instagramはじめました!フォローはこちら

ウェスティンリゾート・グアムのクラブ特典が大充実!ラウンジ・カバナに高級車での送迎サービスも!?実際に利用してみました♪

follow us in feedly

ウェスティンリゾート・グアム

日本人に大人気のリゾート地、グアム!

美しいビーチを朝から晩まで存分に楽しみたいのなら、立地の良い「ウェスティンリゾート・グアム」がオススメです。

このホテルでは、クラブフロア宿泊者やマリオットボンヴォイエリートメンバー向けの特典(クラブ特典)が大充実!

営業中いつでもドリンクなどを提供しているクラブラウンジは言わずもがな、他ではあまり見られない特別なサービスもあって、充実した旅となること間違いなしです。

今回は、ウェスティンリゾートグアムのクラブ特典について、その利用条件から具体的なサービス内容まで、実際に利用した際の様子を交えながら、詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

ウェスティンクラブの特典内容

それではさっそく、どんな特典が用意されているのか案内文書を確認してみましょう。

我が家はクラブフロア宿泊ではなく、マリオットボンヴォイ・チタンメンバーとしての利用でしたが、案内文書を見る限り、チタン特典はクラブフロア特典と共通になっているようです。

ウェスティンリゾートグアム・ウェスティンクラブ利用案内

ちょっとクチャっとなってしまっていてすみません(汗)。書き起こすとこんな感じです。

  • ウェスティンクラブ専用レセプション
  • ウェスティンクラブラウンジ
  • ウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチ
  • ショッピング・シャトル・サービス
  • 無料Wi-Fiサービス

専用レセプションやシャトルサービスなど、あまり聞き慣れない特典も含まれていますね。これはどんなものなのか気になります!

無料Wi-Fiは割愛するとして、上から順にご紹介していきましょう。

ウェスティンクラブ専用レセプション

まずはウェスティンクラブ専用レセプションから。

こちらは前回の記事でもご紹介しましたが、ロビー階、メインレセプションの隣に設けられています。

ウェスティングアムのエリートメンバー用チェックインデスク

営業時間は11時から20時まで

21階のクラブラウンジではチェックイン/アウト手続きを行っていないため、この営業時間外には、お隣のレセプションデスクでの手続きが必要です。

中にはソファ席や無料のドリンクサーバーがあり、通常のフロントよりもくつろいでチェックイン・アウト手続きをしてもらうことができました。

ウェスティングアムのクラブ専用レセプション

ウェスティングアムのクラブカウンター室内

長旅で疲れている中、立って待つ必要がないというだけでもありがたかったです!

ウェスティンクラブラウンジ

続いてご紹介するクラブラウンジは、クラブフロア宿泊者や上級会員にとって、メインの特典と言ってよいでしょう。

朝食・カクテルタイムはもちろん、終日ドリンクやスナックを提供しています。

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジのエントランス

ここ、ウェスティンリゾート・グアムのラウンジは21階と高層階に設けられており、営業時間は以下の通りです。

営業時間 6:00-22:00
<コンチネンタルブレックファースト> 6:30-10:30
<イブニングカクテル> 17:00-19:00
※終日ソフトドリンクとスナックサービスあり

内部の様子

お部屋の中央には、アメリカのドラマに出てきそうな大きなL字状のカウンターが設けられ、開放感溢れる明るい雰囲気!

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジ中の様子

お手洗いもラウンジ内にありますし…

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジ中の様子

一番奥にはちょっと落ち着いた雰囲気の読書スペースも。

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジ中の様子

本棚には、以前宿泊したお客さんが置いていったものと思しき、日本語の本もたくさんありました。

外国のホテルラウンジでは暇を持て余しがちな子供達も、読める本がある!と大喜び(笑)。

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジ

さすがは日本人に不動の人気を誇るグアムですね。

窓からの眺めもなかなかのもの!

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジからの眺め

シェラトンワイキキのクラブラウンジを彷彿させるオーシャンビューとなっていました♪

スポンサーリンク

ドリンク&スナックサービス

ラウンジ営業時間中は、常にソフトドリンクとちょっとしたお菓子がサービスされています。

コーヒーマシンに…

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジ・ドリンクバー

紅茶や緑茶、ジャスミン茶のティーバッグ。

ウェスティンリゾートグアム・クラブラウンジ・ドリンクバー

このティーバッグは、つい最近香港のキャセイパシフィック航空で初めて出会った「JING」というメーカーのものです。

高級感のあるパッケージもさることながら、味の方もとっても本格的!

ファーストクラスラウンジ御用達の紅茶を採用するとは、さすがウェスティングアム、素敵センスですね。

冷蔵庫の中には、炭酸飲料と烏龍茶がぎっしり。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・ドリンク

右側にはビールの瓶も見えますが、こちらのドアは施錠されており、17時のカクテルタイムまでは取ることができません。

スナック類はといいますと、この日はクッキーやマフィンが置かれていました。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・軽食

味の方はいかにもアメリカンな感じですが、夫は美味しい♪と、とても気に入った様子。

そこそこボリュームがあるので、小腹が減った時に重宝しますね。

朝食

それでは朝食をご紹介します!

まずはサラダコーナーから。葉野菜と人参やトマトに、チーズやハムが置かれていました。クルトンがあるので、シーザーサラダも作れます。

ウェスティングアム・クラブラウンジ・サラダ

パンコーナーには、バンズとクロワッサン、マフィンが。このマフィンは日中置かれているのと同じもののようです。

ウェスティングアム・クラブラウンジ・朝食のパン

おかずはと言いますと、ハッシュドポテトとゆで卵。

ウェスティングアム・クラブラウンジ・ハッシュドポテトとゆで卵

ベーコンとソーセージパティ。

ウェスティングアム・クラブラウンジ・ベーコンなど

そして、温野菜がありました。お隣に並んでいるのはパンケーキです。

ウェスティングアム・クラブラウンジ・温野菜とパンケーキ

デザートはフルーツ3種。

ウェスティングアム・クラブラウンジ・フルーツ

カウンターが狭いため、ラインナップとしては必要最低限といった印象ですね。

プラチナ以上ならウェルカムギフトでレストラン「TASTE」での朝食も選べる

なお、マリオットボンヴォイ・プラチナステータス以上があれば、ウェルカムギフトとしてレストラン「TASTE(テイスト)」での無料朝食も選べます。

ラウンジは混雑していることが多かったので、我が家は専らこちらを利用しました!

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン・テイスト

クラブフロア宿泊者がレストラン朝食にアップグレードしたい場合は、大人一人あたり15USDが必要です。

子供料金については、ウェスティンリゾート・グアムがマリオットボンヴォイの「お子様向けプログラム」対象ホテルになっているため、会員ステータスによって半額〜無料となります。

チタン会員の場合、12歳以下無料となるので、我が家は手出し0でレストランTASTEの朝食を楽しむことが出来ました。

レストラン朝食のメニューはこんな感じ!

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

洋食はもちろんのこと、和食・中華・韓国のお料理が所狭しと揃い、味付けにはミクロネシアっぽさも感じられる印象です。

実際にいただいたのはこちら。

ウェスティンリゾート・グアム・レストラン「TASTE」の朝食

正直に言いますと、すごく美味しい!というほどではありませんが、野菜もお肉もバランスよく頂けました。

ラウンジの朝食は、レストランメニューの縮小版といった感じでしたので、もし連泊するなら、一度くらいはレストランに行ってみてもいいかもしれませんね。

イブニングカクテル

さて、17時からはイブニングカクテルの時間です。この時間からは、冷蔵庫のビールも解禁!

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテルアC

もちろんビールだけではなく、赤白ワインにジンやウィスキーなども揃っています。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

お料理の方は、チーズ・サラダバーから…

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

なぜか?日本のおいなりさんもありました!

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

メインには、ビールに合いそうな揚げ餃子が。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

デザートも焼き菓子からフルーツと、なかなかバランスの良いラインナップです。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

我が家は、グアムの人気チャモロ料理店「PROA(プロア)」で夕飯を済ませていたので、デザートだけ頂きました。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジ・イブニングカクテル

予想していたほど甘くはなかったです。どれも同じ配合の生地なのでしょうか、見た目に反して、味の違いはあまり感じられなかったような。

夫は餃子などを少々頂いていましたが、可もなく不可もなくとのこと…。

ホテルの周りには、評判のいいレストランもたくさんありますので、個人的には、ここで夕食を済ませるよりは、外に出かけることをオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

ウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチ

続いては、「ウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチ」という特典。これは、ビーチにある専用カバナを1日一回、午前または午後に利用することが出来るというものです。

利用に際しては、ウェスティンクラブラウンジ入口にある受付デスクでの申し込みが必要となります。

ウェスティンリゾート・グアム・クラブラウンジレセプション

私たちはチェックイン当日に訪れましたが、翌日・翌々日の分まで予約することが出来ました!

ウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチ

カバナはどんなものなのかと言いますと、こちら!

ウェスティンリゾート・グアム・クウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチ

ビーチ正面に向かって、20基ほどあったでしょうか。特に番号などはついておらず、好きなところを使用して良さそうな雰囲気でした。

中は、大人二人がゆったりとくつろげる大きさになっています。

ウェスティンリゾート・グアム・クウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチ

休憩所としてはもちろん、荷物置き場としてもすごく重宝しました!

この日はオフシーズンだったこともあり、ほとんど利用する人もいない様子でしたが、夏休み期間中だと、早めに予約した方が良いかもしれません。

なお、写真にも写っている通り、特典には人数分のミネラルウォーターも込み。

おかげさまで、快適に水遊びを楽しむことが出来ました♪

ショッピング・シャトルサービス

最後にご紹介するのが、「ショッピング・シャトルサービス」

これはあまりクラブフロア特典として聞きなれないサービスではないでしょうか?

案内文書に書かれている行き先はこちら。

  • グアム・プレミアムアウトレット
  • Kマート
  • マイクロネシアモール

いずれも観光客御用達のショッピングスポットですね。

利用したい場合は、ウェスティンクラブ・オン・ザ・ビーチと同様に、クラブラウンジのレセプションデスクで予約を取る必要があります。

立派な車で送迎してくれます!

クラブフロアに泊まるだけで無料で使えるサービスですから、乗合バスで片道だけなのかな〜と思いきや…

なんとこんな立派な車を家族で貸切!(混んでいる時は相乗りになる可能性もあります)

ウェスティンリゾート・グアム・ショッピングシャトル

車種はゼネラルモーターズのラグジュアリーSUV『ユーコンXL』でした。これまで、日本では見かけたことがありません。アメリカにいるんだなぁと実感させてくれます。

さらになんと、迎えの時間も指定すれば、往復とも送り迎えしてくれるというではないですか!

ウェスティンリゾート・グアム・ショッピングシャトル

先日宿泊したリッツ・カールトン香港のリムジンサービスにも感動しましたが、あちらはホテルからの片道利用のみ。往復利用できると考えると、それ以上のサービスと言ってもいいかも?

もちろん、リッツ・カールトン香港のクラブカーほど豪華ではありませんが、往復使えるというのはとっても助かりました!

ちなみに、行きは10:00から、帰りは12:30から指定出来たように記憶していますが、行き先や空き状況によっても異なるでしょうし、最新情報は現地でご確認をお願いします。

マイクロネシアモールへ

我が家はこのサービスを利用して、マイクロネシアモールに行くことに。

ハワイでハマったホノルルクッキーを買ったり(グアムなのにハワイ?というツッコミはなしの方向で…)、

マイクロネシアモールへ

パンダエクスプレスでランチをとったり、

マイクロネシアモールへ

Pretzel Makerの焼きたてプレッツェルを食べたりと、存分に楽しめました!

マイクロネシアモールへ

電話が必要なことも…

ただし、最後に一つ落とし穴が。

マイクロネシアモールまで送ってもらった際、「13時にまたここで!」とドライバーさんとお別れしたものの、13時15分になっても、30分になっても、車がやってくる気配がありません。

バスで帰れないこともないのですが…

マイクロネシアモールへ

行き違いになってもいけないしと思い、結局ホテルに電話することに。

まずはウェスティングアムの代表番号にかけて事情を話し、担当部署に回されてそこでまた状況を説明し…

すると「もう出てますので、そろそろ着くと思いますよ〜」と言われたものの、結局迎えの車が来たのはそれから10分後。

ウェスティングアムからマイクロネシアモールへは車で5分ほどの距離なので、想像するに、おそらく「蕎麦屋の出前」だったのではないかと…(汗)。のんびりした南国らしさを感じさせる一件でした。

もちろん、毎回こんな感じではないでしょうが、いざという時は電話する心算(この時は日本語は通じませんでした)が必要かもしれません。

とはいえ、酔いやすい子供や夫にもほとんど負担なく、立派な車を貸切で移動できたのは本当に助かりました!

これが無料サービスだなんて、ウェスティングアム凄いですね♪

最後に

ということで、今回はウェスティンリゾート・グアムのクラブフロア/マリオットボンヴォイチタン特典について詳しくご紹介しました!

ラウンジやカバナ、シャトルサービスと、子連れグアム旅行者にとっては特に心強いサービス揃いのウェスティンリゾート・グアム。

家族全員今回が初めてのグアム旅行でしたが、おかげさまで非常に快適に過ごすことが出来ました。

「ハワイは無理でも、グアムは毎年来たいね!」と意見が一致した今回。来年もきっとこのウェスティンリゾート・グアムにお世話になりたいなと思っています♪

オーシャンビューのお部屋編はこちらをどうぞ↓

ウェスティンリゾート・グアムの周辺には、美味しいレストランもたくさんあります♪

ホテル概要

ホテル名称 ウェスティンリゾート・グアム(The Westin Resort GUAM)
ホテルランク
マリオットボンヴォイカテゴリー 5(無料宿泊:35,000ポイント)
住所 96913タモン105 Gun Beach Roadグアム
チェックインタイム 15:00
チェックアウトタイム 12:00
TEL +1 671-647-1020

マリオットボンヴォイ系列ホテルのエリート会員になる方法

ウェスティングアムは、マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)が展開する5つ星ホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用してウェスティグアムに滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

プラチナチャレンジの参加条件

ただし、プラチナチャレンジには誰でも参加できるわけではありません。

参加条件は、すでに「ゴールド会員」としての資格を取得していること。

プラチナ会員の1つ下のランクであるゴールド会員でなければ、プラチナチャレンジに参加することができないのです。現時点でステータスを保有していない人にとっては、嬉しくない条件ですよね。

でも、大丈夫!

実は、マリオット/SPGのゴールド会員には簡単になることができます。「SPGアメックス」というクレジットカードを保有していれば、誰でも自動的にゴールド会員に昇格できるのです。

つまりSPGアメックスに入会すれば、いきなりプラチナチャレンジに参加することが出来るということ!

プラチナチャレンジの条件は予告なく変わることがありますので、事前に必ずご自身でも確認をお願いします。

SPGアメックスにお得に入会する方法

プラチナチャレンジの話を抜きにしても、「SPGアメックス」は魅力的なカードです。

自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

宿泊記まとめ

これまでの宿泊記はこちらへどうぞ♪(リンク集)

陸マイルを貯めよう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

トップへ戻る