instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

ラスベガス高級ホテル宿泊記2023!ザ・コスモポリタンはベラージオの噴水も見える?

follow us in feedly

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記

世界屈指のエンターテイメントシティ・ラスベガス。

その中心部にあるストリップには、豪華絢爛な噴水ショーで有名な「ベラージオ」、ピラミッドやスフィンクスが異彩を放つ「ルクソール」、エッフェル塔と凱旋門が目を引く「パリス」など、有名ホテルが建ち並んでいます。

もはやラスベガスの名物ともいえる高級ホテル群ですが、今回ご紹介するのはマリオットグループのホテル「ザ・コスモポリタン(THE COSMOPOLITAN)」!

コスモポリタンは、ラスベガスの中心地に位置しており立地は抜群。

ラスベガスの街を観光するのに便利なだけでなく、ホテルにある一部の部屋からは、お隣にあるベラージオの噴水ショーを観ることもできます。

また、マリオットインターナショナル系列のため、マリオットボンヴォイメンバーにはお得な特典も。

以下では、ザ・コスモポリタンのお部屋の様子からサービス内容まで、2023年の最新情報を詳しくご紹介します♪

今回はZIPAIR×サウスウエスト航空でラスベガスへやって来ました!

この2社なら、東京からラスベガスまでリーズナブル&スムーズなアクセスが可能。

関連記事もぜひご覧ください♪

 

ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...
【成田空港】ナリタトラベラウンジのお得な使い方~有料メニューが安くなるZIPAIR特典を体験してみた!
飛行機搭乗前のひと時を、のんびりくつろいで過ごすことができる、空港ラウンジ。 成田空港に数多あるラウンジの中でも、今回ご紹介するのは、成田空港第1ターミナルにあるナリタトラベラウンジ/Narita TraveLounge! 空港ラウンジには...
ZIPAIR国際線乗り継ぎガイド<サンノゼ国際空港編>ターミナル移動のコツと注意点は?
外国の空港で「乗り継ぎ」と聞くと、ハードルが高いと思われる方も多いと思います。 しかし自在に乗り継げるようになれば、直行便では行けない都市へ出向くことができ、旅の楽しさが格段に増すこと間違いなし! JAL系LCCのZIPAIRにて新規開設さ...
サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>
アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。 言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは? 日本からラスベガスま...
ハイクオリティ!JALで使えるブリティッシュエアウェイズラウンジ最新ブログレポート〜サンフランシスコ空港
飛行機出発までの待ち時間を、贅沢で充実したものに変えてくれるエアラインラウンジ。 同じ航空会社が運営していても、空港によってインテリアやサービス内容が少しずつ異なります。 サンフランシスコ国際空港にある、イギリスのフラッグキャリア・ブリティ...
スポンサーリンク

ザ・コスモポリタンラスベガスへのアクセス

ザ・コスモポリタンラスベガスは、ダウンタウンの一等地にあります。

全3000室以上ということで、建物はかなりの大きさ!

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・建物外観

今回は空港からUberを利用してホテルまでやって来ました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・建物入口

エントランスは一見普通な感じですが…

中に入ると天井が高く、奥まで見通せないほどの広さです!

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ロビー

さっそく奥へ進んでみましょう。

スポンサーリンク

レセプションエリア

レセプションにはプロジェクターに覆われた柱が聳え、いかにもラスベガスらしい煌びやかさです。

刻々と移り変わる色鮮やかなビジョンは、眺めているだけでも楽しいですね。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・プロジェクションマッピング

こちらのレセプションでチェックインしてもいいのですが、マリオットプラチナ以上のステータスを持っていると、手前にあるオートグラフラウンジを利用することが可能なので、そちらへ移動しましょう。

スポンサーリンク

オートグラフラウンジでいざチェックイン!

こちらがそのオートグラフラウンジです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・オートグラフラウンジ

ラウンジと言っても、主な機能はチェックイン・アウトとコンシェルジュのみ。

プラスαで若干のフリードリンクサービスもありますが、フードプレゼンテーションはありません。

営業時間は以下の通りです。

営業時間 6:00-21:00

中はそれほど広くないものの、シックで居心地の良い雰囲気。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・オートグラフラウンジの内部

滞在中は満室とのことでしたが、いつ行ってもそれほど混んではいないようでした。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・オートグラフラウンジのチェックイン

朝から長蛇の列だった一般レセプションとは対照的です。

ご参考までに、ドリンクカウンターはこんな感じ。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・オートグラフラウンジのドリンクカウンター

ホットコーヒーとティーバッグ、コンディメント、紙コップが並び、いつでも自由にドリンクを持ち出すことが出来ます。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・オートグラフラウンジのドリンクカウンター

周辺にはドラッグストアなどお店もたくさんあるのですが、例えばミネラルウォーター1.5Lが3ドル以上と、日本人からするとビックリ価格でしたので、こうして気兼ねなく飲み物を調達できるのはとても重宝しました。

スポンサーリンク

アップグレードは?

チェックイン時のお楽しみといえば、無償アップグレード。

マリオットに加盟しているホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に無償で案内してもらえるのです。

私は今回、マリオットボンヴォイ「チタンステータス」を持っての宿泊。

プラチナ以上のステータスがあれば、「スイートルーム」を含む豪華なお部屋にアップグレードしてもらえる可能性があるのですが…

今回テラス・スタジオへの2ランクアップとなりました!

  • シティ・ルーム ←元の予約
  • シティステュディオ
  • テラス・スタジオ1キング ←アップグレード!
  • ワンベッドルームスイートテラス
  • テラススタジオ2クイーン
  • テラススタジオ1キングファウンテンビュー
  • スイートテラス
  • テラススタジオ2クイーンファウンテンビュー
  • エグゼクティブスイート1キング
  • テラススイート1キングファウンテンビュー
  • スイートお部屋を囲むテラス1キング
  • ラップアラウンドテラススイート1キング
  • 2ベッドルームシティスイート

…しかし、話はこれで終わりませんでした。

「このお部屋からはベラージオの噴水が見えますか?」とお聞きしたところ、残念ながら反対側だとのこと。

実際に行ってみるととても素敵なお部屋でしたので、十分満足していたのですが、翌日コーヒーを取りにラウンジに寄った際、スタッフさんが駆け寄ってきて「あなたの顔を覚えててよかった!今日は噴水側が空いてるので、よかったら移動しませんか?」と親切に提案してくれるではありませんか!

前日お部屋の方角を確認しただけなのに、わざわざ覚えて気にかけてくれていたなんて、ただただ驚きです。

欧米でこんなに細やかに気配りしてくれるスタッフさんにお会いしたのは初めてかもしれません。

噴水側だとお部屋のランクは下がるとのことですが、噴水側の景色もどんなものか気になっていたので、とっても嬉しかったです!

ということで、本記事では「テラス・スタジオ」「ファウンテンビュー」のお部屋をそれぞれご紹介していきます。

スポンサーリンク

エリート特典一覧

なお、マリオット・ボンヴォイエリート会員には、お部屋のアップグレードの他にも以下の様な特典があります。

アンバサダー
  • ロイヤルティベースポイントに 75% のボーナス
  • オートグラフ ラウンジへのアクセス (コーヒー、紅茶、水のサービスを含む)
  • エンハンスト1ティアルームアップグレード (チェックイン時の空室状況による)
  • 1,000 ポイントまたは10 ドル分の飲食クレジット
  • 2PM レイト チェックアウト (空室状況による)
  • Wicked Spoon Buffetの優先席(空き状況による)
  • Wicked Spoon Buffet 最大4名まで15%割引 (アルコールを除く)
  • Sahra スパ、サロン、ハマムサービスの15%割引(デイ パスと小売店での購入を除く)
チタン
  • 滞在で75%のボーナスポイント
  • オートグラフ ラウンジへのアクセス (コーヒー、紅茶、水のサービスを含む)
  • エンハンスト1ティアルームアップグレード (チェックイン時の空室状況による)
  • 1,000 ポイントまたは10 ドル分の飲食クレジット
  • 優先 2PM レイト チェックアウト (空室状況による)
  • Wicked Spoon Buffetの優先席(空き状況による)
  • Wicked Spoon Buffet 最大4名まで15%割引 (アルコールを除く)
  • Sahra スパ、サロン、ハマムサービスの15%割引(デイ パスと小売店での購入を除く)
プラチナ
  • 滞在で50%のボーナスポイント
  • オートグラフ ラウンジへのアクセス (コーヒー、紅茶、水のサービスを含む)
  • エンハンスト1ティアルームアップグレード (チェックイン時の空室状況による)
  • 1,000 ポイントまたは10ドル分の飲食クレジット
  • 2PM レイト チェックアウト (空室状況による)
  • Wicked Spoon Buffetの優先席(空き状況による)
  • Wicked Spoon Buffet最大4名までの15% 割引 (アルコールを除く)
  • Sahra スパ、サロン、ハマムサービスの 15% 割引(デイパスと小売店での購入を除く)
ゴールド
  • 滞在で25%のボーナスポイント
  • Wicked Spoon Buffetの優先席
  • チェックイン/チェックアウト優先レーン
  • エンハンスト1ティア ルーム アップグレード (チェックイン時の空室状況による)
  • 500ポイント
  • 午後1時までのレイトチェックアウト (空室状況による)
スポンサーリンク

飲食クレジット10ドルがおすすめ

プラチナ以上のメンバーは、ウェスカムギフトとして1滞在につき1,000ポイントまたは10ドルの飲食クーポンを選ぶことが出来ます。

私は館内レストランで使える10ドル飲食クレジットの方にしました。

ホテル内には数多くのレストランがありますが、中には使えないお店も。

チェックインの際、わかりやすいようマップに書き込んでくれましたので、ご参考までに掲載しておきます。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・10ドルクレジットを使えるお店

紫の施設が飲食店ですが、バツ印がついているところでは使えません

書き込んでくれたのは、部屋移動を提案してくれたスタッフさんなのですが、びっくりするほど行き届いた対応ですよね。

フロアごとに「×=NO」と注釈まで付けてくれて、殊の外細やかな方だと感じました。

飲食クレジットの使い方は簡単。対象店で支払いの際、部屋付にするだけです。

何に使ったのかはまた後ほど…。

スポンサーリンク

テラススタジオの全貌

それでは、まずテラススタジオから見てみましょう!お部屋は39階の3928号室です。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・廊下

玄関ドアを開けると、ベージュを基調としたモダンなお部屋が現れました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオの入口から

部屋の概要

テラススタジオの概要は以下の通りとなっています。

面積 56㎡
ベッドと寝具
  • 最大収容人数2名
  • 1キング
  • 移動式ベッド1台35.00 USD /1泊でご利用可 ベビーベッド1台 搬入可能なベビーベッド/移動式ベッド数1 ピロートップマットレス,と羽毛布団
部屋の特徴
  • 冷暖房付き
  • 禁煙客室
  • コネクティングルームなし
  • 開閉窓
  • 窓/床から天井
 バスとバスルームの特徴
  • 大理石浴室
  • 照明付き化粧鏡
  • ヘアドライヤー
  • ローブ
  • スリッパ
家具と調度
  • ソファ
  • 椅子
  • タッチスクリーンコントロール
  • 客室内金庫
  • デュアル電源コンセント
  • デスク,ワークデスク,コンセント
  • アイロンとアイロン台
食事、飲料
  • ルームサービス, 24時間
  • ボトル水、有料
  • ミニバー
インターネットと電話 
  • 電話: 2
  • 電話の機能: コードレス電話, ボイスメール, スピーカーフォン, と 電話回線(2)
  • 有料高速インターネット
  • 有料有線インターネット
  • 有料ワイヤレスインターネット
エンターテインメント
  • テレビ2台
  • 最大52インチ/132cmプラズマ
  • 接続パネル
  • ケーブル/衛星
  • CNN, ESPN,とHBO
バリアフリールームの特長
  • 車椅子対応客室
  • 車椅子用シャワー付き客室あり
  • 聴覚障害者向け客室なし
(マリオット公式サイトより引用)

 

ウェットエリア

入って左手はウェットエリア。バスタブ付きの広々設計で、使い勝手は抜群です!

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ウェットエリア全景

バスタブ

浴槽にはジャクジーもついていて、リゾート気分を満喫できます。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・バスタブ

シャワーブース

シャワーブースも贅沢なほどゆとりがあり、もちろん隅々までピッカピカです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・シャワーブース

洗面台

洗面台はダブルボウル。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・洗面台

海外ではお湯の出、水圧が気になることもありますが、こちらは何の問題もありませんでした。

しかし、水を口に含むとなんだか違和感が…??

それもそのはず、ラスベガスの水は世界屈指の超硬水なのだそう。

飲んでダメなことはなさそうですが、軟水に慣れている日本人にとっては味が気になるかもしれません。

アメニティ

アメニティは2012年ニューヨーク生まれ、サルフェートフリーを信条とする「FIVE WITS(ファイブウィッツ)」というものでした。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・洗面台アメニティ

シャワーブースにも同じラインの3点セットが用意されています。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・シャワーアメニティ

公式サイトを覗いてみたところ、ボディローション40mlが9ドル、固形石鹸45g6ドルと、全体的にかなりの高級品だったのでびっくり。

もしかしたら市販品とは何か異なるのかもしれませんが、さすが世界のお金持ちが集まるラスベガスですね。

トイレ

お手洗いは欧米によくあるシンプルなタイプ。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・お手洗い

便座が意外と日本並みに低く、逆に新鮮でした。

リビングルーム

では続いてメインのお部屋へ。カウンターでリビングとベッドルームに仕切られています。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・ベッドルーム

応接セット

リビングには立派なソファが置かれ、家族で団欒するのにもぴったりです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・リビングの応接セット

インターネット対応テレビ

正面には52インチの大型テレビやミニバー。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・リビングのテレビ

テレビではネットフリックスやYouTubeなども楽しめます。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・リビングのテレビ画面

ミニバー

こちらのホテルでは、湯沸器やコーヒーメーカーの備品はありません。あるのは冷蔵庫のみです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・ミニバー

冷蔵庫を開けてみるとこんな感じ。一番下の段だけ空いています。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・冷蔵庫の中

有料メニューのお値段などが気になる方は、こちらのQRコードでご確認ください。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・有料メニューのQRコード

スポンサーリンク

ベッドルーム

そして一番奥にあるのがベッドルームです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・ベッドルーム

オシャレで落ち着くカラーコーディネートが印象的。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・ベッドルームを正面から

クローゼット

ベッド正面にはクローゼットがあります。右側には荷物台とアイロン、バスローブなど。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・クローゼットの中

左にはセーフティボックスとスリッパが入っていました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・クローゼットの中2

靴磨きや消臭スプレーなどはなく、割と少なめな品揃えです。

スポンサーリンク

テラス

そして、テラススタジオ最大の魅力がこれ!その名の通りテラスがついているんです♪

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・テラス

こんな大都会の高層階でテラスがあるホテルは珍しいかもしれませんね。

ソファの他にチェアもあって、かなり広々としています。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・テラスの椅子

いつでも煌煌しいラスベガスの風景を独り占めできて最高!この開放感がたまりません。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオからの眺め

左奥に望遠レンズを向けると、ハリー・リード国際空港(旧マッカラン国際空港)を収めることができました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・空港

夜だとこんな感じです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・夜景

眼下にはプールが。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・テラスから下にはプール

さすがに2月に泳ぐ人はいないでしょう…

…と思ったら、意外といらっしゃいました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオ・プール

この日の最高気温は16度でしたので、かなり寒かったのではと思われますが、見ている分にはとても楽しそうでした。

スポンサーリンク

ファウンテンビュー

では続いて、翌日移動したファウンテンビューのお部屋へ行ってみましょう!

今度は56階と、かなり上のフロアになります。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・エレベーター

こちらはどんなお部屋なのでしょうか?

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・56階フロアの廊下

さっそくドアをオープン!

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・テラススタジオの入口から

テラススタジオよりは狭い印象ですが、それでも一人旅には十分すぎる広さですね。

なお、お部屋のカテゴリーをお聞きするのを忘れてしまい、公式サイトで調べてみたのですが、それらしいものが見つからず。

おそらくは最安カテゴリーであるシティルームに相当するものと思われます。

スポンサーリンク

ウェットエリア

右手のウェットエリアは、テラススタジオに比べてかなりコンパクトです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・洗面台

シャワーブース

このお部屋はバスタブがなく、シャワーのみ。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・シャワーブース

トイレ

色合いや全体的なテイストも、お部屋によってちょっと違うようですね。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・トイレ

クローゼット

ウェットエリアのドア裏に隠れるように設置されているのがこちらのクローゼット。

ザ・コスモポリタンラスベガス・ファウンテンビュー・クローゼット

しばらく存在に気が付きませんでした。

備品はテラススタジオを同様ですが、なぜエリザベス女王の肖像なのでしょう?

ザ・コスモポリタンラスベガス・ファウンテンビュー・クローゼットの中

どんな理由があるのか、ちょっぴり気になりました。

ミニバー

ウェットエリアとベッドルームの境にあるキャビネットがミニバー。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・ミニバー

中には冷蔵庫が2台と、買ってきたものを冷やすスペースも十分確保されています。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・ミニバーの中

アメリカらしいスナック(有料)もたくさん収納されていました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・ミニバースナック

スポンサーリンク

ベッドルーム

そしてこちらがメインのベッドルームです。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・ベッドルーム

若い人に好まれそうな、ゴールドとブルーの華やかな組み合わせ。

よりラスベガスらしいコーディネートと言えそうです。

家具

ベッドの正面にはテレビとキャビネット兼デスク。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・ベッドルームのデスク

窓辺にはソロソファとテーブルが置かれ、コンパクトながら食事や仕事にも事欠かない構成となっていました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・ベッドルームのソファ

スポンサーリンク

窓からの眺め

さて。肝心の眺めはと言いますと、こんな感じ!

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・テラス

56階ともなると噴水もかなり遠くにはなるものの、シティビューとはまた違う趣がありますね。

あいにく窓ははめ殺しで外に出る事はできませんが、今回はせっかく大きな望遠レンズを持ってきたので、こちら側の街並みもパシャリ。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・テラスからの眺め

遠くの山並みと市街地のコントラストが面白い写真になりました!

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・テラスからの眺め2

終日静かだったシティ側と違い、こちらは夜通し賑わっていて、外に出ずとも窓越しに楽しげな空気が伝わってくるほど。

やはりラスベガスに泊まるのなら、ファウンテンビュー側がベターですね。移動させてくれたスタッフさんには改めて感謝です。

ただ一つ惜しむらくは、噴水ショーの様子を撮り忘れたこと。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・ファウンテンビュー・テラスからの眺め3

次回は低層階のテラス付きファウンテンビューを最初から予約して、しっかり噴水を堪能せねば!

スポンサーリンク

ホテル内の共有施設

ザ・コスモポリタンラスベガスの中には、ホテルだけでなく、広大なカジノにショッピング&レストランゾーンも設けられています。

カジノ

ホテルの一階には、10万平方フィートもの規模を誇る巨大カジノが広がっています。

もちろん宿泊客以外も利用OK。

一般的にカジノの写真撮影は禁止されているとのことですので、公式サイトから画像をお借りしてきました。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・カジノ

(ザ・コスモポリタンラスベガス公式サイトより)

小心者の私は、ゲームルールにも疎いため、結局参加しませんでしたが、日本では絶対にお目にかかれない、まさしく別世界の様相でしたので、ぜひ一度は訪れてみることをお勧めします!

ショップ&レストラン

また建物の2〜4階にはお店やレストランが数多く軒を連ねています。

ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記・館内施設

細々したコスメショップや衣料品店などが並ぶエリアには、巨大はハイヒールのアート作品も。

ザ・コスモポリタンラスベガス・巨大ハイヒール

結構有名なオブジェらしく、たくさんの人が写真撮影に勤しんでいました。

飲食店のエリアも大変盛況です。

ザ・コスモポリタンラスベガス・フードコート

ラスベガスというと食べ放題ブッフェレストランが観光客に人気のようですが、それほどたくさんは食べられないという方にはこちらの飲食店街がおすすめ。

中でも一押しなのが、この「HOLSTEINS(ホルスタインズ)」というバーガーショップです!

ザ・コスモポリタンラスベガス・フードコート・ホルスタイン

こちらは冒頭に触れたマリオットプラチナ以上のメンバーが選択できる、10ドル飲食クレジットの対象店。

注文の際に部屋付払い(支払い伝票に部屋番号とサインを記し、チェックアウト時に宿泊費と一緒に精算すること)にすると、自動的に10ドル差し引いてくれます。

イートインもありますが、この時は混んでいたのでテイクアウトにしました。

ザ・コスモポリタンラスベガス・ホルスタインズでテイクアウト

注文したのはこれ!「The Burger(ザ・バーガー)」というシグネチャーバーガーです。

ザ・コスモポリタンラスベガス・ホルスタインズのバーガー

なんだか見慣れないものがたくさん挟まっていますが、その内容は…

  • カルビグレーズ
  • クリスピー山芋
  • 海苔ふりかけ
  • アボカド天ぷら
  • スパイシーマヨネーズ

というサプライズな一品!

日本を感じられつつアメリカンな豪快さもある、とってもユニークで美味しいハンバーガーでした。

今回の旅でも色々と美味しいものをいただきましたが、これが一番印象に残っている一品です。

このお店でしか味わえない味だと思いますので、ザ・コスモポリタンラスベガスに来たら是非お試しください♪

最後に

ということで今回は、ザ・コスモポリタンラスベガス宿泊記をお届けしました!

ラグジュアリーな室内に、ダウンタウンの真っ只中という好立地。

建物内にカジノやショップ、レストランが軒を連ね、一歩も出ることなく全てが完結するほど徹底された、究極のエンターテインメントホテルです。

高層階ならではの景色の良さを誇りますが、ベラージオの噴水をお部屋から楽しみたい方には、断然「低層階」「ファウンテンビュー」のお部屋を予約することをおすすめします。

非日常感あふれる滞在になること間違いなしです!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!

〜関連記事〜

まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...
ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...
本場アメリカのユナイテッド航空ラウンジはどんなところ?ラスベガス空港ユナイテッドクラブ訪問記
ユナイテッド航空(United Airlines)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴを本拠地とする航空会社。 スターアライアンスに加盟しているため、同盟会社であるANAのマイルを使って、ユナイテッド航空の飛行機に乗ることもできます。 さらに...
ZIPAIRのすべて コスパ最高の新LCC徹底解剖!ハワイ行き3万円・フルフラットでも7.9万円から
2020年6月、コロナ禍の真っ只中に一つの航空会社が誕生しました。 その名は「ZIPAIR(ジップエア)」! 一般的にいうところの”LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)”にもかかわらず、ビジネスクラスのようなフルフラットシートが設定さ...
ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...
ZIPAIR国際線乗り継ぎガイド<サンノゼ国際空港編>ターミナル移動のコツと注意点は?
外国の空港で「乗り継ぎ」と聞くと、ハードルが高いと思われる方も多いと思います。 しかし自在に乗り継げるようになれば、直行便では行けない都市へ出向くことができ、旅の楽しさが格段に増すこと間違いなし! JAL系LCCのZIPAIRにて新規開設さ...
【成田空港】ナリタトラベラウンジのお得な使い方~有料メニューが安くなるZIPAIR特典を体験してみた!
飛行機搭乗前のひと時を、のんびりくつろいで過ごすことができる、空港ラウンジ。 成田空港に数多あるラウンジの中でも、今回ご紹介するのは、成田空港第1ターミナルにあるナリタトラベラウンジ/Narita TraveLounge! 空港ラウンジには...
プライオリティパスで無料なのにオーダーメニュー大充実!サンノゼ空港THE CLUB SJCラウンジ訪問記
今回ご紹介する空港ラウンジは、アメリカ・サンノゼ空港にあるTHES CLUB SJC LOUNGE(以下、クラブSJCラウンジ)! 一般的な有料ラウンジでありながら、提供されているメニューはエアライン直営ラウンジ並みの豊富さ。 しかも、オー...
サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>
アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。 言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは? 日本からラスベガスま...

〜これまでの宿泊記〜

国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを詳しく知るのにピッタ...

ホテル概要

ホテル名称 ザ・コスモポリタン オブ ラスベガス/The Cosmopolitan of Las Vegas
所在地
3708 Las Vegas Blvd S, Las Vegas, NV 89109 USA
エグゼクティブラウンジの有無 あり(チェックイン/アウトとドリンクサービスのみ)
子供の添い寝条件 17歳以下2名まで無料
階数 61階
部屋数 3027室
開業 2010年(2017年改装)

マリオットボンヴォイのエリートメンバーになるためには

マリオットボンヴォイのエリートステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。

この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

マリオットアメックスプレミアムなら一気にステータスを獲得できる

用もないのに16泊はちょっと…という方には「マリオットアメックスプレミアム」がオススメ。

マリオットアメックスプレミアム券面

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、マリオットアメックスプレミアムには、年間150万以上決済すると、カード更新時に毎年1泊分の無料宿泊特典が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)というお得な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

マリオットアメックスプレミアムは、絶大な人気を誇った「SPGアメックス」の後継カードです。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら