instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

<2023搭乗記>ANAビジネスクラスで台北-羽田をひとっ飛び!台湾往復の必要マイル数~アメニティ・機内食まで全公開!

follow us in feedly

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記

日本人に大人気!台湾・台北は、美食・文化・そして人々の温かさが心に残る魅力的な街です。

東京から直行便で片道3時間程度・時差もたったの1時間と、週末のプチトリップにもおすすめ!

特に台北市の中心にある松山国際空港の発着便なら、滞在時間いっぱいまで観光に使えてよりお得です。

さらにビジネスクラスなら旅の疲れも最低限に抑えられますので、上乗せしてでも体験する価値は大いにあり。

というわけで今回は、特典航空券を使った松山国際空港発・東京羽田空港行きANAビジネスクラス搭乗記をお届けします♪

この他の台湾旅行記もぜひ併せてご覧ください!

シェラトングランド台北ホテルで豪華スイートにアップグレード〜クラブラウンジはサービス充実で大満足!<マリオット宿泊記>
日本人に人気の観光都市、台湾・台北。 ピンからキリまで星の数ほどホテルがありますが、観光・仕事・美食巡りetc.全部の目的にお勧めできるのが、今回ご紹介するマリオットインターナショナル系列の「シェラトングランド台北」です! 安定のシェラトン...
<最新版>エバー航空ビジネスクラス搭乗記〜美食の空の旅!絶品機内食を楽しめる快適フライトで台湾へ♪
皆さんは、「エバー航空/EVA Air」というエアラインをご存知ですか? エバー航空とは1991年に運航を開始した台湾の航空会社で、2013年からはANAと同じスターアライアンスに加盟しています。 一度も重大事故を起こしていないことから「最...
<2023最新>千と千尋の世界!?九份観光おすすめグルメ・見どころ・ホテル情報~台湾旅行記
台湾で一度は行ってみたい観光地といえば、やっぱり九份(きゅうふん/ジォウフェン)! ノスタルジーたっぷり、日本でもなければ中国でもない唯一無二の街並みは、世界中の観光客の心を惹きつけてやみません。 台北市内からバスで1時間ほどですので、日帰...
台湾おすすめグルメ紀行!食べて分かった本当に美味しいお店4選〜雙月食品社・白水豆花・阜杭豆漿・冰讃in台北【2023最新】
台湾の魅力あふれる首都、台北。 言わずと知れた世界有数の美食の楽園であり、世界中から訪れる人々に新たな食の冒険を提供してくれます。 一度や二度訪れたくらいでは、とても消化しきれないほど多くの魅力的なお店がありますが、今回は、2023年実際に...
買ってよかった台湾のオススメお土産は?佳徳鳳梨酥のパイナップルケーキ/現烤蛋糕の台湾カステラ/Cookie886/Lai Haoの雑貨
台湾・台北。 東京からのフライト時間は3時間ほど、時差もたったの1時間と、老若男女問わず気軽に行ける海外旅行先として大人気の街です。 魯肉飯(ルーローハン)や小籠包(ショウロンポウ)などなど、数日では周りきれないほど美食の街として知られる台...
<2023最新>台北松山国際空港VIPラウンジは台湾名物グルメ充実!アクセス&利用条件&サービスの全て
羽田便が発着する、台湾・台北松山国際空港(ソンシャン空港)。 この空港から出発する対象航空会社のファースト&ビジネスクラス搭乗客・マイレージエリート会員は、「AIRLINES VIP LOUNGE(航空公司貴賓室)」という空港直営ラウンジを...
スポンサーリンク

フライト情報

本題に入る前に、今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 NH854
区間 台北・松山– 東京・羽田
出発時間 16:50
到着時間 20:50
所要時間 3時間
シート ビジネスクラス

松山国際空港に到着

というわけで出発当日。

松山国際空港に到着しました!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・台北松山空港の外観

先に触れた通り、松山空港は台北市の街中にあるため、ギリギリまで市内観光を楽しめるのがいいですね。

当日は14時ごろまで、台湾グルメとショッピングをしっかり満喫できました。

台湾おすすめグルメ紀行!食べて分かった本当に美味しいお店4選〜雙月食品社・白水豆花・阜杭豆漿・冰讃in台北【2023最新】
台湾の魅力あふれる首都、台北。 言わずと知れた世界有数の美食の楽園であり、世界中から訪れる人々に新たな食の冒険を提供してくれます。 一度や二度訪れたくらいでは、とても消化しきれないほど多くの魅力的なお店がありますが、今回は、2023年実際に...
買ってよかった台湾のオススメお土産は?佳徳鳳梨酥のパイナップルケーキ/現烤蛋糕の台湾カステラ/Cookie886/Lai Haoの雑貨
台湾・台北。 東京からのフライト時間は3時間ほど、時差もたったの1時間と、老若男女問わず気軽に行ける海外旅行先として大人気の街です。 魯肉飯(ルーローハン)や小籠包(ショウロンポウ)などなど、数日では周りきれないほど美食の街として知られる台...

時間と体力を温存するため、市内の移動には主にUberを活用。

【2024年4月最新】今すぐ試せるUber初回無料クーポンの獲得方法と使い方~タクシーとの違いも徹底比較
Uber(ウーバー)の使い方や料金、タクシーと比べた場合のメリットを詳細に解説しています(2024年最新版)。初めて使う方は、プロモーションコードを入力するだけで割引クーポンを獲得することが可能ですよ!Uberは一度体験すると普通のタクシーに乗れなくなるほど快適です。

ちなみにシェラトン台北から空港までの料金は1,000円ほどでした!

シェラトングランド台北ホテルで豪華スイートにアップグレード〜クラブラウンジはサービス充実で大満足!<マリオット宿泊記>
日本人に人気の観光都市、台湾・台北。 ピンからキリまで星の数ほどホテルがありますが、観光・仕事・美食巡りetc.全部の目的にお勧めできるのが、今回ご紹介するマリオットインターナショナル系列の「シェラトングランド台北」です! 安定のシェラトン...

松山国際空港はターミナル自体がコンパクトで、手続きもスムーズ。まるで日本国内空港のような感覚です。

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・松山国際空港に到着

あっという間にチェックインが完了し、VIPラウンジへ。

<2023最新>台北松山国際空港VIPラウンジは台湾名物グルメ充実!アクセス&利用条件&サービスの全て
羽田便が発着する、台湾・台北松山国際空港(ソンシャン空港)。 この空港から出発する対象航空会社のファースト&ビジネスクラス搭乗客・マイレージエリート会員は、「AIRLINES VIP LOUNGE(航空公司貴賓室)」という空港直営ラウンジを...

こちらでも台湾ならではのお料理を堪能出来ますので、ぜひ時間を取って訪れることをお薦めします。

松山国際空港は軍事施設と併用のため、滑走路を始めとして写真撮影禁止区域が設定されています。台北到着時は空港内の写真も撮ってはいけないものと思っていたのですが、今回チェックインカウンターで念の為スタッフさんに尋ねてみたところ「写真?どうぞどうぞ!」(何でわざわざ聞くんだろう?)くらいの対応でしたので、復路では遠慮なく撮らせて頂いた次第です。

スポンサーリンク

いよいよ搭乗

ラウンジで軽めの食事を済ませた後、免税店をちょこちょこ物色していたら、すぐに搭乗開始時刻となりました。

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・松山国際空港・搭乗ゲート前

こちらが搭乗機のB787-8です!

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・松山国際空港・使用機

記憶にある限り、ANAの国際線短距離仕様ビジネスクラスに乗るのは初めて。

PBBはビジネスクラスとエコノミークラスで分かれていて、ファーストクラスの設定はありません。

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・松山国際空港・PBBへの分岐

国際線といえど那覇-東京と大して変わらない飛行時間だと思うと、何だか気が楽ですね。

果たしてどんな旅になるのでしょうか。

スポンサーリンク

国際線B787-8はクレードルシート

さて、本機のビジネスクラスシートがこちら!

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・B787-8のビジネスクラスシート

「CRADLE(クレードル)」と呼ばれる、アジア短距離仕様です。

ANA BUSINESS CRADLE B787-8(240席)

心地よいシートに抱かれて、アジア各国へ。まるでゆりかご「CRADLE」のような、ゆとりの空間をあなたに。

(ANA公式サイトより)

国内線プレミアムクラスとして運用されていることも

このクレードルは基本的に国際線に投入されていますが、その昔SFC修行で羽田から石垣島にプレミアムクラスで飛んだ際、幸運にもこのシートに当たったことがありました。

初の石垣島は国内線クレイドルシート!政府専用機B747も見れてラッキーの連続<ANA SFC修行4-1>
SFC修行の4回目です!! ANAの上級会員となるべくスーパーフライヤーズカードの修得を目指して搭乗を繰り返す行為を、一般的に「SFC修行」といいますが(詳しくはこちら)、飛行機大好きな私の場合、毎回まったく苦にならない、むしろ終わってほし...

2023年10月現在も、ANA公式サイトの国内線プレミアムクラス情報に「一部機材に国際線ANA BUSINESS CRADLEの座席を設置しています」とありますので、おそらく今でも変わらず運航しているものと思われます。

ANA国内線プレミアムクラスシート

(ANA公式サイトより)

よく見ると、国内線の方が若干シートピッチが狭いようです。

窓側席を確保

機窓からの風景を見たいので、今回も窓際のシートを選択しました。

ANAアジア短距離路線・クレードルシート

8割ほどの搭乗率でしたが、お隣は空席です。

おかげさまで3時間のフライトを気兼ねなく過ごせそう。

ANAアジア短距離路線・クレードルシート・窓側を独り占め

着席しての視界はこんな感じです。圧迫感がなく、居住性はなかなか。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・窓側席からの眺め

スポンサーリンク

クレードルの機能

では、シート機能を一つずつ見てみましょう!

シートピッチ

クレードルの足元は非常に広く、向こう側までは届きません。

ANAアジア短距離路線・クレードルシート・正面

それもそのはず、シートピッチは150cm。

背もたれが前にスライドして倒れるバックシェルシートのため、前席がリクライニングしても後席のスペースには干渉しません。

モニター

個人用モニターの大きさは12.1インチ、タッチパネル式(最前列は10.6インチ)です。

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・個人モニター

長距離線に投入された最新ビジネスクラスシート「THE Room」のモニターに比べると、かなり旧式であることは否めませんが、3時間程度のフライトなら全く問題なし!

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!FaceExpressと有名シェフコラボ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...
<最新ANA新型ビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!個室になるフルフラットシートTHE Roomで快適な旅を♪
日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA。 特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。 そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系...
【THE Room】ANA新型ビジネスクラス搭乗記!ファーストクラスにも負けない豪華シートと機内食・アメニティまで全公開
2019年に導入されたANA国際線の新ビジネスシート「THE Room(ザ・ルーム)」をご存知ですか? ANAビジネスクラスの座席がリニューアルされたのは、なんと10年ぶり。 旧シートとの違いは、なんといっても各シートにドアが付いたことです...

収納

収納場所は、正面下部にマガジンラックと…

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・B787-8のビジネスクラスシート・マガジンラック

中央肘掛けの下にラックがありました。

ANAビジネスクラス台北発羽田行き搭乗記・B787-8のビジネスクラスシート・手元収納

上部にはユニバーサルタイプのPC電源、USBポート、イヤホンジャックを配置。

中には仕切りが付いていて、ペットボトルやメガネケースを置くことを想定されている様子。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・収納の仕切り

スペースは若干少なめではありますが、こちらも短時間のフライトですので支障はありませんでした。

リクライニング

続いて、シート中央にあるコントローラーを操作してリクライニングしてみましょう。離発着時の基本シートポジションでは、緑のランプが点灯する仕組みです。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・リクライニングコントローラー

一杯まで倒したところがこちら。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・リクライニング

クレードルのリクライニング角度は、フルフラットやライフラットとは異なります。

上体部分と脚部分を繋ぐ部分に角度が付いているため、寝返りを打ったりするのは難しいのですが、それでも国内線プレミアムクラスと比べれば、かなりリラックス出来るのではないでしょうか。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・リクライニング・レッグレスト

公式サイトによれば、フットレストは4段階調整が可能だそうです!

ディバーター

隣席との間には、大型のディバーター(パーテーション)が設置されています。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・ディバーター

今回お隣は不在でしたが、もしいらしたとしても、背もたれに深く腰掛ければ気にならなくなりそうです。

テーブル

左の肘掛け内にはテーブルを収納。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・テーブル

つまみを取り、ググッと引き出しまして、

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・テーブル1

パタンと開いて…

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・テーブル2

くるりと回せば完成!

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・テーブル3

可動域が広く、とても使い勝手の良いテーブルでした。

スポンサーリンク

アメニティ

国際線ビジネスクラスでは、大概各席に身だしなみ用品が入ったアメニティポーチが置かれているのですが、中・短距離路線では必ずしもそうではありません。

今回座席に予めセットされていたのは、メニューブックの他にヘッドフォン、スリッパ、ブランケットのみ。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・アメニティ

ちなみにANA長距離路線では、思わずコレクションしたくなるほど素敵なグローブトロッターポーチを頂けます!

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!FaceExpressと有名シェフコラボ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...
<最新ANA新型ビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!個室になるフルフラットシートTHE Roomで快適な旅を♪
日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA。 特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。 そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系...

 

※ANAのポーチは2024年1月にリニューアルされます。

ANA国際線アメニティがグローブトロッターからエッティンガーへ!実際に入手しました!!
このたび、とうとうANA国際線ファースト&ビジネスクラスのアメニティポーチがリニューアル! ここ数年ANAのアメニティポーチといえば、英国の老舗高級ラゲッジメーカーである「グローブトロッター」とのコラボレーションでした。 しかし2024年1...

ただしその後、CAさんがカゴに沢山のアメニティを入れて配りに来てくれました♪

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・アメニティの配布

アイマスクや耳栓にファーストクラスでお馴染みのオリジナルアロマまであって、これはかなり嬉しいサービス!

【搭乗記】ANA新型ファーストクラスTHE Suiteに乗ってみた!ドア付き最新シートに豪華すぎるアメニティ&機内食まで全てレポート♪
国際線の飛行機で、最も高価&最もサービスが充実している搭乗クラスといえば、皆様ご存知ファーストクラス。 中でも、ANAのファーストクラスは以前から高い評価を得ていましたが、2019年、全てを刷新したファーストクラス、その名も「THE Sui...

POLAのモイスチャーミルクが目新しかったので頂いてみましたが、ちょうど良いサイズ感と香りに癒されました♪

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・アメニティ・ハンドローション

スポンサーリンク

ラバトリー

アメニティといえば、国際線ビジネスクラスの場合はお化粧室にも何種類か備え付けられています。

本機では短距離路線にも関わらず、歯ブラシセットやフェイス&ボディシートなど、長距離路線と遜色ない品揃えでした。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・クレードルシート・化粧室のアメニティ

ANAのアメニティはパッケージから清潔感があって日本らしさが感じられますね。

スポンサーリンク

離陸!

この日は搭乗客が少なかったのか、飛行機はかなり早めにスポットを離れ、定刻になると同時に空へと飛び立ちました!

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・台北市内

これが都合3回目の訪台となりましたが、来る度魅力に嵌っていく感覚があります。

今回は憧れの街・九份を訪れることができて大満足でした♪

<2023最新>千と千尋の世界!?九份観光おすすめグルメ・見どころ・ホテル情報~台湾旅行記
台湾で一度は行ってみたい観光地といえば、やっぱり九份(きゅうふん/ジォウフェン)! ノスタルジーたっぷり、日本でもなければ中国でもない唯一無二の街並みは、世界中の観光客の心を惹きつけてやみません。 台北市内からバスで1時間ほどですので、日帰...

次の機会には十份老街や、高雄・台中も訪れてみたいものです。

スポンサーリンク

アペリティフ

上空で飛行が安定すると、お待ちかね機内食の時間!

食前酒には、「Champagne CASTELNAU Cuvée Réserve(シャンパーニュ・カステルノー・キュヴェ・ブリュット・レゼルヴ)」というシャンパンをお願いしました。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・シャンパンをオーダー

ANAのワインリストによれば、

白い花を思わせるフローラルな香りに、ビスケットやナッツの香りも。まろやかな酸味が特徴的で、ミネラル感が勢いのある炭酸と相まって余韻の長い心地よい味わいです。

とのこと。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・シャンパンを注いでいただく

相変わらずのど素人なもので、こうして丁寧に注いで頂けるだけで、どんな銘柄でも大変美味しく感じられます(笑)。

機内食の準備が整うまで、おつまみあられでアペロタイム。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・シャンパンとおつまみのあられ

このあられは横浜にある老舗煎餅店・嵯峨乃家本店の商品だそうです。

機内食は和洋2種類

NH854便では、洋食と和食2種類の機内食が提供されています。

それぞれメニューは以下の通り。

和食 洋食

前菜

  • 玉子焼き
  • くらげ胡麻酢和え
  • 合鴨燻製
  • 枝豆真丈
アペタイザー

  • 帆立貝のテリーヌ
  • フェタチーズとトマトのサラダ

小鉢

  • サーモンとポテトのマヨネーズ和え

メインディッシュ

  • チキンのソテー
  • ポテトグラタン
  • カルヴァドスソース

主菜

  • 豚カツ玉子とじ
  • 白御飯

ブレッド

  • グレインロール
味噌汁 デザート

  • フルーツ
甘味
スポンサーリンク

和食を選択

この数週間前にロンドン便に搭乗した際、次の帰国便では洋食にしてみよう!と決意していたにも関わらず、いざCAさんに希望を尋ねられると、口が勝手に「和食でお願いします」と動いていました…。

和食の中毒性、恐るべし。

ということで、今回も安定の和食です。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・和食

長距離線と異なり、飛行時間の短い台湾線では前菜から甘味まで一つのお盆で提供されます。

いろんな味が詰まった前菜は、お酒のおつまみにもピッタリ。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・和食前菜

主菜はかなり味が薄めだったような?

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・和食主菜

甘味は一見和菓子の練り切りのようですが、それでいてどこか台湾の風味も感じられました。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・和食甘味

食後は紅茶でおしまいです!

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・食後のお茶

この時点で出発から1時間ほど。あとはひたすら映画を見つつ、のんびり過ごすことに。

深いリクライニング角度に身を委ね、束の間のリラックスタイムです。

スポンサーリンク

羽田空港に到着

機体はその後も順調に飛行を続け、日本時間20時35分に羽田空港に着陸!

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・日本に到着

出発時のアドバンテージをキープし、定刻よりも15分の早着となりました。

エバー航空で出発した往路と同様、駐機場から到着ロビーまではバスでの移動。

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記・台北-羽田・バスケア

今回も快適な空の旅をありがとうございました♪

必要経費

ご参考までに、今回の経費は以下の通りです。

ANAマイル:40,000マイル

諸税費:23,970円

※羽田ー台北松山 往復 ビジネスクラス(エバー航空/ANA)

今回は、ANA公式サイトからANAマイルを使って、提携航空会社特典航空券(スターアライアンス加盟航空会社)を発券しました!

最後に

ということで今回は、台北松山国際空港発・東京羽田空港行きANAビジネスクラス搭乗記をお届けしました。

短距離用のシートなので、長距離用スタッガードやTHE Roomとは比べられないものの、それでも十分快適で居心地の良いフライトでした。

エバー航空は機内食が感動ものでしたが、日本語は基本的に通じません(便によるかとは思います)ので、安心感とアメニティの豊富さを取るならANAでしょうか。

いずれにせよ、当初は「この短時間でビジネスクラスにする必要があるんだろうか」と思ったものの、やはり終始楽な姿勢で過ごせるのはありがたいもの。

とっても大満足のフライトでした!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

関連記事

<2023最新>千と千尋の世界!?九份観光おすすめグルメ・見どころ・ホテル情報~台湾旅行記
台湾で一度は行ってみたい観光地といえば、やっぱり九份(きゅうふん/ジォウフェン)! ノスタルジーたっぷり、日本でもなければ中国でもない唯一無二の街並みは、世界中の観光客の心を惹きつけてやみません。 台北市内からバスで1時間ほどですので、日帰...
シェラトングランド台北ホテルで豪華スイートにアップグレード〜クラブラウンジはサービス充実で大満足!<マリオット宿泊記>
日本人に人気の観光都市、台湾・台北。 ピンからキリまで星の数ほどホテルがありますが、観光・仕事・美食巡りetc.全部の目的にお勧めできるのが、今回ご紹介するマリオットインターナショナル系列の「シェラトングランド台北」です! 安定のシェラトン...
台湾おすすめグルメ紀行!食べて分かった本当に美味しいお店4選〜雙月食品社・白水豆花・阜杭豆漿・冰讃in台北【2023最新】
台湾の魅力あふれる首都、台北。 言わずと知れた世界有数の美食の楽園であり、世界中から訪れる人々に新たな食の冒険を提供してくれます。 一度や二度訪れたくらいでは、とても消化しきれないほど多くの魅力的なお店がありますが、今回は、2023年実際に...
買ってよかった台湾のオススメお土産は?佳徳鳳梨酥のパイナップルケーキ/現烤蛋糕の台湾カステラ/Cookie886/Lai Haoの雑貨
台湾・台北。 東京からのフライト時間は3時間ほど、時差もたったの1時間と、老若男女問わず気軽に行ける海外旅行先として大人気の街です。 魯肉飯(ルーローハン)や小籠包(ショウロンポウ)などなど、数日では周りきれないほど美食の街として知られる台...
<2023最新>台北松山国際空港VIPラウンジは台湾名物グルメ充実!アクセス&利用条件&サービスの全て
羽田便が発着する、台湾・台北松山国際空港(ソンシャン空港)。 この空港から出発する対象航空会社のファースト&ビジネスクラス搭乗客・マイレージエリート会員は、「AIRLINES VIP LOUNGE(航空公司貴賓室)」という空港直営ラウンジを...
<最新版>エバー航空ビジネスクラス搭乗記〜美食の空の旅!絶品機内食を楽しめる快適フライトで台湾へ♪
皆さんは、「エバー航空/EVA Air」というエアラインをご存知ですか? エバー航空とは1991年に運航を開始した台湾の航空会社で、2013年からはANAと同じスターアライアンスに加盟しています。 一度も重大事故を起こしていないことから「最...