instagramはじめました!フォローはこちら

ZIPAIRフルフラットシートが快適すぎた!最安6万円台なのにビジネスクラス級~ハワイ・ホノルル線 搭乗記2022

follow us in feedly

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記

2020年に就航したJAL系列LCC「ZIPAIR(ジップエア)」

「LCCを超えたローコストエアライン」を掲げ、満を辞して登場しました。

驚くべきは、LCCなのにフルフラットシートを提供しているということ!

路線により料金は異なりますが、例えばバンコク線が5.3万円〜、ホノルル線で6.9万円〜という驚きのお値段です。

実際の乗り心地やサービスはどうなのでしょうか?

結論から言いますと、すっごく快適!コスパ最高でした!

今回は、成田-ホノルル線ZIPAIRフルフラットの様子から、アメニティや機内食まで、余すところなくレポートします♪

本記事で使用している写真は、許可を頂いた上で撮影したものです。

スポンサーリンク

今回のフライト情報

さて、今回のフライト詳細は以下の通り。初めてのZIPAIRで、久々のハワイへ出発です!!

便名 ZG002
区間 成田→ハワイ・ホノルル
出発時間 19:30
到着時間 08:10
フライト時間 7時間40分
シート フルフラット

ZIPAIRは成田第1ターミナル発着

3年ぶりの子連れ旅ということで、少々緊張しつつ迎えた当日。

出発時刻の2時間30分前、17時に成田空港に到着しました!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル

LCCは主に第3ターミナル、そして親会社であるJALは第2ターミナル発着ですので、うっかり間違えてしまいそうですが、ZIPAIRは第1ターミナル発着。

北ウィング側にサインを見つけることができました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/航空会社

ANAはじめ、スターアライアンス系が集まる南ウィング側は度々利用しますが、こちらに来るのは、ガルーダインドネシア航空搭乗時以来です。

スポンサーリンク

いざチェックイン!

ZIPAIRのチェックインカウンターは、北ウイングのC。出発3時間前からオープンしています。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/チェックインカウンター全体

ZIPAIRにはステータス制度がなく、フルフラットシートもあくまでスタンダート席と同等。従って、優先レーンなどは設けられていません。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/レーン前

受託手荷物は有料

ZIPAIRでは、受託手荷物は全て有料です。

カウンター前のテーブルには、受託手荷物の重量を購入するようQRコードが置かれていました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/チェックインカウンター

もしまだ購入していない場合は、自分の順番が来る前にオンラインで手続きを済ませておきましょう。

受託手荷物は、実際にカウンターで重さを測ってから購入することも出来なくはありませんが、スムーズな手続きのためにも、事前に購入しておく方がベターです。

購入した分の重さを超えてしまった場合は、カウンターで差額+事務手数料の支払いが必要になってしまうため、荷物の重さが確定してから購入する必要があります。

LCC利用時には、自分で重さを測れるラゲッジスケールを持っておくと便利です!

機内持ち込み手荷物にも厳しい制限がある

ANAやJALといったレガシーキャリアと異なり、LCCのZIPAIRでは、持ち込み手荷物にも厳格な規定が設けられています。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/チェックインカウンター・荷物用はかり

一人2個、合計7kgまでが許容範囲。

二人以上で搭乗する場合は、一気に「人数×7kg 且つ 人数×2個」で計算することができます。厳密に「この人の分がこれとこれで…」というやりとりは必要ありません。

今回は娘とのふたり旅。測りの上に、飛行機に持ち込みたい荷物を全部置きまして…

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/チェックインカウンター・持ち込み手荷物

4個・14kgまでOKのところ、無事許容内に収まりました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/チェックインカウンター・荷物用はかり

機内持ち込み手荷物は、出発24時間前までなら12kgへのアップグレードが可能(有償)ですが、当日もし範囲を超えてしまった場合は、受託手荷物として預ける他ありません。

チェックイン完了

コロナ禍の上に久しぶりのLCCということで、ちょっと不安もありましたが、無事手続きが完了しました!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗券

空港に到着してチェックイン手続きが済むまでに、およそ40分。

セルフチェックインやバゲージドロップはありませんので、ZIPAIRを利用する際は、できるだけ早めに空港に来た方が慌てずにすみそうです。

それでは出国しましょう!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/出発口

スポンサーリンク

出国完了

保安検査場、出国審査場いずれも待ち時間なく、スムーズに制限エリアに出ることができました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/出国審査後

まだまだ海外に行く人は少ないようで、免税店街は相変わらず閑散としています。

有料ラウンジサービスあり

あとは搭乗開始を待つのみ…なのですが、まだ1時間以上時間があります。

ゲート前に行くにはちょっと早いかもしれません。

こういう時、レガシーキャリア搭乗なら、ラウンジで過ごすのがお約束ですが、今回利用するのはLCC。いつもとは事情が少々異なります。

ZIPAIRでは直営のラウンジを持っていないものの、空港にある有料ラウンジ「Travel Lounge」をちょっぴりお得に使えるサービスを実施中。

ZIPAIR有料ラウンジ

(ZIPAIR公式サイトより)

…なのですが、ホノルル線利用者は、出発時刻と営業時間の兼ね合いで、残念ながらこのサービスを利用することができません。

出国後にラウンジで過ごしたい場合は、一般ゲストとしてTravel Loungeに入室する(18時に営業終了)か、プライオリティパスでANAラウンジを利用するかのいずれかとなります。

今回私は、2022年7月に出来たばかりの第2サテライトANAラウンジを利用しました。

そちらの訪問記は、また改めてご紹介の予定です。

スポンサーリンク

搭乗ゲートに到着

ラウンジで1時間ほど過ごした後、19時ちょっと前に搭乗ゲートにやってきました!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗ゲート

こちらが初めましてのZIPAIR機です♪

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗ゲート・使用機材

LCCではA320やB737といった中型機が主流の中、ZIPAIRは290人もの乗客を運ぶことができる大型機「787-8」を採用。

当機が登場したおよそ10年前、低騒音やキャビンの湿度の高さ、揺れの少なさが話題になったことを記憶しています。

LCC価格でこの飛行機に乗れるというだけでも、ZIPAIRを選ぶ大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

私自身はさほど気にしないのですが、飛行機が苦手な夫が同行する際には、B787を始め、可能な限り乗り心地のよさそうな機体の便を予約するよう心がけています。

搭乗開始!

赤ちゃん連れやお手伝いの必要な方を対象とした事前改札の後、出発30分前にいよいよ一般客の搭乗が開始されました。

ちなみに、フルフラット乗客のための優先搭乗はありません(復路のホノルル発便では優先搭乗がありました)

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗ゲート・ボーディング開始

とうとう初めてのZIPAIR!一体どんな旅になるのでしょうか?

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗ゲートをくぐってから見る飛行機

PBBはフルフラットとスタンダードで分かれています。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗ゲート・ボーディングブリッジの入口

フルフラットの乗客は、左側のブリッジへ。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/搭乗ゲート・ボーディングブリッジを歩く

こちらが飛行機の入口です。「LCCなのにフルフラット」ってどんな感じなのでしょう?ワクワクしますね!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/飛行機の入口

スポンサーリンク

ZIPAIRフルフラットシートの全貌

さて、こちらがZIPAIR Full-Flatです!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットキャビンを前方から

パッと見た感じは、完全にビジネスクラスですよね。

それもそのはず、大まかな作りはKLMオランダ航空のビジネスクラスと同等なのだとか。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/キャビン全体図

フルフラットキャビンのシートマップがこちら。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/シートマップ

(ZIPAIR公式サイトより)

ご覧の通り、1-2-1の5列・全18席となっています。

ホノルル線では、こちらのフルフラットシートから先に埋まっていくのだそう。

10万円前後でハワイまでフルフラットというのは、やはり魅力的ですよね!

窓側の席はこんな感じ。外に向かって角度が付いているため、他のお客さんの目線が気になりません。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットシート・窓側

本便では中央列2D/2G、娘と隣同士を選択(一人1,500円の指定料金が必要)。この2席は、お互い寄り添いあうような座席の配置となっていました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットシート・通路側

ヘリンボーン式ということで、これまでに搭乗した中ではJALのビジネスクラスシート「SKYSUITEⅢ」に近い感覚かもしれません。

ZIPAIRでは座席指定にも料金がかかるため、機内での席変更は一切認められていません。
スポンサーリンク

シート周りの設備

では、さっそくシートを詳しくチェックしてみましょう。

個人用モニターはなし

着席して正面を見た写真がこちらです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/シートに座った正面

シートそのものは完全にビジネスクラスですが、一つ違うのはモニターがないこと。

全席モニターを搭載しないことにより、0.5トンもの軽量化に繋がったのだそうです。当然これはユーザー側のメリット(コストカット)にも反映されています。

個人的には、最近一切モニターを使うことなく飛行機を降りることも多いため、ないならないで別に何も気にならないのですが、そうでない方は持参のスマホやタブレットで映画などを見られるサービスが提供されています(後述)ので、そちらを利用されるといいかと思います。

テーブル

テーブルはサイドテーブルから引き出す仕組み。このように一部折り畳まれた状態で出てきまして…

ZIPAIRフルフラット搭乗記/テーブルを引き出したところ

パタンと広げると、この通りかなり大判のテーブルになります。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/テーブル

5cm程度、前後にスライドさせることが出来ました。

フルフラットにはタブレット置き場なし

私事ではありますが、今回ZIPAIRのフルフラット搭乗にあたり、夫から必ずチェックしてほしいと言われていたのが、「タブレット置き場があるかどうか」ということ(酔いやすいため、前方若干上の視線で画面を見ながら過ごしたいそう)

スタンダード席にはこのように、スマホやタブレットを置けるスペースが確保されているのですが、フルフラットではそのような紹介がなされていませんでした。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/スタンダード席のタブレット置き場

(ZIPAIR公式サイトより)

結論から言いますと、フルフラットに専用のタブレットスペースはありません。

正面ポケットの下に、1~2cmほど迫り出した部分があるものの…

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ポケット下のスペース

滑り止めがないため、iPadを自立させるのは難しい感じです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/モニターを置いてみた

キーボードなどのスタンドを取り付けた上で、サイドテーブルや…

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/成田空港第1ターミナル/モニターをサイドテーブルに置いてみた

メインテーブル上に置くのが一番いいかなと感じました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/メインテーブルにipadを設置

ちなみにスマホ(iPhone ProMax)だと自立してくれますが、画面が小さいため見づらいかもしれません。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/スマホを置いてみた

収納

収納の方はと言いますと、まずサイドに大きめのラック。500mlのペットボトルも収納できる高さです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ラック

こちらにはユニバーサル電源とUSB電源が付いていて、充電しつつ収納して置けるのがとっても便利!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ラックの電源

飛行機では、接触が悪くてうまく充電されないことも多いのですが、こちらはそんなこともなくバッチリでした。

その他には正面のポケットと、

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/正面のポケット

肘掛け下にもスリムなポケットが。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/サイドポケット

ここはスマホと搭乗券を入れておくのに便利です。

実はZIPAIRでは、購入したアメニティや機内食を受け取る際、必ず搭乗券やパスポートでの本人確認が求められます。

飛行機に乗ったらもう必要ないと仕舞い込みがちですが、ZIPAIRの場合はしっかり手元に管理しておかなければなりません。

その点ここに置いておけば、いつでもサッと取り出せて、CAさんを煩わせずに済むというわけです。

離発着時は、全ての手荷物をオーバーヘッドコンパートメントか、足入れの下に収納する必要があります。

コントローラー

照明や座席ポジションは、肘掛けのタッチパネルで調整可能。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/シートコントローラー

上から以下の通りです。

  • プライバシーサイン
  • 照明の強弱
  • ベッドモード
  • リラックスモード
  • 離発着モード
スポンサーリンク

化粧室

機内にラバトリー(トイレ)は7カ所。

うち3つがウォシュレット付きとなっています。ウォシュレットを搭載したLCCは、ZIPAIRが世界初なのだとか。

実際の写真がこちら。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/化粧室

おむつ交換台も完備されていました。特にホノルル線は赤ちゃん連れが多いので、これは助かりますね。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/化粧室のおむつ台

LCCなので、お掃除の回数はどうなんだろうと思っていましたが、いつも綺麗に保たれていて安心しました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/化粧室の洗面台

その辺りは、流石のジャパンクオリティです。JALの子会社ということで、衛生管理も同レベルなのかもしれません。

個人的には、消毒スプレー+スタンドまでJALと同じというあたりにも、安心感を覚えました。

ちなみに車椅子の方も使えるよう、2つのトイレをつなげて広くすることも出来るのだとか。

素晴らしいアイデアですよね♪

いよいよ出発!

さてさて、そうこうするうちに出発時刻となりました。

本機には個人のみならず共用モニターもないため、非常時の案内はCAさんの実演です。あまり見ない光景に、娘は興味津々。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/デモンストレーション

ハワイへ向けて、約7時間半の旅のスタートです!

スポンサーリンク

事前申し込み済みのアメニティ配布

順調に離陸して、シートベルト着用サインが消えると、まず事前に購入していたアメニティが配布されます。

私は機内お役立ちグッズが詰まった「アメニティセット(トートバッグ付き)」を注文していました。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ

中に入っているのは…

まずはエコバッグとしても使えるトート。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・トートバッグ

前面にZIPAIRの尾翼がプリントされたシックなデザインです。この部分は上下が縫い止められておらず、スーツケースのハンドルに通して固定することができます。

1.5Lサイズのペットボトル数本が余裕で入る大きさで、しかもとっても軽いため、ホノルル滞在中の買い出しにも重宝しました!

耳栓はケース入りで、繰り返し使えます。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・耳栓

アイマスクはツルツルしたサテン生地で出来ており、普段コットン製を愛用している私としましては、ちょっと違和感を覚えるかもと思いきや、しっとりと顔の凹凸に寄り添ってくれて、抜群の使い心地!

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・アイマスク

おでこから頬まで覆うほどの大判なところも、史上ナンバーワンに気に入りまして、家でも絶賛活躍中です。

続きまして、これは何かと言いますと…

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・ピロー

ポンプ付きのネックピローです。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・ピロー

最近、浮き輪もこのタイプに買い替えたのですが、衛生的ですしとにかく楽ちん。あっという間に膨らませることができました。

そしてスリッパ。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/アメニティ・スリッパ

いちいち靴を脱ぎ履きするのは面倒ですので、こちらもあると嬉しいアイテムですよね。

最後がこのブランケット。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・ブランケット

パッケージの裏を確認すると、サイズ160cm×110cm、ポリエステル100%とあります。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/購入していたアメニティ・ブランケットの裏側

軽くてふわふわ、保温性もなかなかです。子供が肌触りがいい〜♪と喜んで包まっていました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ブランケットを巻いたところ

ブランケットの貸し出しは一切ありませんので、もしアメニティを購入しない方は、羽織るもの必携です。

スポンサーリンク

機内食が開始

離陸から40分ほど経つと、機内食がスタートします。

CAさんに伺ってみたところ、出発と同時に温めを開始するため、何時間後に食べたい、というリクエストは一切受け付けられないとのことでした。

ホノルル線限定メニューをオーダー

機内食は基本的に事前申し込み制です(出発72時間または48時間前/締切時刻はメニューによって異なる)

以下一覧のうち、赤枠で囲っているのが成田発ホノルル線限定メニュー

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食メニュー

今回はハワイアンロール除く、この4点を注文してみました!

  • 香味ガーリックシュリンプ 900円
  • ポークむすび 800円
  • とろーり半熟卵のせポケ 900円
  • Kid’s ロコモコ 1,200円

ハワイ気分満点の3メニュー

さて、実際に届けられたのはこちら。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食・ホノルル線限定メニュー

まずは大人用に注文した、ガーリックシュリンプ、ポークむすび、ポケの3つです。

申し込み時に誰がどれを注文するかまで指定するため、複数申し込んでもちゃんと1セットにして配ってもらえました。

どのメニューにもお水が1本ずつ付くらしく、一気に3本ゲット。お水はいくらあっても困りません。

まず左がポケ、右がガーリックシュリンプ。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食・ポケとガーリックシュリンプ

直径12cm、高さ10cmほどの容器に、野菜とメインがぎっしり詰め込まれていました。彩り美しい二品です。

そしてこちらがポークおむすび。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食・ポークおむすび

ラップを剥がすとこんな感じです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食・ポークおむすびを取り出したところ

酢飯はかなり小さめ。子供や女性でもパクリと食べてしまえる大きさだと思います。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食・ポークおむすびを横から

私にとってはちょうど良い量でしたし、糖質控えめなのがGOOD。お味も美味しかったです!

ただ一つ、3つとも冷たいメニューだったことだけが計算外でした。

機内が肌寒かったので、機内食一覧に温冷表示があると助かるな、と感じました。

Kid’s ロコモコ

そしてこちらがキッズロコモコ!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食・キッズロコモコ

他路線ではお子様ランチのようなキッズメニューが提供されていますが、ホノルル線のみ、一足早くハワイ気分を味わえるロコモコスタイルとなっています。

いかにも美味しそうですが、娘の食いつきが本当にすごかった…!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/キッズロコモコに夢中

普段は一体いつまで食べてるの?!くらいに進みが遅く、一般的に子供が好むとされるメニューにもあまり興味を示さない方なのですが、「美味しい美味しい!!」と5分足らずのうちに完食。

これは大変嬉しい誤算でした♪

スポンサーリンク

機内サービス

お腹がいっぱいになったら、機内サービスを活用しながらくつろぎましょう。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス

機内Wi-Fi無料

ZIPAIRでは、なんと機内Wi-Fiが無料で使えます!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内wi-fi無料

国内線ならいざ知らず、国際線でインターネット無料というのは、レガシーキャリアでもまだまだ希少です。

LCCなのにフリーサービスだなんて、俄には信じられません。

速度はというと、やはり場所によってはネットサーフィンが厳しいところもありましたが、メッセンジャーアプリなどは問題なく機能しました。

家族とチャットしながらフライトを楽しめるっていいですよね♪

機内エンターテインメント

機内エンターテインメントには、音楽や映画が多数収録されています。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内エンタメ

当時の映画ラインナップは以下の通り。

  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
  • ボヘミアン・ラプソディ
  • クレイジー・リッチ!
  • アナと雪の女王2
  • マイ・インターン
  • ジョン・ウィック・パラベラム
  • ジョーカー
  • キングスマン:ゴールデン・サークル
  • ラ・ラ・ランド
  • スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

このほか、ZIPAIRオリジナルビデオやミュージックビデオなどがありました。

最新リストとはいかないものの、時間を潰すには十分ではないでしょうか。

機内販売

またZIPAIRでは、機内販売カタログの提供がありません。

全てこちらのQRコードを読み込み、Webサイトで閲覧する仕組みとなっています(機外からはアクセス不可)

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内販売

実際の画面がこちら。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売

ご参考までに、それぞれどんな取り扱い商品があるのか少しだけご紹介します。

お食事とお飲み物

まずはフード&ドリンクから。

その日によって在庫状況は変わるかと思いますが、おやつやビール(アルコールの持ち込みは禁止です)に、離乳食まで網羅されていました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売1

ソフトドリンクや子供向けのスナックも。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売3

わずかですが、当日申し込みできる機内食もあります。この日は鶏そぼろ丼のみ在庫ありとなっていました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売2

小腹が空いた時のために、カップ麺なども。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売4

数えてみると、全部で60品目ほどラインナップされていました。かなり豊富な品揃えです。

グッズ

続いて、グッズにはどんなものがあるのかと言いますと…

先ほどご紹介したアメニティをはじめとするZIPAIRオリジナルグッズや、

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売4

うっかり忘れがちな充電ケーブルなどなど。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内販売グッズ2

ちょっとした雑貨も売っていて、何かと旅の助けになりそうです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内サービス・機内販売5

雑貨類も25商品ほどと、力の入れ具合が伺えました!

理系マイラー妻
理系マイラー妻

機内食サービス中には、機内販売が一時ストップしますので、申し込みは早めがいいかもしれません。

また、機内販売の支払方法はクレジットカードのみですのでご注意ください。

スポンサーリンク

ビジネスクラスさながら!フルフラットモードで快眠

夜便のハワイ線では、飛行機の中でどれくらい眠れるかが、現地でのスタートダッシュに影響します。

できるだけ長く睡眠をとるべく、早々にフルフラットモードにチェンジ!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットモード

マットレスなどは用意されていませんが、本革製の滑らかなシートのおかげで、特段の不便なく十分リラックス出来ました。

足元はこんな感じで、身長170超でも壁までは届きません。男性でも全く問題ないかと思います。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットモードの足元

やはりフルフラットは最高ですね!これならぐっすり眠れそう。

それでは、おやすみなさい♪

スポンサーリンク

ダニエル・K・イノウエ空港に到着!

離陸してから7時間弱。

暗い機内ですっかり寝入っていましたが、着陸が近づくと共に日除けが解除され、朝の光が機内を満たしていきます。

ZIPAIRフルフラット搭乗記/間もなく着陸

やはりフルフラットで体を休めることができると、疲れが全く違いますね。

窓からは、ハワイの山々が顔を覗かせ…

ZIPAIRフルフラット搭乗記/ハワイの山々

無事、ダニエルK・イノウエ国際空港に着陸しました!

ZIPAIRフルフラット搭乗記/ダニエルkイノウエ空港に着陸

20分ほどの早着です。久々のハワイはカラッといい天気♪

ZIPAIRフルフラット搭乗記/着陸した機体

快適なシートと、付かず離れずの心地よいサービスのおかげで、元気一杯の状態でハワイに到着できて何よりです。

成田からの約7時間、素敵な空の旅をありがとうございました!

最後に

ということで、今回は話題のLCC「ZIPAIR」ホノルル線・フルフラットシート搭乗記をお届けしました。

  • ZIPAIRは成田空港第1ターミナル発着
  • フルフラット用の優先レーンなどはないので早めの到着が吉
  • チェックインは1時間前締切
  • 受託手荷物は一個から有料
  • 機内持ち込み手荷物は一人当たり2個合計7kgまで
  • アメニティや機内食は全て有料
  • 機内Wi-Fi無料
  • 映画や番組などのエンタメプログラムあり
  • 機内販売はバラエティ豊富
  • フルフラットはやっぱり最高!驚きのコスパ!

夏休み真っ只中ということで、ハイシーズン料金ではあったものの、それでも一人往復24万円ほど

高額な燃油サーチャージを別途支払う必要があるレガシーキャリアのビジネスクラスと比べると、2〜3分の1ほどの料金でハワイ旅行が実現しました!

もちろん、レガシーキャリアは手荷物や機内食、アメニティなど全て込みのお値段ですので、単純に比較することはできませんが、個人的にはフルフラットであることに最も重きを置いているため、相当コスパに優れていると感じました。

逆に付加サービスを重視する方なら、JALの方が向いているでしょう。

3年前初めてハワイに行った時は、運良くマイルで特典ビジネスクラス往復が叶いましたが、競争率の高いハイシーズンで2名以上のチケットを取ることは至難の業。

【ハワイ旅行記】憧れの高級リゾートホテル『モアナサーフライダー』でお部屋の超絶アップグレード!<SPG/マリオット宿泊記>
ハワイ・ホノルルには、誰もが一度は泊まってみたい最高級のリゾートホテルがいくつかあります。 その中の1つ「モアナサーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」は、アメリカの歴史的建造物 (National Register o...

そんな条件の中でも、リーズナブルな旅を実現出来てとってもありがたかったです!

ZIPAIRの場合は、基本的に全てのサービスが有料という反面、自分にとって不要なものを省くことが出来る自由度の高さが魅力とも言えます。

自分の都合に合わせて上手に利用できれば、とっても便利でお買い得なエアラインだと思いました♪

復路の搭乗記もぜひ併せてどうぞ!

ZIPAIRのフルフラットとスタンダードを乗り比べてみた!JAL系LCCの座席の違いを徹底比較
2020年に誕生したJAL日本航空のLCC、ZIPAIR(ジップエア)。 人気路線の成田〜ハワイ・ホノルルが、「スタンダードシート(Standard)」で片道2.9万円からという低価格、そしてLCCなのにビジネスクラス相当の「...

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!

なお、今回は何の問題もなく終始快適なフライトでしたが、某口コミサイトでは、チャットや電話応対でトラブルがあったという声も散見されました。

ZIPAIRは基本的にキャンセルや変更が一切できないため、旅行のキャンセル保険を付ける、またもし可能であれば、余裕を持った旅程を心がけると、より安心だと思います。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2022年10月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2022年10月1日~31日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミング...
【2022年10月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で1,000円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で1,000円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタス...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

子連れ旅関連記事

【2022最新】JWマリオット奈良 宿泊記~プラチナ特典のアップグレード・キッズアクティビティ紹介!
「JWマリオット・ホテル奈良」は、世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」の最高級フラッグシップブランド「JWマリオット」を日本で初めて冠したホテルです。 2020年7月、奈良県初の外資系ラグジュアリーホテル...
リッツカールトン日光のアクティビティがすごい!子供向けプログラムを実体験レポート♪
2020年にオープンした、国内5つ目となる「ザ・リッツ・カールトン日光」。 隅々まで贅を凝らした設えと、和風で上品な雰囲気が魅力の高級ホテルです。 そんなザ・リッツカールトン日光では、豊富に用意された体験プログラムも大人...
【宿泊記】ベッセルホテルカンパーナ沖縄はサービス大充実!アメリカンヴィレッジを楽しみ尽くそう♪
新型コロナが流行し始めて、早1年半が経過しました。 そろそろ海外旅行が恋しくなってきた方も多いのではないでしょうか。 そんな方に打ってつけなのが、沖縄の美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ! 日本なのに日本じゃな...
セントレジス・バリの子供向けサービスが贅沢すぎる!初めての海外旅行にもオススメな理由を一挙紹介
子供を連れての海外旅行。 宿泊先を決めるに当たって、「子供料金が設定されているか」「添い寝ができるか」等、いろいろな条件があると思いますが、出来れば「子供向けのサービスが充実している」ホテルであれば、より嬉しいですよね! ...
ウェスティンリゾート グアム宿泊記!空港からのアクセス方法とアップグレードされたお部屋の様子をレポート
常夏のビーチリゾート「グアム」。 東京から飛行機で3時間ほどとアクセスが良く、時差もたったの1時間。気軽に行ける南国リゾートとして人気を集めており、初めての子連れ海外旅行先に選ぶ方も多いのだとか。 一度は行ってみたいなと...
シェラトン宮崎で体験できるサイクリング&乗馬が楽しすぎた!子ども大満足のアクティビティを一挙紹介
宮崎県宮崎市にある、大型高級リゾートホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。 広大な敷地を占める「フェニックス・シーガイア・リゾート」が擁する施設の一つで、空港からのアクセスもよく、ゆったりとした雰囲気の中でしばし...
【行き先・ブランド別】一度は泊まってみたい国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを...
妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行
トップへ戻る

Uber Eats 【初回注文2,500円OFF】クーポン


・2022年1月31日(月)23:59まで有効
・最低注文金額なし
【注意事項】このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。
クーポンコードをコピーした後、リンクの遷移先で貼り付けてご利用ください。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン
【有効期限】2022年4月1日~4月15日まで


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス