JAL JGC修行1-6:【国際線】すべてがトップクラス!本館サクララウンジは成田空港のベストチョイス

成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジホッピング、アメリカン航空アドミラルズクラブキャセイパシフィック航空ラウンジカンタス航空ラウンジJALサクララウンジ(サテライト)と来まして、最後は本館にあるJALサクララウンジです!

第2ターミナルのワンワールドラウンジの中で、最も豪華(ファーストクラスラウンジは除く)という評判ですから、否応なく期待も高まります。

さっそく、サテライトから本館に戻ることにしましょう。

行きと同様、帰りも動く歩道で移動します。ずっと駐機場を眺めながらなので、飛行機大好き人間にはとても楽しい道のりです。

ずっとスターアライアンス一筋だったので、ターミナルに「JAPAN AIRLINES」の表記があるのも何だか新鮮。

JALを始めとする、ワンワールド系列航空会社の魅力を知り始めたとはいえ、視界にANAの機体が入るとつい反応してしまいます(笑)。

第1ターミナルへと消えていくANA機を見送り、なんとなくホームシックのような、複雑な気分…。

そうこうするうち、本館に到着しました。

スポンサーリンク

第2ターミナル本館JALサクララウンジ

本館のJALサクララウンジの場所は、このフロアマップで言うと右下部分です。

エントランスはこちら。

鶴丸マークが燦然と輝いています。入ってみましょう。

中には、ファーストクラスラウンジとサクララウンジの受付が別々に用意されています。奥の黒っぽいカウンターがファーストクラスラウンジ、手前の白いカウンターがサクララウンジです。

この写真は、手続き時に振り返ってサクララウンジ入口を撮影したもの。

受付を済ませたら、エスカレーターで2階に降ります。

咲き誇る桜柄のライトアップが、なんとも日本らしいですね。

エスカレーターを降りると、正面突き当りに喫煙室。左にドリンクバーやシャワールームが設置されています。

フロアマップを見ると、この2階がリラックススペースで、3階がダイニングスペースになっているようです。

席に落ち着く前に、スーツケースをロッカーに預けて行きましょう。

コインは不要で、きちんとカギをかけることが出来ます。測ってはいませんが、よほど大きいスーツケースでなければ収まると思います。

ただ、人気なようでこの時はあまり空きがありませんでした。

成田空港第2ターミナルサクララウウンジではマッサージサービスも!

スーツケースを預けたら、シャワールームに向かいます。

こちらのJALサクララウンジでは、一人10分間のマッサージサービスも提供しています。

残り2時間強の内にシャワーとマッサージを受けたいので、早めに行くに越したことはありません。3階へのエレベーターを左手に、正面突き当りまで進みましょう。

シャワーとリラクゼーションの入口。

こんな専用カウンターまであるとは、なんとも贅沢な雰囲気です。

ここでも、再度搭乗券とパスポートを提示する必要があります。

シャワールームはすんなりお借り出来ましたが、12時30分時点で、リラクゼーションサービス午前の部はすでに終了していました。

午後は15時から開始とのこと。

搭乗時刻の30分前までしか予約できないところ、私は15時10分搭乗開始のため、残念ながら申し込むことが出来ませんでした…。

営業時間は下記の通りです。

営業時間 シャワー
7:30~21:00マッサージ
8:30~12:30(最終受付 12:15)
15:00~21:00(最終受付 20:45)

お昼休みが2時間半と長いんですね。きちんと下調べして、ラウンジホッピングの順序をよく考えておくべきでした。

マッサージチェアは、ダイニングエリアへの階段・エレベーター側にありました。

後日リベンジして、リラクゼーションサービスを受けてきました!

この日は施術を受けることが出来ず残念でしたが、後日、クアラルンプールに行った際にリベンジ!

朝8:30にラウンジに到着し、9時の予約を取ることが出来ました。

マッサージコースは、下記の3種類があります。

1.上半身ボディケア:全身に対して心地よい刺激を与えることで、施術している部位だけにとどまらず、疲労やストレスによって硬直した身体全体の筋肉をほぐし、血行とリンパの流れを促進させることで、心身の緊張を弛緩させます。

2.フットケア:主として足、足裏に対して心地よい刺激を与えることで、足だけにとどまらず、疲労やストレスによって硬直した身体全体の筋肉をほぐし、血行とリンパの流れを促進させることで、心身の緊張を弛緩させます。

3.頭皮ケア:頭は全神経の集中する所です。頭のつぼを刺激すると精神が安定し、自律神経機能が調整されストレス解消になります。

いつも脚のむくみが気になるので、私は2のフットケアを選択。

シャワールーム受付の正面にマッサージルームが2つ。予約時間の2,3分前を指定されて時間通りに戻ってくると、すでにお部屋の前でマッサージ師さんが待っていてくれました。

