instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

やっぱりZIPAIRのフルフラットは最高!路線限定の機内食メニューも満喫♪<サンノゼ-成田空港2023搭乗記>

follow us in feedly

ZIPAIR搭乗記サンノゼ発成田行きフルフラット

2020年に開業した、JAL系LCCのZIPAIR(ジップエア)。

2023年7月現在は成田空港を本拠地として、ハワイ・ホノルルや韓国・ソウル、サンフランシスコなど8都市に就航しています。

LCC価格にもかかわらず、LCCを超えるサービスが好評で、着実にファンを獲得し続けているジップエア。

ご紹介するのは、2022年12月に運航を開始したばかりのサンノゼ線フルフラット搭乗記です!

四度目の搭乗となる今回、出発前にはちょっとしたトラブルもありましたが、搭乗回を経るごとに進化を感じさせるエアラインだなと実感しました。

ぜひ最後までご覧ください♪

本記事は、ZIPAIRさんに取材のご協力を頂き執筆したものです。

スポンサーリンク

今回のフライト情報

本題に入る前に、今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 ZG29
区間 カリフォルニア州サンノゼ・ノーマン Y ミネタ国際空港-東京成田国際空港
出発時間 10:10
到着時間 14:30(翌日)
シート フルフラット
スポンサーリンク

サンノゼ国際空港に到着!

今回の旅では、およそ1週間に渡り、サンノゼラスベガスサンフランシスコと、アメリカ西海岸エリアを渡り歩いてきました。

サンフランシスコのお土産もしっかりゲットしまして…

<2024最新版>本当に買いたいサンフランシスコのお土産!日本では入手しにくい厳選アイテムを一挙公開♪
美しい景観、豊かな文化、テクノロジーの中心地としての魅力を持ち合わせた都市、サンフランシスコ(San Francisco)。 ゴールデンゲートブリッジにフィッシャーマンズワーフ、ケーブルカーと、たくさんの見所が思い浮かびますが、お土産にはど...

前日にはサンノゼ入りし、アップルパークビジターセンターを訪問。

Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...

空港近くのマリオット系ホテルで一夜を過ごし、翌早朝、無料シャトルバスで空港まで戻ってきました!

本場フェアフィールドのエグゼクティブスイート宿泊記〜無料シャトルバスでサンノゼ空港アクセス可能
マリオット・インターナショナル系列のホテルブランド、フェアフィールド・バイ・マリオット。 元々は創業者夫妻が、所有する農場で近しい人たちをもてなすところから始まったブランドです。 近年は日本でも、道の駅を中心に、多くのフェアフィールドホテル...

ジップエアフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・ターミナルB

サンノゼ国際空港は、AとBの二つのターミナルから成り、ZIPAIRのチェックインカウンターがあるのはBの方。

ただし、到着時はA側を利用しますので、到着・出発時でターミナルが異なることに注意が必要です。

ZIPAIRでの到着 → ターミナルA
ZIPAIRでの出発 → ターミナルB

それでは、チェックインするとしましょう。

ジップエアフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・ターミナルB・チェックインカウンター

2023年10月29日搭乗分より、優先チェックイン&受託手荷物の優先返却サービス「ZIPAIR Express Service」がスタート!
全路線一律3,000円、1便あたり30名まで利用可能です。
詳しくは公式サイトをご確認ください。
公式ZIPAIR Express Serviceについて
スポンサーリンク

受託手荷物の購入でトラブル発生!

が、しかし。

実はここに来る直前に、ちょっとしたトラブルがありました。

以前から何度かご紹介している通り、ZIPAIRでは受託手荷物一個から有料となります。

路線と重さによって値段が異なりますが、サンノゼ線の場合は以下の通り(荷物一個当たりの料金)

〜14kg
  • 成田 – サンノゼ 5,500円
  • サンノゼ – 成田 50ドル
〜23kg
  • 成田 – サンノゼ 6,500円
  • サンノゼ – 成田 59ドル
〜32kg
  • 成田 – サンノゼ 7.500円
  • サンノゼ – 成田 68ドル
2023年10月29日搭乗分より、受託手荷物は1個30kgまでに統一されます。
公式オプショナルサービスの変更について

出発当日、空港のカウンターで重さを計ってもらい、その場で料金を支払う、ということも出来なくはないのですが、その場合は約1,000円の事務手数料がかかりますので、自分でオンライン決済しておくが吉です。

今回は、手持ちのスケールで測ってみたところ、ちょうど23kgを超えるか超えないかの境にあったため、もし誤差があって空港で追加料金になったら困るかも、でも混むだろうし事前に申し込んでおいた方が…いや、うーん、どうしよう??

