instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

有名ショコラトリー「ベルナシオン」 パリ店がオープン!本場フランスでも入手困難だった最高のチョコレートを買いに行こう♪

follow us in feedly

ベルナシオン パリ店がオープン

チョコレートの本場、フランス。

その首都でもあるパリには、パトリック・ロジェ氏ジャック・ジュナン氏など、スターショコラティエのお店が軒を連ね、それぞれオリジナリティ溢れるチョコレートで腕を競い合っています。

そんな中、2019年10月に待望のショコラトリーが満を辞して仲間入り!

入手困難なことでも知られている有名店『ベルナシオン (BERNACHON)』がついにパリ進出です!!

ということで、今回はオープンしたばかりの「ベルナシオン パリ店」に緊急訪問。お店の様子と品揃え、そしてオススメのチョコレートまで、最新情報をレポートしたいと思います♪

スポンサーリンク

ベルナシオンとは?

まずは「ベルナシオンって何?」という方に簡単なご紹介を。

ベルナシオンは、フランス・リヨンで創業して66年、フランスのチョコレートファンなら誰もが憧れる超人気老舗ブランドです。

1953年創業のリヨンの老舗。いち早く「Bean to Bar」に取り組むなどショコラ界では特別な存在として知られるメゾン。当時から中南米のカカオ豆を仕入れ、自社で加工しています。現在、3代目。伝統の味を守りながらも進化し続けています。(サロン・デュ・ショコラ公式サイトから抜粋)

その品質を守るため、これまではリヨンにしか直営店がありませんでした。

つまり、基本的にリヨンまで行かないと購入できない激レアチョコレートだったのです。

入手困難なこともあり、ベルナシオンの価値は高まるばかり。日本ではNHKの人気番組「世界はほしいモノにあふれてる」でも紹介されたことがあります。

ベルナシオン パリ店に行ってみた!

日本からだとリヨンまで足を伸ばすのは少々大変ですが、パリなら直行便もあります。しかも街中の便利な場所なので、それほどパリに慣れていない方でも、簡単にたどり着くことができるでしょう。

ということで、さっそくやってきましたベルナシオン パリ店!

ベルナシオン パリ店がオープン!

この時、土曜日の18時ごろ。通りには人通りまばらだったにも関わらず、それほど広くない店内は、地元の方を中心に賑わっていました。

きっとパリの皆さんにとっても待望のオープンだったのでしょうね♪

入手困難なチョコレートベルナシオン パリ店の店内

ショーウィンドウには宝石のようなチョコレートがぎっしり!

入手困難なチョコレートベルナシオン パリ店

好きなものを一粒から購入することができます。

日本人の店員さんがいらしたので、フランス語や英語が出来なくても安心ですよ。

おすすめのチョコレートは?

お店の中には、あふれんばかりのチョコレート、チョコレート、チョコレート

所狭しと色とりどりに並んでおり、どれを買えばいいか迷うこと間違いなし。

ということで、今回はベルナシオンの店員さんにオススメの商品を伺ってみました♪

店員さんのオススメはベルナシオン名物「パレドール」

まず最初に名前が挙がったのが、こちらの「Les Pallets D’or(パレドール)」!

ベルナシオンの代名詞とも言えるスペシャリテです。

入手困難なチョコレートベルナシオン パリ店・パレドール

ちなみに、パレドールとは「金の円盤」という意味。

表面に金粉をあしらったディスク状のダークチョコレートの中には、生クリームたっぷりのガナッシュが入っています。

小さなバラ売りから大きなもの、袋詰めや箱詰めされたものなどバラエティに富んでいて、用途に合わせて選ぶことができるのが直営店ならではですね。

入手困難なチョコレートベルナシオン パリ店・パレドールのバリエーション2

ベルナシオンに来たら、ぜひとも購入したい逸品です!

個人的オススメは手軽なタブレット

そして個人的には、数十種類から選べるタブレット(板チョコ)も、美味しくて手軽でオススメ!

こちらはショーケースではなく、お店の壁にたくさんディスプレイされていました。

ベルナシオン パリ店のチョコレートバー

一枚1,000円前後と、板チョコにしては超高級品ですが、このくらいのお値段ならお土産にもちょうどいいかと思います。さりげなく渡せる手軽さなのに、きっと感動してもらえること請け合いです。

タブレットのディスプレイは、写真手前がビターチョコベース、真ん中のチョコレートスプレッドを挟んで、奥がミルクチョコベースに分かれています。それぞれにナッツやフルーツ、ガナッシュ入りなど、あまり日本では見かけないようなバリエーションが揃っていました。定番パレドールの板チョコバージョンもあります。

種類が多すぎて目移りしてしまいましたが、店員さんが親切に一種類ずつ解説してくれたので助かりました♪

スポンサーリンク

私が購入したもの

ということで、今回私がベルナシオン(パリ店)で購入したチョコレートがこちら!

ベルナシオン パリ店で購入した品物

・パレドール(6粒:箱入り)17.50€
・タブレット Bernachoe(ピエモンテ産ヘーゼルナッツとガナッシュ入り)7.8€
・タブレット Antillais(キルシュワッサー&パイナップル)7€
・タブレット Aveline(ヘーゼルナッツプラリネ入りダークチョコレート)8€

パレドールの賞味期限は約3週間とちょっと短めです。タブレットの賞味期限は3種いずれも約3ヶ月とのことでした。

パレドールは6粒入りを購入しました♪数年前のサロン・デュ・ショコラでは約5,000円で販売されていましたので、本場で購入するとかなりお得感があります。

ベルナシオン・パレドール

マロングラッセも2粒だけ購入

実は、この他にもレジに盛られていたマロングラッセを2粒購入したのですが、旅行中に食べてしまいました。

ベルナシオン パリ店のマロングラッセ

マロングラッセにありがちな「とにかく激甘!」という感じではなく、栗の風味とホクホク感を損なわない上品な甘さ。

これまで食べた中で一番美味しかったので、こちらもオススメです(賞味期限6週間)。

・マロングラッセ(100gあたり10.50EUR)2粒で約5~6€

買い物するとおまけがもらえる

ちなみに、袋詰めしてもらう時にこんなおまけを頂きました♪

ベルナシオンで買い物をするとおまけのチョコレートがもらえる

無造作な感じの包装が外国っぽくて可愛いですね。

中身は商品と同じく本格的!ちょっと嬉しいおまけでした♡

食べてみた感想は?

さっそくパレドールをいただいてみましょう。

表には金箔、裏にはフォークの跡が。大きさも不揃いで手作り感満載ですね。

ベルナシオン・パレドールの表裏

ナイフで切ってみると、ガナッシュたっぷりで意外と柔らかかったです。

ベルナシオン・パレドールの中身

一口食べてびっくり!!

「何これ!?こんな美味しいチョコレート食べたことない!!」

今まで食べていたチョコレートは何だったのか、というくらいの衝撃が走りました。

口に入れると、たちどころに溶けてしまって、その味わいはうっとりするほどクリーミー。

そして一番驚いたのは、濃厚なのに後味が全く残らないこと!

チョコレートを食べた後って、大体ちょっと酸味にも似た後味が残るかと思うんですが、それが一切ないんです。残るのは香りの余韻だけ。一体なぜこんな違いが出るのでしょうか?

私自身、チョコレートについてはそれなりに食べてきている方だと思っていましたが、これほどまでに衝撃と感動を覚えたのは人生で初めてのことです。

とにかく、チョコレート好きなら絶対に一度は食べてみることをオススメします!

帰国まで品質を維持できるかちょっと心配でしたが、パレドールを始めとしたダーク系は問題なし。ただ、ミルクチョコレートがベースのベルナショーだけは、11月の室温でも若干溶けてしまいました。とてもデリケートなので、冬でも保冷した方が良さそうです。夏場の持ち帰りはちょっと難しいかも?

まとめ

・2019年10月に「ベルナシオン パリ店」がNewオープン
・リヨンにしか直営店がなかったチョコがパリでも買えるようになった
・店員さんのおすすめは『パレドール』
・たくさん種類がある板チョコも手軽でおすすめ
・肝心の味は文句なく最高!!

これほどの感動を味わえるベルナシオンのチョコレート、観光客のみならず舌の肥えたフランス人の皆さんがこぞって買い求めるのも納得です。

有名ショコラトリーではありますが、お値段的にも手が届かないほど高くはありません。そのクオリティを思えば安すぎないか心配になるレベルの素晴らしいチョコレートが勢揃いしています。

お土産にはもちろんのこと、自分へのご褒美にも是非是非オススメなので、パリに行く機会があれば立ち寄ってみてくださいね♪

私もパリに行く目的がまたひとつ増えてしまいました。

ベルナシオン パリ店へのアクセスと営業時間

ベルナシオンがあるのはパリ6区。メトロ10・13号線「Duoc」駅が最寄です。

住所 127 Rue de Sèvres, 75006 Paris, フランス
営業時間 10:00~19:30(日・月定休)

何でも揃うボン・マルシェからも近いので、はしごして一気にお土産を調達してしまうのもオススメです♪

<今回のパリ旅の記録はこちら!>

【宿泊記】パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルはアクセス最高の5つ星ホテル!目の前はシャンゼリゼ通りで凱旋門にも近い!
パリの観光地人気ランキングがあれば、きっと3指に入るであろう『凱旋門』。 その正面には、かの有名な一大ショッピングストリート『シャンゼリゼ通り』がまっすぐに通っています。 これらのスポットは、パリに訪れたら見ずに帰れないと言っても過言ではあ...
【宿泊記】シチズンMパリ・シャルル・ド・ゴールエアポートはおもちゃ箱のようなビックリホテル♪トランジットや前後泊にオススメ!
ヨーロッパ随一の規模を誇る、フランス・パリ郊外のシャルル・ド・ゴール空港。 日本からフランスを訪れる場合はもちろん、さらにヨーロッパ域内を移動するための拠点として利用される方も多いことでしょう。 シャルル・ド・ゴール空港でのトランジットや前...
カタール航空ビジネスクラス搭乗記!チェックインから機内食まで世界最高峰のサービスを全て公開します♪
中東アラビア半島に位置する国、カタールの首都ドーハ・ハマド国際空港を拠点とする航空会社「カタール航空」。 イギリスの格付け会社スカイトラックスが毎年実施するランキングの常連であり、「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The Wo...
荘厳すぎて圧巻!カタール航空アル・サファ・ファーストラウンジは完全に別次元でした!<ドーハ・ハマド空港>
ドーハ・ハマド国際空港にある「カタール航空 アル・サファ ファーストラウンジ(Al Safwa First Lounge)」 聞くところによれば、7つ星との評価を獲得し、世界一の空港ラウンジに選出されたこともあるのだとか。そう言われると、一...
ブリティッシュ・エアウェイズの豪華ファーストクラスに乗ってみた!ロンドンまでの最高に贅沢な空の旅をすべて公開!!
ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、ロンドン・ヒースロー空港を本拠地とするイギリスの航空会社です。 ヨーロッパでは3位、世界でも9位の規模を誇る大手航空会社であり、1998年に発足したワンワールドの創立メンバー...
ブリティッシュ・エアウェイズのアライバルラウンジってどんなところ?ロンドン・ヒースロー空港に到着したら行ってみたい素敵スポット
イギリスを代表する航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)。 その本拠地であるロンドン・ヒースロー空港には、ターミナル3とターミナル5に、合わせて6つの趣向を凝らしたラウンジが用意されています。 その中で今回...
究極の空港ラウンジ『コンコルドルーム』の魅力をすべて公開!入れるのはブリティッシュ・エアウェイズのファーストクラス搭乗客だけ?
イギリスのフラッグキャリアである「ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)」が運営するラウンジ「コンコルド・ルーム(Concorde Room)」をご存知ですか? 名前の由来は、イギリスとフランスが共同開発した超音速旅...
ブリティッシュエアウェイズ・ファーストラウンジ訪問記!本格バーラウンジに高級スパまで堪能できる♪<ロンドン・ヒースロー空港>
イギリスのフラッグキャリア、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)。 その本拠地であるロンドン・ヒースロー空港には、アッパークラス用の直営ラウンジが数多く設置されています。 中でも今回ご紹介するのは「ブリティッシュエアウェイズ・ギャラリーズ・...
至高の逸品!ファーストクラスの贅沢な機内食を一挙公開♪ブリティッシュエアウェイズ<ロンドン~成田>
一生に一度は乗ってみたい最高ランクの座席「ファーストクラス」。 各エアラインとも、贅を凝らしたインテリアやサービス、機内食を提供しています! もしあなたが食べるのがお好きなら、一番興味があるのは「ファーストクラスの機内食とは、一体どんなメニ...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

今回は、マイルを使って発券したJALファーストクラス特典航空券でパリまでやってきました♪

【搭乗記】JAL国際線ファーストクラスに乗ってみた!最高級シート「JAL SUITE」の乗り心地と豪華アメニティをレポート♪
JAL(日本航空)といえば、言わずと知れた日本を代表するフラッグキャリア。日系らしくきめ細やかなサービスで、国内だけでなく海外からも高い評価を得ています。 その中でも最高峰のサービスを堪能するには?と聞かれれば、答えはもちろん「国際線ファー...
JAL国際線ファーストクラスの機内食が贅沢すぎる!本当に美味しいと評判の和食・洋食メニューを実食レポート
誰もが一度は憧れる、夢の空間「ファーストクラス」。 片道100万円を超えることもあるVIP専用シートでは、世界各国のセレブの舌を唸らせる美食の数々が提供されています。 まさに空の上の高級レストランというわけですね。 今回は、日本が誇るフラッ...
ファーストクラスでヨーロッパ周遊旅行を実現!ワンワールド特典航空券がJAL公式サイトで発券可能になりました
またまたファーストクラス特典航空券を発券しました! 今回はJALマイルを使っての「ワンワールド特典航空券」。JALを含むワンワールド加盟の航空会社を利用して、贅沢な空の旅が実現します。 ファーストクラスは、庶民には絶対に手が届かないと思われ...

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2024年2月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2024年2月1日~2月29日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会っ...
【2024年2月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,600円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,600円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行