instagramはじめました!フォローはこちら

【ANA国際線】ビジネスクラス特典航空券の空席待ち成功!4人家族でもマイルでシドニー旅行が実現しました

follow us in feedly

ANAダイヤモンドメンバーになって、そろそろ一年が経ちます。

この間、ファーストクラスで世界一周に出かけるなど、一人でダイヤ特典を享受することが多かったのですが、残り半年を切って、もっと家族にもダイヤステータスの恩恵を受けてもらいたいと思うに至りました。

ダイヤステータスを存分に活かすには、やはりラウンジが豪華な国際線がベストですが、4人分の特典航空券を取るのは至難の技…。

しかも、我が家の夫は重度の飛行機恐怖症ですので、長距離のエコノミークラスは絶対に無理。最低限ビジネスクラスでないと、一緒に出かけてはくれません。正直、無理難題です。

結局のところ、家族4人だと国内線、せいぜい沖縄に連れて行くくらいが精一杯なのかもしれないと半ば諦めかけていましたが、このたび、希望通りのANA国際線ビジネスクラス特典航空券を確保することに成功しました!

今回はその一部始終をご紹介します。

スポンサーリンク

家族皆でシドニーへ!

6月までJGC修行、そして7月にはファーストクラス世界一周旅行と、今年はもう十分飛行機に乗ったなぁと思っていたのですが、しばらく経つと、また海外に行きたい病が出てきてしまいました。

マイルを貯め始める前は、5年に一度でも海外旅行に行ければ御の字だったのに、人間欲深くなってしまっていけませんね。

一人旅は存分に満喫しましたし、次こそは家族で海外旅行がしたい!ということで、いろいろ目的地を探してみた結果、最終的にオーストラリア・シドニー行きの特典航空券を狙うことにしました。

なぜシドニーなのかと言いますと…

  • 昨年ダイヤ修行で訪れて、街は綺麗だし食べ物も美味しいしで大好きになってしまった
  • 時差が2時間なので、体への負担が少ない
  • 羽田発着で便利
  • 機材は一番新しく快適なB787-9
  • フライト時間が10時間もないため、飛行機が苦手な夫でもなんとか大丈夫そう
  • シドニー行きの出発時刻は22時台なので、ダイニングhを利用しやすい
  • 往復とも夜便で、ほとんど寝ながら移動できる
  • コアラに触れるフェザーデール動物園が素晴らしく、ぜひとも子供達を連れて行きたいと思っていた
  • これから先、オーストラリアは春〜夏で気候も良く、寒い日本から行くと有り難みを感じられそう

等々の理由からです。

シドニー家族旅行の条件

今回の旅程を組むにあたって、条件としていたのがこちらです。

・ANA直行便、ビジネスクラスのみ
・土日を挟む旅程になること
・仕事の都合上、出来れば2泊4日が望ましい

こんな都合のいいチケットが、そう簡単に手に入るわけもありません。

当然、空席待ちが前提となりました。

ANA特典航空券の予約から発券まで

今年の夏前は、シドニー行きの特典航空券が割と取りやすくなっていた時期がありましたが、9月以降はなかなか空席が見つからない状況が続いていました。

それでも、ANAダイヤモンドメンバーのうちに、つまり来年3月までになんとか特典航空券を取っておきたくて、ここしばらく朝・昼・晩と、1日最低3回以上特典航空券の空席をしらみつぶしに探し続けて来ました。

今年は一切ANAの修行を行なっていないため、来年4月以降はSFCステータスしか残りません。

もちろん、SFC会員でも一般会員に比べれば、空席待ちは優遇されるのですが、現在のダイヤと比べると明らかに不利になってしまいますし、ANAスイートラウンジに入場できなくなることで、ダイニングhも使えなくなってしまいます。

家族で海外旅行をするなら今しかないのに!という焦燥感に苛まれる日々でした。

スポンサーリンク

予約は4人まとめて?それとも分ける?

昨年の空席待ちでも散々迷ったのですが、3人以上で空席待ちをする場合、予約を何人で入れるかが悩みどころです。

ダイヤモンドメンバーは、ANAのどのステータスよりも最優先で空席を待つことが出来ますが、例えば4人まとめて予約すると、4席いっぺんに空かない限り確保することが出来ません。

つまり、1~3席空いた場合、空いた分だけとりあえず確保していくということは出来ず、1~3人連れのプラチナやSFC、一般会員に取られてしまう可能性があるのです。

我が家の場合、私がANAダイヤ、夫がSFCなので、少しでも可能性を上げるために、とりあえず夫含む子供達3人分の席を確保して、私は1人で空席待ちをかけることも考えました。

でも、もともと特典航空券枠が少ないANAですから、ダイヤといえども確保できるかはかなり微妙なところ。

そうすると、仮に3人分確保できたとしても、最終的に私の席が確保できなければ、3人分×3,000マイル=9,000マイル(=18,000円相当)をキャンセル料として支払うことになってしまいます。

これは結構痛い…。

もしくは、私だけJGPステータスを活かして、JALで行く手もあるかと考えましたが、それだとANAダイヤモンド特典のスイートラウンジは使えないし、英語と飛行機が苦手な夫一人に子どもたちを引率させることになってしまい、ハードルが高すぎる…。

などなど色々考えた結果、今回は十分貯まっているANAマイルを使って、家族皆でANAダイヤモンドステータス特典を享受するのが1番の目的と考えて、全員分同時に取れないのであれば行かないと決め、4人で空席待ちをかけることにしました。

片道だけでも抑えておくのがポイント

ANAの国際線特典航空券は、片道だけでの発券は出来ません。必ず往復とも席を確保してから発券する必要があります。

しかし、第一区間出発日の2週間前までであれば、片道だけ座席を確保しておいて、残りを空席待ちにしておくことが可能です。

ということは、行きと帰りどちらかだけでも確保しておいた方が、当然発券までたどり着く可能性は高まります。

シドニー線の空席を調べてみると、往復4席確保するのは無理でも、片道だけなら4席確保できる日が、月に1、2日ほど見つかりました。

そこで、行きの便または帰りの便だけを確保しつつ、もう一方の便を空席待ちにして申し込んでみることにしました。

あとはキャンセル等が出て、座席が確保できるのを待つだけです。

プッシュはお願いせず

空席待ち中にANAデスクに問い合わせると、今何人待っているのか等を教えてもらうことが出来ます。

非公式ではありますが、是非とも搭乗したい旨をオペレーターさんに伝えると、「では、プッシュしておきますね」と言ってもらえることも。

「プッシュ」とは、推測にすぎませんが、「もし席が取れれば必ず利用します」という意思を示すことで、「この日は3席特典航空券枠に融通できそうだけど、そこまで言っているのならもう1席空けてあげようか」くらいには融通してくれるということなのかな?と受け取っています。

ただ私は今回、一切ANAデスクに電話をかけませんでした。

昨年、ヨーロッパ線特典航空券の空席待ち中には、何度か電話をし、「プッシュしておきます」「多分もうすぐ取れると思いますよ」とまでお答え頂いたものの、結局ダメでしたので、そこまで大きな影響はないのでは?というのと、験を担ぐ意味合いも込めて。

昨年とは違い、空席待ちを最優先にしてもらえるANAダイヤモンドメンバーであることにも望みをかけていました。

さて、吉と出るか凶と出るか…。

空席待ち開始後8日で空席待ち確保メールが来ました!

一縷の望みをかけて空席待ちを申し込み、8日後。

何の気なしに朝メールを開いてみると…「ANAより:空席待ちがお取りできました」の文字が!!

このタイトルのメールは初めて見ました。これまで何度も願い叶わずだったので、もう私には送ってもらえないのではないかと(笑)。

来る時は来るんですね。しかもこんなに早く…。ANA様、本当に本当に有難うございます。

さっそく発券手続き

空席待ちが取れたら、座席確保メールが来てから約24時間以内に発券しないと予約が流れてしまいますので、確実・早めに手続きを完了させましょう。

レギュラーシーズンですので、羽田-シドニーのビジネスクラスに必要なマイル数は1人あたり75,000マイル。特典航空券は子どもでも割引がないため、4人合計でちょうど30万マイルでした。

ちなみにこの日のビジネスクラスの運賃は、予約変更の出来ない最安のものでも、一人30万円超。4人でおよそ120万円にもなります。

すなわち、今回は1マイルを4円以上の価値で利用したと言うことが出来るわけですね。

税金はANAスカイコインでの支払い不可

特典航空券はもちろんマイルで支払うわけですが、航空券代とは別に、燃油サーチャージや空港使用税を支払う必要があります。

今回は4人分で71,960円と相成りました。

これをマイルから交換できるスカイコインで支払うことができれば、陸マイラーとしてはさらに嬉しい限りなのですが、ANAではあいにく現金・クレジットカードのみ。

けれど、家族揃ってビジネスクラスでシドニー旅行に行けるのなら文句はありません。

さらに、12月以降の発券では、燃油サーチャージが今の倍額(1人片道3,500円→7,000円)になりますので、いいタイミングで空席が出て本当によかったです!

最後に

シドニーが心の底から大好きなので、とうとう家族を連れて行くことが出来て本当に嬉しいです!

先日作った子供達のパスポートも無駄にならず何より。ビジネスクラスに子供を乗せることには賛否両論あるかと思いますが、子どもたちは赤ちゃんの頃から飛行機に乗り慣れており、周りのお客さんから「子供がいたとは気づかなかった!」と褒めて頂くことも多いので、大丈夫だと判断しました。

あとは、ビジネスクラスが決して当たり前ではないのだということを、しっかり教えていきたいと思います。

またMamakの絶品サテーが食べられる日が待ちきれません。それに、あの日感激したサンドイッチ焼き立てスコーンのお店にも忘れずに連れて行かなくてはと、今からワクワクです。

昨年、欠航により涙を飲んだホエールウォッチングは、10月までしかやっていないということで、あいにくリベンジならずですが、それはまた来年以降のお楽しみに取って置くことにします。

ホテルは今のところ、SPGアメックスの無料宿泊特典を利用するつもりです。年会費以上にお得な特典が付くSPGアメックスについては、こちらからどうぞ。

その後、無事にオーストラリア旅行にいくことができました。旅行記はコチラからどうぞ↓

今夏はファーストクラスで世界一周。

そして今回、またまた夢を叶えることが出来ました。マイルを貯めていなかったら、どれも絶対にできなかったこと。陸マイラー万歳です!

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

 

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

トップへ戻る