と迷いに迷いつつ、途中までオンライン手続きを進めていたのですが…

ZiPAIR荷物

最終画面で、選択した内容をもう一回確認しておこうと前の画面に戻ったところ、どうやら中断したとみなされたようでして。

何らかの制限がかかったことにより、手続きを再開してみると、支払い方法がクレジットカード一択になっていました。

ジップエアフルフラット搭乗記・荷物預かり料支払い

元々クレジットカードで支払うつもりであれば別に問題ないのですが、今回はZIPAIRポイントを使おうと思っていたので、これには少々困りました。

ロックが解除されるのは数時間後、つまり飛行機が出発した後とのこと。

こうなったら一か八か、空港のチェックインカウンターで直接聞いてみるしかありません!

ジップエアフルフラット搭乗記・チェックインカウンター

相談してみた結果は…

 

 

やはり、残念ながらここではどうにも出来ません、というお答えでした(そりゃそうですよね)

 

というわけで、ポイント消費は諦め、クレジットカードでお支払いすることになりました。

ジップエアフルフラット搭乗記・預け荷物の清算

使うはずだったポイントは、また次の機会に取っておくとしましょう。

同じようなケースはあまりないかもしれませんが、

  • 一度手続きを始めたら、下手に前の画面に戻らない!
  • ロック解除まで3時間ほどかかるので、できれば早めに手続き完了しておく!

…が肝要かな、と思います。

どなたかのご参考になれば幸いです。

受託手荷物だけでなく、機内食やアメニティの購入でも、同様の現象が起こる可能性があります。

スポンサーリンク

出国!

ということで、チェックインが完了し、無事搭乗券をゲット!荷物も預けましたし、これで準備は万端です。

zZIPAIRフルフラット搭乗記・チケット

2階の出発口へと向かいます。

ZIPAIRサンノゼ線・フルフラット搭乗記・空港の2階

ここは先日、サウスウエスト航空でラスベガスへ発つ時も通った場所。

サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>
アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。 言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは? 日本からラスベガスま...

この空港では、国内線・国際線の別なく、同じ出発口から制限エリアへと入る仕組みです。

ZIPAIRサンノゼ線・フルフラット搭乗記・空港の2階

パスポートチェックと手荷物検査を済ませ、出発ロビーに入りました!

ZIPAIRサンノゼ線・フルフラット搭乗記・空港の2階制限エリア

ZIPAIRの搭乗口はターミナルA側の15番です。右へまっすぐ進みましょう。

ZIPAIRサンノゼ線・フルフラット搭乗記・15番搭乗口へ

歩くこと、およそ7分で15番搭乗口まで辿り着きました。

ZIPAIRサンノゼ線・フルフラット搭乗記・15番搭乗口前

搭乗口前にはたくさん椅子がありますので、ここに座って待っていてもいいのですが、もしプライオリティパスを持っているなら、ちょうどこのゲートの目の前に対象ラウンジ「THE CLUB SJC」があります。

プライオリティパスで無料なのにオーダーメニュー大充実!サンノゼ空港THE CLUB SJCラウンジ訪問記
今回ご紹介する空港ラウンジは、アメリカ・サンノゼ空港にあるTHES CLUB SJC LOUNGE(以下、クラブSJCラウンジ)! 一般的な有料ラウンジでありながら、提供されているメニューはエアライン直営ラウンジ並みの豊富さ。 しかも、オー...

こちらのラウンジでは、アルコール・フードメニューともにオーダー制で、ラインナップも豊富!

もし可能であれば、ぜひ出発前にプライオリティパスを作っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

売店チェック

搭乗開始まであと少し。出発前に最後のお土産を調達しようかなと、周辺の売店をチェックしてみることにしました。

ZIPAIRサンノゼ線フルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・ターミナルAの売店

アメリカっぽいパッケージのスナックがたくさん並んでいますが、事前に下調べの上、ここで購入しようと目論んでいたお目当てのクッキー↓はあいにく見つかりませんでした…。

 

ターミナルの隅々まで探してみたものの、結局どこのお店にも見当たらず。

渡辺直美さんが激推しされていたとのことですごく気になっていたのですが…。

確実に欲しいものは、やはり市内で購入しておくに限りますね。

そして、最後まで驚かされたのが水のお値段!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・水の値段

なんと、小さいボトルで3.59ドル!?!

つまり、一本約500円ということになります。

ZIPAIRではお水も有料ですので、予め買って搭乗しようかとも思ったのですが、これなら機内で買った方が格段にリーズナブルですね。

ということで、お水が必要な方は、機内販売(250円)のご利用をお勧めします!

スポンサーリンク

搭乗は3段階で

出発30分前、いよいよ搭乗が開始されました。

ホノルルではフルフラットシートから呼ばれましたが、今回はまず45-57列目のコール。

サンノゼ空港では、シートの区別はなく、合理的に後方席から機内に案内するようです。

フルフラットシートキャビンは機体の前方にあるため、どうやら最後に乗り込むことになりそうですね。

続いて28-57になり…

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・搭乗は後方から

搭乗開始から5分ほど経った後に、全員が呼ばれました。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・搭乗は後方から

こちらがこれから乗る飛行機です!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・飛行機

成田までの11時間、お世話になります♪

スポンサーリンク

機内へ

CAさんににこやかに迎えていただき、機内へ。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・飛行機の入口

フルフラットシートは1-2-1の配列で、5列目までの全18席です。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート

窓側に着席

中央の2席でも、パーテーションがありプライバシーを確保できますが、せっかくなら最後までアメリカの景色を目に焼き付けるべく、この日も窓側の4Aを選択しました。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4Aからの眺め

シートは個人用モニターがない以外、ほぼKLMオランダ航空のビジネスクラスと同等。おかげで今回も快適な旅になりそうです♪

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A

窓の外にはアラスカ航空やデルタ航空、UAの飛行機が並び、いかにもアメリカといった雰囲気。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A・、窓からの眺め

これでしばらくは見納めになると思うと、やはり寂しいものですね。

スポンサーリンク

いざ離陸!

この日は満席近かったようですが、スムーズに搭乗が完了し、出発時間ちょうどに滑走路へ向けて動き始めました。

ふと窓の外を見ると、地上スタッフさんがグッバイウェーブでお見送り!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A・、窓からの眺め・グッバイウェーブ

これは日本発祥の習慣なので、海外で見ることはあまりありません。一足早い日本式おもてなしに癒されました。

よく見ると、着ていらっしゃる制服にJALの鶴丸マークが入っていましたので、おそらくZIPAIRと兼任のスタッフさんなのでしょう。

整備の安全基準はJALに準じているという点も、ZIPAIRの安心できるポイントです。

途中には、数日前に搭乗したばかりのサウスウエスト機が。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A・、窓からの眺め・サウスウエスト航空

サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>
アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。 言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは? 日本からラスベガスま...

こちらもLCCとは思えない手厚いサービスで、とても素敵な航空会社でした。また近い未来に乗る機会がありますように。

その後、飛行機は無事離陸!!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A・、窓からの眺め・サンノゼの空

サンノゼの上空へと舞い上がりました。

機体はあっという間に遠く、高く。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A・、窓からの眺め・サンノゼの空ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ国際空港・フルフラットシート4A・、窓からの眺め・サンノゼの空2

東京・成田へと一直線です!

スポンサーリンク

機内販売・機内食のスタート

飛行が安定すると、機内サービスが開始されます。

当日購入できる品物もありますが、まずは事前購入分のグッズ配布、機内食提供が優先されますので、機内に入ってすぐ入手したいものがある場合は、必ず搭乗前に申し込んでおきましょう。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・機内販売

(当日の機内販売商品の一例)

スポンサーリンク

1回目の機内食

サンノゼ線では、複数の機内食を購入した場合、2回に分けて配膳していただくことが出来ます。

今回も往路同様、メインを2種類購入。

最初に届いたのがこちら!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・最初の機内食

サンノゼ線限定メニュー、鶏もも肉の照り焼きです♪

ZIPAIRフルフラット搭乗記・最初の機内食・照焼

蓋を開ける前から甘辛いお醤油の匂いが辺りに立ち込めて、すでに美味しいことを確信しました…!

照り焼きとありますが、どちらかというと揚げ焼きに近いかも?薄くかかった衣に、タレがしっかり絡んでいます。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・最初の機内食・チキン照り焼き

お肉はしっかり噛みごたえがあって、甘めの味付けなのも嬉しい!!

和食が久しぶりすぎる上に、好みど真ん中の味わいで、一口一口大事に噛み締めつついただきました。

海外から帰る機内でいただく和食はやっぱり最高ですね♪

ちなみに、サンノゼ線限定メニューは全部で5種類あります!(成田発は対象外)

どれも美味しそうで迷ってしまいますね。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ線限定メニュー

ZIPAIR公式サイトより)

スポンサーリンク

地上でできることを機内でも〜機内Wi-Fiに新たな試み

ZIPAIR機内では、無料インターネットサービスも提供されています。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・機内インターネット

フルサービスキャリアであっても、国際線のWi-Fi使用を無料にしている会社は稀。況やLCCでは尚のことです。

ただ、往路では快適に使えた一方、復路ではあいにくほぼ繋がらずでした。

ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...

あくまで無料サービスなので、何不自由なく使えたらありがたい、くらいの心持ちでいた方がいいかもしれませんね。

しかし先日、見逃せないニュースをキャッチしました!

JAL(日本航空)グループの国際線LCC(格安航空会社)であるZIPAIR Tokyo(ZIPAIR)と、イーロン・マスク氏に設立されたアメリカの航空宇宙メーカー「スペースX」が、機内インターネット通信高速化に向け、スペースXの提供する衛星通信サービス「Starlink」導入に向けた技術検証を開始します。ZIPAIRによると、この取り組みはアジアでは初とのことです。

ZIPAIRでは現在、国際線を運航する国内航空会社では珍しく、機内での無料インターネットサービスを提供。同社は今後さらに、地上同様の通信速度を機内でも実現したいとしています。「Starlink」は、地表からの距離が近いことから低遅延・高速化が可能であり、また全世界を幅広くカバー。「技術検証を進めていくことで、上記の具現化を目指します」としています。

「Starlink」の導入により、利用者は、高速かつ低遅延ネットワークにシームレスに接続することができるといいます。これにより、リアルタイムでのビデオ会議やストリーミング、オンラインゲームなど様々なことをストレスなく楽しむことができるようになるとのこと。

ZIPAIRの西田真吾社長は「地上でできることを機内でも当たり前にできるようにする、そのような『NEW BASIC』を実現していくために非常に重要なものであり、機内でお客さまの過ごされる時間・体験に更なる可能性を広げることができるものと確信しております」とコメントしています。(出典乗りものニュース

地上でできることを機内でも…これは実現したらすごいことになりそう!!

ZIPAIRに限らず、機内ではWi-Fiサービスがあったとしても遅くて当たり前、ストリーミング再生なんて夢のまた夢。

これまでのそんな常識をいっぺんに塗り替えてくれそうな、まさしく画期的な試みですね。

実装されるのがいつになるのかは分かりませんが、実際に体験できる日が今から楽しみです♪

スポンサーリンク

しばし休息

食後はせっかくのフルフラットシートを存分に活用すべく、さっそく睡眠を取ることにします。

アイマスクがないと絶対に眠れない困った体質にもかかわらず、ホテルに忘れてきてしまったため、サンノゼ空港の端から端まで全ての売店を探し回り、ようやく一つだけ発見・購入してきました。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・アイマスク

出来ることなら、昨年ハワイ便で売られていたZIPAIRのオリジナルアイマスクが入ったコンフォートセット↓↓↓が欲しかったのですが、

ZIPAIRフルフラット搭乗記・アイマスクセット

たまたまなのか、サンノゼ線往路では搭載されておらず、復路でも見つけられませんでしたので、買っておいて正解ではありました。

しかし、さすが絶賛インフレ中のアメリカ。

かなり高かった(1,600円)上に、付け心地もあまり良くなく…。

ZIPAIRオリジナルアイマスクの方は、半額以下なのに非常に気持ちのいい付け心地なので、次乗った時にもし売っていれば、是非予備&洗い替え用に買い足したいと思っています!

スポンサーリンク

ティータイム

アイマスクの付け心地はイマイチだったものの、これまでの緊張と寝不足もあっておやすみ3秒、起きると3時間が経過していました。

ちょっと小腹が空いたので、ティータイムにしましょう。

なんとラッキーなことに、この数分間だけインターネットが繋がったので、受託手荷物で使えなかったポイントを消費すべく、機内販売のサイトからZIPAIRアカウントにログイン。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・ティータイムをポイントで購入する

めでたく持っていたポイントを使って、おやつを購入することができました!!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・ティータイムをポイントで

注文したのは、ミネラルウォーター250円と、

ZIPAIRフルフラット搭乗記・機内販売・お水

アメイジングコーヒーとマネケンワッフルのセット600円です♪

ZIPAIRフルフラット搭乗記・マネケンとコーヒー

AMAZING COFFEEとは何ぞや、と調べてみたところ…

AMAZING COFFEEとは?

AMAZING COFFEEは株式会社LDH kitchenが運営し、 EXILE TETSUYAがプロデュースしているコーヒーショップです。2015年より移動販売車のシトロエン(通称:シトくん)と共に様々なイベントへの出店を行い、2016年に第1号店となるTOKYO NAKAMEGUROをオープン。

出典公式サイト

東京都の中目黒にあるコーヒーショップで、EXILEや三代目 J SOUL BROTHERSでお馴染み、エンターテインメント企業・LDHの関連会社とのこと。

ZIPAIRとは、2020年12月19日(土)のホノルル線就航を機に、コラボレーションをスタートしたようです。

ZIPAIRフルフラットシートが快適すぎた!最安6万円台なのにビジネスクラス級~ハワイ・ホノルル線 搭乗記
2020年に就航したJAL系列LCC「ZIPAIR(ジップエア)」。 「LCCを超えたローコストエアライン」を掲げ、満を辞して登場しました。 驚くべきは、LCCなのにフルフラットシートを提供しているということ! 路線により料金は異なりますが...

肝心のお味は酸味控えめでマイルド。

ワッフルとの組み合わせもバッチリで、とても満足いくティータイムとなりました♪

スポンサーリンク

2度目の機内食

そうこうするうち、着陸2時間前。

最後の機内食が届けられました!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・二度目の機内食

2食目に選んだのは…

 

韓国風焼肉!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・二度目の機内食は韓国風焼肉

こちらも鶏もも肉の照り焼きと同様、サンノゼ線限定メニューです。

辛いものは苦手な方ですが、ほぼ辛味はなく、とても食べやすい味付けでこちらも美味しかった!

やっぱりアジア料理に間違いはありません。

霜降りよりも赤身が好きな私には、脂身少なめな肉質だったのも大変よかったです♪

スポンサーリンク

成田に到着!

飛行機はその後も順調に成田へ向かって一直線。

しばらくすると、見慣れた田園風景が眼下に広がり始めました。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ線・成田空港の上空

ソフトランディングで成田空港に到着!

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ線・成田空港に着陸!

やはり日本に帰ってくると、それだけで一気に気が緩むといいますか、本当に安心しますね〜。

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ線・成田空港に到着

海外に1週間留まるのは久しぶりでしたので、出発前は若干不安もありましたが、無事こうして戻ってこられてよかったです!

約11時間、今回も快適なフライトをありがとうございました♪

ZIPAIRフルフラット搭乗記・サンノゼ線・成田空港・降機

最後に

ということで、今回はZIPAIRサンノゼ線フルフラット搭乗記をお届けしました!

サンノゼ線は2022年12月に就航したばかりで、それほど時間が経っていない段階での搭乗でしたが、サンノゼ・Y・ノーマン・ミネタ国際空港でのオペレーションもスムーズで、安心して搭乗することができました。

そして何度乗っても、機内でのCAさんの付かず離れずな接客が個人的にツボです。

ZIPAIRでは、6月にサンフランシスコ、7月にマニラ線の運航が開始され、全8路線となりました。

ZIPAIR就航路線都市一覧

大胆な路線拡大だけでなく、エシカルな取り組みや他業種企業とのコラボレーション、そして最新技術を積極的に取り入れる姿勢などなど、とても柔軟性が高く、魅力的なエアラインだなぁと改めて感じました。

まさにフルサービスキャリアとLCCのいいとこどり。ZIPAIR、今後も要チェックです!


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

関連記事

ZIPAIRフルフラット搭乗記~新規就航サンノゼ線で眠らない街ラスベガスへ!
2020年に運航が開始されたJAL系LCC、ZIPAIR(ジップエア)。 日系ならではの堅実性・安全性はそのまま、自分の必要なものだけカスタマイズすることが出来る合理的なエアラインとして、着実に人気を集めてきました。 就航路線も年々拡大する...
ZIPAIR国際線乗り継ぎガイド<サンノゼ国際空港編>ターミナル移動のコツと注意点は?
外国の空港で「乗り継ぎ」と聞くと、ハードルが高いと思われる方も多いと思います。 しかし自在に乗り継げるようになれば、直行便では行けない都市へ出向くことができ、旅の楽しさが格段に増すこと間違いなし! JAL系LCCのZIPAIRにて新規開設さ...
プライオリティパスで無料なのにオーダーメニュー大充実!サンノゼ空港THE CLUB SJCラウンジ訪問記
今回ご紹介する空港ラウンジは、アメリカ・サンノゼ空港にあるTHES CLUB SJC LOUNGE(以下、クラブSJCラウンジ)! 一般的な有料ラウンジでありながら、提供されているメニューはエアライン直営ラウンジ並みの豊富さ。 しかも、オー...
サウスウエスト航空の乗り方~チケット予約から機内サービスまで全公開<サンノゼ〜ラスベガス搭乗記>
アメリカ合衆国ネバダ州最大の都市、ラスベガス。 言わずと知れた世界屈指のカジノ天国であり、街全体がエンターテイメントと言っても過言ではない、魅力に溢れた街です。治安も良く、一度は行ってみたいと思っている方も多いのでは? 日本からラスベガスま...
ラスベガス高級ホテル宿泊記2023!ザ・コスモポリタンはベラージオの噴水も見える?
世界屈指のエンターテイメントシティ・ラスベガス。 その中心部にあるストリップには、豪華絢爛な噴水ショーで有名な「ベラージオ」、ピラミッドやスフィンクスが異彩を放つ「ルクソール」、エッフェル塔と凱旋門が目を引く「パリス」など、有名ホテルが建ち...
ユナイテッド航空の予約情報がなぜか消滅!まさかの乗り逃し!?ラスベガス〜サンフランシスコ搭乗記
世界第3位の面積を誇る大国、アメリカ。 国土面積はなんと日本の約25倍で、西海岸と東海岸の間には3時間もの時差があります。 国内移動でも飛行機を利用することが珍しくありません。 アメリカ国内の飛行機移動は、一体どのような感じなのでしょうか?...
まるで宮殿!パレスホテルが凄すぎた~豪華会場での朝食はインスタ映え確実♪<サンフランシスコ・マリオット宿泊記>
アメリカ・カリフォルニア州の代表都市として知られているサンフランシスコには、由緒ある素敵なホテルがたくさんあります。 もちろん、世界的ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列ホテルも選り取り見取り! 日本人にも予約・利用しやすく...
世界の高級ホテル宿泊記~ザ・リッツカールトン・サンフランシスコのクラブラウンジ最新レポート!
「サンフランシスコでおすすめ!マリオット系列ホテル3選」と題しまして、前回のパレスホテルに続き、第2弾としてご紹介するのが、「ザ・リッツカールトン・サンフランシスコ」! サンフランシスコの中でも、高級街区である「ノブヒル」に位置しており、世...
リニューアルされたセントレジス~プラチナ特典で超ハイレベルの朝食が無料<サンフランシスコ宿泊記2023>
マリオット系おすすめホテル3選inサンフランシスコの最終章は、「セントレジス・サンフランシスコ」です! こちらのホテルは2005年開業と比較的新しいホテルですが、さらに2022年に全面改装の上、満を辞してリニューアルオープンしました。 サン...
本場フェアフィールドのエグゼクティブスイート宿泊記〜無料シャトルバスでサンノゼ空港アクセス可能
マリオット・インターナショナル系列のホテルブランド、フェアフィールド・バイ・マリオット。 元々は創業者夫妻が、所有する農場で近しい人たちをもてなすところから始まったブランドです。 近年は日本でも、道の駅を中心に、多くのフェアフィールドホテル...
Appleの聖地!アップルパーク ビジターセンターに行ってみた♪新本社隣の未来カフェと限定オフィシャルグッズの魅力とは
皆様ご存知、Apple Inc.(アップル) といえば、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパチーノを本拠地とするIT企業です。 2017年に移転したアップルの新本社は、その独特なフォルムから「宇宙船」と呼ばれて話題になりましたが、そのお隣に”...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2024年2月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2024年2月1日~2月29日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会っ...
【2024年2月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,600円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,600円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行