディバイダー、エアラインによってはむしろビジネスクラスに近いくらいの大きさではないでしょうか?

一人旅でも隣の人が気にならず、随分快適になりそうな雰囲気です。

レッグレスト

そして画期的なのがレッグレスト!このように水平まで上がるとのこと。

JAL国際線新型A350-1000・プレミアムエコノミークラス・レッグレスト

(JAL公式サイトより)

フルフラットやライフラットでないシートで長時間過ごすと、真っ先にだるく感じられるのが脚です。

特に腿裏に支えがなかったり面積が不十分だと、疲れが溜まるスピードも半端ではありません。

その点、座面が広がるこのレッグレストは、かなり画期的・効果的な改善策になりそうです。

ロングフライトでのプレエコ・エコノミーは極力避けたいお年頃(笑)なのですが、これなら一度は体験してみたいかも!

スポンサーリンク

エコノミークラス

最後に、JAL公式サイトで「世界最高級」と掲げられているエコノミークラスはどうなっているのでしょうか?

JAL国際線新型A350-1000・エコノミークラス

(JAL公式サイトより)

新旧比較

さっそく現行シートとスペックを比べてみましょう!

現行エコノミークラス(JAL SKY WIDER 777) 新エコノミークラス(A350)
座席配列 3-4-2(777-200ER)
3-3-3(777-300ER)
3-3-3
座席数 154席(777-200ER)
147席(777-300ER)
155席
シート幅 47cm 46cm
前後間隔(シートピッチ) 84~86cm 84~86cm
個人用モニターサイズ 10.6インチ
(最前列は8.9インチ)
13インチ
(45A/B/C/H/J/Kは12インチ)

こちらもデータだけではそれほど変わっていないように思われますが…

モニター性能が大幅アップ!

わかりやすいのはモニター!現行ではこのくらいの大きさの一方、

JAL国際線新型A350-1000・エコノミークラス・現行のモニター

(JAL公式サイトより)

新型では一回り大きく、さらに4K高画質に。

JAL国際線新型A350-1000・エコノミークラス・モニター

(JAL公式サイトより)

より迫力のある映像を楽しめそうですね!

快適性も改善

また、ヘッドレストの可動域が大きく、ホールド性もより改善されていそうな印象です。

JAL国際線新型A350-1000・エコノミークラス・ヘッドレスト

特に私のように座高の高い人にとっては(悲)、かなり楽に過ごせるようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

JALの新機材A350の運賃は?

ここまで見てきた感じでは、JALの新型機A350-1000はどのクラスも期待大!

導入されたら是非乗ってみたいですよね♪

しかしながら、A350導入直後のニューヨーク行きエコノミークラス運賃を調べてみたところ、最安でも往復税込17万円超

JAL国際線羽田ーニューヨークエコノミークラス運賃カレンダー

(JAL公式サイトより)

この円安の中、現地滞在費まで考えると、旅費総額はとんでもないことになりそうです。

マイルを使ってA350に乗ろう!

そんなとき、役に立ってくれるのがJALマイルです。

マイルを使えば、航空運賃は0円。

別途諸税は必要になるものの、最安片道25,000マイルからニューヨークに行くことができます。

各クラスの必要マイル一覧は以下の通り。

エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネスクラス ファーストクラス
25,000〜224,000 32,500〜203,000 50,000〜502,000

L:70,000
R:85,000
H:100,000

(2023年12月時点、東京-ニューヨーク片道)

JAL国際線では2018年からエコノミー・プレエコ・ビジネスを対象に「特典航空券PLUS」という制度を導入したことにより、必要マイルが変動するだけでなく、キャンセル待ちや変更が一切できない規則になりました。ファーストクラスはキャンセル待ち可能&ロー・レギュラー・ハイの3シーズン制です。

エコノミー・プレエコは最低マイルも難しくない?

ちなみにA350就航日前後の特典枠をさらっと調べてみた限りでは、エコノミー・プレエコは割と自由に最低マイルで取れそうな感触。

ただしエコノミーとプレエコに関しては、元々の運賃がそこまで高額でないため、マイルを利用するメリットは少なめです。

マイルを有効活用するならビジネス以上がおすすめ

マイルの価値を高めたいのであれば、やはり運賃が高額なビジネスクラス・ファーストクラスを狙うしかありません。

しかし、ビジネスクラスは人気のため必要マイル数も高騰中!

ファーストクラスは空きがなく、キャンセル待ちばかりです。

ビジネスクラス特典は変動制ですので、いくらマイルを積んでも構わないのであればいつでも乗れると言えますが、片道20万マイル以上はさすがに高すぎますよね。

狙うは直前or秋以降のファーストクラス特典?

個人的には、座席に空きが出てくる来年秋以降のファーストクラスを取るのがお得ではないかと考えています。

その最大の理由は、やはり超高額な運賃です。

JALファーストクラスの有償チケットは片道200万円超!

JAL国際線新型機A350-1000ファーストクラス有償

それでいて、ファースト特典はマイル数変動の対象外(ANAと同じくシーズン制)となっているため、ローシーズンに空きがあれば、最安の70,000マイルで乗ることも可能なんです。

200万円のチケットが7万マイルで交換できると考えれば、1マイルの価値はなんと28.5円!!

JALマイルを使ってお得にA350に乗りたい場合は、断然ファーストクラス特典を狙うのがオススメです。

ローシーズン(L)
  • 2024年1月11日~2月29日
  • 2024年4月1日~4月26日
  • 2025年1月11日~2月28日
レギュラーシーズン(R)
  • 2023年10月1日~12月13日
  • 2024年3月1日~3月31日
  • 2024年5月10日~7月10日
  • 2024年8月26日~12月13日
  • 2025年3月1日~3月31日
ハイシーズン(H)
  • 2023年12月14日~2024年1月10日
  • 2024年4月27日~5月9日
  • 2024年7月11日~8月25日
  • 2024年12月14日~2025年1月10日

最後に

というわけで、今回は2024年1月24日に導入されることが決定したばかりの、JAL国際線新型機A350-1000について詳しくご紹介しました!

実際のところは乗ってみないとわからないとはいえ、プレスリリースを見る限り、どのクラスも機能性が大幅に向上し、より快適に過ごせそうな印象です。

できるものなら、ロングフライトでその魅力を思う存分体感してみたいですね。

搭乗できる日が今から楽しみです!

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

マイルはポイントサイトで効率よく貯めましょう♪

ポイ活未経験の方は、思っているより簡単にたくさん稼げることにきっと驚くはずです!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2024年3月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2024年3月1日~3月31日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会っ...
【2024年3月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の豆知識
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行