instagramはじめました!フォローはこちら

リッツ・カールトン沖縄 宿泊記!子連れ旅にオススメの豪華「カバナルーム」にアップグレード!!

follow us in feedly

リッツ・カールトン沖縄カバナルーム宿泊記ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton Okinawa)は、沖縄本島北部・名護市にある最高級5つ星ホテル。

沖縄に数あるリゾートホテルの中でも、トップに名を連ねるホテルです。

リッツ・カールトンといえば、大人の雰囲気溢れるホテル、というイメージですが、子供連れファミリーでも楽しむことができるのでしょうか?

今回は、お正月に宿泊した時の様子を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

リッツ・カールトン沖縄

リッツ・カールトン沖縄は、マリオット・インターナショナルが展開するラグジュアリーホテルブランドであるリッツ・カールトン日本初リゾートホテルとしてオープンしました。

リッツ・カールトン沖縄の車寄せ

このホテルは、2011年に惜しまれつつ閉館した「喜瀬別邸HOTEL&SPA」を改装し、2012年4月に新たにリブランドオープンしたものです。

とはいえ、ホテル棟についてはほとんど変更を加えず、当時のラグジュアリーな雰囲気をそのまま活かしているとのこと。

喜瀬別邸時代は子供の宿泊不可、ゴルフやスパを目当てに訪れる富裕層がメインターゲットだったらしく、エントランスから高級感が漂っていました。

リッツ・カールトン沖縄メインロビー

開放的なロビーには風が通り抜け、アジアらしい色合いと設えは、先日訪れたセントレジスバリを彷彿させます。

ロビーの一角には、ウォーターサーバーを備えたスペースが。

リッツ・カールトン沖縄・ロビーのソファ

サーバーの中身は、沖縄らしくゴーヤやパイナップルなどを使ったフレーバーウォーター。

リッツ・カールトン沖縄・フリードリンク添えてあるグラスも琉球ガラス製で、とっても涼しげです。

真っ直ぐ進むと、水をたたえた中庭が姿を表しました。

リッツ・カールトン沖縄・水をたたえた中庭

ゆとりある空間には落ち着きが感じられ、これぞ大人のリゾートといった雰囲気!

リッツ・カールトン沖縄・中庭からみたホテル

更に進むと、階下にはプールを一望できます。隣の敷地はゴルフ場でしょうか。

リッツ・カールトン沖縄・下階を見下ろしたところ

かなり広そうなので、さっそく散策してみたいのは山々ですが、チェックインもありますし、ひとまずレセプションへ向かいましょう。

スポンサーリンク

チェックイン!

それではチェックインへ。

リッツ・カールトン沖縄にはクラブラウンジがないため、全員こちらのレセプションでの手続きとなります(もし仮にラウンジがあったとしても、リッツ・カールトンのクラブラウンジはマリオットボンヴォイエリート会員には開放されていません)。

リッツ・カールトン沖縄チェックインカウンター

理系マイラー
理系マイラー

実はその後、期間限定(8月末まで)のクラブラウンジがオープンしたとのこと。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
出典リッツ・カールトン沖縄プレスリリース

ソファに腰掛け、おしぼり&さんぴん茶などのウェルカムドリンクを頂きながらのチェックイン。さすがは5つ星ホテルです。

リッツ・カールトン沖縄・チェックイン時のウェルカムドリンク

さらに、こちらのブレスレットもいただきました!南国の海を思わせるブルーが美しいですね。

リッツ・カールトン沖縄・プチギフト

マリオットボンヴォイ特典・お部屋のアップグレード

さて、チェックイン時のお楽しみは、マリオットボンヴォイの特典の1つである『お部屋の無償アップグレード』。

マリオットボンヴォイに加盟しているホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に無償で案内してもらえるのです。

私は今回「マリオットボンヴォイ・チタンステータス」を持っての宿泊。

プラチナ以上のステータスがあれば、「スイート」を含めた上のお部屋がアップグレード対象となっていますが、この日はお正月。満室に近い状況ですので、それほど期待は出来ないかもしれません。

アップグレード結果は?

さて、気になる結果は…?

………

……

カバナとなりました!

ちなみにお部屋のカテゴリー一覧は下記の通り。

  • デラックス        ←元々の予約
  • ベイデラックス
  • プレミアデラックス
  • カバナ          ←アップグレード!
  • プレジデンシャルスイート
  • ザ・リッツ・カールトンスイート

混雑時にも関わらず3ランクアップグレードという、とってもありがたい結果になりました♪

一体どんなお部屋なのでしょうか?さっそく行ってみましょう!

カバナルームとは

カバナは全て1階、プールと同じフロアに設けられています。

公式サイトの紹介文がこちら。

屋外プールに隣接するカバナルームには、リゾートステイを満喫するのに欠かせない、ジェットバスやデイベッドを完備したガーデンがございます。屋外プールとはドアひとつでつながっており、泳ぎ疲れたらドアひとつで緑陰のジェットバスをお使いいただけます。また、水着で気ままにデイベッドでまどろむなど、都会では味わえない、非日常空間をお楽しみいただけます。

何やらとってもリゾートっぽいお部屋みたいですね!公式サイトでは、子供連れにおすすめのお部屋とも記載されていました。

カバナルームの全貌

今回のお部屋は127号室。ドアを開けると、正面にバスルームが。

リッツカールトン沖縄・カバナ・バスルーム

そして、左手にベッドルームという作りになっています。

リッツカールトン沖縄・カバナ・ベッドルーム45平米とそこまで広いお部屋ではありませんが、大きなガラス窓から外のガーデンが見えるので、とても開放的な雰囲気です。

ミニバー

ちなみに、入口ドアの脇にあるミニバーはこんな感じ。

リッツカールトン沖縄・カバナ・ミニバーネスプレッソのカプセルが3種類2個ずつに、リッツ・カールトンのロゴが光る無料のミネラルウォーター。6本もついているのが嬉しいですね。

グラス類もたくさん揃っていました。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ミニバーの食器

有料メニューは、アルコールのミニボトルにおつまみになりそうなスナック類、

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ミニバーの有料メニュー

さらに冷蔵庫の中には、シャンパンやソフトドリンクなどなど。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ミニバーの冷蔵庫

バスルーム

続いて、バスルームに進んでみましょう。

まずは玄関側にトイレがありました。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・トイレ前後に1枚ずつドアがあり、どちらも施錠することで完全に独立した空間となります。

トイレの隣にシャワーブース、さらに洗面台、浴槽という作りです。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・全景

シャワーブース

ガラス張りのシャワーブースには、レインフォレストシャワーとハンドシャワーが取り付けられていました。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・シャワーブースの中

シャンプー類

シャンプー・コンディショナー・ボディソープはAsprey(アスプレイ)。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・シャワーブースのアメニティ

数多の高級一流ホテルで採用されている、信頼の英国王室御用達ブランドです。

洗面台

洗面台は、何かと使い勝手の良いダブルボウル。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・洗面台

子供連れだと洗濯する機会も多いので、2つあると助かるんですよね。

充実のアメニティ

引き出しを開けると、シェービングセットやヘアゴム、コットン、シャワーキャップに歯ブラシ、コームなどが収まっていました。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・洗面台のアメニティ

アメニティはこれだけではなく、ワゴンの上にはバスソルトや固形石鹸、ボディスポンジも。個人的に、沖縄らしい香りのバスソルトがとても気に入りました。パッケージも可愛い♪

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・浴槽そばのワゴン

子供向けバスアメニティも充実!

リッツ・カールトンは、子供も楽しく滞在できるようにとの配慮から「リッツ・キッズ」というプログラムを用意するなど、キッズフレンドリーなホテルブランドとして有名です。

そんなリッツ・カールトンですから、子供用の無料アメニティもとっても素敵!

チェックイン時に頂いた「リッツキッズ」と書かれたトートバッグには、アヒルのおもちゃにヴェレダのボディソープ&ボディオイル、可愛いスマイルマークのコップに歯ブラシと、一般的なホテルよりも豪華なアメニティが入っていました。

リッツ・カールトン沖縄・キッズ向けアメニティ

小さくても立派な一人のゲストとして扱ってもらえているようで、本人たちも大喜びでした♪

浴槽

浴槽は天井近くまで大きく取られた窓のそばにあり、目に入る範囲は完全なプライベートエリアです。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・バスルーム・浴槽からは外のカバナが見える他人から見える心配もなく、開放感あふれるリラックスタイムを楽しむことができますね。

スポンサーリンク

ベッドルーム

それでは続いてベッドルームへ。こちらも品の良いアースカラーでまとめられていて、落ち着いた雰囲気です。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ベッドルーム全景

ベッドはダブルサイズが2台。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ベッド

子供2名との添い寝でも十分な幅ですし、スプリングもふんわりしていてとっても寝心地がよかったです♪

ベッドの正面には、ちょっと和風な雰囲気のデスクとテレビが。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・テレビとデスク

PCを置いても十分な広さがあり、仕事も捗りそうです。

クローゼット

クローゼットの中には、予備の枕&毛布やバスローブ、宅急便の箱などなど。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・クローゼット宅急便の箱が備品として用意されているのは初めて見たかも?バスローブはワッフル地で爽やかな着心地でした!

引き出しにはフカフカのスリッパが。ちゃんと大人用と子供用2種類が2組ずつ入っています。

リッツ・カールトン沖縄・スリッパ

それとこちらが、オフシーズンはリクエスト制になっているビーチサンダル。リッツ・カールトンのロゴ入りです。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・サンダル

サイズは男性用・女性用・幼児用の3種類で、小学3年生の長女には女性用が届きました。きちんと測ってはいませんが、24cmくらいでしょうか。普段22cmを履いている長女、幸いそこまで違和感はなかったようです。

こちらのお部屋は外に出る機会も多いので、このビーチサンダルはとっても重宝!持ち帰りもOKなので、記念に頂いてきました。夏になったらまた活用したいと思っています。

ウェルカムスイーツ

テーブルの上に用意されていたのはウェルカムスイーツ。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ウェルカムスイーツ

リッツ・カールトンの箱に入っているのは、泡盛のボンボンショコラです。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・泡盛ボンボン

グリーンの箱の中には黒糖が入っていました。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・黒糖

どちらも沖縄らしさ満点ですね。箱も可愛らしくて、こちらも嬉しいギフトでした♪

子供には遊び道具も

ちなみに、子供にもちょっとしたプレゼントが用意されています。バスアメニティ同様、「リッツ・キッズ」のロゴが入った塗り絵やワークブック人シール、色鉛筆のセットです。

リッツ・カールトン沖縄・キッズ向けステーショナリーセット

日英併記になっているのが、さすがグローバルブランドのリッツ。色合いもおしゃれで、ずいぶん長いこと夢中になっていました。

庭にはジャグジー!プールへも直リンク

さて。このカバナルーム最大の魅力、それがこちらの専用のガーデンとジャグジーです!

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ジャグジー

ジャグジーは温水に出来ますので、冬でもプール気分を楽しめるのが嬉しい♡

今回の旅行でお世話になったシェラトン沖縄オキナワマリオットいずれも水に入る機会がなかった子供達も、これには大喜びです。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ジャグジーで大はしゃぎ親は側の椅子に腰掛けて、寛ぎつつ様子を見ていられますし、とても楽しい時間を過ごすことができました。

ジャグジーの隣には、外へと続くドアが。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ジャグジー

開けてみると…

そこはリッツ・カールトンオキナワのメインプール!

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・プールサイド

この時期はオフシーズンのためクローズしていましたが、プールサイドにはパラソルやデイベッドが並び、とてもいい雰囲気です。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・プールサイドのチェア

プールで遊ぶことこそできませんでしたが、訪れた1月当時でも気温は20度以上ありましたので、夕暮れ時に寝そべってのんびり。誰もいないプールも乙なものですね。

リッツ・カールトン沖縄・

ちなみに、プールから直接アクセス出来る建物の1階には、これまたステキなライブラリーが設けられており、宿泊者は誰でも自由に入ることができます。

リッツ・カールトン沖縄・ライブラリー

日中は、カウンターにフレーバーウォーターが用意されていました。

リッツ・カールトン沖縄・ライブラリー/バーカウンター

絵本の用意もあって、子供と過ごすにもぴったりのお部屋でした♪

リッツ・カールトン沖縄・ライブラリーには絵本も

ちなみに、プール側からお部屋に戻るドアはこんな感じ。

実はオートロックになっていて、鍵を持つ宿泊者しか入ることはできません。これなら安心ですね。

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・ドアの鍵

公式サイトにもあった通り、カバナルームは子供連れ・家族連れにピッタリ。ラグジュアリー感もありつつ、リラックスして過ごせる素敵なお部屋でした♪

リッツ・カールトン沖縄・カバナルーム・窓辺の風景

最後に

ということで、今回は沖縄県名護市にあるホテル「リッツ・カールトン沖縄」カバナルームの様子を中心に詳しくご紹介しました!

さすがは世界に名だたる一流ホテルブランド、全体的に高級感があってとっても素敵でした。

終日静かに過ごすお客さんが多いようで、子連れファミリーはやはり雰囲気を壊さないように気を使う必要はあるかと思いますが、さすがキッズウェルカムを掲げるリッツらしく、子供向けサービスも大充実。

スタッフさんにも親切にしていただき、大変助かりました。

次回はハイクオリティなランチについてご紹介します!

ホテル概要

ホテル名 リッツ・カールトン沖縄
(The Ritz-Carlton Okinawa)
ホテルランク 5.0
リワードカテゴリー 8(無料宿泊必要ポイント:70,000/85,000/100,000)
エグゼクティブ/クラブラウンジの有無 なし
住所 〒905-0026 沖縄県 名護市喜瀬1343-1
電話 0980-43-5555
部屋数 97部屋

今回の旅の記録

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート宿泊記〜子供連れにもオススメ♪新しいオーシャンフロントのお部屋を徹底レポート!
沖縄県の北部、恩納村にあるリゾートホテル、シェラトン沖縄サンマリーナリゾート。 2016年に全室リニューアル済み&バルコニー付きのお部屋、そして目の前に広がるプライベートビーチは全国でたった12カ所しかない最高ランクの『AA』...
シェラトン沖縄のサウスタワー宿泊者特典で南国リゾートを満喫!マリオットプラチナ特典との違いはあるの?
沖縄を代表するリゾートホテルの一つ、「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」。 美しいビーチを擁するこちらのホテルには、4年前に増設されたばかりの「サウスタワー」という客室棟があり、その宿泊者にはたくさんの特典を用意しています。...
【宿泊記】オキナワマリオットリゾート&スパに子連れステイ!お部屋のアップグレード結果は…?
2005年4月1日、マリオットブランドの日本初リゾートホテルとして開業したホテル、それが「オキナワマリオットリゾート&スパ」! 沖縄本島北部の名護市、緑豊かな丘の上にそびえる4つ星ホテルです。 立派なプールと広いお部屋は...
【オキナワマリオット】2つのエグゼクティブラウンジをレポート!フォレスト&オーシャンの違いは?
沖縄県名護市にあるリゾートホテル、「オキナワマリオットリゾート&スパ」。 こちらのホテルには、エグゼクティブフロアやスイートルーム宿泊者が使える専用のラウンジが2つあります。 その名も「フォレストラウンジ」と「オ...
絶品人気パフェが2つも無料に!オキナワマリオットリゾート&スパのプラチナ特典を一挙紹介
沖縄県名護市にある4つ星ホテル、「オキナワマリオットリゾート&スパ」。 世界的ホテルチェーン・マリオットインターナショナルが展開するホテルの一つであり、そのエリート会員には数々の特典が提供されています。 ホテルによって、...
リッツカールトン沖縄の絶品朝食メニューとは?お値段からレストランの様子までご紹介します!
沖縄県名護市の一流リゾートホテル「ザ・リッツカールトン沖縄」。 豪華で洗練されたお部屋やプールが印象的なホテルですが、レストランの評判もかなりのもの! 沖縄らしさを活かした、多彩なレストランが揃っています。 中でも...

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

リッツ・カールトン沖縄は、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る