ヒルトン・ロンドン・パディントン宿泊記。駅からホテルへの行き方とお部屋の様子を紹介します

ヒルトン・ロンドン・パディントン(Hilton London Paddington)は、イギリス・ロンドンにあるヒルトングループのホテルです。

ヒースロー国際空港からは、特急電車「ヒースローエクスプレス」を使ってたったの15分と、飛行機を降りてすぐホテルに直行したい時にも便利です。

パディントン駅に隣接(直結)しており、アクセスは抜群。ロンドン市内の観光にもうってつけのホテルでした。

今回は、パディントン駅からホテルへの行き方と、私が実際に宿泊したお部屋の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

パディントン駅

ヒルトン・ロンドン・パディントンの最寄であるパディントン駅は、ロンドン北西部に位置する、ナショナル・レールとロンドン地下鉄の鉄道駅です。

ナショナル・レール(National Rail:英国鉄道)と聞くと、いわゆる国鉄なのかと思いきや、イギリスの列車運行会社協会(ATOC)に加盟する会社の統一ブランドを指し、イギリス国鉄(British Rail)とは別なのだそうです。

そして、ロンドン地下鉄は、1863年1月10日に開業した世界最古の地下鉄で、ロンドンでは「the Underground」、「the Tube」と呼ばれています。

パディントントン駅には、ロンドン地下鉄のハマースミス&シティー線、ディストリクト線、サークル線、ベーカールー線の4線が乗り入れており、どこへ行くにもとっても便利でした。

くまのパディントン

「パディントン」という名前を聞いて、こちらのくまのキャラクターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

出典:http://www.paddington-bear.jp/

日本でもおなじみ、映画化もされた童話の「くまのパディントン/A Bear Called Paddington」のお話は、このパディントン駅が最初の舞台となっています。

当時、この駅の近くに住んでいた作者マイケル・ボンドが、慣れ親しんだ駅名から主人公のくまの名前を思いついたのだとか。

ちょうど訪問した時期に同氏が逝去されたため、駅構内にあるパディントンベアの像には、たくさんの花や、パディントンの好物とされるマーマレードの瓶が供えられていました。

世界初の駅直結ホテル

駅に直結しているホテルは、現在では珍しくなくなりましたが、実はこのヒルトン・ロンドン・パディントンホテルが世界で最初なのだそうです(ヒルトン公式サイトより)。

創業は1854年と古く、当時はグレート・ウェスタン・ロイヤル・ホテルという名称でした。ヒルトングループホテルにリブランドされたのは、2001年のこと(Wiki英語サイトより)。

パディントン駅ホームから正面のショッピングモールに向かって歩き、中央にあるエスカレーターに乗るだけで到着しますので、大きなスーツケースがあっても楽々!

1階にはスターバックスやスーパーマーケットのM&Sなど、たくさんのお店が揃っていて、とっても便利です。

2階の左手がエントランスになっています。

こちら側のエントランスは建物の裏手となるため、入ってすぐのところはフロントではなく、エグゼクティブラウンジでした。

フロントとコンシェルジュは、そのまま最奥まで進んだところにあります。

私はANAダイヤモンドとのステータスマッチで到達した”なんちゃって”ヒルトンダイヤモンドメンバーなので、フロントではなく、エグゼクティブラウンジでチェックインすることにしました。

アップグレードは?

ヒルトンダイヤモンドメンバーは、たとえ元の予約が最安のお部屋でも、空室があればスイートを含めた上のカテゴリーのお部屋にアップグレードしてもらうことが出来ます。

これまで、東京とマレーシア・クアラルンプールで最安からスイートに、その他にも何度か、数カテゴリー上にランクアップされる機会に恵まれました。

ヒルトン東京お台場に宿泊した翌週末、今度は新宿のヒルトン東京に滞在してきました。 なにゆえ東京在住の我が家が2週連続で都内に宿泊する必要があるのかといいますと、もちろんヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーの特典を享受したいということが大前提ですが、 1. 4月から長女が小学生になるため、今月までしか添い寝無料にならない 2. 今の時期が最も宿泊費が安い という、お恥ずかしながらいかにも庶民的な理由です。
今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!

今回の滞在でも、最安のお部屋「ダブルヒルトンゲストルーム」を予約。

さて、アップグレードされるのでしょうか。結果は…

……

満室のためアップグレードならず!

残念ですが、こればかりは仕方ありませんね。

それでも、最初に予約した時には一泊あたり191ポンド(≒28,650円)でしたが、ベストレート申請が認められ、最終的に143ポンド(≒21,660円)となりましたので、十分お得に滞在することが出来ました。

ベストレート申請については、こちらからどうぞ。

皆さんはホテルをどうやって予約していますか? 私自身もそうなのですが、おそらくインターネットを使ってWeb予約する方が最も多いのではないかと思います。 それでは、どのサイトを使ってWeb予約しているでしょうか? ホテルの公式ページ、じゃらんや楽天トラベル等の宿泊予約サイト、ツアー会社のサイト等、Web予約と言っても、様々な選択肢がありますよね。 いろいろなサイトが使えるのは嬉しいことですが、選択肢が多すぎると、どこから予約するのがいいのか迷ってしまうこともあります...

お部屋の中は?

お部屋は451号室です。さっそく中を見てみましょう。

ドアを開けると…

ミニバーのある小さな前室の奥に居室が続いています。ちなみに、右手はバスルームになっていました。

ドア側を振り返ると、空いたスペースに椅子が置かれています。写真で見ても、ドアや壁紙がかなり古い事がわかりますね。

それでは、部屋の様子を詳しくご案内します。

眺め

居室の窓から見える景色はこちら。

メルキュールホテルや、バーガーキング、パブなどの小さなお店が目に入ります。高い建物がなく、向かいとも距離があるため、圧迫感はありません。

パディントンは大きな駅だけあって、通りもいつもたくさんの人で賑わっていました。

ベッドルーム

この一番ベーシックなお部屋は、21~24平米と多少広さに差があるらしく、こちらのお部屋の詳しい面積は分かりませんが、いずれにせよ1人には十分です。

ベッドはキングサイズで、なかなかの寝心地。

ベッドサイドには、エリートメンバー特典のミネラルウォーターが2本置いてありました。

この「HILDON(ヒルドン)」というミネラルウォーターは、ロンドンの南西部に位置するハンプシャー地方で採取されたもので、エリザベス女王の84歳の祝賀パーティでも振る舞われた由緒あるお水なんだそうです。

ベッドの正面にはデスクとソファ、ミニテーブルが設置されていました。

右隣にはテレビ(なぜか写真を撮り忘れてしまいました…)とiHomeが。

日本ではあまり馴染みのないこの機械、iPhoneやiPadと接続して内部の音楽を再生したり、目覚ましを設定したり出来るようです。

ミニバー

続いてミニバーを見てみましょう。

ポットとカップの奥に、スティックコーヒーやトワイニングのティーバッグが置かれていました。もちろんこちらも無料。

下の棚には、木目調のミニバーボックスが入っています。

注意すべき点は、入っているアイテムを動かすと、消費したか否かに関わらず、即座に宿泊費にチャージされる仕組みになっているところ。

持ち込んだものを冷やすために入れるのもリスキーなので、特に長期滞在者にとってはやや不便なシステムです。

中には常温と冷蔵の商品が入っていました。

コーラやジュース、エナジードリンク、ワインなどに加えて、ご当地らしくパディントンベアのぬいぐるみも。ご参考までに、価格表も掲載しておきます。

クローゼット

クローゼットには、ハンガー、アイロン、アイロン台、ランドリー袋、セーフティボックスが入っていました。

靴磨きやブラシはなし。4つ星のヒルトンホテルの割には少なめの品揃えですね。

バスルーム

最後にバスルームのご紹介です。

シャワーブースはなく、浴槽のみの作りとなっています。

アメニティは、国内のヒルトンでもおなじみピータートーマスロスの一式で、歯ブラシは見当たりませんでした。

バスの手前にはトイレが設置されています。

スリッパがクローゼットになかったので探し回りましたが、夜になってバスローブのポッケに入っていることを発見。

総じて大きな問題なく過ごせましたが、洗面台の水はけが悪いことと、下水臭が滞在中ずっと続いていたのがちょっと気になりました。

最後に

ヒルトン・ロンドン・パディントンは、内部の設備は古く、必要最低限といった印象でしたが、ターミナル駅直結という立地が最高に便利で、クラシカルな外観やロビーも素敵なホテルでした。

ただ、今回はベストレート保証を使って約2万円で宿泊することができましたが、元値が3万円前後であることを考えると、少々割高感があるかもしれません。

日本で同じ金額を出せば、もう少し高級なホテルに泊まれそうですが、宿泊費が高いことで有名なロンドンですから、仕方のないことなのでしょう。

以前宿泊したロンドン・キングスクロス駅近くのホテルは、ベッドリネンやカーペットが破れ、バストイレ共用で1万円超だったことを考えると、妥当な気もします。

ダイヤモンドメンバー特典であるエグゼクティブラウンジ(後日ご紹介予定)が使えたこともあり、まあ元は取れたかな、というところでした。

おまけ

今回、私は飛行機に乗らずに貯めたマイル(陸マイラーとして貯めたマイル)を使って、「スターアライアンス世界一周ファーストクラス航空券」を発券し、ロンドンまでやってきました。

昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、しかもファーストクラスに関しては、ネット上でもなかなか情報が見つかりません。実際に発券するまでは、本当に取れるものなのか、内心ドキドキでした。 この記事では、旅の計画から発券までの過程、実際に私が組んだ世界一周の旅程を詳しくご紹介していきます。これから予...

きちんと仕組みを理解すれば、面白いほどにマイルが貯まりますので、ご興味のある方は是非こちらをご覧ください。

マイルの貯め方はいろいろあれど、効率的に大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!私はこの方法を使って、わずか半年間で30万マイル貯めました。あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

しっかり管理して貯めれば、初心者が一年で30万マイル貯めるのも夢ではありません。

ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに移行するのが大量マイルを貯めるコツです。

ポイントサイトはどこから登録しても同じではありません。当サイトを経由して入会すると、特別入会ボーナスが貰えたり、通常よりも有利な条件でポイントサイトを利用開始することができます。

帰国後9月からは、マリオット&SPGの最上級ステータスを目指してプラチナチャレンジ中です。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

特典満載!SPGアメックス紹介キャンペーン実施中です

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク