instagramはじめました!フォローはこちら

ZIPAIRのフルフラットとスタンダードを乗り比べてみた!JAL系LCCの座席の違いを徹底比較

follow us in feedly

2022ZIPAIR搭乗記

2020年に誕生したJAL日本航空のLCC、ZIPAIR(ジップエア)。

人気路線の成田〜ハワイ・ホノルルが、「スタンダードシート(Standard)」で片道2.9万円からという低価格、そしてLCCなのにビジネスクラス相当の「フルフラットシート(ZIP Full-Flat)」があるということでも大変話題になりました。

両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

ということで今回は、ZIPAIAのスタンダードとフルフラットの比較を中心に、ホノルル-成田の搭乗記をお届けします♪

スポンサーリンク

今回のフライト情報

さて、今回のフライト詳細は以下の通り。

便名 ZG001
区間 ハワイ・ホノルル→東京・成田
出発時間 9:55
到着時間 13:15
フライト時間 8時間20分
シート フルフラット

ANAやJAL、UAなどもホノルル発東京行きの便を運航していますが、今のところこのジップエアが一番早く出発する便です。

ダニエル・K・イノウエ国際空港に到着

この日は朝の7時にワイキキを出発。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港へ

ハイウェイに乗るまではかなり渋滞していましたが、30分ほどで無事空港に到着しました。

2022ZIPAIR搭乗記・空港に到着

ZIPAIRと書かれた車寄せからチェックインカウンターまでは、壁やドアなど遮るものもなく、ほんの10mほどの距離。

成田空港での出発時とは異なり、誰も並んでいません。

ホノルル空港でもフルフラットとスタンダードの区別はなく、全員が同じレーンを進むことになります。

2022ZIPAIR搭乗記・空港に到着・ジップエアのカウンターへ

スポンサーリンク

出国

スムーズにチェックイン手続きが完了しまして、出国ゲートへと向かいます。

この時間帯は、近くにあるJALカウンターもオープンしておらず、全体的にしんと静まり返っていましたが、出国審査場はそれなりに混雑しており、20分ほど並ぶ必要がありました。

2022ZIPAIR搭乗記・空港に到着・出国

手荷物検査と出国審査を経て、制限エリアへ。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港

出国審査場付近にはいくつか開いているお店もありましたが、少し離れるとこの通り開いているお店はほぼ見当たりませんでしたので、お土産は空港に来る前に購入しておいた方がよさそうです。

搭乗ゲートへ

この日の搭乗ゲートはC1。出国後、右方向へのんびり7〜8分ほど歩いたところにあります。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・Cゲート

(ダニエル・K・イノウエ国際空港公式サイトより)

プライオリティパスがあれば、ハワイアン航空のプルメリアラウンジを利用することも可能ですが、これからだとゆっくり出来るかどうか微妙な時間でしたので、早々に搭乗口へ向かうことにしました。

歩みを進めていくと、前方にZIPAIRの飛行機を発見!

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港駐機する機体

ダニエル・K・イノウエ国際空港はオープンエアになっている箇所が多く、最後までハワイの爽やかな風を感じることができます。国際空港では、あまり類を見ない構造ではないでしょうか。

スポンサーリンク

搭乗待合室でしばし待機

さて、こちらがC1ゲートです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ダニエル・K・イノウエ国際空港搭乗待合室前

各搭乗口前にはロープが張られ、スタッフさんにパスポートと搭乗券を提示しないと入れない仕組みになっていました。

理系マイラー妻
理系マイラー妻

お手洗いなどで外に出る場合は、戻ってくる時に再度本人確認が必要です。

出発までおよそ1時間となっても、待合室内にはほとんどお客さんがいません。今日の便はかなり空いているようです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ダニエル・K・イノウエ国際空港搭乗待合室

窓の外にはピカピカに輝くB787-8が。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/ダニエル・K・イノウエ国際空港搭乗待合室・飛行機

大きなトラブルもなく、無事日本に帰れそうで何よりです。

搭乗前の買い出し

なお、前回の搭乗記でご紹介した通り、ZIPAIRでは水を含む全ての飲食物が有料。

国際線搭乗時、100mlを超える液体物は手荷物検査場での放棄を余儀なくされるため、必要な場合は搭乗待合室もしくは機内で購入することになります。

C1ゲートの近くに開いているお店はなかったものの、このような自販機が設けられていました。Apple Payにも対応しており、海外にしては珍しく使いやすい自販機です。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・ゲート近くの自販機

が、お水は一本3ドルと高額でしたので、可能ならドリンクは機内に入ってから購入する方がいいかと思います(機内販売では一本250円)

向かい側にはスナックも。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・ゲート近くの自販機2

ポテトチップスやチョコレートなど、2ドルから販売されています。ドリンクよりもスナックの方が相対的にお手頃に感じられました。

娘がお腹が空いて機内食まで待てないということだったので、チーズとクラッカーのパックを購入。こちらは一つ2.5ドルです。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・チーズクラッカー

中には小さなクラッカーとチーズ2種類が別々に入っていて、子供は自分好みの配分で楽しみつつ、美味しく頂いていた様子。きちんと冷蔵保存されているのもよかったです。

海外にもジャパン・クオリティな自販機があるのですね。これも日系文化の息づくハワイならではでしょうか。

スポンサーリンク

優先搭乗開始

出発30分前になり、いよいよ搭乗開始!

往路では優先搭乗はありませんでしたが、今回は最初にフルフラットシート搭乗客が呼ばれました。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・搭乗口

ホノルル独自の運用なのか、それともちょうどそういうシステムが始まるタイミングだったのかは定かでありませんが、PBBを渡りまして…

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・PBB

飛行機の入口へ!

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・機側

これから8時間超、お世話になります♪

スポンサーリンク

ZIPAIRフルフラットとスタンダードの違いとは

さて。

復路も往路と同様、フルフラットに搭乗するわけですが、今回はお客様が少ないとのことでしたので、CAさんのご協力を得て、気になっていたスタンダード席を見学・撮影することができました。

両者の違いを簡単にまとめると以下の通り。

フルフラット スタンダード
料金(ホノルル発の場合) 69,000円/573.20ドル〜 29,000円/202.90ドル〜
シート ビジネスクラス相当 エコノミークラス相当

料金については、日本発便は日本円・アメリカ発便はドル建てとなっています!

ソフト面(サービス内容)での違いは、特にありません。

両者はエコノミーとビジネスのようにクラスとして分かれているのではなく、あくまでシート機能だけが異なっており、それぞれに応じた料金がかかるというものです。

では、フルフラットとスタンダードを比較しつつ、詳しくご紹介します!

フルフラット

フルフラットシートはこの通り、最前方に18席設けられています。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/シートマップ

(ZIPAIR公式サイトより)

1列目から5列目まであり、シート配列は1-2-1

シートスペック

フルフラットシートのスペックは以下の通りです。

シートピッチ 約107cm
座席幅(肘掛け間) 約51cm
リクライニング角度 180度

ビジネスクラス相当

シートは本革製で、レガシーキャリアのビジネスクラスと同等のクオリティです。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・フルフラットキャビン全景

「LCC価格なのにフルフラット」というコンセプトは、本当に痒い所に手が届くような素晴らしいアイデアですよね!

特にハワイ線は東京発が夜間フライトですし、ホノルル発便も疲れを癒しつつ時差ぼけを最小限に抑えるため、フルフラットが断然おすすめ。

現にハワイ線では、フルフラットから完売になるのだそうです。

後ろから見るとこんな感じ。

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・フルフラットシートキャビン

モニターはありませんが、無料Wi-Fiや手持ちのデバイスで鑑賞できる機内エンターテインメントが用意されていますので、特に問題にならないのではないかと思います。

プライバシーを考慮したシート

フルフラットシートはヘリンボーン式。窓側は外を向き…

2022ZIPAIR搭乗記・ダニエルKイノウエ空港・フルフラットシートキャビン・窓側

中央列はお互いに向かい合う構造となっています。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/キャビン全体図

ちなみにシートベルトは3点式。離発着時以外は、留め具を外して2点式として使用OKです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットシート

スポンサーリンク

スタンダード

そしてスタンダードキャビンはと言いますと…

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/スタンダードシートマップ

(ZIPAIR公式サイトより)

18列目から57列目まであり、シート配列は3-3-3(一部2-3-2)の全272席。

ギャレーやバーカウンターを削減することにより座席数を最大限確保してあるとのことで、JAL国際線仕様787-8のエコノミークラスと比べると、定員は1.5倍となっています。

実際のキャビンの様子はこちら。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/スタンダードシートキャビンを前方から

ギリギリまで定員を増やしているとのことですが、パッと見た感じでは、それほど詰め込まれている感はありませんよね。

シートスペック

スタンダードのシートスペックは以下の通りとなっています。

シートピッチ 約79cm
座席幅(肘掛け間) 約43cm
リクライニング角度 約8cm
理系マイラー妻
理系マイラー妻

シートピッチはJAL国内線787と同等とのことでした。

スタンダードには五段階の座席指定料金がある

ZIPAIRは座席指定も有料。

フルフラットは一律14ドル/1,500円ですが、スタンダードは以下の通り5つに区分されています。

フルフラット 一律 1,500円/14ドル
スタンダード
非常口座席または最前列座席 6,000円/55ドル
前方通路・窓側座席 2,500円/23ドル
後方通路・窓側座席 2,000円/18ドル
リクライニング制限座席 500円/4ドル
その他の座席 1,500円/14ドル

(ホノルル線の場合。日本発便は日本円/アメリカ発便は米ドル表記。2022年9月現在)

座席指定を行わない場合は、出発24時間前に自動的に振り分けられ、その後は一切変更できません。

2022ZIPAIR搭乗記・シート変更不可の貼り紙

(ダニエル・K・イノウエ国際空港ZIPAIRチェックインカウンターにて撮影)

足元を広く使いたいなら、最前列がオススメです(15歳以下は指定不可)

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダードシート最前列

55ドルというと、9月時点のレートで約8,000円。結構なお値段ではありますが、快適度がだいぶ違いますので、一考の価値はあるかと思います。

そして、14〜23ドルで指定できる一般的な座席はこんな感じです。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席のシートピッチ

スポンサーリンク

スタンダードシートの座り心地は?

CAさんのご厚意で、実際にスタンダードシートに座らせていただきました。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席に座ってみた

身長170cm強ですが、普通に座っている分には膝が前席に当たることはありません。

スタイリッシュなシート

座席は黒のフェイクレザー製。シートベルトは腰の部分で止める2点式です。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席

座席の裏側はこんな感じでシンプル。こちらもモニターはありません。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・前席の裏

スポンサーリンク

機能

背面の一番上には、カップホルダーを備えたタブレットスタンドが付いていました。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・タブレットホルダー

滑り止めが施されているため、iPadやスマホを安定した状態で置いておけます。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・タブレットを置いてみた

近くにUSBポート付きのユニバーサル電源がありますので、充電しながら使えるのもいいですね!

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・電源

理系マイラー妻
理系マイラー妻

ちなみに、最前列シートの電源は足元にあります。

 

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・電源

タブレットスタンドの下には、折り畳み式のテーブルが。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・テーブル

開くとこの通り、2倍の広さになります。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・テーブル2

テーブルとタブレットスタンドが別に用意されているのは便利!

ポケットは中身が見えやすく、忘れ物をしてしまう可能性が減りそうです。

2022ZIPAIR搭乗記・スタンダード席・ポケット

限界までリクライニングした席を、後席横から見た写真がこちら。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/スタンダードをリクライニングしてみた

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、8cm傾けることが出来るということです。

比較総括

ということで、スタンダードとフルフラットシートを比べてみた結果は、以下の通りとなりました。

スタンダード フルフラット
運賃 2.9万円〜/209.20USD〜 6.9万円〜/573.20USD〜
座席指定料金 5段階(500~6,000円/4~55ドル) 一律(1,500円/14ドル)
リクライニング 8cm 180度
素材 人工皮革 本革
タブレット置き場 ×
電源
シートベルト 2点式 3点式

どこに重きを置くかは人それぞれですが、個人的にはやはり低コスト・フルフラットがこのエアラインの醍醐味かな、と感じた次第です。

スポンサーリンク

出発!

さて、まもなく出発の時間となりました。

往路では中央列を2席指定しましたが、今回連続して取れる席がなかったため、子供と通路を挟んでの隣同士です。

ちょっと体を起こせばこの通り様子を伺えますし、中央列はぐるっと通路を回り込まないと直接触れ合えない一方、こちらはすぐ駆けつけることができますので、この配席も意外と良いなと感じました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/通路を挟んで

ちなみに反対側のお隣は、地上滞在時から着陸に至るまでパーテーションが閉められており、どんな方が座っているのか最後までわからずじまいでした。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記・お隣とのパーテーション

他のエアラインでは、離発着時にパーテーションを開けるよう促されることが多いため、これはちょっと意外でしたが、お互い気を遣わずに済んで大変よかったです!

プッシュバックが開始され、機体は滑走路へ向けて動き出します。

窓からは先ほど到着したばかりと思しきJAL機が見えました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/窓からの景色

これからの8時間半、どんな旅になるのでしょうか。

スポンサーリンク

機内食がスタート

離陸してしばらく経つと、お楽しみの機内食がスタートします。

ホノルル発便のメニュー

ZIPAIRの機内食は基本的には事前申込制で、ホノルル発便では5種類のメニューがオーダー可能。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食メニューハワイ発便

  • 鶏もも肉のグリル レモンガーリッククリーム添え
  • ほうれん草とクリームソースのチーズラビオリ
  • Wチーズがけミートボールトマトソース
  • ハヤシライス
  • 豚肉のマッシュルームクリームソース

なお、スマホから機内販売のページを開いてみると…

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内販売メニュー

「ほうれん草とクリームソースのチーズラビオリ」のみ、当日購入可能となっていました。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食メニュー

とはいえやはり在庫には限りがあるので、確実に食べたい方は忘れずに予約しておくことをおすすめします(ホノルル発便の申し込み期限は出発48時間前)

実際にいただいたメニュー

今回私は「ハヤシライス」、娘は「Wチーズがけミートボールトマトソース」を予約購入していました。

この日は、10:55にこれから配膳を開始する旨のアナウンスがあり、手元に届いたのが11:15。

まずこちらがハヤシライスです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食1

大きめのお肉がゴロゴロ、酸味が少なくコクがあって、洋食屋さんのような本格派。

ミートボールの方は柔らかく、チーズたっぷりで子供も大好きな味です。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/機内食メニューハワイ発便/ミートボール

ただ、機内ではどうしても避けられないことかと思いますが、ご飯の一部が固くなっていましたので、ルーと合わせながら食べるハヤシライスの方が気になりにくく、美味しく頂けるかも?と思いました。

機内食は離陸から40分を目処に配膳されます。何時間後に食べたい、というようなリクエストには応えることが出来ないとのことでしたので、着陸が近づく頃にはお腹が空いてしまうかもしれません。機内販売で調達するか、ある程度食べ物を持ち込んでおくと安心です。
※アルコール飲料の持ち込みは不可
[ad]

フルフラットでまったり

食事が済んだら、残りのフライトは思い思いにタブレットやスマホを見つつ過ごしましょう。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/タブレットでアニメ

前述の通り、ZIPAIRはWi-Fi無料に加えて、映画やオリジナル番組、電子書籍などのコンテンツを自分のデバイスで観られるサービスを提供しています。

さっそく背もたれを倒してゴロゴロしつつ、チャットをしたりネットサーフィンをしたり…至福のひとときです。

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/フルフラットモード

やはりフルフラットは最高ですね!!

スポンサーリンク

あっという間に成田に到着

朝が早かったこともあり、その後はすっかり寝落ちしてしまいました…恐るべしフルフラット。

13:15到着予定のはずが、なんと1時間前には成田が目前に!?

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/まもなく成田に到着

結果的に、およそ50分もの早着となりました!

ZIPAIRフルフラットシート搭乗記/飛行機

終始快適なフライトでしたので、早く着いて嬉しいような寂しいような、複雑な気分です。

7時間、大変お世話になりました♪

最後に

ということで、今回はスタンダードとフルフラットの比較を中心に、ZIPAIR搭乗記をお届けしました。

フルフラットはスタンダードに比べると約2.5倍の料金ではありますが、個人的にはその価値は十二分にあると思います。

スタンダードも少しだけ座った感覚では、レガシーキャリアと何ら遜色なく、やはり片道約3万円からというお値段は非常に魅力的です。

あくまでLCCですので、すべてのサービスが有料オプションであったり、救済措置がなかったりという独自ルールに戸惑うこともあるかもしれませんが、しっかり事前に確認することで、快適でコスパの良い旅ができることでしょう。

ZIPAIRはハワイだけでなく、全6路線に就航しています(いずれも成田発)。

  • ソウル-仁川
  • バンコク-スワンナプーム
  • シンガポール-チャンギ
  • ホノルル-ダニエル・K・イノウエ
  • サンノゼ(2022年12月〜)
  • ロサンゼルス

今後海外旅行をお考えの際は、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!

なお、今回は何の問題もなく終始快適なフライトでしたが、某口コミサイトでは、チャットや電話応対でトラブルがあったという声も散見されました。

ZIPAIRは基本的にキャンセルや変更が一切できないため、旅行のキャンセル保険を付ける、またもし可能であれば、余裕を持った旅程を心がけると、より安心だと思います。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2022年10月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2022年10月1日~31日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミング...
【2022年10月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で1,000円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で1,000円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタス...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

子連れ旅関連記事

【2022最新】JWマリオット奈良 宿泊記~プラチナ特典のアップグレード・キッズアクティビティ紹介!
「JWマリオット・ホテル奈良」は、世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」の最高級フラッグシップブランド「JWマリオット」を日本で初めて冠したホテルです。 2020年7月、奈良県初の外資系ラグジュアリーホテル...
リッツカールトン日光のアクティビティがすごい!子供向けプログラムを実体験レポート♪
2020年にオープンした、国内5つ目となる「ザ・リッツ・カールトン日光」。 隅々まで贅を凝らした設えと、和風で上品な雰囲気が魅力の高級ホテルです。 そんなザ・リッツカールトン日光では、豊富に用意された体験プログラムも大人...
【宿泊記】ベッセルホテルカンパーナ沖縄はサービス大充実!アメリカンヴィレッジを楽しみ尽くそう♪
新型コロナが流行し始めて、早1年半が経過しました。 そろそろ海外旅行が恋しくなってきた方も多いのではないでしょうか。 そんな方に打ってつけなのが、沖縄の美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ! 日本なのに日本じゃな...
セントレジス・バリの子供向けサービスが贅沢すぎる!初めての海外旅行にもオススメな理由を一挙紹介
子供を連れての海外旅行。 宿泊先を決めるに当たって、「子供料金が設定されているか」「添い寝ができるか」等、いろいろな条件があると思いますが、出来れば「子供向けのサービスが充実している」ホテルであれば、より嬉しいですよね! ...
ウェスティンリゾート グアム宿泊記!空港からのアクセス方法とアップグレードされたお部屋の様子をレポート
常夏のビーチリゾート「グアム」。 東京から飛行機で3時間ほどとアクセスが良く、時差もたったの1時間。気軽に行ける南国リゾートとして人気を集めており、初めての子連れ海外旅行先に選ぶ方も多いのだとか。 一度は行ってみたいなと...
シェラトン宮崎で体験できるサイクリング&乗馬が楽しすぎた!子ども大満足のアクティビティを一挙紹介
宮崎県宮崎市にある、大型高級リゾートホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。 広大な敷地を占める「フェニックス・シーガイア・リゾート」が擁する施設の一つで、空港からのアクセスもよく、ゆったりとした雰囲気の中でしばし...
【行き先・ブランド別】一度は泊まってみたい国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを...
トップへ戻る

Uber Eats 【初回注文2,500円OFF】クーポン


・2022年1月31日(月)23:59まで有効
・最低注文金額なし
【注意事項】このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。
クーポンコードをコピーした後、リンクの遷移先で貼り付けてご利用ください。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン
【有効期限】2022年4月1日~4月15日まで


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス