憧れのANAビジネスクラスでパリへ!B787-900スタッガード配列でオススメのカップルシート

ANAのビジネスクラスに搭乗する瞬間がいよいよ近づいてきました。

この日の羽田発パリ行きANA215便の搭乗口は「108A」。

DSC04691

搭乗時間が待ち遠しくてたまらなくなってきました。

憧れのビジネスクラスはもうすぐそこです。

スポンサーリンク

ANA最新機B787-900

羽田発パリ行きANA215便の使用機材は「B787-900」。

ANAが導入している中で最も新しい機種です(2014年~)。

羽田空港国際線ターミナル108A

このB787は他の機種に比べて、上空での湿度や気圧が高く保たれるため、快適さが段違いです。

夫は高地に行くと頭痛や吐き気を催す体質なので、ヨーロッパに行くならB787であることが絶対条件の一つでした。

ちなみに、B787運行便ではファーストクラスの設定がありません。ビジネスが最上位クラスとなります。

現在ヨーロッパ方面でファーストクラスがあるANAの飛行機は、フランクフルトまたはロンドン路線のみです(B777運行)。

もちろん優先搭乗します

ファーストクラスがないので、優先搭乗レーンには「ビジネスクラス」「スターアライアンスゴールドメンバー」「ANAらくのりサービス」の看板が置いてあります。

SFC会員はスターアライアンスゴールドメンバーなので、普通席でも優先搭乗レーンが使えるわけですが。実際にビジネスクラスをとって優先搭乗するのにも感慨深いものがあります。

義母と夫はゆっくり搭乗したいとのことで、一刻も早く、そして一分でも長くビジネスクラスを味わいたい私だけ優先搭乗することにしました(笑)。

ANA優先搭乗

機内へと続く道

逸る気持ちを抑えつつ、いよいよ機内へと向かいます。

108A搭乗口

途中、ビジネスクラスとエコノミークラスの運命の分かれ道がありました。

もちろん、張り切って左へ!

ビジネスクラス

機内への入り口が違うだけで、ここまで嬉しく感じてしまうのは私だけかもしれませんね。

スポンサーリンク

スタッガード配列の座席

ANAのビジネスクラスといえば、皆様ご存知の「スタッガードシート」ですよね。座席が互い違いに配置されていることで、どの席からでも直接通路に出ることができます。

これまで何度か通り抜けたことがあるはずですが、あまりにご縁のない世界だったので、じっくり見ることもありませんでした。

それが今回、まさか当事者になれるなんて感謝感激!!

恋人同士・家族連れにおすすめの席はここ!

今回指定した席はこちら↓、7列目のDとF。夫と二人並びにしました。義母は通路を挟んだ窓際です。

B787-900カップルシート

スタッガードシート配列では、プライベート感を高めるため、各シート間にパーテーションが付いているのですが、私たちのように連れ同士で隣合いたい時には何かと不便だったりします。

きっとそういう声が多く寄せられたのでしょう。最新型であるこのB787-900では、7列目のD、Fと13列目のE、Gに限ってパーテーションを可動式にしてあります。

上記配置は215席タイプの場合。246席タイプは8列目のみ設定されています。

↓「可動式パーテション」はシートマップ上、緑の逆三角形で表示されています。

787-900(215)

実際パーテーションを閉めた状態だと、こんな感じ。

スタッガード カップルシート パーテーション

隣のモニターは見えますが、顔は完全に隠されています。他人同士ならちょうどいいですが、家族や恋人同士だとちょっと寂しいですね。

パーテーションを開けてみます。するとこんな感じ。

スタッガード カップルシート パーテーション 開放

窓側の席まで見えますね!

間にテーブルがあるので、それなりに距離感はありますが、バッチリ意思疎通ができます。

ビジネスクラスを利用する皆さんは窓側がお好きなのか、それとも知られていないのか、意外とこの席はあんまり人気がないようで、最後まで13列目の方は空いていました。

今度ビジネスクラスを利用する時は、長女と母娘二人旅かな、なんて考えているので、できれば次回もこの機種・この席を狙いたいですね。

ビジネスクラス、特にスタッガード配列のシートは子連れに向いてないと言われてますけど、この席だったら大丈夫だと思います。

6月リニューアル!アメニティ紹介

今回ビジネスクラス初体験で楽しみだったうちの一つがコレ、アメニティです!

ビジネスクラス以上になると、搭乗時に座席に用意されています。

ANAビジネスクラス アメニティキット

ANAのビジネスクラスで貰えるアメニティは、この6月に提携先がL’OCCITANE(ロクシタン)からNeal’s Yard Remedies(ニールズヤードレメディーズ)に代わったばかり。

ニールズヤードを機内アメニティとして提供するのはANAが世界初なんだそうです。

個人的にロクシタンはあまり肌に合わなくて苦手。

一方、ニールズヤードは相性抜群、でもお高くて普段気軽には買えないメーカーなので、プレスリリースを見た時から、もう嬉しくて待ちきれませんでした!

さっそく開けてみますと…

ニールズヤードレメディーズ ANAアメニティ

  •  ビーラブリーハンドクリーム 10ml
  •  ホワイトティフェイシャルミスト 10ml
  •  シアナッツ&オレンジ オーガニックリップフォーミュラ4g
  •  歯ブラシセット
  •  アイマスク
  •  イヤープラグ

と、乾燥する機内で嬉しい品揃えです!

シアナッツ&オレンジのリップは現品販売されているのを見たことがないなと思ったら、日本未発売なんだとか。さすが潤うし低刺激だし何よりいい香り♡

ニールズヤードのリップ、1700円するんですよね…庶民には躊躇われる金額です。

調べてみたところ、フェイシャルミストは現品サイズ45mlで3,780円。ハンドクリームは50mlで3,024円。

下世話ですが、一人分のキットで3,000円相当くらいかな?

卑しくも夫の分まで強奪したので、往復合わせて4つゲット。今年の冬あたりまでは余裕で保ちそうで嬉しい~ホクホクです(笑)。

なくなる頃、またビジネスクラスに乗れたらもう言うことないんですけど。

ファーストクラスにも乗ってみたいところですが、あちらはアメニティポーチがリモワからサムソナイトになってしまって個人的には残念。

ニールズヤードコラボが続く限り、私は断然ビジネスクラスで行きたいと思います!

スポンサーリンク

シートは快適フルフラット!

嬉しくてついアメニティに夢中になってしまいましたが、シートのご紹介も忘れちゃいけません。

シート脇には使いやすい木目調のテーブルとマガジンラック、イヤホンジャック、ユニバーサル電源、リモコン、ライトが備え付けられています。

いろんな機能がコンパクトにまとめられていて、仕事が効率よく進みそうですね。

B787-900 ビジネスクラスシート周辺機器

個人モニターは18インチのタッチパネル式液晶スクリーン。モニターの下は二段になっています。

上段がフルフラットにした際に足を入れるスペース。オットマンのように使うこともできます。

下段には小物や靴を入れておくことができますが、思った程のスペースはなく、機内持ち込み用キャリーは高さ、奥行とも完全にオーバーし、収まりませんでした。

スタッガードシート 足元

水平飛行になり、ベルト着用サインが消えると同時に、さっそく憧れのフルフラットにしてみました!

ANAフルフラットシート

予め座席に用意されていたベッドパッドと掛け布団をセットすると、もはや座席ではなくベッドに近い感じ。

掛けふとんは通気性があまりないのか、ずっと使っていると寝苦しいような息苦しいような…ちょっと苦手な使い心地でした。

が、フルフラットはやっぱり最高ですね!

長いこと脚を下げていると、血の巡りが悪くなってどうにもだるくなるんですが、これなら家にいるのと変わらず、ごろごろだらだらのんびりできて至福です。

しかも、軽食やお酒をいつでも好きな時に持ってきてもらえますし、映画やドラマが見放題。

エコノミークラスの少なくとも10倍は快適と言えるのではないでしょうか。飛行機嫌いの夫が、出発後4~5時間経っても「すごい楽ちん、飛行機じゃないみたい」なんて言うとは、もう驚きと感動の嵐。

冗談抜きで、まさかこんな日が来るとは!と、涙涙でした(その後、順調に体調不良に陥りましたが…)。

飛行機恐怖症の方、ビジネスクラスをぜひ試してみてください。最強の飛行機嫌い・飛行機苦手な夫に「これならまた乗ってもいい」と言わしめた快適さを体験してみていただきたいです。

ビジネスクラスは高いし、そんな簡単に乗れないでしょ、と思っていらっしゃる方は、まず下記の陸マイラーシステムを開設した記事にお目通しを。

ソラチカルートで年間216,000マイルを創り出す
ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。
マイルを大量に貯めるために最も効率的な方法とは
マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

私の場合は貯め始めてわずか半年で今回の旅行(ヨーロッパ往復3人分)に必要な27万マイルを貯めることができました。

もっと近場であれば1人あたり5~6万マイルでビジネスクラスを利用できます。陸マイラー初心者であっても3ヶ月程度で貯めることができるはずです。

B787-900 化粧室

続いては化粧室のご紹介。

B787のトイレは快適と評判です。

まず一つ目の特長は、窓があること。狭いトイレが開放的に見えますよね。ロシア上空あたりだと、雪を頂いた山脈を臨むこともできて、いい気分転換になります。

そして、水を流すのは従来のレバーではなく、窓の下部に設置された赤外線センサー。

これに手をかざすと、自動でキレイにしてくれます。不特定多数が使う設備ですから、あまりあちこち手を触れたくないプチ潔癖性の私にとっては嬉しい配慮です。

B787-900トイレ

そして、ウォシュレットがついている点も見逃せません。

個人的に自宅以外では使わないのですが、外国ではめったにお目にかかれませんから、ぎりぎりまで日本の文明に見守られている安心感があったり。

ANA 機内トイレ ウォシュレット

ちょっとしたアメニティも備え付けられていました。

化粧水と乳液、フェイス&ボディシートに歯ブラシセット。少しでも快適に過ごせるようにとの心遣いが感じられます。さすが日系エアラインです。

ビジネスクラス トイレ アメニティ

ビジネスクラスにはトイレが3つ。エコノミークラスの搭乗客には解放されていないため、毎回ほとんど待つことなく利用することができました。

ビジネスクラスの快適さはやみつきになるかも

本当にビジネスクラスは優雅で快適。一度知ってしまったら、もうエコノミーには戻れないかもしれません…。

夫は「もう絶対ビジネスクラスにしか乗らない!」と何度も宣言してました(笑)。

でも、マイルを貯めていれば、そんな贅沢も実現不可能ではないが凄いところ。陸マイラーを始めて本当に良かったと心の底から実感できる日になりました。

今回は機材設備についてご紹介してきましたが、次回は最大のお楽しみ、機内食をレポートしたいと思います!
<前の話>

ANA国際線特典航空券ビジネスクラスでフランス・ドイツに行ってきました!
マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。

<次の話>

羽田発パリ行きANA215便 ビジネスクラス機内食一挙公開!
国際線に乗る時の一番のお楽しみといえば、やっぱり機内食! なんといっても、今回は初めてのANAビジネスクラスですから、食いしん坊の私は1月以上も前からメニューを何度も見て、何を食べようかじっくり考えていました。 実は何年か前に、海外出張でUA(ユナイテッド航空)のビジネスクラスに乗ったことがあるんですが、食事内容はあんまり印象に残らず。 というのも、その時のCAさんがものすごくぶっきらぼうで、お絞りを投げられたり、1列目だったのに「和食?もうないかも」なんてしょっぱい対応をされ...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク