instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>

follow us in feedly

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記

アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。

もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り!

日本人にも予約・利用しやすく、会員プログラム「マリオットボンヴォイ」特典も満載と、一層充実した滞在になることは確実です。

今回は、マリオット系の中でも人気の3ホテルをセレクトしました。

その第1弾は、「パレスホテル ア ラグジュアリーコレクションホテル サンフランシスコ: Palace Hotel, a Luxury Collection Hotel, San Francisco」!

1907年に創業した歴史あるこのホテルは、豪奢なレストラン「ザ・ガーデンコート」を有し、ヒストリック・ホテルズ・オブ・アメリカにも選出。街のランドマーク的な存在となっています。

そして実はこのホテル、とってもジャパニーズフレンドリーで、初めてのサンフランシスコ滞在にも安心!

今回は、マリオットボンヴォイメンバーが受けられる特典と、お部屋の様子を中心にその全容をレポートします♪

今回はZIPAIRサンノゼ線でサンフランシスコへやって来ました!

ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...

ジップエアは、LCC価格でフルフラットに乗れるのが大きな魅力です。

 

6月には、サンフランシスコ直行便の就航開始!

関連記事もぜひ併せてご覧ください♪

【最新】ZIPAIRのすべて コスパ最高の新LCC徹底解剖~ハワイ行き2.9万円・フルフラットでも6.9万円!
2020年6月、コロナ禍の真っ只中に一つの航空会社が誕生しました。 その名は「ZIPAIR(ジップエア)」! 一般的にいうところの”LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)”にもかかわらず、ビジネスクラスのようなフルフラットシートが設定さ...

 

サンフランシスコ関連記事も併せてどうぞ。

世界の高級ホテル宿泊記~ザ・リッツカールトン・サンフランシスコのクラブラウンジ最新レポート!
「サンフランシスコでおすすめ!マリオット系列ホテル3選」と題しまして、前回のパレスホテルに続き、第2弾としてご紹介するのが、「ザ・リッツカールトン・サンフランシスコ」! サンフランシスコの中でも、高級街区である「ノブヒル」に位置しており、世...
リニューアルされたセントレジス~プラチナ特典で超ハイレベルの朝食が無料<サンフランシスコ宿泊記2023>
マリオット系おすすめホテル3選inサンフランシスコの最終章は、「セントレジス・サンフランシスコ」です! こちらのホテルは2005年開業と比較的新しいホテルですが、さらに2022年に全面改装の上、満を辞してリニューアルオープンしました。 サン...
<2024最新版>本当に買いたいサンフランシスコのお土産!日本では入手しにくい厳選アイテムを一挙公開♪
美しい景観、豊かな文化、テクノロジーの中心地としての魅力を持ち合わせた都市、サンフランシスコ(San Francisco)。 ゴールデンゲートブリッジにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーと、たくさんの見所が思い浮かびますが、お土産にはど...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...
サンフランシスコ・マリオット・マーキスで豪華スイートにアップグレード!大充実のクラブラウンジ・朝食・プラチナ特典のすべて
気候や交通の便がよく、見所も沢山と、アメリカ初心者にもおすすめの街、サンフランシスコ。 この街には数多くのマリオット系列ホテルがありますが、もしあなたがマリオットボンヴォイ・プラチナ以上のステータスを持っているなら、サンフランシスコ・マリオ...

 

 

スポンサーリンク

ホテルへのアクセス

ではまずホテルへのアクセスから。

パレスホテルサンフランシスコは、Montgomery/モンゴメリー駅から徒歩1分の場所にあります。


サンフランシスコ空港からは「BART:バート」という電車に乗って、乗り継ぎなしの30分。

実際に乗ってみたところ、チケットの買い方が少々複雑だったものの、エレベーターもきちんと全駅に整備されていますし、運行本数も多め。車内も比較的安全な印象でした。

モンゴメリー駅からホテルへ

さて、BARTでモンゴメリー駅に着きました。

パレスホテル・サンフランシスコ宿泊記・バート

エスカレーターで上へ上がり、ポスト/マーケットストリート方面の出口を目指します。

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・駅のエスカレーター

道なりに進むと、地上に出ました。

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・駅のエスカレーターを上り切ったところ

ここで右を向くと、ホテルはすぐそこ!

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・駅の出口

ホテルの一階にはサンフランシスコ発祥の有名チョコレート店、GHIRADELLI(ギラデリ)が入っていますので、わかりやすいかと思います。

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・ギラデリ

電車を降りて1,2分でホテルに到着しました!

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・ホテルのエントランス

サンフランシスコ国際空港から一度も階段を使う必要がなく、ここまでシームレスに到着できるのが嬉しいですね。

アップダウンの激しいサンフランシスコの中でも平地に位置するため、街歩きにはもちろん、バスや電車も利用しやすく、大変便利な立地です。

ちなみにホテルのスタッフさんは、夜歩いても全く問題ないエリアだと仰っていましたが、そうは言っても日本と同じとはいかないと思いますので、ご利用の際は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

いざチェックイン!

建物に入ると、そこはまるで宮殿のよう!

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・ホテルのエントランスロビー

パレスホテルの名にふさわしい荘厳な雰囲気です。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・廊下

パリのウェスティンや、ウィーンのインペリアルに通じるものがありますね。

1階中央奥にあるのが、このホテルのシンボルとも言えるレストラン、ザ・ガーデンコート

パレスホテル・サンフランシスコ宿泊記・ガーデンコート

まるでヨーロッパのボールルームのようですよね♪

こちら、宿泊者用の朝食会場にもなっていますので、また後ほど詳しくご紹介します。

左手にはコンシェルジュと…

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・ホテルのコンシェルジュ

右奥にレセプションという作りです。

ザ・パレスホテル宿泊記・アクセス・ホテルのレセプション

エグゼクティブ/クラブラウンジはありませんので、全員がこちらのレセプションで手続きすることになります。

実はこちらのホテル、建物のオーナーが日本企業のため、なんと6階以上の客室にはウォシュレットを完備!日本人客は優先的に6階以上をアサインして頂けるのだとか。

 

また、非常勤ながら日本人コンシェルジュもいらっしゃり、滞在中に困ったことがあれば気軽に相談できる環境が整っています。

 

サンフランシスコが初めてでも、これなら安心ですね♪

スポンサーリンク

スイートナイトアワード申請が成功

チェックイン時のお楽しみといえば、無償アップグレード。

マリオットに加盟しているホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に無償で案内してもらえるのです。

私は今回、マリオットボンヴォイ「チタンステータス」を持っての宿泊。

プラチナ以上のステータスがあれば、「スイートルーム」を含む豪華なお部屋にアップグレードしてもらえる可能性があるのですが…

今回はスイートナイトアワードが承認され、事前に「スーペリアスイート」へのアップグレードが確定していました♪

マリオットスイートナイトアワード承認プッシュ通知

(マリオット公式サイトより)

こちらは、スイートナイトアワードで申請できる中で最も良いお部屋です。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スイートナイトアワード

お部屋の前カテゴリーは以下の通り。

  • 1キング ←元の予約
  • 2ダブル
  • 大きめの客室
  • ジュニアスイートスタジオスタイル
  • スーペリアスイート  ←アップグレード!
  • デラックススイート
  • パレススイート
  • プレジデンシャルスイート

ではでは、さっそくお部屋へ行ってみましょう!

スポンサーリンク

スーペリアスイートの概要

廊下の壁は淡いブルーグレーで、とっても上品な雰囲気です。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・廊下

お部屋は角の798号室。ドアを開けると…

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ドア前

二室に分かれた、これぞスイートルーム!といったお部屋が現れました♪

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイートの玄関

お部屋の概要はこちら。

面積 45㎡
ベッドと寝具
  • 最大収容人数3名
  • 1 キング
  • ソファベッド
  • 移動式ベッド不可
  • ベビーベッド1台
  • 搬入可能なベビーベッド/移動式ベッド数1
  • ピロートップマットレス, 羽毛布団, フレッテ高級リネン
部屋の特徴
  • 冷暖房付き
  • 禁煙客室
  • 独立したリビングルーム
  • 高い天井
  • USBコンセント
 バスとバスルームの特徴
  • 大理石浴室
  • シャワーのみ
  • ビデ
  • 照明付き化粧鏡
  • 高級浴室アメニティ(Byredo)
  • ヘアドライヤー
  • ローブ
  • スリッパ
家具と調度
  • ソファ
  • アラームクロック
  • 客室内金庫
  • デスク,ワークデスク,コンセント
  • アイロンとアイロン台
食事、飲料
  • ルームサービス, 24時間
  • ボトル水、有料
インターネットと電話 
  • 電話: 2
  • 電話の機能: コードレス電話, ボイスメール, と スピーカーフォン
  • 有料高速インターネット
  • 有料有線インターネット
  • 有料ワイヤレスインターネット
エンターテインメント
  • テレビ2台
  • 最大48インチ/122cm薄型
  • 接続パネル
  • プレミアム映画チャンネル
  • ケーブル/衛星
  • CNN,とESPN
  • 有料映画
  • ラジオ
  • Netflix
バリアフリールームの特長
  • 車椅子非対応客室
  • 車椅子用シャワー付き客室なし
  • 聴覚障害者向け客室なし
スポンサーリンク

リビング

まず、右奥のリビングへ。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイートのリビング

ちょっと暗くて見えづらいので、朝撮り直した写真がこちらです。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・朝のリビング

廊下と同じブルーグレーの壁に、ネイビーの絨毯とグレーの家具で、シックにまとめられています。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・朝のリビング2

二面採光なのも嬉しいポイント。他の建物とは距離があったので、カーテンを開けていても人目が気にならず過ごしやすかったです。

テレビ

テレビモニターは48インチ。YoutubeやNetflixなども使えるようになっていました。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・リビング・テレビ

ミニバー

テレビ台の下には、セーフティボックスとミニバーが。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・ミニバー

コーヒーと紅茶は、このポーションタイプです。個人的にディカフェ多めなのが嬉しい!

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・ミニバーのラインナップ

お隣の冷蔵庫は空っぽでした。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・ミニバーの冷蔵庫

スポンサーリンク

ベッドルーム

そしてもう一つのお部屋が、このベッドルームです。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・ベッドルーム

ベッド

真ん中には、ゆとりたっぷりキングサイズベッドが一台。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・ベッド

すべすべのリネンと包み込まれるような寝心地は、流石ラグジュアリーコレクションです。

公式サイトの情報によれば、ロイヤルハワイアンホテル、通称ピンクパレスでも採用されていた、フレッテ社製のリネンとのことでした。

ターンダウン

2023年2月現在、こちらのホテルではターンダウンサービスを行っていないとのことでしたが、その代わりにと、アメニティとギラデリのチョコレートを頂きました。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・ターンダウン

寝る前に少しだけ甘いものがあると、特に疲れている時には嬉しいもの。

ライスパフ入りのダークチョコレートは、甘すぎずとっても美味しかったです!

クローゼット

寝室に備え付けのクローゼットはコンパクトながら、欧米には珍しく照明が明るくて、もしかしたらこの辺りも日本人向けなのかも?

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・クローゼット

壁には靴磨きやランドリーバッグ、靴べら・ブラシなどがかかっていました。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・クローゼットのドアポケット

余談ながら、この洋服ブラシがしっかり硬めで、分厚いコートを梳かすのにもピッタリ。

サンノゼ・ラスベガスと時が経つうちに、いつの間にやら糸くず・埃だらけになって困っていましたが、おかげさまであっという間に綺麗になりました。

もう一つ嬉しかったのが、スリッパまでフレッテ製だったこと!

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・スリッパ

全体が分厚いパイルで出来ていて、とっても贅沢な履き心地でした。

スポンサーリンク

バスルーム

そしてバスルームがこちら。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・バスルーム全景

ウォシュレット

バスタブはありませんが、前述の通りウォシュレットが付いています!

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・バスルーム・トイレ

アジアやハワイならいざ知らず、アメリカやヨーロッパではなかなか見かけないので、感動も一入です。

そういえば、以前泊まったロンドンのマリオットでも完備されていて、新鮮な驚きを覚えたことが思い出されました。

もしかして、あちらのホテルも日本企業が関わっていたのでしょうか。

シャワーブース

シャワーブースは清潔でレインシャワー・ハンドシャワー付き。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・シャワーブース

冬なので湯上がりは寒いかも?と思いましたが、部屋の気密性が高いため、全く問題ありませんでした。

アメニティ

用意されているアメニティは、GILCHRIST&SOAMESという、イギリス・ロンドン発祥のメーカー品です。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・シャワーブースのアメニティ

どこかで見たような?と思ったら、数年前に泊まったパリのホテルでした。

あの時の宿泊費は一泊1万5千円前後でしたので、とてもコスパが良かったんだなぁと改めて感じました。

洗面台には、同ブランドのボディローションの他、バニティキットやシャワーキャップ、マウスウォッシュなどなど。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・洗面台のアメニティ

固形石鹸はCCビゲロウ/CC BIGELOW。アメリカ最古の調剤薬局として知られるメーカーです。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・洗面台のアメニティ3

こちらのブランドは、日本のプリンスホテル宿泊時に初めて知って、パッケージのオシャレさや使い心地に感動したのですが…

包みを開けてみると、石鹸自体にもロゴが押されていて、やっぱりツボな可愛らしさです♪

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・固形石鹸

その他、無料のお水2本が置かれていました。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・スーペリアスイート・洗面台のアメニティ2

スポンサーリンク

豪華すぎる!ザ・ガーデンコートでの朝食

お部屋に続いては、このホテルのメインダイニング、ザ・ガーデンコートでの朝食をご紹介します!

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコートでの朝食

こちらのホテルでは、マリオットボンヴォイ・プラチナ以上のステータスを持っていると、選択式ウェルカムギフトの一つとして、ブッフェ式朝食が無料になります。

選択式ウェルカムギフトは、

 

  • レストランでの無料朝食
  • 1滞在あたり1,000ポイント

のいずれかですにゃ!

こんな豪華で素敵な会場で朝食をいただけるなんて、滅多に出来ないこと。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコートで迎える朝

ということで、ぜひ選択することをお勧めしたいのですが、実は無料でいただけるのはコールドミールのみ。

こちらのフルーツや…

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコート・フルーツなど

パン、

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコート・パンなど

シリアルやデニッシュ、

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコートの無料ブッフェ2

チーズとハムなど。この辺までが特典の範囲です。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコートの無料ブッフェ

これでも十分ではあるのですが、10ドルを追加することにより、ホットミールも自由に取れるようになります。

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコートの無料ブッフェ・ホットミール

ホットミールのラインナップはこんな感じ。

  • アップルウッドスモークベーコン
  • チキンアップルソーセージ
  • ブロッコリー&トマトソテー
  • ポテト&ネギソテー
  • スクランブルドエッグ

10ドル分の価値があるかの判断は人によるかと思いますが、朝はしっかり食べておこうかな、ということで、フルブッフェにしてみました!

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコートの無料ブッフェ・実際にいただいたもの

お味はもちろんのことながら、どこを見ても美しすぎるレストランでの朝食は最高のひと言!

パレスホテルサンフランシスコ宿泊記・ザ・ガーデンコート天井

中世気分&海外旅行気分に浸れて、とってもお勧めです♪

ちなみに、朝食は前日までの予約が必要でした。

私は夜到着したためかほとんど選択肢がなく、7時か7時半のみ。

とはいえ、遅くなるほどに混んできましたので、個人的には早めで良かったと思っています。

最後に

ということで、今回はサンフランシスコにあるマリオット系列ホテル「パレスホテル,ラグジュアリーコレクションホテル」について詳しくご紹介しました!

パレスホテルサンフランシスコ

せっかくのサンフランシスコ滞在なら、設備面のみならずサービス面でも日本人への配慮バッチリ&共用部からお部屋に至るまで優雅な雰囲気満載のこちらのホテルを検討されてみてはいかがでしょうか。

パレスホテル,ラグジュアリーコレクションホテル,サンフランシスコのエントランス

素敵な滞在になること間違いなしです!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを詳しく知るのにピッタ...

ホテル概要

ホテル名称 パレスホテル, ラグジュアリーコレクションホテル, サンフランシスコ
所在地
94105 San Francisco California 2 New Montgomery Street, U.S.A
エグゼクティブラウンジの有無 なし
子供の添い寝条件 11歳まで無料
階数 9階
部屋数 555室
開業 1907年

関連記事

本場フェアフィールドのエグゼクティブスイート宿泊記〜無料シャトルバスでサンノゼ空港アクセス可能
マリオット・インターナショナル系列のホテルブランド、フェアフィールド・バイ・マリオット。 元々は創業者夫妻が、所有する農場で近しい人たちをもてなすところから始まったブランドです。 近年は日本でも、道の駅を中心に、多くのフェアフィールドホテル...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...
ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...

マリオットボンヴォイのエリートメンバーになるためには

マリオットボンヴォイのエリートステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。

この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

マリオットアメックスプレミアムなら一気にステータスを獲得できる

用もないのに16泊はちょっと…という方には「マリオットアメックスプレミアム」がオススメ。

マリオットアメックスプレミアム券面

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、マリオットアメックスプレミアムには、年間150万以上決済すると、カード更新時に毎年1泊分の無料宿泊特典が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)というお得な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

マリオットアメックスプレミアムは、絶大な人気を誇った「SPGアメックス」の後継カードです。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2024年2月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2024年2月1日~2月29日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会っ...
【2024年2月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,600円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,600円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