instagramはじめました!フォローはこちら

【宿泊記】名古屋マリオットアソシアホテルは駅直結で超便利!改装済デラックスツインのお部屋を全て公開

follow us in feedly

名古屋マリオットアソシアホテル宿泊記

「名古屋マリオットアソシアホテル」は、名古屋の中心地にそびえる5つ星ホテル。なんと、名古屋駅の真上に位置しています!

新幹線やJRで名古屋入りするなら、これ以上ないくらい便利なホテルです。

名古屋マリオットアソシアホテルは、東海旅客鉄道(JR東海)の子会社が運営するアソシアホテルズ&リゾーツの一つであると同時に、マリオットインターナショナルにも加盟しているため、マリオットボンヴォイの特典を利用することも可能。

今回は、マリオットボンヴォイのプラチナ会員として宿泊した時の様子をレポートしたいと思います!

スポンサーリンク

ホテルへのアクセス

まずはアクセス方法から。

名古屋マリオットアソシアホテルは、名古屋駅直結のビル「JRセントラルタワーズ」にあります。

JRセントラルタワーズは、下記画像の左側と真ん中の2つのタワーで構成されており、名古屋マリオットアソシアホテルは、主に左側のビルの15階から52階を占めています。

名古屋マリオットアソシアホテルの構造

ホテルロビーがあるのは15階ですが、同ビルの1〜11階までは高島屋が入っている為、地上からでもわかりやすく、入口も複数ありますので、迷うことなくたどり着けるでしょう。

名古屋マリオットアソシアホテルへのアクセス

マリオットボンヴォイ特典・お部屋のアップグレード

名古屋マリオットアソシアホテルのレセプション

チェックイン時のお楽しみは、マリオットボンヴォイの特典の1つである『お部屋の無償アップグレード』。

マリオットボンヴォイに加盟しているホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に無償で案内してもらえるのです。

私は今回「マリオットボンヴォイ・プラチナステータス」を持っての宿泊。

プラチナ以上のステータスがあれば、「スイート」を含めた上のお部屋がアップグレード対象となっています。

アップグレード結果は?

さて、気になる結果は…?

………

……

デラックスツインでした!

一覧形式で見るとこんな感じ。「コンシェルジュフロア」とは、一般的にホテル内の上級フロアとして知られる「エグゼクティブフロア」や「クラブフロア」等に相当するものです。

  • スタンダードダブル/ツイン    ←元の予約
  • デラックスダブル/ツイン     ←アップグレード!
  • アクセシブルルーム
  • コネクティングルーム
  • コンシェルジュフロア・ジャパニーズ/ジャパニーズウェスタン
  • コンシェルジュフロア・デラックスダブル/ツイン
  • コンシェルジュフロア・プレミアトリプル
  • コンシェルジュフロア・プレミアフォース
  • コンシェルジュフロア・ジュニアスイート
  • コンシェルジュフロア・コーナースイート
  • コンシェルジュフロア・デラックススイート
  • コンシェルジュフロア・エグゼクティブスイート
  • コンシェルジュフロア・プレジデンシャルスイート
  • コンシェルジュフロア・インペリアルスイート

ご覧の通り今回は、1段階のアップグレードに止まりました。

ただこの日、マリオット公式サイトやその他旅行予約サイトいずれを見ても、上のクラスのお部屋は全く開放されていませんでしたので、もしかしたらコロナ禍の為、運用するお部屋をグッと減らしているのかもしれません。

対応してくれたスタッフさんによれば、コンシェルジュフロアではないものの、比較的広いお部屋で眺めもよく、改装したばかりで綺麗とのことですので、どんなお部屋なのか楽しみです!

スポンサーリンク

29階レギュラーフロア

ということで、今回はレギュラーフロア29階にアサインされました。

名古屋マリオットアソシアホテルの客室棟はオートロック

エレベーターホールから客室エリアに入る際には、カードキーが必要です。

こういうシステムを採用しているホテル、特に女性には安心感があっていいと思うのですが、意外と少ないですよね。

記憶に残っているのは、コートヤードバイマリオット東京ステーションくらいでしょうか。

さあ、こちらが本日お世話になる2910号室です!

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室

デラックスツインの全貌

ドアを開けると、グレーとアイボリーのとっても明るいお部屋が広がっていました。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室廊下

最近リニューアルしたばかりとのことで、確かに壁紙やカーペットなどにもまだ新しさが感じられます。

荷物置き場

ドア左側には荷物置き場があり、引き出しも4杯と十分な大きさ。

名古屋マリオットアソシアホテル・デラックスツイン・荷物置き場

バスルーム

そして、右手にあるのがバスルームです。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室バスルーム

こちらはお部屋の雰囲気と比べると、若干テイストというか、時代が違うようにも感じられます。もしかすると、水回りはリフォームしていないのもしれません。

洗面台はシングル。タオルがたくさんあって便利です。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室洗面台

バスアメニティ

アメニティはタイの高級スパブランドで、世界中のセレブ御用達として知られる「THANN(タン)」。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室アメニティ

国内・海外問わず、マリオットホテルで採用されているおなじみのラインです。

さらに、シンク下のワゴンにもたくさんのバスグッズが収まっていました。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室アメニティたっぷり

  • 歯ブラシセット
  • シェービングキット
  • コーム
  • ブラシ
  • シャワーキャップ
  • ヘアゴム
  • マウスウォッシュ
  • 基礎化粧品

基礎化粧品は、マーガレット・ジョセフィンの製品。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室男女別の基礎化粧品

女性用の方は、宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートでも全く同じセットが用意されていますが、男性用の「RAGORA」は初めて見ました。

このRAGORAは、マーガレットジョセフィンが展開する「ワンランク上の男を目指す為の加齢臭対策メンズスキンケア」ラインとのこと。

市販品の生産は終了しており、現在はホテルアメニティとしてしかお目にかかることは出来ないそうです。

浴槽

洗面台の右手に設置された浴槽はとっても大きめ!

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室浴槽

身長170cmちょっとですが、しっかり肩まで浸かりつつ脚を伸ばすことができました。シャワーもついていて便利です。

シャワーブース

洗面台の左手には、独立したシャワーブースもあります。

名古屋マリオットアソシアホテル・デラックスツイン・シャワーブース

ハンドシャワー一本の至ってシンプルな作りですが、広めで使いやすいブースでした。

トイレ

シャワーブースの脇にはタンクレスのウォシュレット付きトイレ。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室トイレ

ご覧の通り、バスルームとトイレを隔てるものは何もありませんので、複数人で宿泊する時は少々気を使うかもしれませんね。

クローゼット

バスルームの向かいにあるクローゼットにの中は、消臭スプレー、アイロン一式、スリッパ、エチケットブラシなどなど。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室クローゼット

コロナ禍で、ランドリーサービスはエクスプレス指定不可などの制限が設けられているようです。

ミニバー

そしてクローゼットのお隣は、ミニバーとなっています。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ミニバー

カウンターの上には、無料のミネラルウォーターが2本とコーヒーのカプセル、ティーバッグ、ポット、ネスプレッソ。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ミニバーのカウンター

引き出しを開けると、お湯呑みにマグカップに…と一通りの食器が並び、

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ミニバー食器

一番下の冷蔵庫の中にはソフトドリンク、アルコール、スナックが入っていました。こちらは全て有料となります。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ミニバー冷蔵庫

この名古屋マリオットアソシアには、マリオットボンヴォイのエリートメンバーが無料で利用できるコンシェルジュラウンジがありますので、ミニバーはほとんど使いませんでした。

ラウンジ訪問記はこちら

ベッドルーム

さて、デラックスツインのベッドルームがこちら!

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ベッドルームの全体図

チェックイン時に伺ったところによれば、このお部屋の面積は43平米で、通常のデラックスツインよりも5平米ほど広いとのこと。

一人には広すぎるくらいのゆとりが感じられます。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ベッドルームから入口側

ベッド

ベッドは120×200が2台。硬すぎず柔らかすぎずの絶妙な寝心地でした。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ベッド

iPadで室内をコントロール

枕元にはiPadが置かれ、照明やエアコンを指一本で操作可能!

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室iPad

都心のホテルでも導入が進んでいるようで、最近はよく見かけるようになりました。

空気清浄機は標準装備

お部屋の片隅には空気清浄機も予め設置されています。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号空気清浄機

リクエスト制になっているホテルもありますので、何も言わずとも最初から用意されているのはありがたい限りです。

居住性抜群の室内

ベッドの正面にはドレッサー、大型テレビ、デスクがあり、お部屋の居心地・使い勝手はバッチリ!

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ベッド正面

広めのドレッサーは三面鏡となっており、お風呂上がりのスキンケアもお化粧も楽々でした。

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ベッドルームドレッサー

デスクも大きく、使いやすさは抜群です!

名古屋マリオットアソシアホテルの2910号室ベッドルームデスク

付属するキャビネット上面にはUSB、ユニバーサルを始めとした各種電源が揃っていますので、ノートパソコンを置いての作業も捗りそうですね。

窓からの眺め

最後に、ベッドルームからの眺めはこんな感じ!

名古屋マリオットホテル・お部屋からの眺め

今回は、新幹線ホームが見える方のお部屋でした。反対側のお部屋からなら、名古屋城が見えるはずです。

結局、名古屋滞在中一度も金のしゃちほこを拝む機会がなかったので、次回はぜひお目にかかってみたいですね。

名古屋マリオットホテル・お部屋の窓辺

最後に

ということで、JR名古屋駅真上にある「名古屋マリオットアソシアホテル」のデラックスツインについて詳しくご紹介しました!

今回の旅では、新幹線やJRを使って移動する機会が多かったので、こちらのホテルは文句のつけようもないロケーション♪

発車10分前にお部屋を出ても間に合うというのは、特に土地勘のない場所に滞在している時には大きな助けになります。

お部屋自体も新しく快適でしたし、しみじみとこのホテルにして良かったなぁと感じました。また名古屋に行く際には是非再訪したいホテルです!

ホテル概要

ホテル名 名古屋マリオットアソシアホテル
リワードカテゴリー 5(無料宿泊必要ポイント:30,000/35,000/40,000)
エグゼクティブ/クラブラウンジの有無 あり
住所 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−4 JRセントラルタワーズ
電話 052-584-1111
部屋数 774部屋

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

名古屋マリオットアソシアホテルは、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「プラチナエリート」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

2020年9月現在、プラチナチャレンジは受付停止中です。また状況が変わり次第、お知らせします。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます。

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る