instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>

follow us in feedly

サウスウエスト航空搭乗記

アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。

言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは?

日本からラスベガスまでは直行便がないため、どうしてもアメリカ到着後、国内線へ乗り継ぐ必要があります。

個人で行くにはハードルが高いと思われがちですが、その点サンノゼ国際空港経由なら、ターミナルがコンパクトでラスベガス行きの便数も多く、初心者にもおすすめです。

サンノゼからラスベガスまで運航しているのは、老舗LCCでサービス面も優れていると評判のサウスウエスト航空(Southwest Airlines)

アメリカのLCCはどういうものなのか、搭乗前は少々不安もありましたが、実際に利用してみると、予約から当日に至るまで合理的で柔軟&サービス満点で、いい意味で期待を裏切られました!

というわけで今回は、米最大手LCC・サウスウエストで行くサンノゼ〜ラスベガス旅行記をお届けします♪

この記事では、サウスウエスト航空の予約方法・運賃種別、実際の機内サービスまで、2023年の最新情報を詳しく解説しています。

スポンサーリンク

サウスウエスト航空とは

まず初めに、「サウスウエスト航空」とは、1967年創業のアメリカ合衆国テキサス州ダラスを本拠地とする、大手LCC(ローコストキャリア)です。

サウスウエスト航空・機体

LCCではありますが、安全性・サービスにも非常に定評があり、安心して乗ることができるエアラインとされています。

そのあたりは、JALのLCCである「ZIPAIR」にも通じるところがありますね。

サウスウエスト航空の特徴

サウスウエスト航空は、LCCでありながら幅広い補償やサービスが含まれることが大きな特徴です。

当然高いチケットであればあるほどサービスも良いのですが、最安運賃でも以下の特典が網羅されています。

サウスウエスト航空の特典

  • 預け手荷物 2点まで無料
  • 変更&キャンセル無料(差額は支払う必要あり&キャンセルは次回使えるフライトクレジットでの返金)
  • ラピッドリワードポイント無期限有効
  • フライトクレジット無期限有効

柔軟性が非常に高く、下手したらフルサービスキャリア以上?

これなら高評価を得ているのも納得ですね。

機内サービスもなかなかの充実度でしたので、後ほど詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サウスウエスト航空のチケット予約方法

サウスウエスト航空のチケット購入方法は、特に難しいことはありません。

以下では、初めての方でも安心して予約できるように、チケット予約から発券までの手順を詳しく解説していきます。

STEP1. 行き先、日付、人数の入力

まずサウスウエストトップページにて、行き先や日付、人数を入力。

サウスウエスト航空・トップページ

STEP2. 運賃の選択

次のページで時間と運賃を選びます。

サウスウエスト航空・一覧

下に行くほど遅い時間になりますが、直行便と経由便が混在していることにご注意ください(日付カレンダー下にあるソートやフィルターボタンで検索結果を絞ることができます)

サウスウエスト航空の運賃種別

先ほど触れた通り、サウスウエスト航空には4種類の運賃があります。

・Business Select/ビジネスセレクト
・Anytime/エニータイム
・Wanna Get Away plus/ワナゲットアウェイプラス
・Wanna Get Away/ワナゲアットアウェイ

各運賃の待遇の違いは以下の通り。

サウスウエストサウスウエスト航空の運賃一覧

キャンセル・変更無料ですので、個人的には一番安いワナゲットアウェイでも問題ないかと思いますが、不測の事態が心配な方や、よりよいサービスをお求めの方は、待遇の手厚いチケットを買うのも良いでしょう。

なお、日が迫るごとに料金が上がる傾向にありますので、原則としては旅程が決まり次第出来るだけ早めにチケットを購入した方が良さそうです。

<同路線を出発前日に検索した結果↓>

サウスウエスト航空チケット一覧

より安く買いたいのであれば、前もってサウスウエストのメルマガに登録しておき、度々行われるセールを逃さないようにするのがオススメです!

STEP3. 個人情報の入力

便とチケットを選択したら、個人情報を入力します。

サウスウエスト航空予約購入方法・個人情報の入力

  • FIRST NAME(名)
  • MIDDLE NAME(ミドルネーム)
  • LAST NAME(氏)
  • SUFFIX(地位、学位、認定、役職、名誉などの称号)
  • DATE OF BIRTH(生年月日…月・日・年の順)
  • GENDER(性別)
  • RAPID REWARDS ACCOUNT(ラピッドリワーズアカウントNo.)
  • REDRESS#(搭乗拒否リスト/監視リストに記載された人物と同姓同名者の誤認を回避するため、米国国土安全保障省が付与する番号)
  • KNOWN TRAVELER(TSA事前審査プログラム有資格者に付与されるID…2023年7月から日本人も申請可能に

一般の日本人旅行客であれば、太字になっているところを入力すればOKですが、もしサウスウエスト航空のマイレージプログラム「ラピッドリワーズ」に参加しているのであれば、アカウント番号を忘れずに紐付けておきましょう。

その下には支払い情報を入れる箇所があります。サウスウエスト航空ではクレジットカードやペイパルに対応。もちろん日本発行のカードも使えます。

サウスウエスト航空予約方法・住所など

STEP4. 購入&発券

送信先メールアドレスまで入力して下にスクロールすると…

Purchase(購入)ボタンが出てきました。

サウスウエスト航空予約方法・支払いボタン

サウスウエストでは予約と発券が同時ですので、日時や氏名などに間違いがないかをしっかり確認してからタップします。

無事メールも届き、これで購入完了です!

サウスウエスト購入完了メール

スポンサーリンク

サウスウエスト航空のユニークなチェックインシステム

さて、航空券の準備ができたら、あとは当日空港に向かうだけ…ではありません。

サウスウエスト航空の特徴として挙げられるのが、その独特なシートアサインシステム。

サウスウエスト航空のシートアサイン

海外のLCCによくある早い者勝ちで、基本的に機内に入った人から先に好きな席を選んで着席するのですが、実はその戦いは前日から始まっています

出発24時間前ジャストに、オンラインで当日搭乗口に並ぶ順番を取れるようになるため、多くの人がアプリやWebページと睨めっこしながら待ち構えているのです。

搭乗グループはA~Cにゾーン分けされ、それぞれの定員は60名ずつ。

A1に近いほど早く機内に入ることができ、好みの席や荷物の置き場所を確保可能というわけです。

有料オプションで確実に良い座席を確保

24時間前に素早く手続きができればいいのですが、アメリカとは時差もありますし、対応が難しい場合もありますよね。

その場合は、ビジネスセレクトチケットやエニータイムチケットを購入するか、有料オプション(アップグレードボーディング or アーリーバードチェックイン)を追加で購入することにより、良い番号(良い座席)をゲットすることもできます。

具体的には以下の通り。

サービス名称 確保ナンバー 価格 購入期限 備考
ビジネスセレクトチケット A1-A15
(航空券に込)
  • アップグレードボーディングよりも優先される
エニータイムチケット 可能な限り良い席
(航空券に込)
  • アーリーバードチェックインがチケット料金に含まれている
アップグレードボーディング A1-A15 30米ドル〜 出発24時間前〜30分前まで
  • ビジネスセレクト運賃購入者でA15番まで埋まっている場合は販売されない
  • 返金不可
アーリーバードチェックイン 可能な限り良い席 15米ドル〜 出発36時間前まで
  • 出発36時間前に自動で可能な限り良い番号が確保される(Aグループが保証されるわけではない)
  • 出発24時間前以降、番号を確認可能
  • 返金不可

今回は、出発24時間前が日本時間の早朝5時。

確実に持ち込みスーツケースの保管場所&窓側席をゲットせねばということで、アーリーバードチェックインを使うことにしました!

料金は15ドルからの変動性で、この時は20ドルでした。

スポンサーリンク

アーリーバードで24時間前に搭乗グループナンバー判明

アーリーバードチェックインとは、出発36時間前に自動で順番を確保し、24時間前に何番になったかを教えてくれるというもの。

無理してスタンバイしておく必要はありません。

24時間よりも前にアプリでチェックインしようとすると、このようなコーションが出てきて、24時間前に搭乗券を表示できるようになると記載されています。

サウスウエスト航空アーリーバードチェックイン画面

その通り、指定時間にもう一度アプリを開いてみたところ、「A28番」を確認しました!

サウスウエスト航空アーリーバードチェックイン画面・結果判明

座席のグループは、良い方から順にA~Cの3つ。この便はチケットの残席状況から満席近いようでしたので、最もよいAグループに入れて一安心です。

なお、上部に「A1-15にアップグレードしませんか?」という提案が出ていますので、もっとよい座席に空きがあるようです。

つまり、この時点でも「ビジネスチケット」や「アップグレードボーディング」を購入した人は15人未満だったということですね。

より早い順番にしたければ、ここからアップグレードサービスに申し込めますが、A28でも相当早いことは間違いないですし、十分満足。このまま搭乗することにしました。

スポンサーリンク

今回のフライト情報

ではでは、本題へ。

今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 WN884
区間 カリフォルニア州・サンノゼ → ネバダ州・ラスベガス
出発時間 12:15
到着時間 13:45
フライト時間 1時間30分
シート 普通席

サウスウエスト航空チェックインカウンターへ

ということで迎えた当日。

日本の成田からZIPAIRでサンノゼ空港ターミナルAに到着し、その後ターミナルBへと移動してきました!

サンノゼ国際空港ターミナルBサウスウエスト航空

なお米国領内では、18歳以上の全ての搭乗客にパスポート等のIDチェックが行われるため、

  • 国内線…出発2時間前
  • 国際線…出発3時間前

上記時刻までの空港到着が推奨されています。

ターミナル間の移動方法については、別記事をご覧ください。

サウスウエストのチェックインカウンターには、10人ほどのお客さんが並んでいました。

サンノゼ国際空港ターミナルBサウスウエスト航空のチェックインカウンター

こちらはすべての手続きを係員が行ってくれるフルサービスカウンター。成田からサンノゼまでお世話になったZIPAIRのすぐお隣にあります。

サンノゼ国際空港ターミナルBサウスウエスト航空のチェックインカウンター入口

それほど急いでいるわけでもないので、並んで待ってもいいのですが、自動チェックイン機がガラ空きなことを発見。

サンノゼ国際空港ターミナルBサウスウエスト航空の自動チェックイン機試しにチャレンジしてみることにしました!

スポンサーリンク

自動チェックイン機の操作方法

最初の画面では、以下いずれかの方法でこれから乗る飛行機の予約情報を呼び出します。

サンノゼ国際空港ターミナルBサウスウエスト航空の自動チェックイン機・操作画面1

  • 確認番号を入力
  • ラピッドリワード番号を入力
  • 決済に使ったクレジットカード・デビッドカードをスキャン
  • 運転免許証をスキャン
  • パスポートをスキャン
  • 搭乗券をスキャン
  • セキュリティドキュメントをスキャン
  • モバイル搭乗券をスキャン

日本人にとって手っ取り早いのは、太字にした3つあたりだと思います。

読み取りが完了すると、予約情報と操作内容を選択する画面に移りました。

サウスウエスト航空チェックイン・選択画面

ここでは以下4つの操作が可能です。

  • 荷物のチェックイン
  • 搭乗券の印刷
  • 座席無し幼児の追加・編集
  • 便の変更

モバイルアプリ搭乗券さえあれば搭乗口まで進めますので、今回は荷物のチェックインのみ選択。

続く画面では、預ける荷物の種類と数量を入力します。

サウスウエスト航空チェックイン・荷物選択画面

確定したところ、下からバゲージタグが出てきました!

サウスウエスト航空チェックイン・荷物タグを出力

バゲージタグの付け方は、この部分からペリッと剥がしまして…

サウスウエスト航空チェックイン・荷物タグを剥がす

スーツケースの取手など外れにくいところに巻き付け、2番と書かれた箇所を剥がし、ペタリと貼り合わせるだけ。

サウスウエスト航空チェックイン・荷物タグを取り付ける

すると、このように引き換え証だけが手元に残りました。

サウスウエスト航空チェックイン・引き換え証

これは到着地まで大事に保管しておきましょう。

肝心の荷物は、「Express Bag Drop」と書かれたカウンターへ自分で運びます。

サウスウエスト航空チェックイン・バゲージドロップ

あとは通常通りカウンターのスタッフさんに引き渡すだけ!こちらも待ち時間はほとんどありませんでした。

スポンサーリンク

出発エリアへ

これで出発の用意が整いましたので、さっそく2階の保安検査場へ向かいましょう。

サンノゼ国際空港・出発ゲートへ

エスカレーターを降りて右を振り向いたところにセキュリティレーンが並んでいます。

サンノゼ国際空港・出発ゲートへ・セキュリティホール

一番奥にプライオリティレーンもありますが、今回は対象者に該当しないため、手前の一般レーンを進むことに。

奥ではまずパスポート等のチェック(国内線搭乗者も対象)が行われた後、手荷物検査へと続きます。

サンノゼ空港では、「ノートPCや液体物などもカバンの中に入れたままにしてください!」と口すっぱく言われたのが印象的でした。

無事検査が終了し、制限エリアへ。

サンノゼ国際空港ターミナルAの保安検査場を出たところ

この日のゲートは28番です。

ターミナルはAとBに分かれていますが、このフロアでは通路で行き来することができ、ゲート番号もAやBの表示がない1〜36の通し番号となっています。

サンノゼ国際空港フロアマップ

  • ターミナルA=> 1~16番ゲート
  • ターミナルB=> 17~36番ゲート
スポンサーリンク

サンノゼ空港のプライオリティパス対象ラウンジ

サンノゼ空港は初めてでしたし、ZIPAIRが遅延した場合も考え、今回の乗り継ぎは到着から4時間ほど余裕をもった便を選択していました。

余った時間は、プライオリティパスを利用してラウンジで過ごすことに。

プライオリティパスのお得な入手&使用方法は?全世界1500以上の空港ラウンジが使える!
国際線の飛行機搭乗時、何かと重宝する存在「空港ラウンジ」。 何らかのエアラインステータスを持っていたり、ビジネスクラス以上に搭乗する人しか使えないというイメージがありますが、そうでない場合でもラウンジを使う方法があります。 それはズバリ、「...

プライオリティパス公式サイトで検索すると、ターミナルA側、8番ゲート・15番ゲートの2箇所に「THE CLUB SJC」というラウンジがあることがわかりました。

サンノゼ国際空港・ターミナルAのプライオリティパス対象施設

(プライオリティパス公式サイトより)

ターミナルBにより近い15番を目指して進むと…

そこはZIPAIRの出発ゲート!

サンノゼ国際空港・ターミナルAのラウンジへ

ついさっき降りた飛行機が日本へ戻るところに、ちょうどタイミングよく行き合いました。

ZIPAIRの飛行機

帰国する時もこのゲートなら、ギリギリまでラウンジを利用できそうですね。

では、ゲート正面の階段・エレベーターで3階のラウンジへと向かいましょう。

サンノゼ国際空港・ターミナルAのラウンジへ

こちらが「THE CLUB SJCラウンジのエントランスです。

サンノゼ国際空港A15ラウンジの入り口

ラウンジ内の様子やサービスについては、別記事でご紹介しています。

プライオリティパスで無料なのにオーダーメニュー大充実!サンノゼ空港THE CLUB SJCラウンジ訪問記
今回ご紹介する空港ラウンジは、アメリカ・サンノゼ空港にあるTHES CLUB SJC LOUNGE(以下、クラブSJCラウンジ)! 一般的な有料ラウンジでありながら、提供されているメニューはエアライン直営ラウンジ並みの豊富さ。 しかも、オー...

成田への帰国日にも利用しましたが、なかなか満足度の高いラウンジでした♪

やっぱりZIPAIRのフルフラットは最高!路線限定の機内食メニューも満喫♪<サンノゼ-成田空港2023搭乗記>
2020年に開業した、JAL系LCCのZIPAIR(ジップエア)。 2023年7月現在は成田空港を本拠地として、ハワイ・ホノルルや韓国・ソウル、サンフランシスコなど8都市に就航しています。 LCC価格にもかかわらず、LCCを超えるサービスが...
スポンサーリンク

搭乗口へ

ラウンジでしばらく過ごした後、出発ゲートへと向かいます。

サンノゼ国際空港・ターミナルB

サンノゼ空港はコンパクトで明るい雰囲気。

28番はターミナルBのほぼ端っこですが、15番からはのんびり歩いても10分かかるかどうかという距離でした。

サウスウエスト航空の搭乗方法

さて、28番ゲート前に到着。

サンノゼ国際空港27番ゲート

最前方のモニターには、便情報と後どのくらいで搭乗が始まるのかが表示されています。

サンノゼ国際空港27番ゲート前の掲示板

こういった案内方法は初めて見ましたが、合理的でいいですね。

ゲート前には番号が書かれたサインが6本置かれ、搭乗時刻が迫ってくると、わらわらとお客さんが集まってきて、自分の持つ番号の場所に並び始めました。

サンノゼ国際空港28番搭乗口前

間隔が若干狭いこともあり、搭乗開始直前にはぎゅうぎゅうに。

後から来た場合は割り込むようで気が引けるかもしれませんが、せっかく有料オプションとして購入したり、頑張って早い時間から順番を取っているわけですので、しっかり自分の番号の場所を探して入れてもらいましょう。

現地の皆さんも、前後の人に確認しつつ並んでいました。

スポンサーリンク

いよいよ搭乗

予定よりも若干遅れたものの、搭乗案内開始!

サンノゼ国際空港・搭乗開始

機内は3-3配列で、すべて同じ仕様のシートです。ファーストクラスやビジネスクラスは設定されていません。

サンノゼ国際空港・サウスウエスト航空の機内

無事に前方窓側席をゲット!オーバーヘッドビンの荷物スペースも確保することができました。

サウスウエスト航空の機窓から

案の定このフライトは満席ということで、アーリーバードチェックインにしておいて本当によかったです♪

ご参考までに、シートピッチはこんな感じ。

サンノゼ国際空港・サウスウエスト航空の機内・シートピッチ

さすが大柄な人の多いアメリカ仕様、窮屈な感じはしませんし、滑らかな革張りで座り心地もバッチリです。

ラスベガスからの帰りはユナイテッド航空に乗ったのですが、全く遜色はありませんでした。

ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...
スポンサーリンク

機内サービス

全員の搭乗が済み、飛行機は無事に離陸!

サウスウエスト航空の機窓から・離陸

しばらくすると、CAさんがドリンクのオーダーを取りに回ってきました。ワゴンサービスではなく、注文を聞いた後にトレーで運んでくるシステムのようです。

サウスウエスト航空では、なんとこんなにたくさんの無料ドリンク(ノンアルコール)が提供されています。

サウスウエスト航空の機内ドリンクサービス

  • コカコーラ
  • ダイエットコーク
  • コカコーラゼロシュガー
  • ドクターペッパー
  • セブンアップ
  • ジンジャーエール
  • セルツァーウォーター
  • トニックウォーター
  • オレンジジュース
  • クランベリーカクテル
  • アップルジュース
  • ブラッディマリーミックス
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ホットチョコレート

さらに、有料メニューも充実。

  • ディープエディウォッカ 7ドル
  • ディープエディライムウォッカ 7ドル
  • ジャックダニエルウイスキー 7ドル
  • ワイルドターキーバーボンウイスキー 7ドル
  • カサドレステキーラ 7ドル
  • バカルディラム 7ドル
  • クラトーステッドココナッツラム 7ドル
  • スパークリングワイン 6ドル
  • カベルネソヴィニヨン 6ドル
  • シャルドネ 6ドル
  • カリフォルニアロゼワイン 6ドル
  • ミラーライトビール 6ドル
  • ラグニタスIPA 7ドル
  • コナブリューイングビッグウェーブゴールデンエール 7ドル
  • バイヌーンハードセルツァーパイナップル 7ドル
  • ドッグフィッシュフェッドストロベリーウォッカレモネード 7ドル
  • コミュニティエスプレッソ+クリーム(ノンアルコール)4ドル

これだけのラインナップ、素晴らしいですよね。

では、実際に頼んだものをご紹介…!

 

 

 

…と行きたいところなのですが、実は注文が回ってくる前に寝落ちしてしまい、残念ながら注文できず(涙)。

目が覚めると皆さん透明のプラカップに入ったドリンクと、袋に入ったスナックを楽しんでいらっしゃる状況でした。

なんとスナックも無料。中身は多分こちらだと思います。

サウスウエスト航空の無料スナック

出典https://shop.kingnut.com/Default.aspx)

低価格なのにこれだけサービスが充実しているのは、本当にすごいの一言ですよね!

ラスベガスへ

飛行機はその後も順調に飛行を続け、雪山を越え…

サウスウエスト航空搭乗記・ベガスへの旅

ネバダの地上絵(?)を越え…

サウスウエスト航空搭乗記・地上

ラスベガス・ハリー・リード空港に…

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港近郊

無事着陸しました!!

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港の駐機場

ラスベガス空港からダウンタウンまでは目と鼻の先。

ルクソールホテルのスフィンクスと飛行機との2ショットも、なんだか新鮮です。

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港

サンノゼから1時間半のフライト、とっても快適でした!

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港の駐機場から

スポンサーリンク

ラスベガス空港からダウンタウンへ

それでは飛行機を降りて、ダウンタウンのホテルへと向かいましょう。

ターミナル内に足を踏み入れると、そこはカジノ??

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港の建物内

到着口に至るまで煌びやかなスロットマシンがあちこちに設置されていて、とても空港とは思えません。さすがはギャンブル天国ラスベガスですね!

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港の建物内カジノ

到着早々、ここが噂のラスベガスか!とテンションを上げてくれる心憎い演出です。

Uber/Lyft専用乗車場への行き方

荷物を受け取ったら、エレベーターで2階にあるウーバー乗り場へ向かいましょう。

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港のウーバー乗り場へ

ここから外へ出まして…

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港のウーバー乗り場へ2

しばらく行ったところにウーバー&リフト乗り場を発見しました!

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港のウーバー乗り場へ3

モザイクでわかりづらくなっていますが、お客さんは軽く100人を超えていたと思います。

駐車場に車が入ってくるレーンが何本があり、手前の横断歩道には専門のスタッフさんが待機。

サウスウエスト航空搭乗記・ラスベガス空港のウーバー乗り場へ4

この方に、きちんとアプリでドライバーを呼び、到着メッセージが入っていることを提示すると、どこのレーンに行きなさい、と案内してくれる仕組みになっていました。

ドライバーさん側も慣れたもので、「A7だよ」など、アプリ上でどこに到着したか教えてくれるので安心です。

なお、待機場の水色の看板には「Gamble at the casino, NOT on your ride there(ギャンブルはカジノで、乗車手配でするものではない)」「必ず乗車アプリで予約・支払うこと」とあります。

リフト・ウーバーアプリ経由以外での乗車は、何かと問題が起こりがちなのでしょうね。

無事車に乗り込み、ホテルへと向かいます!

サウスウエスト航空搭乗記・ウーバーでホテルへ

目指すは憧れのあのホテル。どんなところなのか楽しみです♪

最後に

ということで、今回はサンノゼからラスベガスへのサウスウエスト航空搭乗記をお届けしました。

  • サウスウエスト航空はアメリカ最大手のLCC
  • 最安チケットでも変更可能、荷物預け手数料2個まで無料などの特典あり
  • 全席自由席だが、24時間前のオンラインチェックイン時に搭乗グループが決まる仕組み
  • アップグレードボーディング、アーリーバードなど優先チェックイン制度もあり
  • 座席の座り心地は上々
  • 機内では無料ソフトドリンク&スナックがサービスされる

冒頭でも触れた通り、日本からラスベガスまでの直行便はありませんので、どこかしら経由することになりますが、今回のようにサンノゼ経由だと…

●ZIPAIRでリーズナブル&楽々アクセス可能
●サンノゼ空港はコンパクトでターミナル移動も簡単
●サウスウエスト航空の便数が豊富なため、スムーズに乗り継げる

…というメリットがあります。

特に、お安く最短でラスベガスへ移動したい方には、ZIPAIR×サウスウエスト航空はとってもおすすめの組み合わせです!

関連記事

やっぱりZIPAIRのフルフラットは最高!路線限定の機内食メニューも満喫♪<サンノゼ-成田空港2023搭乗記>
2020年に開業した、JAL系LCCのZIPAIR(ジップエア)。 2023年7月現在は成田空港を本拠地として、ハワイ・ホノルルや韓国・ソウル、サンフランシスコなど8都市に就航しています。 LCC価格にもかかわらず、LCCを超えるサービスが...
まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...
ラスベガス高級ホテル宿泊記2023!ザ・コスモポリタンはベラージオの噴水も見える?
世界屈指のエンターテイメントシティ・ラスベガス。 その中心部にあるストリップには、豪華絢爛な噴水ショーで有名な「ベラージオ」、ピラミッドやスフィンクスが異彩を放つ「ルクソール」、エッフェル塔と凱旋門が目を引く「パリス」など、有名ホテルが建ち...
ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...
ZIPAIR国際線乗り継ぎガイド<サンノゼ国際空港編>ターミナル移動のコツと注意点は?
外国の空港で「乗り継ぎ」と聞くと、ハードルが高いと思われる方も多いと思います。 しかし自在に乗り継げるようになれば、直行便では行けない都市へ出向くことができ、旅の楽しさが格段に増すこと間違いなし! JAL系LCCのZIPAIRにて新規開設さ...
ZIPAIRのすべて コスパ最高の新LCC徹底解剖!ハワイ行き3万円・フルフラットでも7.9万円から
2020年6月、コロナ禍の真っ只中に一つの航空会社が誕生しました。 その名は「ZIPAIR(ジップエア)」! 一般的にいうところの”LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)”にもかかわらず、ビジネスクラスのようなフルフラットシートが設定さ...
【成田空港】ナリタトラベラウンジのお得な使い方~有料メニューが安くなるZIPAIR特典を体験してみた!
飛行機搭乗前のひと時を、のんびりくつろいで過ごすことができる、空港ラウンジ。 成田空港に数多あるラウンジの中でも、今回ご紹介するのは、成田空港第1ターミナルにあるナリタトラベラウンジ/Narita TraveLounge! 空港ラウンジには...
ZIPAIRフルフラットシートが快適すぎた!最安7万円台なのにビジネスクラス級~ハワイ・ホノルル線 搭乗記
2020年に就航したJAL系列LCC「ZIPAIR(ジップエア)」。 「LCCを超えたローコストエアライン」を掲げ、満を辞して登場しました。 驚くべきは、LCCなのにフルフラットシートを提供しているということ! 路線により料金は異なりますが...
ZIPAIRのフルフラットとスタンダードを乗り比べてみた!JAL系LCCの座席の違いを徹底比較
2020年に誕生したJAL日本航空のLCC、ZIPAIR(ジップエア)。 人気路線の成田〜ハワイ・ホノルルが、「スタンダードシート(Standard)」で片道2.9万円からという低価格、そしてLCCなのにビジネスクラス相当の「フルフラットシ...
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年4月最新】今だけ2,500円!モッピーの入会キャンペーン増額中!期間限定でAmazonギフト券も貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,500円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年4月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,300円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,300円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツ・ギリシャへ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