instagramはじめました!フォローはこちら

これぞ究極のファーストクラス!至高の完全個室で豪華機内食を楽しもう♪エミレーツ航空B777搭乗記

follow us in feedly

エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記

誰もが憧れる最高級のシート「ファーストクラス」

空飛ぶ5つ星ホテルとも呼ばれるその空間は、とても飛行機の中とは思えないほど。

世界各国多くのエアラインが、独自のこだわりを詰め込んだ豪華サービスを展開しています。

中でもアラブ首長国連邦・ドバイ国際空港を本拠地とする「エミレーツ航空」新型ファーストクラスは、まさしく別格!!

一歩キャビンに足を踏み入れれば、まるで書斎のような完全個室仕様の座席に、一流レストラン並みの豪華なお料理と、夢のような非現実感に包まれます。

好みや求めるものは人それぞれですが、このキャビンを一目見れば「これは確かに最高のファーストクラスだ!」と感じられる方が多いのではないでしょうか。

今回はそんな究極のファーストクラス「エミレーツ航空B 777-300ER」搭乗の一部始終を、ドバイ~成田までの旅行記形式でお届けします♪

スポンサーリンク

今回のフライト情報

まず、今回のフライト詳細から。アラブ首長国連邦第2の都市ドバイから、東京・成田へ飛びます。

区間 ドバイ-成田
出発時間 2:40
到着時間 17:35
フライト時間 9時間55分
搭乗クラス ファースト

ドバイ国際空港に到着

さて、砂漠のオアシス・アルマハ滞在を終え、ドバイ国際空港に到着しました!

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港に到着

今回は、JALマイルで獲得したエミレーツ特典航空券を使っての旅。

他社マイルでエミレーツ航空の搭乗券を取りづらくなった今となっては、次はいつ来られるか…名残惜しい限りです。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港に到着

またいつか戻って来られますように!

チェックインカウンターへ

では気を取り直して、チェックインカウンターへと向かいましょう。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港のロビー

車寄せからロビーに入り、まっすぐ進んだところにカウンターがあるのですが、ファーストクラスとビジネスクラス搭乗者には、別に専用窓口も用意されています。

「First & Business Class」の矢印に従って進むと、

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港のロビー・ファーストクラス&ビジネスクラスへの道標

隅の方にこのような入口がありまして…

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港のロビー・ファーストクラス&ビジネスクラスへの入口

広い通路に出ました!右手に見えるのが、先日出来たばかりの自動チェックインコーナー。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港のロビー・ファーストクラス&ビジネスクラス専用カウンター

そして左手にあるのが、ファーストクラス専用カウンターです。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港のロビー・ファーストクラス専用カウンター

搭乗待合室にまだ入れない!?

さっそくチェックインをしましょう。

チェックイン手続きさえ済ませてしまえば、あとは搭乗までラウンジでのんびりするだけ。

……

…のはずが、なんとカウンターで出発6時間前にならないと搭乗券は出せない」と告げられてしまいました!

この時点で、出発まであと10時間以上あります。

もしやここで4時間も待たなければならないということ…?

事前に国内外のサイトで情報収集をしていましたので、コロナの感染状況がもっと酷かった頃ならいざ知らず、今はそんなはずないのでは、と思ったのですが、「空港ロビーにいるなり、街に行くなりしてください。とにかくシステム上搭乗券は出ません」とのつれないお返事。

一体どうすればいいのやら…と途方に暮れかけたものの、ついこの先日、自動チェックイン機が登場し、セルフで当日分の手続きが出来るようになったとのニュースがあったことを思い出しました。

自動チェックイン機で事なきを得る

念の為試してみると…

……

 

………ん?

 

この通り、何の問題もなく搭乗券が出て来ました!

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ファーストクラスチケット

システム上云々…というのは、おそらくスタッフさんの勘違いだったのかも?

特に海外ではこういうことがよくありますので、やはり出来る限り情報を集めておくことが大事ですね。

何はともあれ、これで4時間待ちぼうけをする必要も無くなって、ほっと一安心です。

スポンサーリンク

出国後ラウンジへ

それではさっそく出国し、制限エリアに入ります。

もしや保安検査場で止められる…?とドキドキでしたが、結果は全く問題ありませんでした。

無事出国を済ませたら、お待ちかねの「ファーストクラスラウンジ」へ

エミレーツ航空の本拠地であるドバイ国際空港には、ファーストクラス搭乗者向けの豪華ラウンジが合計3つ(コンコースA・B・C)に用意されており、搭乗までの時間を優雅に過ごすことができるのです。

コンコースBのファーストクラスラウンジ

まずは、保安検査場から一番近いコンコースBのファーストクラスラウンジを目指します。

ドバイ国際空港エミレーツ航空コンコースBファーストクラスラウンジ

当初はコンコースAのファーストクラスラウンジへの再訪が第一希望だったのですが、現在コロナのためクローズとの事前情報があったため、半ば諦めていました。

が、レセプションで「コンコースAのファーストクラスラウンジはコロナでクローズしているんですよね?」と伺ったところ、

サービスは縮小していますが、営業再開していますよ

とのこと。さらに、

正直に言いますと、コンコースBのラウンジよりAのラウンジの方が豪華で素晴らしいですよ!まだ時間の余裕もありますし、あとで移動されては?

と勧めていただきました。

とはいえ、Bラウンジもかなり豪華!

その後訪れたAラウンジではクローズになっていた無料スパコースも受けられて、大満足の滞在でした。

コンコースBのビジネスクラスラウンジ

コンコースBでは、ファーストクラスラウンジの後、ついでにお向かいにあるビジネスクラスラウンジBも見学させていただくことに。

ドバイ国際空港コンコースBエミレーツ航空ビジネスクラスラウンジ・エントランス正面から

ファーストクラスラウンジとそれほど差を感じられない、こちらもとっても素敵なラウンジでした♪

特に、モエシャン4種類を味わえる豪華シャンパンラウンジは必見です!

コンコースAのファーストクラスラウンジ

そして最後に落ち着くは、やはりドバイ国際空港一番の花形、コンコースAのファーストクラスラウンジ。

ドバイ国際空港エミレーツ航空コンコースAファーストクラスラウンジ

ここがドバイ国際空港で最も広く、エミレーツが最も力を入れているラウンジということで、半端なくラグジュアリーで非日常感たっぷり。

これが最後の利用になるかもしれませんので、食事・シャワー・仮眠と、しっかり堪能しておきました。

スポンサーリンク

搭乗口へ

搭乗1時間前になったら、いよいよ搭乗口へ向かいます。

この日の搭乗口はC21。偶然にも前回と同じゲートでした。

東京行きは毎回固定なのでしょうか。コンコースCのファーストクラスラウンジに最も近い搭乗口です。

理系マイラー妻
理系マイラー妻

ファーストクラスラウンジCは、3つのファーストクラスラウンジの中で一番規模が小さく、設備面も控えめなので、今回は立ち寄らず、AとBの滞在時間を最大限確保することを優先しました。

コンコースAからCまでは結構な距離があるため、なかなかCの表示が見えなくて焦りつつ、とにかくまっしぐらに前進します。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・C21搭乗口へ

どうにか搭乗開始に間に合うことができました!

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・C21搭乗口

チェックインから10時間もあると、うっかり寝過ごしてしまう心配もありましたが、ここまで来れば安心ですね。

窓の外にはB777-300ERの姿が。いよいよ、これがおそらく最後のエミレーツファーストクラス搭乗です!

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・搭乗機

搭乗開始

予定通り、出発30分前に搭乗が開始。

ファーストクラスとビジネスクラスは、手前のボーディングブリッジを使用します。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・ボーディングブリッジ

ファーストクラスキャビンの先頭に輝くのは、UAEの国樹ガフの木のモチーフ。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・ボーディングブリッジから見た機内

まだ二度目の搭乗ですが、植物のモチーフは癒し効果があるのでしょうか。日本まではまだまだ遠いにも関わらず、何となく家に帰り着いたかのような安心感を覚えました。

スポンサーリンク

窓側1Kをチョイス

往路では、通路に挟まれた中央の席1Eを選択しましたが、復路では窓側席の1Kを選択。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・1K

天井まですっぽりと覆われたブースの中央には、メルセデスベンツのSクラスに着想を得たシートが鎮座しています。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・収納

エミレーツ航空・新型ファーストクラスは、1-1-1の2列構成です。

エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記・エミレーツ航空B777ファーストクラスシートマップ

ご覧になってわかるように、1Kはお隣1Eの壁側(入口の反対側)に面しているため、搭乗中あまり人の気配を感じないというメリットがあります。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港・1Kの目線

2列目の様子

ちなみに、この日は2列目の席がどちらも空いていたため、搭乗が終わって仕舞えば、CAさん以外を見かけることはありませんでした。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・2列目の両席

2列目から前を見るとこんな感じ。夜便のため、天井には星空の演出が輝いています。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・2列目の両席から前を見たところ

スポンサーリンク

中央席と窓側席の違い

1E(中央席)と1K(窓側席)で機能的に異なる点は、主に以下の2つ。

  • 本物の窓が付いている
  • 収納が狭い

「本物の窓」とはなんぞや?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は中央列には「バーチャルウィンドウ」といって、窓を模した画面に、1K席から見える景色を表示するシステムがあるのです。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・バーチャルウィンドウ(往路にて撮影:1Eのバーチャルウィンドウ)

本物と見紛うクオリティで、とっても興味深いシステムでした。

そしてもう一つの差が収納力。

中央列1Eの座席上収納がこのくらいなのに対し…

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・1E頭上の収納

窓側1Kはこの通り、3分の2くらいの大きさ。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・収納

ミニバーの体裁も異なります。

1Eのミニバーは、左右に2本入り、3本入りとなっている一方…

エミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ミニバー

1Kはこの通り、かなり狭くなっているのがお分かりいただけるでしょうか?

エミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・1Kのミニバー

窓側に1本、

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・1Kミニバー右

通路側には2本がやっと入る程度です。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・1Kミニバー左

シートの快適性は全く変わりませんが、個人的には中央ブースの方がゆったりとしていて好みでした。

スポンサーリンク

アメニティ

細かい座席の機能などは,、往路の搭乗記をご覧いただくとしまして、続いてはアメニティをチェック!

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・アメニティ

ドレッサー内のセット

モニター前のドレッサーには、眠る前のリラックスにピッタリなBYREDOピローミストに化粧品、ペン、手帳がセットされています。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・アメニティ・デスク上のアメニティ

ポーチはブルガリ

当初、席には女性用アメニティポーチが置いてありましたが、往路分だけで十分でしたので、夫へのお土産用として、男性向けポーチに変えていただきました。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・アメニティ・ブルガリのアメニティ

中身がこちら。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・アメニティ・ブルガリの男性用アメニティ

  • ティッシュ
  • ヘアブラシ
  • 歯磨きセット
  • 制汗剤
  • シェービングキット
  • ブルガリ・クレンジングタオル
  • ブルガリ・アフターシェービングバーム
  • ブルガリ・ボディローション
  • ブルガリ・リップバーム
  • ブルガリ・レジェンメ・タイガー(香水)

一般的なアメニティが揃っているだけでなく、ブルガリの高貴な香りを存分に楽しめるキットとなっています。

パジャマとスリッパ

そしてこちらは…

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・アメニティ・パジャマとスリッパ

パジャマとスリッパです。ご丁寧にフェルト製の立派なエンベロップに入っているところも、さすがはエミレーツ航空。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・アメニティ・パジャマとスリッパ

さっそくパジャマを着てみました。これでいつでも好きな時に寝られますね(現在午前2時すぎ)。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・パジャマを着用

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク

席に落ち着くや、ウェルカムドリンクサービスがやってきます。

最初はやはりシャンパン!2012年物の「ドン・ペリニョン」です。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ウェルカムドリンクのシャンパン

グラスになみなみと注いでいただきました。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ウェルカムドリンクのシャンパン

さらに、おなじみのアラビックコーヒーも。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ウェルカムドリンクのアラビアンコーヒー

一緒に供されるデーツは、あっさりしたコーヒーとの相性抜群です。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ウェルカムドリンク・デーツ

さあ、準備は万端。ついにファーストクラス旅の始まりです!

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ウェルカムドリンク

スポンサーリンク

いよいよ離陸

飛行機は定刻を3分ほど過ぎて、滑走路へ向けて移動し始めました。

エミレーツ航空B777新型ファーストクラス搭乗記・機窓から

数多のエミレーツ機が並ぶターミナルを通り抜けたら…

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ国際空港

その後は順番待ちもなく、スムーズにドバイ上空へと飛び立ちました。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ドバイ上空

さすが世界のベストシティー5位に入ったこともあるドバイ。宝石箱をひっくり返したようにキラキラと輝いています。

また来る日まで、さようなら!

機内食がスタート

水平飛行に入ると、改めてドリンクとナッツがサーブされました。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ドリンク

ドバイ現地時刻は午前3時ですが、日本とは5時間の時差があるため、東京はすでに朝8時。

出来るだけ時差ボケを防ぐために、ここからは日本時間のつもりで過ごすことにします。

EK318のメニューリストがこちら。

どれにしようか迷いましたが、前夜ラウンジでたっぷりお肉をいただきましたので、軽めにパスタをお願いすることに。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・機内食・パスタ

「トリュフ・クリームのオレキエッテ・パスタ~ズッキーニのソテーとペコリーノ・チーズを添えて~」です。

機上にもかかわらず、アルデンテの絶妙な茹で加減!

香り高くまろやかなソースで、とっても本格的なパスタでした。

スポンサーリンク

フルフラットで快適

食後はベッドモードにしていただいて、のんびりごろごろ。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ベッドモード

このリネンがさらっさらで本当に気持ちよかったです♪

ランチ

映画を見ながら4時間ほど過ごし、今度はランチをオーダーすることに。

全く動いていないにも関わらず、程よくお腹がすいています。

初回を消化の良いパスタにしていて正解でした。

二度目の食事に選択したのは、「牛肉のオイスターソース炒め~フォーを添えて~」

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ランチ

先ほどとは打って変わって、こちらは完全にアジアの味です。

ちょっぴりレトルト感はあったものの、柔らかい牛肉とフォーにコク深いソースが絡んで、とっても美味しくいただきました!

デザート

食後のデザートは「ペイストリー盛り合わせ」

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ペイストリー盛り合わせ

4種類の可愛いお菓子がお皿に乗っています。

  • チョコレートとバタースコッチのフィナンシェ
  • レモン・メレンゲ・タルト
  • ココナッツ・マカロン
  • ベリー・タルト

どれもちゃんと美味しい♪カタール航空やブリティッシュエアウェイズのアフタヌーンティーセットを思い出します。

飛行機の中でこんなに優雅なひと時を過ごせるのも、ファーストクラスの醍醐味ですね。

超高級コニャック

甘いもののお供はコーヒーもいいのですが、せっかくのファーストクラスなので、より特別感のあるコニャックをオーダーしてみました。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・ウイスキー

「 テセロン コニャック ロット 29 XO エクセプション」という銘柄です。

ネットで調べてみますと…

テセロン コニャック ロット 29 XO エクセプション(ヨドバシカメラより)

 

なんと、一本16万5千円!?!

これまでに飛行機でいただいたお酒の中では、JALファーストクラスのシャンパン「サロン」に次ぐ2番目に高級なお酒です(多分)

猫に小判感は否めませんが、とても華やかな香りで、豊かな風味を感じる貴重な一杯でした。

スポンサーリンク

夕食

エミレーツのファーストクラスはさすが至れり尽くせり、座り心地は最高だし、何を頼んでも美味しいし、やはり言うことなしです!

ただその分、時間が経つのもあっという間。

いつの間にやら、成田まで残すところ、たったの2時間となってしまいました。

最後に、ちょっと早めの夕食をいただくことに。

飲み納めのシャンパン

ドリンクはこれでしばらく飲み納めになるであろう、再びのドンペリ2012。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・最後の機内食・シャンパン

グラスにゴールドの泡が美しく煌めきます。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・最後の機内食・シャンパンを注いでいただく

豪華!骨付き肉のグリル

記念すべき最後は、これまでよりも一際本格的なお料理がいいかな、ということで…

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・最後の機内食・骨つきにく

「骨付き仔牛肉のグリル」にしました!

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・最後の機内食・骨つき仔牛肉のグリル

これが飛行機の上だなんて、俄には信じられない豪華さですよね。

傍には温められたパンと、

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・最後の機内食・パン

オリーブオイル、バルサミコ酢、イズニーバターも添えられていて、まさしく完璧!

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・最後の機内食・バター

付け合わせからメインまで、全てがとっても美味しかったです。

エミレーツオリジナルティー

締めのデザートは、ハーブティーと何か甘いものをとお願いしたところ、このようなセットが届きました。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・デザート

ティーバッグは、ホテルのラウンジなどでも見かけるスリランカのディルマ製・tシリーズ。

ただよく見ると、「Emirates Signature tea」と書かれています。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・エミレーツのオリジナルティーバッグ

つまりこれは、エミレーツオリジナルのティーバッグということ!

スリランカ中部ドンバガスタラワの茶葉に、ローズ、アーモンド、生姜を加えた逸品です。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・エミレーツのオリジナルティーバッグ・水色

ブース内いっぱいに広がる甘いバラの香りが食後にピッタリ。

味わいが本格的なことはもちろん、食べ応えも満点で、最高のランチでした♪

成田に着陸

食後は速やかに片付け開始。そろそろ着陸のようです。

窓側席には双眼鏡のサービスがあり、窓からの景色を存分に楽しめました(本格的に着陸体制に入ると回収されます)

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・双眼鏡

もうこれでおしまいだなんて、何とも切ない限り…。

無情にも、飛行機は定刻より10分以上早く成田空港に着陸しました。

エミレーツ航空B777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・肘掛けのリクライニングボタンエミレーツ航空B 777-300ER新型ファーストクラス搭乗記・成田に着陸

およそ10時間も乗っていたなんて信じられないほど、素晴らしく快適なフライトでした!

最後に

ということで、今回はエミレーツ航空B777-300ERの新型ファーストクラス搭乗記をお届けしました。

往路ではほとんど何も食べず、早々に眠ってしまいましたが、復路では色々お料理もお酒も存分に楽しむことができ、もはや思い残すことはありません。

完全に個室状のブースなので、空調や照明も全部自分好みにできて、最高にストレスフリー。

これはまさしく究極のファーストクラスと言えるのではないでしょうか。

前述の通り、現在はJALマイルから交換することができなくなってしまいましたが、またいつかどこかでご縁があることを願ってやみません。

エミレーツ関連記事

【2022搭乗記】エミレーツ新型ファーストクラスは世界トップレベル!アメニティや機内食まで全てレポート♪B777-300ER
最上級の飛行機旅といえば、やはりファーストクラス!ですよね。 世界各国、何社ものエアラインがファーストクラスを持っていますが、アラブ首長国連邦エミレーツ航空のファーストクラスは間違いなくトップクラス。 2020年には、ト...
エミレーツ航空A380ファーストクラスに乗ってみた!世界一豪華な機内を徹底リポート~成田-ドバイ搭乗記
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地とするエミレーツ航空。 同じくUAEのアブダビを本拠地とするエティハド航空、そしてカタールのドーハを本拠地とするカタール航空と並んで、「中東御三家」と称されています。 その贅を尽...
成田空港のエミレーツラウンジに行ってみた!気になる利用条件からラウンジ内の雰囲気、人気メニューまで全公開‼︎
エミレーツ航空は、本拠地をドバイ(アラブ首長国連邦)におく航空会社。 オイルマネーを背景とする贅を尽くしたサービスには定評があり、エアライン中東御三家(エミレーツ航空・カタール航空・エティハド航空)としても世界に名を馳せていま...
エミレーツ航空A380ファーストクラスの極上サービスを徹底リポート!アメニティ・機内食・シャワールーム
世界一豪華といっても過言ではない「エミレーツ航空ファーストクラス」。 ゴールドで統一されたきらびやかな空間は、プライベートドアを閉じると個室になり、座席を倒せばフルフラットのベッドにもなります。 お腹が空いたら席まで料理...
【2022最新】理解を超えた豪華さ!エミレーツ航空ファーストクラスラウンジが凄すぎた!!<ドバイ国際空港ターミナル3・コンコースA>
アラブ首長国連邦のドバイ国際空港を本拠地とし、豪華絢爛なサービスで知られる「エミレーツ航空」。 そのファーストクラス搭乗客向けに展開されている「エミレーツ・ファーストクラス・ラウンジ」は、世界で最も豪華な空港ラウンジと言われて...
【2022最新】エミレーツ航空ファーストクラスラウンジは世界最高峰!絶品レストランから極楽スパまで全てレポート(ドバイ国際空港)
エミレーツ航空の本拠地であるドバイ国際空港には、ターミナル3のA・B・C三つのコンコースに、合計7つのエミレーツラウンジが存在しています。 ビジネスクラス搭乗者向けのラウンジもびっくりするほど豪華ですが、やはり必見は世界最大級...
エミレーツ航空ファーストクラスを発券!JALマイルがお得に使える「JMB提携航空会社特典航空券」の予約方法を徹底解説
突然ですが、このたび、エミレーツ航空のファーストクラス特典航空券を発券しました!! 使用したのはJALマイル。 エミレーツ航空といえば、言わずと知れた、豪華絢爛なサービスでおなじみ中東御三家(エミレーツ航空・カタール航空...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2022年8月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2022年8月1日~31日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングで...
【2022年8月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で1,000円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で1,000円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタス...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2021年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2021年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る

Uber Eats 【初回注文2,500円OFF】クーポン


・2022年1月31日(月)23:59まで有効
・最低注文金額なし
【注意事項】このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。
クーポンコードをコピーした後、リンクの遷移先で貼り付けてご利用ください。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン
【有効期限】2022年4月1日~4月15日まで


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス