instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!

follow us in feedly

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記

2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)

日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。

就航路線も年々拡大する中、2022年12月に運航を開始したばかりの路線が、東京・成田~アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼです!

「サンノゼ/San Jose」と聞いてピンとくる日本人は少ないかもしれませんが、シリコンバレーの中心地で、FacebookやGoogleといった世界に名だたるIT系企業が本社を構える一大都市。

お仕事はもちろん、経由地としてアメリカの他都市へアクセスするにも大変便利な空港です。

ということで今回は、成田-サンノゼ線搭乗記をお届けしたいと思います♪

本記事は、ZIPAIRさんに取材のご協力を頂き執筆したものです。

ZIPAIRは、2023年7月1日にフィリピン・マニラ国際空港への直行便運航を開始し、全8路線となりました。

 

ZIPAIR就航路線都市一覧

 

ZIPAIRについて詳しく知りたい方は、別記事もぜひ併せてご覧ください♪

ZIPAIRのすべて コスパ最高の新LCC徹底解剖!ハワイ行き3万円・フルフラットでも7.9万円から
2020年6月、コロナ禍の真っ只中に一つの航空会社が誕生しました。 その名は「ZIPAIR(ジップエア)」! 一般的にいうところの”LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)”にもかかわらず、ビジネスクラスのようなフルフラットシートが設定さ...
ZIPAIRフルフラットシートが快適すぎた!最安7万円台なのにビジネスクラス級~ハワイ・ホノルル線 搭乗記
2020年に就航したJAL系列LCC「ZIPAIR(ジップエア)」。 「LCCを超えたローコストエアライン」を掲げ、満を辞して登場しました。 驚くべきは、LCCなのにフルフラットシートを提供しているということ! 路線により料金は異なりますが...
ZIPAIRのフルフラットとスタンダードを乗り比べてみた!JAL系LCCの座席の違いを徹底比較
2020年に誕生したJAL日本航空のLCC、ZIPAIR(ジップエア)。 人気路線の成田〜ハワイ・ホノルルが、「スタンダードシート(Standard)」で片道2.9万円からという低価格、そしてLCCなのにビジネスクラス相当の「フルフラットシ...
スポンサーリンク

今回のフライト情報

なお、今回の旅情報は以下の通りです。

便名 ZG030
区間 東京・成田→アメリカ・サンノゼ
出発時間 16:00
到着時間 08:10
フライト時間 9時間10分
シート フルフラット
スポンサーリンク

ZIPAIRの運賃はどのくらい?

本編に入る前に、まだZIPAIRについてあまりご存知ない方が気になるのは運賃ですよね。

チケットは一体どのくらいのお値段なのでしょうか。

簡単にご説明すると、ZIPAIRにはフルフラットスタンダードシートが設定されています。

フルフラットはその名の通り、180度リクライニング出来るシートで、国際線ビジネスクラスと同等。

一方のスタンダードはエコノミークラス相当ですが、ZIPAIRの場合はお値段とシート形態が違うだけで、サービス内容は双方全く同じです。

サンノゼ線の場合は、スタンダードが44,000円〜、フルフラットが99,000円〜の料金設定となっています。

運賃は日によって変動し、今回フルフラット搭乗にあたり実際にかかった料金は、往路が139,934円、復路が171,482円(空港諸税等込み)でした。

ZIPAIRの料金システムについて詳しくは別記事をどうぞ!

他エアラインとの比較

LCCで往復30万円超となると、いくらフルフラットとは言えどもちょっと高い、とも感じる方もいらっしゃるかもしれませんが…

  • 東京からサンノゼへの直行便は今のところZIPAIR以外にない
  • サンノゼから一番近いサンフランシスコ空港発着便で比較すると、エコノミークラスと同価格帯、ビジネスクラスのおよそ3分の1程度の料金
  • 燃油サーチャージ不要

という3点を鑑みると、やはり使い勝手の良いエアラインと言えます。

具体的には、3月某日の東京・サンフランシスコ往復の検索結果で、UAなどのフルサービスキャリアではエコノミークラスが約30万円(燃油サーチャージ込み)。

<参考1:東京-サンフランシスコ・エコノミークラス運賃>

サンフランシスコエコノミー

そしてビジネスクラスが80万円台後半となっています。

<参考2:東京-サンフランシスコ・ビジネスクラス運賃>

  • サンフランシスコビジネスクラス

上述の通り、他エアラインにはサンノゼ直行便がないため、あくまでサンフランシスコ線との比較ですし、フルサービスキャリアとはサービス内容も異なりますので、圧倒的に安い!とは単純に言えないのですが、それでもかなりリーズナブルなことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

また、ZIPAIRフルフラットではなくスタンダードなら、平均15万円前後で往復できますので、より気軽に旅ができそうです。

ちなみに、サンノゼ・サンフランシスコ両空港の位置関係はこんな感じ。時間帯にもよりますが、平時であれば車でわずか30分の距離となっています。

スポンサーリンク

成田空港到着

ということでやって参りました、成田国際空港第1ターミナル!

成田国際空港第1ターミナル

ZIPAIRはJAL系列のLCCですが、JALではなくANAをはじめとするスターアライアンス系が使用する第1ターミナル発着です。

出発時刻の近いロサンゼルス行きのチェックイン手続きが並行して行われていて、入口に設置されたデスクではアメリカ入国に必要な宣誓書/入国者情報提供のチェックがありました。

成田空港第1ターミナルチェックインカウンターの様子

この場で書類に記入してももちろん大丈夫なのですが、時短のためにも出来れば家で予め準備しておくのがオススメです。

昨年ホノルルへ飛んだ時はかなりの混雑ぶりでしたが、この日はほとんど待ち時間なし。

スムーズにチェックインが完了しました!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・チケット

2023年10月29日搭乗分より、優先チェックイン&受託手荷物の優先返却サービス「ZIPAIR Express Service」がスタート!
全路線一律3,000円、1便あたり30名まで利用可能です。
詳しくは公式サイトをご確認ください。
公式ZIPAIR Express Serviceについて

 

ZIPAIRでは、各路線出発1時間前にチェックインが完全に締め切られます。

1分でもオーバーすると乗り遅れが決定してしまいますので、どうぞご注意ください!

スポンサーリンク

出国!ラウンジへ

それではさっそく出国しましょう。

成田空港第1ターミナル・出国

LCCであるZIPAIR搭乗時には、利用できるラウンジに制限があります。

直営ラウンジというものは存在しませんので、プライオリティパスやクレジットカードラウンジを利用することになるのですが…

ZIPAIRは、第1ターミナル制限エリア内(=出国後)にある「トラベラウンジ」と提携。

料金を支払えば誰でも利用できるラウンジながら、事前にZIPAIRの予約情報からオプションとして申し込んでおくと、一般にはない、少しお得なおまけがついて来ます。

しばらく営業時間が短縮されていたために、前回ホノルル線搭乗時には利用することができませんでしたが、今回は念願叶って訪問することができました!

成田空港第1ターミナル制限エリア内トラべラウンジ

ラウンジ内の様子は、別記事にてご紹介しています。

スポンサーリンク

搭乗開始

さて、ラウンジでしっかりとリフレッシュしてから搭乗口へ。

成田空港第1ターミナル・24番搭乗口

出発30分前、15時30分に搭乗開始…

のはずでしたが、この日は出発最終準備のため、しばらく搭乗口前で待機することになりました。

成田空港第1ターミナル・24番搭乗口・機体

JALの子会社とはいえ、ZIPAIRはあくまで何ら補償のないLCCですので、遅れたり欠航になったりすると先の旅程がちょっぴり心配ですが、予定から50分ほど過ぎたところで無事搭乗開始がアナウンスされ、ホッと一安心!

成田空港第1ターミナル・24番搭乗口・搭乗開始

成田空港での搭乗時は、前方がフルフラット、後方がスタンダードシートとPBBが分かれています。

成田空港第1ターミナル・24番搭乗口・PBB

今回もありがたいことに手前のブリッジからフルフラットキャビンへ。

これから9時間お世話になります♪

成田空港第1ターミナル・24番搭乗口・PBBから見る機体

スポンサーリンク

ZIPAIRフルフラットキャビン

機体前方に設けられたフルフラットキャビンはこんな感じ。

ZIPAIR搭乗記・フルフラットキャビンの様子

LCC価格でありながら、シート体裁はKLMオランダ航空のビジネスクラスと同等のため、スタンダードシートよりも先に完売するほど大人気となっています。

ご参考までに、スタンダードシートキャビンはこんな感じです。

 

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/スタンダードシートキャビンを前方から

 

フルフラットシートの機能について詳しくは、前回のホノルル線搭乗記をご覧いただくとしまして…

この日は一人旅なので、初めて窓側のソロシートを選択しました!

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・フルフラットシート・窓側席

座った目線はこんな感じ。

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・フルフラットシート・窓側席から前方を見たところ

横一列は偶然誰もいませんでしたが、ヘリンボーン式になっているため、もし満席の場合でも他のお客さんの目線は気になりにくくなっています。

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・フルフラットシート・窓側席から横を見たところ

窓の外にはたくさんの飛行機が駐機。いよいよ飛び立つ時が迫ってきました。これが一番ワクワクする瞬間かもしれませんね。

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・窓の外の景色

スポンサーリンク

離陸!

その後ドアが閉められ、飛行機は順調に滑走路へ向けて走り出します。

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・離陸直前

前後には離陸待ちの飛行機が並び、一時期に比べて各社の運航状況がだいぶ回復したことを肌で感じられました。

それでは、カリフォルニア州サンノゼへ向かっていざ離陸!

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・離陸直後

今回は一体どんな旅になるのでしょうか。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機窓から

スポンサーリンク

機内食のスタート

出発からしばらく経つと、まずは機内食のサービスが始まります。

ZIPAIRでは機内食も事前予約制で、購入していた搭乗客のみへの提供。

しかし、これまでの少ない経験では、当日機内販売で買えないこともありません。

この日購入可能となっていたのは、カツ丼やおつまみBOXなどなど。

ZIPAIRサンノゼ線搭乗記・当日購入可能な機内食

 

ただ、機内販売スタートは機内食提供が終わった後になりますし、搭載数も限られていますので、やはり事前に申し込みしておくのが断然オススメです!

詳しい機内食メニューは公式サイトでご覧いただけます♪

公式ZIPAIR機内食メニュー

前回のホノルル線では、出発30~40分後に申し込んだ商品がまとめて届いた一方、サンノゼ線では搭乗後すぐにCAさんから「一回でまとめる」か、それとも「出発後・到着前の二回に分けるか」の確認がありました。

これはサンノゼ線の方が搭乗時間が長いからかもしれません。

この日は2回分の食事のつもりで複数注文していましたので、夕食・朝食に分けていただくようお願いしておきました。

スポンサーリンク

本格的な国産鰻丼に舌鼓!

まず一回目、夕食・デザートとしてオーダーしたのは…

国産うなぎのふっくら鰻丼&ZIP特製2種のマカロンです!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・最初の機内食は鰻丼とマカロン

蓋を開ける前から、辺り一帯に鰻のいい香りが漂います。

いざオープン!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内食・鰻丼

照り照りツヤッツヤの蒲焼が2枚、惜しげもなくどーん!と盛り付けられていました。

ご覧ください、この鰻の立派なこと!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・鰻丼

LCCの機内で鰻丼、しかも国産のものが食べられるだなんて、これはちょっとした驚きではありませんか??

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内食・鰻のアップ

肝心の味はというと、ふわふわで臭みも全くなく、しっかり香ばしく焼き上げられていて、甘み・塩味のバランスもバッチリです!

何でも、ZIPAIRクルーの皆さんの間でも一番人気のメニューなのだとかYoutube公式チャンネルZIPPY CLUBより)

あまりにも美味しくて、10分もかからずペロリと完食してしまいました。

ご飯の量が少なめなので、男性には足りないかもしれませんが、私にはちょうどよかったです。

続いてマカロンのボックスを開けてみましょう!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内食・マカロン

ビタミンカラーのマカロンが二つ、可愛らしく鎮座しています。フレーバーは緑がピスタチオ、オレンジがパッションフルーツ。

個人的にどちらも大好きな味でテンションが上がります。

大きさもこの通り、一つで十分満足出来るくらい♪

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内食・マカロンのアップ

外がサクッと中はしっとり、まったりコクがあってとっても本格的な味わいです。

マカロン大好き人間としては大正解の選択でした!

ちなみに機内食の総額は、鰻丼2,600円+マカロン700円=合計3,300円。

地上に比べると若干の割高感はありますが、機内食といえば国際線搭乗時の大きなお楽しみの一つですので、支払う価値は十分あったと思っています。

スポンサーリンク

機内販売

食事が済んでしばらくすると、機内販売がスタートしました。

ZIPAIRはフルサービスキャリアのように飲食物やアメニティが無料で提供されるわけではない分、あると助かる実用的な商品がたくさん揃っています。

おやつ類や…

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内販売の画面・おやつ

アルコールドリンクに、おつまみなども(ZIPAIRでは、持ち込んだ酒類を機内で消費することは出来ません)

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内販売の画面・お酒類

搭乗記念になりそうなオリジナルグッズまで選り取りみどり!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・機内販売の画面・オリジナルグッズ

見ているだけで色々欲しくなってしまいますよね。

なお、支払い方法は基本的にクレジットカードですが、通信状況が良好でZIPAIR公式サイトにログイン出来る場合は、所持するZIPAIRポイントを使うことも出来ます

機内でより快適に過ごすために、また家族・友人へのお土産調達など、上手に活用したいところです。

スポンサーリンク

機内エンタメ

そして忘れてはいけないのが機内エンタメチェック!

ZIPAIRでは機内Wi-Fi無料のため、ネットサーフィンも楽しめるのですが、時々どうしても通信不安定で使えなくなってしまうことも。

そんな時は、手持ちの機器で映画を観られるサービスが重宝します。

この時のラインナップは…

ZIPAIRフルフラット搭乗記・機内エンターテインメント

  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒
  • クレイジー・リッチ!
  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
  • マイ・インターン
  • ジョーカー
  • ショーシャンクの空に
  • シャーロック・ホームズシャドウゲーム
  • TENET テネット
  • トムとジェリー
  • ワンダーウーマン1984

半年前に搭乗した時に比べると、10本中6本が新しいタイトルに変わっています。

ZIPAIRでは個人用モニターこそないものの、このくらい映画の選択肢があれば必要十分だと感じました。

また映画の他に、ZIPAIRオリジナルビデオや、ミュージックビデオSony Music Labels MVなどもありますので、フライト中退屈せずに過ごせそうですね!

スポンサーリンク

しばし休息

さてさて。

お腹も満たされたことですし、サンノゼに着いたら即乗り換えが待っているため、到着に備えてしっかり睡眠を取らねば!ということで、さっそくフルフラットモードに。

しっかり体を横たえて休むことが出来るフルフラットは、やはりしみじみとありがたいですね…。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・横になったところ

おやすみなさい!

スポンサーリンク

2度目の機内食

快適なシートのおかげで、5時間ほど眠れたでしょうか。

アイマスクを外し窓の外を見やると、空が白み始め、朝も間近な様相です。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・夜明けの機窓

到着2時間前に2度目の機内食を用意して頂けることになっていましたが、眠り込んでいたため声をかけず、ギリギリまで寝かせてくださったようです。

ZIPAIRは日系エアラインでありつつも、あまり干渉がないといいますか、毎回丁度よく放っておいて頂けるので、私にとっては非常に気楽で快適。外資系エアラインに近いものがあります。

さあ、それでは朝食にしましょう。

2回目の機内食がこちら!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・朝ごはんは和牛カレーとフルーツ

やわらか霜降り和牛のZIPカレー2,600円と、季節のミックスフルーツ900円です♪

ZIPAIRでは「スパイス香るZIPカレー1,400円」というメニューもありますが、せっかくなのでちょっと奮発して良いお肉が乗っている方にしました。たんぱく質、大事です。

ZIPAIR機内食・和牛カレー

溢れる肉汁、とろけるような肉質はさすが和牛&スパイシーでコク深いルーのバランスの良さ、そしてご飯の炊き具合もバッチリ♪

海外旅行はスタミナ勝負ですので、しっかり栄養をつける意味でもいいチョイスでした!

目覚めに、そしてカレーの付け合わせにもぴったりな季節のフルーツカップには、パイナップルやメロン、マンゴーに葡萄などなど。

ZIPAIR機内食・フルーツ

口直しにもなりますし、しっかりビタミンをチャージできますね♪

 

ちなみに機内食各メニューには一本ずつお水が付いてきます!

今回は計4本いただきました。

 

ZIPAIRフルフラット搭乗記・機内食についてくるお水

スポンサーリンク

サンノゼ空港到着!

そうこうするうちに、機体はサンノゼ空港へ向けて着陸態勢に入ります。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・カリフォルニア州上空へ

国土の広いアメリカは街によって表情が全く違いますが、サンノゼは高い建物もなく緑の中に住宅が密集していて、どこかのどかな雰囲気です。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・サンノゼ上空

後で調べてみるとその第一印象通り、サンノゼはアメリカ合衆国の中でも治安がよく、犯罪発生率が低いのだとか。

もちろん町中どこでも無条件に安全というわけではありませんが、それほど心配なく過ごせるようです。

出発は若干遅れたものの、定刻よりも早くノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港に着陸しました!!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・サンノゼ空港に着陸

おそらくこれが最初の国際線到着便なのでしょう、全く待ち時間もなくスムーズにスポットイン。

ZIP AIR搭乗記・サンノゼ空港に到着

今回もとっても快適なフライトをありがとうございました♪

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ空港に到着

…ただし。

今回はこれでゴールではありません。

お次はアメリカ屈指のLCC「サウスウエスト航空」に乗り継ぎ、初のラスベガスへと向かいます!

ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港・サウスウエスト航空

ZIPAIRサンノゼ線の醍醐味は、なんと言ってもアメリカ国内線への繋ぎの良さ。

ターミナルがコンパクトな分、簡単・スムーズに乗り継ぐことができるのです。

というわけで次回の記事では、ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港での乗り継ぎ方法について詳しくご紹介します!

ZIPAIR国際線乗り継ぎガイド<サンノゼ国際空港編>ターミナル移動のコツと注意点は?
外国の空港で「乗り継ぎ」と聞くと、ハードルが高いと思われる方も多いと思います。 しかし自在に乗り継げるようになれば、直行便では行けない都市へ出向くことができ、旅の楽しさが格段に増すこと間違いなし! JAL系LCCのZIPAIRにて新規開設さ...

ラウンジ訪問記やサウスウエスト航空搭乗記、サンフランシスコ滞在記などの関連記事もぜひ併せてご覧ください♪

<2024最新版>本当に買いたいサンフランシスコのお土産!日本では入手しにくい厳選アイテムを一挙公開♪
美しい景観、豊かな文化、テクノロジーの中心地としての魅力を持ち合わせた都市、サンフランシスコ(San Francisco)。 ゴールデンゲートブリッジにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーと、たくさんの見所が思い浮かびますが、お土産にはど...
プライオリティパスで無料なのにオーダーメニュー大充実!サンノゼ空港THE CLUB SJCラウンジ訪問記
今回ご紹介する空港ラウンジは、アメリカ・サンノゼ空港にあるTHES CLUB SJC LOUNGE(以下、クラブSJCラウンジ)! 一般的な有料ラウンジでありながら、提供されているメニューはエアライン直営ラウンジ並みの豊富さ。 しかも、オー...
サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>
アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。 言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは? 日本からラスベガスま...
ラスベガス高級ホテル宿泊記2023!ザ・コスモポリタンはベラージオの噴水も見える?
世界屈指のエンターテイメントシティ・ラスベガス。 その中心部にあるストリップには、豪華絢爛な噴水ショーで有名な「ベラージオ」、ピラミッドやスフィンクスが異彩を放つ「ルクソール」、エッフェル塔と凱旋門が目を引く「パリス」など、有名ホテルが建ち...
ようこそ成田空港ユナイテッド航空ラウンジへ!利用方法と最新のサービス内容を徹底解説<スターアライアンス/ANA利用可>
日本の空の玄関口『成田空港』。国際線をメインとするこの空港には、ANAやJALだけでなく、世界各国から飛行機がやって来ます。 例えば、アメリカ・イリノイ州シカゴに本拠地を置く「ユナイテッド航空(United Airlines/UA)」もその...
ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...
まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...
世界の高級ホテル宿泊記~ザ・リッツカールトン・サンフランシスコのクラブラウンジ最新レポート!
「サンフランシスコでおすすめ!マリオット系列ホテル3選」と題しまして、前回のパレスホテルに続き、第2弾としてご紹介するのが、「ザ・リッツカールトン・サンフランシスコ」! サンフランシスコの中でも、高級街区である「ノブヒル」に位置しており、世...
リニューアルされたセントレジス~プラチナ特典で超ハイレベルの朝食が無料<サンフランシスコ宿泊記2023>
マリオット系おすすめホテル3選inサンフランシスコの最終章は、「セントレジス・サンフランシスコ」です! こちらのホテルは2005年開業と比較的新しいホテルですが、さらに2022年に全面改装の上、満を辞してリニューアルオープンしました。 サン...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...
本場フェアフィールドのエグゼクティブスイート宿泊記〜無料シャトルバスでサンノゼ空港アクセス可能
マリオット・インターナショナル系列のホテルブランド、フェアフィールド・バイ・マリオット。 元々は創業者夫妻が、所有する農場で近しい人たちをもてなすところから始まったブランドです。 近年は日本でも、道の駅を中心に、多くのフェアフィールドホテル...
やっぱりZIPAIRのフルフラットは最高!路線限定の機内食メニューも満喫♪<サンノゼ-成田空港2023搭乗記>
2020年に開業した、JAL系LCCのZIPAIR(ジップエア)。 2023年7月現在は成田空港を本拠地として、ハワイ・ホノルルや韓国・ソウル、サンフランシスコなど8都市に就航しています。 LCC価格にもかかわらず、LCCを超えるサービスが...

関連記事

ZIPAIRのすべて コスパ最高の新LCC徹底解剖!ハワイ行き3万円・フルフラットでも7.9万円から
2020年6月、コロナ禍の真っ只中に一つの航空会社が誕生しました。 その名は「ZIPAIR(ジップエア)」! 一般的にいうところの”LCC(ローコストキャリア:格安航空会社)”にもかかわらず、ビジネスクラスのようなフルフラットシートが設定さ...
ZIPAIRフルフラットシートが快適すぎた!最安7万円台なのにビジネスクラス級~ハワイ・ホノルル線 搭乗記
2020年に就航したJAL系列LCC「ZIPAIR(ジップエア)」。 「LCCを超えたローコストエアライン」を掲げ、満を辞して登場しました。 驚くべきは、LCCなのにフルフラットシートを提供しているということ! 路線により料金は異なりますが...
ZIPAIRのフルフラットとスタンダードを乗り比べてみた!JAL系LCCの座席の違いを徹底比較
2020年に誕生したJAL日本航空のLCC、ZIPAIR(ジップエア)。 人気路線の成田〜ハワイ・ホノルルが、「スタンダードシート(Standard)」で片道2.9万円からという低価格、そしてLCCなのにビジネスクラス相当の「フルフラットシ...

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラ...
【2024年4月最新】モッピーの入会キャンペーンが今だけ2,500円に増量中!期間限定でAmazonギフト券も貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,500円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年4月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,300円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,300円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツ・ギリシャへ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら