instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

【羽田空港国際線】JALサクララウンジ・スカイビューがリニューアル!進化したサービス内容とは?

follow us in feedly

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー

羽田空港第3(旧国際線)ターミナルには、JALサクララウンジが2つあります。

1つ目は「JAL サクララウンジ(4階)」。そして2つ目が、今回ご紹介する「JAL サクララウンジ・スカイビュー」です。

この「JALサクララウンジ・スカイビュー」は、2019年10月29日にリニューアル。

しばらくの間、当時改装中だったファーストクラスラウンジの代替施設となっていましたが、2020年に純粋なビジネスクラスラウンジとしての運用が開始されました。

数ある中でも「スカイビュー」という他にはない名前を冠するサクララウンジ、一体どんなところなのか気になりますよね?

というわけで、以下では「JALサクララウンジ・スカイビュー」の利用条件から、内部の様子、サービス内容まで、そのすべてをご紹介したいと思います!!

JAL関連記事もぜひご覧ください♪

 

<2023最新>羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ〜本格寿司に山崎12年!利用条件からサービス内容まで全て紹介
2020年リニューアル!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジに行ってきました♪本格バーJAL's SALONでは幻のウイスキー山崎12年のサービスも&お鮨のパフォーマンスも健在。パワーアップしたファーストクラスラウンジの全貌をぜひご覧ください!
<搭乗記>JAL国際線ファーストクラスは高級料亭だった!最高に美味しい機内食と幻のシャンパンは贅沢の極み
日本を代表するエアライン、日本航空(JAL: Japan Airlines)。 高い安全性はもちろんのこと、和を感じられるおもてなしや、こだわりの詰まった機内食、そしてトップレベルの清潔感で世界的に高評価を得ています。 エコノミークラスでも...
最高峰誕生!JALファーストクラス専用チェックイン”First Class Entrance”~気になる利用条件と場所を解説 <羽田空港第3ターミナル>
羽田空港からJALファーストクラスに搭乗する方に朗報です! 来る2024年1月24日、羽田空港第3ターミナルにJALファーストクラス搭乗客専用のチェックインカウンター『First Class Entrance』が新設されることになりました。...
JGC修行が激変!2024年開始のJAL新ステイタスプログラムでFOPでの入会基準が消滅
2024年から始まるJALの新ステイタスプログラムの詳細が発表されました! 以前からJGCの入会基準の変更は示唆されていましたが、実際に大きく変更されることになりそうです。 そうなると変わってくるのがJGC修行。 以下では、2024年の新ス...
スポンサーリンク

JALサクララウンジ・スカイビューとは

JALサクララウンジ・スカイビューは、日本が誇るフラッグキャリアJAL(日本航空)が運営するラウンジの1つです。

「スカイビュー」という名前からも分かるように、その特徴はラウンジからの眺望!

このラウンジは、駐機場のすぐそばに設置されており、窓の外にはすぐ飛行機が見えるようになっているのです。

羽田空港国際線ターミナル・JAKサクララウンジスカイビューからの眺め

飛行機を見ながらくつろぎたい方には、かなりオススメのスポットと言えます。

JALサクララウンジ・スカイビューの場所

JALサクララウンジ・スカイビューがあるのは、羽田空港の第3ターミナルビルです。

フロアマップで見ると下記の通り。

羽田空港国際線ターミナル・JAKサクララウンジスカイビューへのアクセス(JAL公式サイトより)

保安検査場から左手、114番搭乗口方面へ。わかりやすく「ラウンジ」という看板が出ていますので、迷うことはありません。

羽田空港国際線ターミナル ラウンジ入口

このエリアには他にも、キャセイパシフィック航空やANAラウンジ、デルタスカイクラブなど、いくつかのラウンジが集められています。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジへの行き方

サクララウンジ・スカイビューがある5階までは、エスカレーターまたはエレベーターで上がりましょう!

スポンサーリンク

JALサクララウンジ・スカイビューの利用条件

「JALサクララウンジ・スカイビュー」の基本的な入室資格は以下の通りです。

  • ファーストクラス
  • ビジネスクラス
  • プレミアムエコノミークラス
  • エコノミークラス(※別途条件あり)
  • JMBダイヤモンド
  • JGCプレミア
  • JMBサファイア
  • JGC
  • oneworldエメラルド
  • oneworldサファイア

サクララウンジは、JALのアッパークラス搭乗客や上級会員向けのラウンジではあるものの、条件を満たせば有料(税込4,950円)で利用することもできます。

詳しくはJAL公式サイトをご覧ください。

JALサクララウンジ・スカイビューの営業時間

JALサクララウンジ・スカイビューの営業時間はこちら(2023年12月現在)。

7:00 a.m.〜0:00 p.m. / 6:00 p.m.〜0:30 a.m.
午後に一旦クローズする時間帯がありますのでご注意ください。

2023年3月、ワンフロア下の4階にサクララウンジが出来たのですが、混雑で入れないこともしばしば。

これをカバーする目的もあって、該当の時間帯にスカイビューをオープンしているものと思われます。実際午前中に訪れたところ、4階サクララウンジは満席で入れず、スカイビューを案内されました。

 

羽田空港第3ターミナル4階JALサクララウンジ・エントランス

スポンサーリンク

JALサクララウンジ・スカイビューの全容

それでは、JALサクララウンジ・スカイビューの様子をご紹介していきましょう!

まずはエントランスです。

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビューのエントランス前

中のレセプションで搭乗券を出して、入室手続きを済ませましょう。

ラウンジ内のエリアマップがこちら!

羽田空港国際線ビルJALスカイビューラウンジ

レセプションから少し進んだところに「クローク」があり、そこを抜けると、マップ左手にブッフェカウンターを備える「ザ・ダイニング」、マップ右手にたくさんのソファが並ぶ「ラウンジエリア」となっています。

ラウンジエリア側には、トイレ、更衣室、授乳室等も設置されていますが、このラウンジには、マッサージチェアやシャワーはありません。

ただし、2023年12月現在は4階サクララウンジのシャワールームを借りることが出来ます!詳しくは後ほど。

クローク

まずは、エントランス入ってすぐのところにある「クローク」。

羽田空港国際線ビルJALサクララウンジスカイビューのクローク

ロッカーの数は48ありました。

一番下の段は若干大きめの作りで、機内持ち込み可能なスーツケースがぴったり入るサイズとなっています。

ラウンジ内は結構広いので、入室前に大きな荷物は預けておくのがオススメ。

ちなみに、ロッカーは暗証番号方式となっています。持ち歩く鍵がないので便利なのですが、そのせいで稀に荷物を預けたことを忘れて出発してしまう方もいらっしゃるのだとか。どうぞお気を付けください。

スポンサーリンク

THE DINING

続いてご紹介するのは、「THE DINING(ザ・ダイニング)」。その名の通り、ブッフェカウンターを擁する食事用スペースとなっています。

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・ダイニングエリア

白木の明るく清潔感溢れるインテリアで、とってもオープンな雰囲気ですね。

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・ダイニングエリアの全景

以前は本館サクララウンジと離れていた分需要が高く、朝食の時間帯は席を見つけるのが難しいほど混雑していましたが、前述の通り現在は4階に新しく出来たサクララウンジの方へ集中しているようで、この通り空席が目立つ状況でした。

メインはオーダー制に

また、サクララウンジでは近年フルブッフェからフードコートのようなオーダー制に変更されています。

ダイニングエリアの入口側に、スタッフさんが常駐するカウンターが設置され…

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・ダイニングエリア・カウンター

時間帯によってラインナップが変わる「JAL’s Table」メニューから、好きなものを注文する仕組みです。

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・ダイニングエリア・カウンターのメニュー

もしくは、JALのラウンジ内だけで使える公式アプリ「JAL Lounge+」からオーダーを入れることも可能。

羽田空港第3ターミナル・JAL Lounge+

カウンターに表示されている内容と同じメニューが表示されていますので、希望数量を選択して注文すればOKです!

羽田空港第3ターミナル・JAL Lounge+の朝食メニュー

先日ファーストクラスラウンジの方でもこのアプリを使ってみたのですが、そちらでは席まで配膳してもらえる一方、サクララウンジではあくまで呼出ベルの代わり。順番が来たら自分で取りに行く必要があります。

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・アプリから料理を注文

新型コロナがきっかけとなったのか、他の空港・エアラインでも近年同様のシステムを導入するところが急激に増えた印象ですね。

成田空港ANAラウンジに行ってみた!国際線第1ターミナル第5サテライト
日本の玄関口である成田国際空港。 ANAが発着する第1ターミナルには、一部の搭乗者のみが利用できる「ANAラウンジ」が設けられています。 ANAラウンジとはその名の通りANAが直営する空港ラウンジで、搭乗開始時刻を待つ間、シャワーやお酒を含...
ハイクオリティ!JALで使えるブリティッシュエアウェイズラウンジ最新ブログレポート〜サンフランシスコ空港
飛行機出発までの待ち時間を、贅沢で充実したものに変えてくれるエアラインラウンジ。 同じ航空会社が運営していても、空港によってインテリアやサービス内容が少しずつ異なります。 サンフランシスコ国際空港にある、イギリスのフラッグキャリア・ブリティ...
プライオリティパスで無料なのにオーダーメニュー大充実!サンノゼ空港THE CLUB SJCラウンジ訪問記
今回ご紹介する空港ラウンジは、アメリカ・サンノゼ空港にあるTHES CLUB SJC LOUNGE(以下、クラブSJCラウンジ)! 一般的な有料ラウンジでありながら、提供されているメニューはエアライン直営ラウンジ並みの豊富さ。 しかも、オー...

ちなみにパンなど、一部食品は現在もセルフ式で提供されていました。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ダイニングのパンなど

スポンサーリンク

ドリンクカウンター

「ザ・ダイニング」には、ドリンクカウンターもあります。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ダイニングのドリンクカウンター

ソフトドリンクからアルコールまで幅広い品揃え。

なお、ラウンジ内には何箇所かドリンクバーが設けられており、他の場所にはまた違う銘柄が揃っていました(後述)。

コーヒーマシンの傍には、お茶請けに嬉しい個包装のスナックも。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ダイニングのスナック

これも以前はなかったかと思いますが、先日の成田サクララウンジでも同様のサービスが提供されていました。

【2023最新】成田空港JAL国際線サクララウンジはすべてがトップクラス!利用条件と豪華絢爛なサービス内容とは
多くの海外旅行客が利用する空の玄関口、成田国際空港。 その成田国際空港の第2ターミナル本館には、日本航空(JAL)が運営するJALサクララウンジが設置されています。 このJALサクララウンジは国際線ラウンジであり、日本国内の空港ラウンジ中で...

機内食に備えて控えめに

ラウンジ内で提供されている飲食物は、もちろん全て無料

となると、どうしてもいろいろ食べたり飲んだりしたくなってしまいがちですが、この後には国際線の機内食も控えています。

私の場合、特に今回はJALファーストクラス機内食が待っているということで、JALオリジナルビーフカレーをほんの3口程度とケーキだけ頂きました!

羽田空港国際線JALサクララウンジスカイビュー・朝食

実はカレーがあまり得意ではないのですが、JALさんのカレーはついつい食べてしまうんですよね。

美味しくて大好きです♪

スポンサーリンク

ラウンジエリア

さて、ラウンジ入口から見て「ザ・ダイニング」の反対側は、広々とした「ラウンジエリア」となっています。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ラウンジエリア

大きめのソファとテーブルが並び、リラックスして過ごすことができそうですね。

一番奥には、より落ち着いた雰囲気のスペースが広がっていました。

羽田空港国際線JALサクララウンジスカイビュー・ラウンジエリア3

ドリンクバー

こちらのお部屋にもドリンクバーが用意されています。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ラウンジエリアのドリンクバー

わざわざ遠くまで歩いて行かなくても、ドリンクやスナックを調達できるのがいいですね。

冷蔵庫にミネラルウォーターやトマトジュース、アイスコーヒーなどなど。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ラウンジエリアのドリンクバー・冷蔵庫

ビールの銘柄は、「サッポロ生ビール」と「サントリーパーフェクト」でした。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ラウンジエリアのドリンクバー・ビール

ワインやリキュール、日本酒なども、ザ・ダイニング同様に揃っています。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・ラウンジエリアのドリンクバー・ワイン

スポンサーリンク

化粧室・更衣室

ラウンジエリアの片隅には、化粧室と更衣室を完備。

更衣室は特に手続きの必要もなく、空いていれば利用OKです!

羽田空港国際線ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・フィッティングルーム

ロングフライト前は特に、こうした着替えができるお部屋があると重宝しますね。

お化粧室はと言いますと、ドアを開けたら突然階段が。

羽田空港国際線ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・化粧室の階段

オシャレではありますが、バリアフリー化が進む昨今にあってちょっと珍しい作りです。

中はこんな感じで豪華さはないものの、清潔でスタイリッシュな印象でした。

羽田空港国際線ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・化粧室

すりガラスで囲まれたパウダールームも2ブース設置されています。

羽田空港国際線ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・パウダールーム

スポンサーリンク

シャワー

最初に触れた通り、サクララウンジスカイビュー内にはシャワールームがないのですが、公式アプリ「JAL Lounge+」から、4階サクララウンジのシャワーを予約・利用することが出来るようになりました!

現在何名待っているかも、こうしてアプリで確認できます。

羽田空港第3ターミナル・JAL Lounge+のシャワー予約画面

利用可能になったらプッシュ通知でお知らせ。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・シャワールームを予約

あとは4階サクララウンジのレセプションで搭乗券を提示し、鍵を借りてシャワー室へ向かうだけです(シャワー室利用で両ラウンジを行き来する場合、入室手続きは不要です)

この日は2番ブースを指定されました。

羽田空港第3ターミナル・4階サクララウンジの2番シャワーブース

ドアを開けるとこんな感じ!

羽田空港第3ターミナル・4階サクララウンジの2番シャワーブース内

ベージュのタイルが落ち着いた印象です。洗面台とトイレも付帯していて、狭すぎず使いやすい間取りでした。

羽田空港第3ターミナル・4階サクララウンジの2番シャワー

洗面台の上に置かれたアメニティは歯ブラシセットとコップのみ。ヘアブラシやシェーバーもお願いすれば頂けます。

羽田空港第3ターミナル・4階サクララウンジの2番シャワー・洗面台上のアメニティ

レイン・ボディ・ハンドと3つのヘッドが付いていて、言うまでもなく水圧は十分!

羽田空港第3ターミナル・4階サクララウンジの2番シャワー

シャンプー類はコーセーの「プレディア」というラインです。

羽田空港第3ターミナル・4階サクララウンジの2番シャワー・アメニティ

この4階サクララウンジが出来る前は、TIATラウンジ等別の場所まで行かなければなりませんでしたので、現在も別フロアへの移動が必須とはいえ、随分利便性が向上した印象でした!

スポンサーリンク

スカイラウンジ

さて、5階のサクララウンジ・スカイビューに戻りましょう。

サクララウンジ・スカイビュー最大の特徴を持つ「スカイラウンジ」がこちら。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・スカイラウンジ

こちらの魅力は、何と言っても窓側席のこの眺めです!

羽田空港国際線ビル・JALサクララウンジスカイビュー ・スカイラウンジ窓側席

正面には遮るものなく駐機場が広がり、たくさんの飛行機を眺められるようになっています。

羽田空港国際線ビル・JALサクララウンジスカイビュー ・スカイラウンジ窓からの眺め

この開放感、これから海外に飛び立つんだなぁと旅気分を一層盛り上げてくれますね♪

ドリンクカウンター

このスカイラウンジエリアにも、ドリンクカウンターが設けられていました。

羽田空港国際線ターミナル・JALサクララウンジスカイビュー・スカイラウンジのドリンクバー

カウンター上にはコーヒー、紅茶、ジュースサーバーなどなど。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・スカイラウンジのドリンクバー

こちらはちょっと離れたところにあるビールサーバー。銘柄は…と思ったら、全て準備中になっていました。

羽田空港第3ターミナル・サクララウンジスカイビュー・スカイラウンジのドリンクバー・ビール

スカイラウンジはその広い面積の割に利用者が少なく、ゆっくり堪能できてとっても居心地がよかったです♪

搭乗口へ

そうこうするうち、出発の時間が近づいてきました。

搭乗口へと向いましょう!

羽田空港第3ターミナル・JALサクララウンジスカイビューから搭乗口へ

今回もフライト前に充実した時間を過ごすことができ、大満足でした♪

最後に

というわけで、今回はリニューアルしたばかりの羽田空港国際線ビル「JALサクララウンジ・スカイビュー」について詳しくご紹介しました!

2020年2月まで、このスカイビューラウンジはファーストクラスラウンジの代替施設となっていましたが、そちらのリニューアルが完了した後、現在の運用がスタート。

<2023最新>羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ〜本格寿司に山崎12年!利用条件からサービス内容まで全て紹介
2020年リニューアル!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジに行ってきました♪本格バーJAL's SALONでは幻のウイスキー山崎12年のサービスも&お鮨のパフォーマンスも健在。パワーアップしたファーストクラスラウンジの全貌をぜひご覧ください!

大きな窓から駐機場を見渡せる開放感はそのままに、各種サービスが効率よく利用できるように生まれ変わりました!

羽田空港から国際線の飛行機に搭乗する機会があれば、ぜひ利用してみてください♪

関連記事

<JAL国際線ファーストクラス搭乗記はこちら!>

<搭乗記>JAL国際線ファーストクラスは高級料亭だった!最高に美味しい機内食と幻のシャンパンは贅沢の極み
日本を代表するエアライン、日本航空(JAL: Japan Airlines)。 高い安全性はもちろんのこと、和を感じられるおもてなしや、こだわりの詰まった機内食、そしてトップレベルの清潔感で世界的に高評価を得ています。 エコノミークラスでも...
【搭乗記】JAL国際線ファーストクラスに乗ってみた!最高級シート「JAL SUITE」の乗り心地と豪華アメニティをレポート♪
JAL(日本航空)といえば、言わずと知れた日本を代表するフラッグキャリア。日系らしくきめ細やかなサービスで、国内だけでなく海外からも高い評価を得ています。 その中でも最高峰のサービスを堪能するには?と聞かれれば、答えはもちろん「国際線ファー...
JAL国際線ファーストクラスの機内食が贅沢すぎる!本当に美味しいと評判の和食・洋食メニューを実食レポート
誰もが一度は憧れる、夢の空間「ファーストクラス」。 片道100万円を超えることもあるVIP専用シートでは、世界各国のセレブの舌を唸らせる美食の数々が提供されています。 まさに空の上の高級レストランというわけですね。 今回は、日本が誇るフラッ...

<これまでにご紹介した空港ラウンジ記事一覧>

<羽田空港豆知識>

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

今回は、飛行機に乗らずに貯めたマイルを使って、JAL&BAのファーストクラスに搭乗します!(ワンワールド特典航空券)

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2024年2月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2024年2月1日~2月29日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会っ...
【2024年2月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,600円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,600円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行