instagramはじめました!フォローはこちら

【宿泊記】HOTEL THE MITSUI KYOTOニジョウルーム~魅力たっぷり!贅沢すぎるバスルーム&最高級アメニティ(ホテル・ザ・ミツイ京都)

follow us in feedly

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記

2020年11月3日、京都市中京区にオープンしたばかりの「HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテルザ三井京都)」

マリオットインターナショナルの最上級ホテルブランド「ザ・ラグジュアリーコレクション」を冠する一方で、三井不動産が満を辞して開業したフラッグシップホテルでもあります。

国内外の富裕層をメインターゲットにしているため、供用部から客室に至るまで、選りすぐった一級品で成り立っており、非日常感を楽しめること間違いなし。

今回は、最高の眺望を誇る「ニジョウルーム」の全体像から、こだわり抜いたアメニティや、贅沢すぎるバスルームについて詳しくご紹介します!

アクセス・チェックインの一部始終や、無料茶道体験、ホテル内の施設についてはこちらの記事をどうぞ♪

スポンサーリンク

お部屋まではスタッフさんがエスコート

ロビーでのチェックインを済ませると、スタッフさんが供用設備などを説明しながら、部屋までエスコートしてくれます。

客室へと続く廊下には、伏見稲荷の千本鳥居を思わせる意匠が施されているのが印象的。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜廊下

このHOTEL THE MITSUI KYOTOは、ホテルを構成する全てについて「二条城至近の地に建つ日本最高峰のホテルブランドとしてどうあるべきか」を念頭に、緻密に計算されて生まれたホテル。

伝統的でありながら、モダンで革新的なデザインが随所に見受けられます。

客室が並ぶ廊下に敷かれているのは、枯山水を思わせるカーペット。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜本館の廊下

一流旅館を彷彿させる、静謐な雰囲気を演出していました。

さて、こちらの466号室が今回のお部屋です!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ドア

最上階ニジョウルームの概要

扉を開けると、新しい木材の香りがする落ち着いた雰囲気のお部屋が姿を現しました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ドアから中を見たところ

このお部屋の概要はこちら。

面積 50㎡
眺望 二条城
階数 2~4階
定員 3名
ベッドタイプ ツイン・キング
基本設備
  • ミニバー
  • ミネラルウォーター
  • コーヒー・紅茶・日本茶
  • セーフティボックス
  • 靴磨きサービス
  • ターンダウンサービス
  • ルームサービス(24時間)
アメニティ
  • 今治産スーピマコットンの客室タオル
  • パジャマ・バスローブ・スリッパ
  • 日本人調香師によるオリジナルバスアメニティー
  • バスソルト・バスピロー
  • ドライヤー
  • 体重計
テクノロジー
  •  大型液晶テレビ(55インチ)
  • 多言語テレビ放送
  • 備え付きマルチアダプター
  • BOSE社製Bluetooth スピーカー
  • デュアルキーパッド付コードレス電話機
  • Wi-Fi 無料接続

(HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイトより)

見取り図はこんな感じです。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜フロアプラン(HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイトより)

スポンサーリンク

玄関周り

足元には、岡持をモチーフにしたという靴置きが。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜靴置き場

ニジョウルームには、この他にも岡持からインスピレーションを得た物が色々と置かれています。

お部屋のデザインを担当したアンドレ・フー氏は、香港の方とのこと。

岡持を日本らしさの象徴の一つと捉えていらっしゃるのかもしれませんね。

靴磨きサービスあり

上段に用意された紙は、靴磨きサービスの申込書。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜玄関・靴置き

私はお願いしませんでしたが、サービスの一環として無料で磨いていただけるようです。

革靴の方はぜひ利用してみてください!

二条城ビューのお部屋は貴重

ドアには、緊急避難時の案内がかけられていました。これを見るに、466号室の場所は西側の中央付近(下部の赤くなっているところ)。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜玄関・非常口案内

二条城側のお部屋は、このニジョウルームとニジョウスイート、プレジデンシャルスイートのみ。

ということは、両端の広いお部屋が各スイートなのでしょう。

ワンフロアのうち、ニジョウルームが5つ、ニジョウスイートとプレジデンシャルスイートが1つずつの計7部屋とすれば、やはり二条城が見えるお部屋はそれなりに貴重と言えそうです。

お部屋はスリッパ、または素足で

お部屋に上がる前に、スタッフさんがスリッパを用意してくれました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜スリッパ

「完全土足禁止というわけではありません」とのことですが、靴を脱いで自分の家のようにくつろいで欲しいということで、こういった案内になっているようです。

最近は新型コロナもあり、お部屋の中を靴で歩き回るのは若干の抵抗も…。

基本的に皆さんがスリッパで過ごしていると思うと、安心感がありますね。

バスルーム

お部屋の入口から見て左側はウェットエリア。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム側のドアを開けたところ

このようにドアを閉めれば完全に独立します。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム側のドアをしめたところ

洗面台

ドアを開けて入った先には、立派な洗面台が。ウェットエリアは全てが廈門の大理石で作られているとのこと。上品なハニーベージュが印象的です。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台

奥側から見ると、こんな感じ。十分な広さですね。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台をベッドルーム側から見たところ

クローゼット

クローゼットは扉のないオープンラック。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜クローゼット

玄関に通じるドアの裏は、姿見になっています。パイル地のバスローブは、とっても着心地が良い!と評判だそう。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜引き戸の裏が姿見

下の引き出しには、朝食メニューと紙袋と…

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜引き出しの中身

パジャマが二着入っていました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜引き出しの中にパジャマ

柔らかなコットン地は通気性もよく、心地よい眠りに誘ってくれます。

ちなみにアイロンは備え付けられておらず、リクエスト製。マリオットボンヴォイ公式アプリのチャットでお願いすると、部屋まで運んできてくれました。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜アイロン

トイレ

クローゼットのお隣はトイレ。タンクレスのスッキリしたタイプです。ここのしつらえは完全に和風ですね。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜トイレ

スポンサーリンク

洗面台

洗面台はダブルボウルの贅沢な作り。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台を上から

靴置き場と同様、鏡やアメニティボックスも岡持にインスパイアされたデザインでした。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台全景

蛇口は、独ハンスグローエ社製によるAXOR(アクサー)シリーズで、和の伝統美一辺倒ではない、モダンな雰囲気を演出しています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台の蛇口

ラグジュアリーなアメニティの数々

アメニティボックスの中には、高級ホテルらしく一通り網羅された品々が。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台のアメニティボックスの中身

  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • 剃刀
  • ボディローション
  • マウスウォッシュ
  • ヘアゴム
  • 綿棒
  • 爪やすり
  • コットン
  • シャワーキャップ

驚いたのは、それぞれの品質の高さ!

ボディローションはパルファンサトリ×ラ・ボッテガ社製です。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗面台のアメニティボックスの中身・ボディローション

パルファン・サトリ(PARFUM SATORI)とは

「パルファン サトリ」は、日本人調香師 大沢さとりによるフレグランス ブランドです。 コレクションの販売のみならずフレグランス スクールを運営、企業とのコラボレーションにも取り組んでいます。2000 年のサロン開設以来20年、フランス調香師協会への会員登録、フランス グラースにある「国際香水博物館」への収蔵、世界の香水愛好家のバイブルとされる「PERFUME THE GUIDE」への掲載と、独立系のブランドとして、いくつかの“日本で初めて”を実現させてまいりました。

(PARFUM SATORI公式サイトより)

ラ ボッテガ(La Bottega)とは

世界のトップブランドのバスアメニティをオーダーメイドで製作し、ホテルのブランディングをお手伝いいたします。それぞのれのホテルが持つ個性溢れる世界観と、ブランドイメージを融合させた、バスアメニティをご提案します。イタリアのLa Bottega(ラ ボッテガ)社は、世界の有名ブランドのフルライセンスを持ち、バスアメニティを製作しています。La Bottega社のポリシーは「テーラーメイド」。ブランドも持つ世界観を生かしつつ、そのホテルがリゾートホテルなら自然に抱かれた癒しを、洗練されたシティホテルであればトレンディさを、それぞれデザインや香りで表現をします。

(La Bottega公式サイトより)

HOTEL THE MITSUIのアメニティは、フレグランスメーカーとアメニティのテーラーメイド会社とのコラボレーション品。

つまり、HOTEL THE MITSUIを体現するアメニティを一から創り出したというわけです!

そのこだわりは品質管理にも及びます。蓋を開けてみると、しっかりとアルミの封が。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜アメニティは密封式

塗り薬のように、蓋裏の突起を刺して開ける仕組みです。こんな風になっているアメニティは初めて見ました!

これなら酸化も防げますし、いつでもフレッシュな香りを楽しむことができますね。

そしてヘアブラシは、よくある折り畳みの簡易式ではなく、色合いから高級感漂う本格派。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ブラシ

きちんとクッションがついていて、梳かし心地もバッチリです。

さらに細かいことながら、ヘアゴムも一般的なホテルだと金具で留めただけのものが多い中、こちらのものは継ぎ目がなくてとっても丈夫!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ヘアゴム

持ち帰って家でも愛用していますが、まだまだ切れる気配はありません。

そして、リクエストすると、素敵な基礎化粧品のセットもいただけました♪

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜基礎化粧品

京都の老舗化粧品店「かづら清老舗」さんの商品です。

  • クレンジングオイル
  • フェイシャルソープ
  • モイストミルキーローション
  • ホワイトモイスチャークリーム

これがまた使い心地抜群!!

個人的に、敏感肌で肌に合うものを探すのが難しいのですが、何の刺激もなくてとっても気に入りました。

その他の備品は、体重計に…

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜体重計

ランドリーバッグとドライヤー。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜ドライヤー

ドライヤーは「Holistic cures(ホリスティックキュアーズ)」というもの。公式サイトでは以下のように紹介されていました。

日本の限定地域でしか採取できない、動植物の細胞に最も効果的に作用する光線を放射する山海2種類の『天然鉱石』と水分の吸収に優れた『多孔ミネラル』を組み合わせる“マイクロミネラルミックス(MMM)”の開発に成功。これにより、ダメージを負った毛髪内の水分バランスを整え、毛髪内部のたんぱく質を再生。使うたびに潤いとツヤを取り戻し、美しい髪へと導きます。

こちらも初めて見ましたが、スタイリッシュな外観と最先端の技術が、HOTEL THE MITSUI KYOTOのコンセプトにぴったりマッチしています。

スポンサーリンク

浴室

浴室の中も、贅沢なことに壁から浴槽に至るまで全てが廈門大理石製!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルームの浴槽

こんなゴージャスなお風呂、パリのル・ロックホテル以来ではないでしょうか。

浴槽

浴槽も総大理石ながら、触った感じ温かみがあると言いますか、壁や底が冷たくてびっくり、ということはありません。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム浴槽

リラックスできるバスピロー付き。

贅を尽くした浴槽にたっぷりとお湯を張って、ゆったり体を沈める時の心地よさと言ったら、言葉には表せません。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム浴槽

藤原定家の旅路に思いを馳せる

壁にかけられているオブジェには「五日天晴いつかあっぱれ=「5日、晴れ」の意)と書かれています。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルームのオブジェ

波打っているのは、書物を模しているため。

これは、三井記念美術館に所蔵されている「藤原定家自筆本熊野御幸記」にインスパイアされたオブジェとのこと。

その中身はいわゆる旅行記だそうですが、800年以上前の旅行とは、一体どんな内容だったのか気になりますね。

聞くところによると、筆者の藤原定家さんは超インドア派だったために、その旅路にはかなりのご苦労があったのだとか…。

素晴らしすぎるシャワー

そして忘れてならないのは、なんと言ってもシャワーの気持ちよさ!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜洗い場

シャワーヘッドは、レインとハンドの2種類があるのですが、これまでに経験したどこよりも水が細かくて肌あたり滑らか♪

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム・シャワーヘッド

ハンドシャワー手元のスイッチを切り替えれば、3種類のシャワーモードを楽しめて、未体験のバスタイムになること間違いなし!

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルーム・シャワーヘッド

こんな素敵なシャワーヘッド、一体おいくらするのか想像もつきませんが、自宅のシャワーもこんなのに出来たらいいのになぁとしみじみ思いました。

こだわりのアメニティ

そして、バスルームに置かれているアメニティも、一切手抜きなし!

まず浴槽に用意されているバスソルトも、石質を痛めない特別なもの。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルームバスソルト

ヘチマスポンジがこれまた何ともレトロですよね♪

そしてスタンドには、洗面台に置かれていたボディローションと同シリーズのシャンプー・コンディショナー・シャワージェル・石鹸を完備。

HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記〜バスルームアメニティ

使い心地は言わずもがな、高級感のある香りを存分に楽しめました!

こんなに何から何までこだわり抜いたお風呂が部屋についているなんて、本当にすごいことだと思います。

バスルーム全体の雰囲気は、キャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジに似ているような。

香港国際空港のザ・ウィングにあるバスルーム「カバナ」を思い起こさせました。

京都らしさ、日本らしさを追求しつつも、デザイナーさんのルーツである香港の美意識が反映された結果なのでしょうね。

とにかく素敵なバスルームでした♡

次回は

ということで、今回はHOTEL THE MITSUI KYOTO「ニジョウルーム」 の概要やバスルームをご紹介しました!

とにかく、この現代日本には珍しいくらい、全てに心砕いて選び抜いたものだけで構成されているという印象です。

至る所にこだわりが詰まりすぎていて、とてもお部屋の全てを一回でご紹介することは出来ませんでした。

次回は、これまた素晴らしいベッドルームをご紹介します!

ホテル概要

ホテル名称 HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル・ザ・三井京都)
マリオット・ホテルカテゴリー 7(無料宿泊必要ポイント50,000/60,000/70,000)
所在地
〒604-0051 京都府京都市中京区二条油小路町284
階数 地下1 – 4階 
部屋数 161室
開業 2020年11月3日
最寄駅 地下鉄東西線・二条城前駅

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

HOTEL THE MITSUI KYOTOは、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「プラチナエリート」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

2020年12月現在、プラチナチャレンジは受付停止中です。また状況が変わり次第、お知らせします。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます。

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る

【初回限定】Uber Eats 1,000円OFFクーポン


※このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス