instagramはじめました!フォローはこちら

【宿泊記】シドニー・ハーバー・マリオット〜ゴールド(SPGアメックス)でのアップグレード結果は?<プラチナチャレンジ8泊目>

follow us in feedly

シドニーマリオットハーバーマリオット

シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー(Sydney Harbour Marriott at Circular Quay)は、シドニーの観光・交通の拠点「サーキュラーキー」にある立地最高なホテル。

かの有名な「オペラハウス」や「ハーバーブリッジ」にも、徒歩で行くことができます。

サーキュラー・キーに隣接するロックス地区には、美味しいお店もたくさんありますし、観光や食事の合間にちょこちょこホテルに帰って休憩できるので、とっても便利!

また、マリオット系列のホテルですので、リワードプログラムに入会すると、色々な特典を受けることができ、一層充実した滞在になります。

今回は、マリオットリワードの特典内容(お部屋の無償アップグレード)や、実際に宿泊したお部屋の様子をご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

アクセス

シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キーは、下の地図中、赤いピンで示したところ。

タロンガ動物園行きのフェリーや、ホエールウォッチングクルーズ乗り場も歩いてすぐです。

観光地の割には、大通りから一本入ると静かで、賑やかな立地の「ザ・ウェスティン・シドニー」とはまた違った良さがあります。

シドニー マリオット エントランス

最寄はサーキュラー・キー駅。市街地とシドニー・キングスフォードスミス空港を結ぶエアポートリンクが通っていて、アクセスは抜群!

スーツケースを持っての移動も楽々なホテルです。

ベストレート成功!宿泊価格が大幅割引

今回私が予約したのは、最安の「デラックス  シティービューキング」。

デラックス  シティービューキング

予約時の料金は34,102円でしたが、ベストレート申請が通り、結果的に22,000円で泊まれることになりました。もともとの価格と比べると、約12,000円オフです。

ベストレート申請は、マリオットリワードメンバー特典の一つで、無料の会員登録を済ませておくだけで利用できます。上記のように、申請が通れば大幅に割引される可能性があるので、ぜひ使ってみて下さい。

マリオットホテルのベストレート申請方法はこちら↓

お部屋の無料アップグレード

マリオットリワードのゴールドメンバーなら、当日空きのある限り、お部屋の無料アップグレードを受けることもできます。

つまり、安いお部屋を予約していた場合でも、ランクの高いお部屋に宿泊することができる可能性があるということ。

これまで、日本のマリオット系列ホテルでも、何度かアップグレードして頂くことができました。

が、大体1, 2カテゴリアップ、最大でも3カテゴリアップ程度で、大幅なアップグレードはならず。

日本国内の場合、そこまで大幅なアップグレードは行わず、例えば「このステータスならこのカテゴリまで」あるいは「無料アップグレードならこのお部屋」という基準があるのかな、と感じることが多かったです。

もちろん、1つ上げて頂けるだけでも有り難いのですが、オーストラリア・シドニーではどうなのでしょうか?

アップグレード結果

無料アップグレードの結果は、チェックインの際に分かります。

シドニーマリオット フロント

今回提示されたアップグレードは、

……

「オペラハウスビューゲストルーム(キング)」でした!

当日空いていた中では、上から2番目にいいお部屋で、この日の料金は一泊4万7千円。実際に支払った宿泊価格は22,000円ですので、価格が2倍以上のお部屋にアップグレードされたことになります。

お部屋からオペラハウスが見えるということで、それは是非とも!

という感じだったのですが、あいにくキングベッド一台のお部屋とのこと…。

元々の予約もキングだったため、ご配慮頂いたのだと思いますが、我が家は添い寝の子ども(しかも、寝相が悪い)が2名いるため、家族4人でベッド1台ではちょっと狭いかもしれません。

出来ればツインに変更できないか交渉するつもりでいたので(予約時に空きがなく、コールセンターでそうするよう勧められていました)、涙を飲んで「可能ならツインにして頂けませんか?」とお願いすることに。

結果、スタッフさんが調整してくれて、「ブリッジビューゲストルーム(ツイン)」となりました!

オペラビューよりは下のカテゴリとなるものの、ツインルームの中では、当日空きのあるお部屋の中で最もいいお部屋へのアップグレード。これで家族全員、ゆっくり眠ることができそうです。

というわけで、シドニーのマリオットでは、マリオットゴールドメンバー特典である「お部屋の無料アップグレード」を最大限活用することができました。

日本のマリオット系列よりも柔軟に対応してもらえるのかな、という印象です。

ゴールド特典の無料レイトチェックアウトも適用してもらって、おかげでゆっくり滞在できそうです。

ブリッジビューゲストルーム

今回のお部屋は27階、2718号室です。

シドニーマリオット 27階廊下

お部屋の鍵は東京マリオットと全く同じ。「エリートメンバー(ELITE MEMBER)」と書かれていました。

シドニーマリオット エリートメンバーキー

このカードキーはマリオット上級会員専用のもので、エグゼクティブランジの入室時にも使えます。

お部屋の様子

それでは、さっそくお部屋の中を見てみましょう!

このタイプのお部屋は29平米ということで、結構こぢんまりしています。

シドニーマリオット ハーバービュー

ベッドから入口側を見ると、こんな感じ。

シドニーマリオット ハーバービュー

印象としては、ビジネスホテルより少しいいかな、といったところでしょうか。

ベッドの他にはちょっとした荷物置き場があるくらいで、床は大きなスーツケースを広げるとギリギリです。

窓辺には、デスク&チェアとテレビ。

シドニーマリオット ハーバービュー

壁にかけられた絵画も赤をアクセントカラーにしていて、お部屋に統一感が出ていますね。

お部屋からの眺め

肝心の眺めはと言いますと…

シドニーマリオット ハーバービュー

真正面には、シャングリラホテルなどの高層ビルが並んでいますが、右手に目をやると、お部屋名に違わず、シドニーを象徴するハーバーブリッジを臨むことができました。

シドニーマリオット ハーバーブリッジビューの眺め

いつ見ても、本当に美しい橋ですね!

前年、対岸のミルソンズポイント駅から歩いて渡ったことを、昨日のことのように思い出しました。

ミニバー

お部屋には、無料のミネラルウォーターが2本。

シドニーマリオット ハーバーブリッジビュー 雑誌

その下はキャビネットになっていて、1段目には、有料の食べ物とワインに食器が入っています。

シドニーマリオット ミニバーの内容

右下は、世界の主なプラグに使えるアダプターです。ホテルにあらかじめ用意されているのは珍しいですよね。ちなみに、ミニバーの価格表に「アダプター:5ドル」と書かれていました。多分持って帰ると課金されるもので、借りる分には無料なのだと思われます。

そして、2段目には無料のティーセットも。

シドニーマリオット ハーバーブリッジビュー ティーセット

ティーバッグはDilmah(ディルマ)のものでした。カンタス航空ラウンジにも置いてありましたね。スリランカのメーカーで、日本ではそんなにメジャーではないように思いますが、オーストラリアでは人気なのでしょうか。

引き出しの脇には、冷蔵庫も収納されています。

DSC02270シドニーマリオット 棚の中

中はこんな感じです。ミネラルウォーター、ジュース、ソフトドリンク、ビール、チョコレート等々。

シドニーマリオット 冷蔵庫

スーパーマーケットが若干遠く、滞在中に自分で調達しようと思うと少々面倒なのですが、ゴールドメンバー特典として「エグゼクティブラウンジ」が使えたため、例のごとく冷蔵庫の中には手をつけずにすみました。

2018年、マリオットとSPGの統合により、ゴールドメンバーはラウンジ利用の対象外となりました。

クローゼット

クローゼットの中には、セーフティボックス、ドライヤー、ハンガー、バスローブ、ランドリー袋、アイロン、アイロン台、スリッパ。

DSC09039シドニー・ハーバー・マリオット クローゼット

海外だと、同じ系列ホテルでも、日本のようにパジャマは用意されていません。子供用のアメニティもありませんでしたので、注意が必要です。

バスルーム

続いて、バスルームを見てみましょう。こちらが洗面台です。

シドニー・ハーバー・マリオット 洗面台

アメニティはこちら。

DSC09039シドニー・ハーバー・マリオット アメニティ

マリオット系列ホテルでおなじみ、タイの高級化粧品メーカー「THANN(タン)」の一式(シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、ソープバー)と、シャワーキャップ、ヴァニティキット、サニタリーバッグ、カミソリセット、歯ブラシでした。

ヴァニティキットとは何ぞや?と開けてみると、綿球と綿棒が入っていました。

シドニー ハーバーマリオット バニティキット

こちらのお部屋には浴槽がなく、シャワーブースのみとなっています。

DSC09039シドニー・ハーバー・マリオット シャワーブース

最初に提案いただいた「オペラハウスビュー」では浴槽があるとのことでしたので、その点でも少々カテゴリの差を感じさせますね。

壁やドア、床には経年劣化が見られるものの、隅々まで綺麗に清掃されていました。

最後に

シドニーでは二泊しましたが、一泊目が「ザ・ウェスティン」。そして二泊目に、この「シドニー・ハーバー・マリオット・ホテル・アット・サーキュラー・キー」にお世話になりました。

こちらのホテルは、とにかく立地が最高!

夕方近所に散歩に出る感覚で、オペラハウスを見に行くことができました。

オペラハウスとハーバーブリッジを臨む

ホテルからここまで、徒歩たった2分です。小さい子供達を連れていると、観光地が徒歩圏内というのは本当に有り難いんですよね。

歴史あるブルワリーも近くにありますし、夜には花火も上がっていましたので(ホテル正面のビルに反射しているのを鑑賞)、そちらも子連れでなければふらっと行ってみたかったですね。

そしてエグゼクティブラウンジを利用できたのが有り難かったです。部屋で夜景を見ながら夫婦でゆっくりお酒を楽しめたのも、素敵な思い出になりました。

シドニー ハーバーマリオット ハーバーブリッジの夜景

今回は、マリオット&SPG最上ステータス「プラチナ」獲得のためのプラチナチャレンジの一環として宿泊しましたので、シドニーのマリオットがどんなものなのかを経験出来ただけでもよかったです!

マリオットゴールドステータスを簡単に獲得するには?

マリオットホテルでアップグレードなどの各種特典を受けられるゴールドメンバーになるためには、本来年間25泊もの宿泊実績が必要ですが、「SPGアメックス」というクレジットカードを発行すれば、アカウントにマリオットリワードを紐付けするだけで到達することができます。

私も、すでにSPG会員だった夫の紹介でカードを発行しました。

年会費3万円超と少々お高めのカードではありますが、紹介プログラムを利用して入会すると、36,000マリオットリワードポイントが貰えます。

その上、次年度以降は毎年一泊分の無料宿泊も付いてくるため、年会費以上のリターンを見込めるカードなのです!ホテルステイが好きな人なら必携の一枚と言えるでしょう。

ご希望の方には、喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

SPGアメックスと紹介キャンペーンについての詳細はこちらをご覧ください。

プラチナチャレンジとは?

私は現在、たった9滞在でマリオット最上級のプラチナステータスを取得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。
プラチナステータスには、ゴールドよりも一段階上のアップグレードが見込める他、色々なメリットがありますので、ご興味のある方は是非こちらの記事をどうぞ。

2019年現在、16泊でプラチナステータス獲得に条件が変更されています。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

今回のシドニー旅行は、ANAビジネスクラス特典航空券を獲得することで実現しました。

そんなに旅行出来ないし、ホテルステータスがあっても使う機会がなさそう…という方には、陸マイルを貯めることをオススメします!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

トップへ戻る