JGC修行の全旅程公開!ビジネスクラスメインFOP単価6.64でJGCプレミア到達ルート2017

2017年はJGC修行!!

ということで、狙い目の1~3月は逃したものの、虎視眈々とセール等狙いつつ、このたびようやく全旅程を組み終えました。

目指すはJGCプレミア!80,000FOPです。

旅程の内容としては、昨年のSFC&ダイヤ修行で14回沖縄を往復しましたので、できるだけ沖縄以外で組むことを意識しました。

スポンサーリンク

JGC修行 プレミア達成までの全旅程

4月から6月にかけて、全5回の行程を予定しています。

No. 日付 便名 区間 時間 クラス 運賃種別 運賃 FOP FOP単価
1 4月① JL723 NRT-KUL 11:20-17:45 C X 57590 6659 8.65
JL724 KUL-NRT 22:50-07:05 C X 144784 6659 6.44
JL901 HND-OKA 6:25-9:00 J 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2564
NU004 OKA-KIX 11:50-13:45 J 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2026
NU005 KIX-OKA 14:35-16:40 J  国際線航空券に含まれる日本国内区間 2026
JL918 OKA-HND 18:30-20:50 J  国際線航空券に含まれる日本国内区間 2564
JL723 NRT-KUL 11:20-17:45 C  X 6659
JL724 KUL-NRT 22:50-07:05 C  X 57590 6659 8.65
2 4月② CX451 NRT-TPE 15:40-18:25 C I 15000 1663 9.02
CX450 TPE-NRT 13:00-17:20 C I 15000 1663 9.02
3 5月① JTA021 HND-MMY 6:40-9:40 Y ウルトラ先得 9790 1738 5.63
JTA022 MMY-HND 19:40-22:25 Y ウルトラ先得 9790 1738 5.63
4 5月② JTA073 HND-ISG 14:15-17:20 Y ウルトラ先得 9790 1836 5.33
JTA070 ISG-HND 10:40-13:30 Y ウルトラ先得 9790 1836 5.33
5 6月① JL723 NRT-KUL 11:20-17:45 Y S 30090 2904 10.36
JL724 KUL-NRT 22:50-07:05 C X 145678 6659 6.48
JL901 HND-OKA 6:25-9:00 J 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2564
NU004 OKA-KIX 11:50-13:45 J 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2026
NU005 KIX-OKA 14:35-16:40 J 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2026
JL918 OKA-HND 18:30-20:50 J 国際線航空券に含まれる日本国内区間 2564
JL723 NRT-KUL 11:20-17:45 C X 6659
JL724 KUL-NRT 22:50-07:05 Y S 30090 2904 10.36
 FOPプレゼント 6000
534982 80596 6.64

第1弾:全旅程ビジネスクラスでクアラルンプール

先ずは4月、マレーシアを2往復+国内線を4区間搭乗する予定です。

先日ご紹介した海外発券(クアラルンプール→成田→国内4区間→成田→クアラルンプール)が基本となっています。

  ANAのSFC修行は国内線(特に沖縄方面)が人気ですが、JALのJGC修行では、国内線よりも国際線、中でも「海外発券」の効率がいいという話をよく聞きます。 海外発券とは、海外から日本に来るための航空券を発券することです。 海外の空港が起点になるため、海外在住の方でなければ利用できなさそうな気もしますが、前後に別途日本からの往復便を追加することで、日本を起点とするスケジュールを組むことができます。

これに、2月28日発売の、日本発クアラルンプール往復ビジネスクラス運賃「Special Saver X」を組み合わせました。

4月後半から5月上旬の一時期搭乗分だけ利用できるスペシャル運賃で、往復10万7千円(税抜)&125%のFOPが加算されるお得な内容です。

ちなみに、普段だと日本発クアラルンプールのビジネスクラス往復は、20〜30万円と相当高額です。

予約期間:2017年2月28日~3月16日

搭乗期間:2017年4月21日~5月6日※

※日本出発2017年4月28日~4月29日、5月2日~5月3日は除外

ビジネスクラス利用でFOP単価が8台となりますので、かなりのコスパですよね。

まだ空席はありますから、海外発券でクアラルンプール往復を考えている方には是非おすすめ。

→追記:すでに満席になってしまったようです。

クアラルンプールまでは片道7時間ちょっとですから、その気になれば0泊で帰ってくることもできるのですが、せっかくなので、最初の1日目はヒルトン系列のダブルツリーに一泊することにしました。

ANAダイヤモンドメンバーとのステータスマッチで獲得した、ヒルトンオナーズダイヤモンドメンバー特典を享受して来る予定です。

追記:残念ながら、クアラルンプール発券での国内線4区間切り込みはできなくなったそうです。3月中なら発券できたとの情報をいただきました。詳しくはJALさんにお問い合わせください。

第2弾:キャセイパシフィック航空で台湾へ

第2弾は、先日楽天トラベルで20,000円クーポンを使って予約した、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く台北往復です。

JGC修行を決めたはいいものの、1~3月の安い時期を逃してしまったので、何かいいキャンペーンなりクーポンなり出るのを待とう!もしなければ、最悪一年で最も安い11~12月にかけよう!と思い、現段階では15,000FOP分くらいしか予約していませんでした。 そんな中、これは?と思うクーポン見つけたので、とりあえずおさえてみることに。 今回見つけたのは、楽天トラベルのキャセイパシフィック航空限定クーポンです。キャセイ航空はJALと同じ「ワンワールド」に加盟しているため、JGC修行に必要なF...

出発2週間前にならないと、正確な運賃種別は分からないのですが、現在のところはIクラス=倍率125%ということで、FOP単価は9.01(厳密には宿泊費込みで約44,000円。宿泊費14,000円を除いて計算しました。)となっています。

現地では2泊する予定。夜市でカステラ・胡椒餅を食べて、できれば九份や猫空にも行きたいなぁと、夢は膨らむ一方です。

スポンサーリンク

第3・4弾:JTA創立50周年記念ウルトラ先得

5月は、「JTA創立50周年記念ウルトラ先得」を利用して、宮古島往復と石垣往復を、それぞれ1回ずつ行う予定となっています。

JTA創立50周年記念ウルトラ先得とは、JTA(日本トランスオーシャン航空)が沖縄に就航してから今年で50周年を迎えるということで設定された特別運賃です。

2017年5月15日~6月4日の間、最安9,500円という破格のチケット!

(JAL公式HPより)

普段の半額以下で購入できるとあって、発売直後早々に売り切れてしまいましたが、その後ちらほらキャンセルが発生したため、無事2往復分確保することが出来ました。

FOP単価は宮古で5.6、石垣で5.3となっています。

宮古行きは朝早く、いかにも修行!という感じですが、日帰り出来るのが魅力です。現地で10時間ほど時間がありますし、できれば海を見に行けたらいいなと思っています。

石垣島は1泊の予定。前回SFC修行で行った時には、殆ど空港から出ずに終わったので、市街地に行けるのが今から楽しみです。

8月24日追記:5・6月のウルトラ先得はあっという間に売り切れてしまったため、利用できなかった方も多かったと思いますが、12月5〜21日に再度設定されることが発表されました!

上級会員ステータスは1〜12月までの搭乗実績で決まりますので、ギリギリにはなってしまいますが、かなりお得にFOPを稼ぐことができますので、あとちょっとで解脱できそう!という方は試して損はないかと思います。

冬に暖かい沖縄に行けるというのも嬉しいですね。

今回も、売り切れるまでにそう時間はかからないかと思いますので、どうぞお早めに。

第5弾:マレーシアクアラルンプール往復+国内4区間で解脱!

最後は6月、マレーシアクアラルンプール2往復+国内4区間です。基本的に、4月の第一弾と同じ旅程。先日予約から発券までご紹介したものです。

4月分と合わせると、計4回マレーシアを往復することになります。

うち2回は入国して、観光するつもりですが、2回とも同じことをしてもしょうがないので、それぞれ違った楽しみ方をしたいなと考えているところです。

第1弾と違い、日本から出発する便は往復ともエコノミークラスなので、どこまで体力が持つかが少々心配なところ。ビジネスクラスよりもFOP単価が劣っているのも残念ポイントです。

第1弾のような安いビジネスクラス運賃が出るなら、もう少し待つべきだったかと思わなくもありませんが、もう発券してしまったものは仕方ありません。

最後のエコノミー区間、クアラルンプール→成田搭乗は、すでに50,000FOPを達成した後。JMBサファイアになっている予定なので、滞りなくステータスが変更されれば、ラウンジを使うことが出来るのがせめてもの救いです。

「滞りなく変更されれば」というのは、ANAではプレミアムメンバーステータス到達後、割とすぐに特典を使うことが出来るのに対し、JALでは数日間のタイムラグがあるため、確実に使えるかどうかがわからないということです。

この辺りの事情については、テラヤマさんが記事にまとめてらっしゃるので、そちらをご覧ください。

JGC修行で50,000FOPを達成すると、JGC申込書とJMBサファイアカードが送られてきます。その中身を全て公開。

残りはFOPプレゼントキャンペーンで補充

ここまでのJGC修行全5回で、74,596FOPを獲得できる計算になります。

ここに、「JALカードホルダーの初回搭乗後5,000FOP」、さらに、「りそなJALスマート口座開設で1,000FOP」の計6,000FOPをプレゼントしてもらえるので、最終獲得FOPは80,596となり、JGCプレミアの条件を達成することが可能となります。

JGCプレミアを目指すことにした経緯はコチラの記事で紹介してます↓

2017年はJGC修行だ!!! …と言いながら、実は「ANAダイヤもあるのに、滅多に乗らないJALの上級会員にまでなる必要が本当にあるのだろうか…?」とイマイチ踏ん切りがついていない状況が続いていました。 が、あっという間に年も明けてしまいましたので、あまり迷っていて流れに乗り遅れてもいけません。 ということで今回は、もう一度JGCを目指すべきかどうかを一から検討し直してみたいと思います。 なぜJGCが必要なの? JALのJGC(JALグローバルクラブ)に入会すれば...

紆余曲折を経て、2017年JGC修行始動!

JGC修行の旅程を考え始めた年明け頃は、これといったセールやキャンペーンがなく、ウルトラ先得の沖縄Jクラスでひたすら往復するしかないのか…とちょっと気が重い日々でした。

ANAのSFC修行では、プレミアムクラスでの羽田-沖縄往復1回で5,720PP稼げるので、単純に9往復すればよかったのですが、対応するJALのファーストクラスは便数がかなり少ないため、予約すらなかなか難しい状況。

ならばJクラス、と調べてみると、予約が取りやすく現実的で、しかも一番割がいいと言われるウルトラ先得であっても、沖縄往復で3,344FOPしか稼ぐことが出来ません。すなわち、単純に15往復が必要ということです。

初めはそれでも仕方ないか、と気が進まないながらも、15往復分の沖縄線予約を入れていましたが、こうして折よくキャンペーンやセール運賃が続いて現れたので、路線を変更したというわけです。

前述通り、昨年はSFC修行にダイヤ修行にと、これでもか!というくらい沖縄を満喫したため、JGC修行では出来れば違うところに行きたいなと思っていました。

台湾、クアラルンプール、宮古島と、初めて行くところを多く組み入れることが出来て、とても満足しています。よい運賃がたくさん出てきてくれて助かりました。

スポンサーリンク

驚異的なFOP単価=6.64!

結局、全体を通してのFOP単価は6.64

国際線はビジネスクラスがメインですし、国内線も3分の2がクラスJにもかかわらず、この好成績ですから驚きです。ANAのSFC修行だと、この内容・単価を実現することはまず難しいでしょう。

前評判通り、JGCはSFCよりも手が届きやすいのは確かだと言えます。

調べれば調べるほど、JALのサービスは充実しているようですから、今から修行が楽しみでなりません。第一弾がビジネスクラスというのも私には理想的!

ANA SFC修行よりも旅行的要素を増やした結果がどうなるか、追々レポートしていく予定です。

JGC修行記 2017

今年はお正月に宮崎に帰省、そして大阪に日帰り旅行をしたっきり。 SFC修行をしていた一年前の同時期と比べると、格段に搭乗回数が落ちて寂しく感じていましたが、いよいよ満を辞して、JAL JGC修行開始です! JGC修行1回目は台湾 第一弾は、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く台湾往復。 この旅程は、2月に出た楽天トラベル20,000円クーポンのおかげで、なんと2泊3日で43,974円という破格のツアーを利用します(現在は配布終了)。
2017年第2回目のJGC修行は、JALビジネスクラスで行く成田ークアラルンプール往復! JALの国際線&ビジネスクラスが初めてなら、クアラルンプールも初めて。一体どんな旅になるんでしょう。とっても楽しみです。 早朝6時30分。ほとんど車も歩く人もいない銀座にやって来ました。 いつも通り、高速バスTHEアクセス成田で成田空港に向かいます。都心から成田空港への移動手段は断然バスがオススメです。
JGC修行第三弾は、クアラルンプール線海外発券の国内区間として切り込んだ羽田-那覇-関西-那覇-羽田の4レグを日帰りでこなすスケジュールです! 小さい子供がいるため、できれば宿泊せずに日帰りで済ませたいと考えた結果、このような詰め込みとなったわけですが、やはり体力的には結構厳しいものがありました…。 今回の記事では、第1レグである羽田ー那覇のフライトと、リニューアルされた那覇空港のJALサクララウンジについて詳しくご紹介したいと思います。
5月、GW真っ只中。 JGC修行も早いもので第4回目となりました。 4月中旬から2ヶ月程で全80,000FOPを稼ぎ、JGCプレミアを目指すスケジュールなので、かなりタイトに旅程を消化していかなければなりません。 今回は成田ークアラルンプールの往復。宿泊はせず、同一機材での折り返しを予定しています。 一体どんな旅になるのでしょうか。
2017年5月某日。 全9回を予定しているJAL JGC修行も、とうとう折り返し地点の5回目を迎えました。 今回の旅程は、羽田ー宮古の日帰りです。 JTA021 羽田-宮古 6:40-9:40 JTA022 宮古-羽田 19:40-22:25 朝6:40羽田発、夜19:40宮古発。現地での時間はちょうど10時間です。 初めての宮古島、一体どんな旅になったのでしょうか。
2017年5月末。JGC修行第6回目は、羽田ー石垣の往復です。 飛行距離が長い路線ですので、国内線の中では獲得FOPトップクラス。かなり人気の路線ですが、なんとか予約することができました。 今回は石垣島で一泊の予定。石垣島自体は2度目ですが、市街地まで出るのは初めて。 石垣島がどんなところなのか、とっても楽しみです!
JAL JGC修行の第7回目は、成田発のクアラルンプール(マレーシア)往復。往路はエコノミークラス、復路はビジネスクラスです。 前回マレーシアを訪れた際には、入国せずに日帰りする便を利用しましたが、今回は市街地の観光も兼ねて現地で一泊する予定。 クアラルンプールも今年に入ってすでに3回目となりましたので、これまでとは違う体験がしてみたいところです。 一体どのような旅になるのでしょうか。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク