instagramはじめました!フォローはこちら

【宿泊記】パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルはアクセス最高の5つ星ホテル!目の前はシャンゼリゼ通りで凱旋門にも近い!

follow us in feedly

パリ マリオットホテル シャンゼリゼは凱旋門ほど近くで立地最高!

パリの観光地人気ランキングがあれば、きっと3指に入るであろう凱旋門』

その正面には、かの有名な一大ショッピングストリート『シャンゼリゼ通り』がまっすぐに通っています。

これらのスポットは、パリに訪れたら見ずに帰れないと言っても過言ではありません。

そこでオススメのホテルが、シャンゼリゼ通りに面した唯一の5つ星ホテル「パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル」

今回は、ホテル全体の雰囲気から、お部屋の様子、朝食会場で提供されている数々のメニューまで、「パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル」の魅力を徹底的にご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

パリ マリオット シャンゼリゼ ホテルの魅力

今回ご紹介する「パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル(Paris Marriott Champs-Elysees Hotel)」。

その最大の魅力は、なんと言っても抜群の立地!!

パリを観光するにあたって、立地のよさを優先するなら、絶対に候補に入れておくべきホテルです。

シャンゼリゼ通りに面しているため、ホテルから一歩出れば、そこには美しいパリの風景が広がります。フランスらしい優雅な雰囲気を味わうことができる、極上のホテルです。

パリ マリオット シャンゼリゼ ホテルへのアクセス

パリ マリオット シャンゼリゼ ホテルは、凱旋門から700m進んだ場所にあります。

パリの玄関口であるシャルル・ド・ゴール空港からのアクセスもよく、日本人観光客にも利用しやすい場所です!

ホテルに到着!

エントランスはこちら♪

マリオットシャンゼリゼのファサード

一見ホテルとはわからないくらい間口は狭めですが、ひときわシックなファサードと、上に掲げられた国旗が目印。

ちなみに狭いのは入り口だけで、2階から上は一棟丸ごと分の幅がありました。

パリ・マリオット・シャンゼリゼの建物

日中はもちろん、夜明け前でも入口には常にドアマンさんが立っていて、毎回ドアを開けてくれます。

パリ随一の目抜き通りという場所柄、地元の人のみならず色んな人で賑わっていますが、こうして常に人の目があると、ホテルに用がない人は入りにくいでしょうし、安心感がありますね。

ロビーの様子

中に入って、階段・エスカレーター・エレベーターで上がったところがロビー階です。

パリマリオットシャンゼリゼのロビー

ホールは吹き抜けになっており、上にはガラス張りの窓が。最初の訪問時は日没後だったため、全体的に落ち着いた雰囲気でしたが、朝になるとこんな感じでしっかり光が入ります。

パリマリオットシャンゼリゼの吹き抜け

ホテルにチェックイン!

それではチェックインをしましょう。

パリマリオットシャンゼリゼのレセプション

マリオットボンヴォイのプラチナ以上だと、ラウンジで手続き出来るホテルも多いのですが、あいにくこのホテルにはラウンジが設置されていません。

全員がレセプションデスクで手続きすることになるのですが、スタッフさんにパスポートを渡すと、こんなウェルカムドリンク&スイーツとおしぼりを出してくれました♪

パリマリオットシャンゼリゼ/レセプションでのウェルカムスイーツ

お水を出してくれるホテルはヨーロッパでも結構ありますが、お菓子とおしぼりは初めて。

スーツケースを転がしつつ、スリに狙われないよう急ぎ足でここまでやってきたところでしたので、心身ともに癒されました!

マリオットボンヴォイ特典・アップグレード結果は?

さて、チェックイン時のお楽しみは、マリオットボンヴォイの特典の1つである『お部屋の無償アップグレード』。

マリオットボンヴォイ系列ホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に案内してもらえるのです。

私は今回「マリオットボンヴォイ・チタンステータス」を持っての宿泊なので、運が良ければスイートルームを含めたお部屋へアップグレードされる可能性も。

さて、今回の結果は…?

……

ファミリールームとなりました!

  • デラックス     ←もともと予約していたお部屋
  • スーペリア
  • テラス
  • ファミリー     ←アップグレード!
  • シャンゼリゼビュー
  • ジュニアスイート
  • パーラー
  • スイート
  • プレジデンシャルスイート

この日は週末で満室に近い状態。その中で一番いいお部屋にしていただきました。

そこまで大幅なアップグレードではありませんでしたが、もともと予約していたカテゴリーよりも5〜12平米広いお部屋だということで、十分ありがたいですね♪

さっそくお部屋に行ってみるとしましょう!

ファミリールームはこんなお部屋

この日のお部屋は3階の310号室。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室

ドアを開けると、確かになかなかの広さ!

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室入口から見た所

ちなみに右手のドアはバスルーム、左手のドアはおそらく改装の影響で残ったのであろう、開かずのドアとなっていました。

ベッドルーム

ベッドルームの全景はこんな感じ!

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室ベッドルーム手前から

奥から見ると、パリの一等地にしてはかなり広々としているのがおわかりいただけますでしょうか。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室ベッドルーム奥側から

ベッドの正面にはテレビがあり、寝転びながら観ることができますが、日本のチャンネルは映りませんでした。

クローゼット

クローゼットにはセキュリティボックスとスリッパ、シューミット、バスローブ、アイロン&アイロン台が用意されています。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室クローゼット

ミニバー

お部屋の片隅には、ミニバーも設置。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室ベッドルーム・ミニバー

内容は、ネスプレッソと湯沸かし器、マグカップ、持ち出し用の紙コップ、栓抜き、そして無料のコーヒー・紅茶・ミネラルウォーターでした。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室ベッドルーム・ミニバーの内容

下の開きには冷蔵庫が入っており、中にはソフトドリンクからアルコール、スナックまで色々と入っています。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルファミリールーム310号室ベッドルーム・冷蔵庫

中のものを取ると自動的にチャージされてしまいますので、用がなければ手を触れないのが吉。

前述の通り、ホテル内にラウンジはありませんが、徒歩30秒のところに23:30までオープンしているスーパー・モノプリがありますので、ドリンクなどはそちらで調達するのがオススメです。

デスク

お部屋の入り口付近には、パソコン仕事に便利な椅子とデスクも。

パリマリオットシャンゼリゼ/ファミリールームのデスク

実を言うと、このホテル滞在中かなりWi-Fiの調子が悪く、日中は特に繋がらないこともしばしば。ならば久しぶりに有線LANを使おうかと思ったのですが、コネクターのつまみ部分が折れていて、結局利用することが出来ませんでした。

このお部屋だけかもしれませんが、24時間サクサク進まないと困る!という方は、ご自分でモバイルWi-FiやSIMカードを調達しておいた方が安心かもしれません。

または一階にビジネスセンターがありますので、そちらを利用するのもいいでしょう。

窓の外はロビー

ところで、このお部屋で一番「おおっ?」と思ったのが、窓からの眺め。カーテンを開けてみると、そこに広がるのはパリの街…ではなく、なんとロビーフロア!

パリマリオットシャンゼリゼのロビーが見える

以前宿泊したロンドン・ヒースロー・ヒルトンも、ロビーが見えるお部屋だったことを記憶していますが、あちらは一応外の様子も伺えました。

街の風景が全く見えないお部屋というのは、今回が初めてかもしれません。スタッフさんの話によれば、シャンゼリゼ通りが見えるお部屋は、192室中たった9室しかないのだそうです。

やはりせっかくのパリなので、窓越しに外の賑わいを感じたかったなぁ…と思う一方、道路から遠い上に24時間信頼できるスタッフさんが見えるというのは安心感がありますし、何よりとにかく静か。これまでで一番ゆっくり眠ることができました。

ホテルに何を求めるかは人それぞれですが、室内でもパリ気分を満喫したい方は、最初からシャンゼリゼビュールーム等、外に面したお部屋を予約した方が確実だと思います。

バスルーム

さて、バスルームはどうなっているのかと言いますと、こちら!

パリマリオットシャンゼリゼ/ファミリールーム・バスルームの全景

大きな洗面台と、右手にトイレとシャワーブース、

パリマリオットシャンゼリゼ/ファミリールーム・バスルーム右手

そして左手が浴槽となっています。

パリマリオットシャンゼリゼ/ファミリールーム・バスルーム左手

アメニティはロクシタンのバーベナシリーズ。シャワーキャップと爪やすり、コットンなども付いています。

パリマリオットシャンゼリゼ/ファミリールーム・バスルームアメニティ

浴槽側にはシアバターの固形石鹸と、入浴剤も置いてありました。

パリマリオットシャンゼリゼ/ファミリールーム・バスルームアメニティ2

水回り全体的に古さが感じられるのは否めませんが、アメニティは充実していますし、浴槽があるのが特にありがたかったです!

朝食はロビー階のレストランで

お部屋の紹介が終わったところで、次は朝食会場へ向かいましょう。指定されたのはロビー階の一番奥にある「Le Restaurant」

パリマリオットシャンゼリゼ/朝食会場

営業時間と料金は以下の通りです。

<朝食営業時間>
月〜金 6:30-11am
土日 7-11am

<料金>
コンチネンタルブレックファスト:28.00 EUR
フルアメリカンブレックファスト:42.00 EUR

マリオットボンヴォイのプラチナ・チタン・アンバサダーメンバーは、特典としてフルアメリカンブレックファストが無料となります。

朝食会場の雰囲気

レストランの中はそれほど広くなく、こぢんまりと落ち着いた雰囲気。暖かい色の照明と並んだ赤い椅子が、どことなくパリっぽい♪

パリマリオットシャンゼリゼ/朝食会場のレストラン

エッグステーション

レストランの中央には、エッグステーションが設けられていました。後ろにそびえる凱旋門が印象的ですね。

パリマリオットシャンゼリゼ/朝食エッグステーション

エッグステーションで作ってもらえるのは、以下のメニュー。

パリマリオットシャンゼリゼ/朝食エッグステーションメニュー

  • オムレツ
  • 目玉焼き
  • スクランブルエッグ
  • 具・付け合わせ(ハム、玉ねぎ、マッシュルーム、トマト、チーズ、ほうれん草)

注文すると◯分後に来てください、と言われますので、頃合いを見計らって取りに行きます。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル/朝食エッグステーションで作ってもらったオムレツ

自分好みの焼きたてオムレツが食べられるのは、ホテル朝食の醍醐味ですよね♪

ただ、訪れた時間が早かったからか、コックさんは常駐しておらず、注文のタイミングを測るのに苦労しました(笑)。

ブッフェメニュー

卵料理以外は自分で取るブッフェ形式です。

サーモンやハム、チーズに…

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・コールドカッツ

ミックスリーフ、フルーツ、ヨーグルト。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・サラダ

ヨーロッパの朝食に欠かせないヨーグルトには、容器入りとドリンクタイプも用意されていました。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・アクティメル

さすがフランス、パンはどれを食べても美味しかったです!

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・パン

こちらはシリアルバー。脂肪分の異なる牛乳3種類が添えられていました。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・シリアル

ホットミールコーナーには、おかゆと野菜ヌードルに…

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・ホットミール

ウィンナーとベーコン。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・ウィンナー

パンケーキもありました。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・パンケーキ

さらに、マッシュルームソテーなどなど。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・ホットミール2

ジュースやミネラルウォーターもカウンター上に揃っています。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・ドリンク

コーヒーや紅茶は、スタッフさんにお願いすれば持って来ていただけました♪

実際にいただいたのがこちら。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル・ブッフェメニュー・実際にいただいた朝食

パリに来たらやっぱりパンが食べたい!ということで、いつもより糖質多めになってしまいましたが、バルサミコ酢とオリーブオイルだけで頂くサラダや、ウィンナーなどもちゃんと美味しくて、大満足の朝食でした♡

最後に

ということで、今回はパリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルについて詳しくご紹介しました。

ホテル全体的に若干古さも感じられますが、お掃除は行き届いていますし、落ち着いた雰囲気の中で静かに過ごしたい人にはとても向いているホテルだと思います。

その最大の魅力は、何と言っても立地の素晴らしさ。

一歩外に出れば、ホテル内とは別世界!大にぎわいのシャンゼリゼ通りですし、誰も歩いていない時間帯の凱旋門も楽しむことができます。

パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルは凱旋門に近くアクセス至便

メトロの駅まで徒歩3分、バスの停留所は30秒。

どこに行くにも本当に便利で、私のような弾丸旅行(パリ2泊)では、ほとんど時間を無駄にすることがなかったのが何より助かりました。

パリ中心地のホテルを探している方には是非オススメです!

今回の旅の記録はこちら。

【宿泊記】シチズンMパリ・シャルル・ド・ゴールエアポートはおもちゃ箱のようなビックリホテル♪トランジットや前後泊にオススメ!
ヨーロッパ随一の規模を誇る、フランス・パリ郊外のシャルル・ド・ゴール空港。 日本からフランスを訪れる場合はもちろん、さらにヨーロッパ域内を移動するための拠点として利用される方も多いことでしょう。 シャルル・ド・ゴール空港...
【最新情報】カタール航空ビジネスクラス搭乗記!チェックインから機内食まで世界最高峰のサービスを全て公開します♪
中東アラビア半島に位置する国、カタールの首都ドーハ・ハマド国際空港を拠点とする航空会社「カタール航空」。 イギリスの格付け会社スカイトラックスが毎年実施するランキングの常連であり、「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ...
荘厳すぎて圧巻!カタール航空アル・サファ・ファーストラウンジは完全に別次元でした!<ドーハ・ハマド空港>
ドーハ・ハマド国際空港にある「カタール航空 アル・サファ ファーストラウンジ(Al Safwa First Lounge)」 聞くところによれば、7つ星との評価を獲得し、世界一の空港ラウンジに選出されたこともあるのだとか。そう...
ブリティッシュ・エアウェイズの豪華ファーストクラスに乗ってみた!ロンドンまでの最高に贅沢な空の旅をすべて公開!!
ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、ロンドン・ヒースロー空港を本拠地とするイギリスの航空会社です。 ヨーロッパでは3位、世界でも9位の規模を誇る大手航空会社であり、1998年に発足したワンワールド...
ブリティッシュ・エアウェイズのアライバルラウンジってどんなところ?ロンドン・ヒースロー空港に到着したら行ってみたい素敵スポット
イギリスを代表する航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)。 その本拠地であるロンドン・ヒースロー空港には、ターミナル3とターミナル5に、合わせて6つの趣向を凝らしたラウンジが用意されています。...
究極の空港ラウンジ『コンコルドルーム』の魅力をすべて公開!入れるのはブリティッシュ・エアウェイズのファーストクラス搭乗客だけ?
イギリスのフラッグキャリアである「ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)」が運営するラウンジ「コンコルド・ルーム(Concorde Room)」をご存知ですか? 名前の由来は、イギリスとフランスが共同開...
ブリティッシュエアウェイズ・ファーストラウンジ訪問記!本格バーラウンジに高級スパまで堪能できる♪<ロンドン・ヒースロー空港>
イギリスのフラッグキャリア、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)。 その本拠地であるロンドン・ヒースロー空港には、アッパークラス用の直営ラウンジが数多く設置されています。 中でも今回ご紹介するのは「ブリティッシュエアウェ...
至高の逸品!ファーストクラスの贅沢な機内食を一挙公開♪ブリティッシュエアウェイズ<ロンドン~成田>
一生に一度は乗ってみたい最高ランクの座席「ファーストクラス」。 各エアラインとも、贅を凝らしたインテリアやサービス、機内食を提供しています! もしあなたが食べるのがお好きなら、一番興味があるのは「ファーストクラスの機内食...

ホテル概要

ホテル名 パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル
(Paris Marriott Champs Elysees Hotel)
ホテルランク 5.0
リワードカテゴリー 7(無料宿泊必要ポイント:50,000/60,000/70,000)
エグゼクティブ/クラブラウンジの有無 なし
住所 75008パリ70 Avenue des Champs-Elyseesフランス
電話 +33 1 53 93 55 00
階数/部屋数 7階/192部屋
開業 1997年(2009年リニューアル)

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

パリ・マリオット・シャンゼリゼホテルは、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

今回は、マイルで発券したワンワールドファーストクラス特典航空券(JAL)でパリへやって来ました!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る

【初回限定】UberEats1,000円OFFクーポン

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文