部屋の中央にぽつんとベッドが置かれています。

フットケアなので、座って施術を受けるものと思っていましたが、うつ伏せを指示されました。10分間の簡易マッサージとはいえ、随分本格的なんですね。

靴下のまま寝転ぶと、脚全体にバスタオルを掛けられ、ふくらはぎ~足指~足裏~ふくらはぎと、片足ずつ丹念に揉んでくれます。

痛がりで足つぼマッサージは苦手なのですが、こちらのマッサージは痛みを感じず一安心。

ガッツリ足つぼを刺激されたい人には物足りないかもしれませんが、私にはちょうどうとうとしながら緊張をほぐすことが出来てよかったです。

最上級のファーストクラスラウンジでもないのに、こんなサービスを提供してくれるなんてJALさんは本当に太っ腹ですね!

2017年6月追記:その後、全てのコースを受けました。上半身コースも痛くて、私には向いてないかも、と思ったのですが、さらに実感したのが頭皮マッサージを受けた時。弱めにとお願いしたものの、渾身の力をこめてグリグリとこめかみや脳天を刺激され、半日ほど頭痛と吐き気が出てしまいました…。虚弱体質の方はちょっと注意が必要かもしれません。妊婦さんなど、体調に不安がある方も施術を受けることはできません。

ラグジュアリーな雰囲気のシャワールーム

続いて、シャワールームのご紹介です。

この日は1番のお部屋でした。いざ入室!

落ち着いた、高級感漂うインテリアですね!

この1番はそんなに広くはありませんが、後日利用した6番はだいぶ広々としていました。お部屋によって差があるようです。

さすがは日本の航空会社。ウォシュレットももちろん付いています。

シャワーもこれまでのアメリカン航空、キャセイパシフィック航空、カンタス航空より断トツ高級なタイプです。

レインシャワー、ハンドシャワー、ボディシャワーが付いています。

成田のANAラウンジのシャワーは、スイートラウンジ利用時にもかかわらずもっと簡素なタイプでした。

ANA SFC修行6-2:成田空港ANA SUITE LOUNGEってどんなとこ?誰でも利用できる方法を教えます
ANAプレミアムメンバーの最上級ダイヤモンドメンバーしか入室できないANA SUITE LOUNGEに潜入してきました。通常のANA LOUNGEでは味わうことのできない上質なサービスを全て公開します。

こちらと同じタイプのシャワーは、ANAでは今のところ成田アライバルラウンジと、羽田空港国内線スイートラウンジでしかお目にかかっていないかと思います。それだけに、ますますJALのレベルの高さに驚きの一言。

アメニティはディスペンサーに入っているため、メーカーなどは分かりませんが、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーの3点でした。

ドライヤーはパナソニックのイオニティ。ブラシ、綿棒、シャワーキャップは備え付け。歯ブラシは受付で申し出ればもらうことが出来ます。

スターアライアンス系も含めて今まで見てきた中で、JALサクララウンジのシャワールームは間違いなくトップクオリティ!

また是非こちらを利用したいものです。

スポンサーリンク

サクララウウンジリラックススペースのインテリア

サテライトのJALラウンジともまた少し違う印象で、ブラウンとベージュが基調となっていました。

大きな窓からは飛行機を間近に感じることが出来ます。

面積をたっぷり取っているだけあって、席はふんだんにあり、2度利用しましたが両日とも大体どのエリアにも空席がありました。

リラックススペースのドリンクバー

食事は3階のダイニングスペースで取ることになっていますが、ドリンクとスナックはこの2階にも用意されています。

左から、おつまみミックス、クラッカー、プロセスチーズ、バタークッキー、チョコチップクッキー。

ビールサーバーはサッポロ黒ラベルです。

仮眠室も

トランジットなどで長時間ラウンジで待つ必要がある人に嬉しい仮眠室も、2階の奥に3つ設置されていました。

ラウンジの仮眠室というものを初めて見ました。

ドアはないようでしたが、奥まっていてあまり近づく人もいないので、それなりにゆっくり出来そうです。

利用したい時にはスタッフへの声掛けが必要とのこと。東京に在住している限り、おそらく利用する機会はなさそうですが、サクララウンジの設備は本当に充実していますね。

ビジネスセンター

帰りの便のオンラインチェックイン開始時刻が、ちょうどこのラウンジ利用中でしたので、ビジネスセンターで搭乗券をプリントアウトしてみました(個人情報を含む印刷は避けるようにと書かれていましたが、PCも履歴は見られない設定&自動再起動で徹底して情報が残らないようになっていましたので、まあいいか!と自己責任でやっちゃいました)。

このご時世、皆自分のパソコンなりタブレットなり持っていることもあり、利用者は私だけでした。

モバイルで搭乗券を見せれば済む話ではあるんですが、もし何らかの事情で表示できない場合に備えて印刷しておきたくて。

大体どのエアラインにもビジネスセンターはありますが、今回初めて使いました。無料でプリントアウト出来るって素晴らしいですね。

こちらは特におしゃれなオフィス風で快適でした。

ちなみに、ビジネスセンター近くにも、ドリンクバーが設置されています。

ビジネスセンターの隣は広々とした喫煙室。開放感のある作りなので、タバコを吸う方も快適に過ごせそうですね。

キッズスペース

JALのサクララウンジにはキッズスペースもあります。

利用中でしたので中に入ることは控えましたが、小さな子供を連れているとこういう施設があるのは本当にありがたいことです。

JALサクララウンジではキッズルームの他、女性専用スペースなどが用意されているところも多く、男性ビジネス客だけではなく、皆に優しい印象があります。

ANAも最近意識し始めたようで、期間限定キッズスペースを設けたりしているようです。個人的にはとても素晴らしい傾向だと思います。

ダイニングスペースへ

3階へはこの螺旋階段か、または階段奥のエレベーターで上がります。

上がってきました。

すぐ左手に、お料理の並んだカウンターがあります。

サテライトラウンジと同様に、カレーライスや牛丼の他、自分で具とスープを注いで作るうどんや、

エビとチキンのグラタンなど、こちらのラウンジにしかないメニューも有りました。

成田空港第JALサクララウウンジのメニューは、こちらから見ることが出来ます。

http://www.jal.co.jp/inter/service/lounge/pdf/sakura/nrt_food.pdf

毎月メニューが変わる上に、朝・昼夜と温ミールのバリエーションも豊かですね。

ちなみに、同じ成田空港のANAラウンジのメニューがこちらです。

JALサクララウンジを見た後にはちょっと寂しい品揃え。味も正直JALの方がこだわりが感じられましたし、美味しかったです。

ANAスイートラウンジには、注文に応じて作ってくれるヌードルバーなどもありますが、質はというと、うーん、決して高くはないので…。

ANA SFC修行6-2:成田空港ANA SUITE LOUNGEってどんなとこ?誰でも利用できる方法を教えます
ANAプレミアムメンバーの最上級ダイヤモンドメンバーしか入室できないANA SUITE LOUNGEに潜入してきました。通常のANA LOUNGEでは味わうことのできない上質なサービスを全て公開します。

合理的経営方針の結果なのでしょうが、悲しいかなサービス全体的に見て、JALが圧倒的に勝っていることを実感してしまいますね。

ダイニングスペースでは、料理カウンターの反対側、窓面にドリンクコーナーがあります。

2階がサッポロ黒ラベルで、この3階が一番搾り。

冷蔵庫の中は、サテライトと同じラインナップにお茶が加わっていました。

飛行機を見下ろしながらの食事もおつなものです。

私はすでにサテライトのサクララウンジで昼食を頂いたあとだったので、カプチーノとJAL×メゾンカイザーコラボの抹茶レザンノアだけにしておきました。

まとめ

・成田空港第2ターミナル本館のJALラウンジが断トツ豪華!

・マッサージを受けるなら、受付時間内かつ搭乗時刻30分前まで

・シャワールームも使いやすくて最高

・ご飯のレベルはANAスイートラウンジ以上?

これで無事、ワンワールド系列5つのラウンジを制覇しました!

5つ行って見た結果、個人的に順位は下記の通りかなと思います。

席数 飲食 シャワー 眺め 付加価値
1 JAL
サクララウンジ本館

リラクゼーション有
カンタス航空
ラウンジ
ジュリーク・
オリジナルコーヒー
3 アメリカン航空
アドミラルズクラブ
特になし
4 JAL
サクララウンジ
サテライト
なし 特になし
5 キャセイパシフィック航空
ラウンジ
なし × 特になし

出発まで5時間余裕がありましたが、さすがにシャワーに食事にマッサージに…としていると時間がなくなるものですね。あっというまに搭乗時刻となりました。

全てのラウンジを見学できて、いい経験でした。次回以降ワンワールドを利用する際は、とりあえずJAL本館サクララウンジ一本で行こうかなと思っています。ジュリークの香りやオーストラリアならではのコーヒーが懐かしくなったら、カンタス航空のラウンジもありかな。

それでは、搭乗口に向かいましょう。初めてのキャセイパシフィック航空ビジネスクラス、そして初めての台湾が楽しみです!

<次の話>

JAL JGC修行1-7:いざ台湾桃園国際空港へ!キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗記
JGC修行の第一弾は、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスで行く台湾。 キャセイパシフィック航空は、10年ほど前に台北経由のドイツ線エコノミークラスに乗ったことがありますが、ビジネスクラスはもちろん初めて。 しかも、台湾もこれまで観光したことはありませんでしたから、修行の旅程に組み入れることができて幸いでした。 利用するCX451便の出発ゲートは73番。張り切って行ってみましょう!

<前の話>

JAL JGC修行1-5:特製カレーにマッサージチェア!JALサクララウンジサテライト編
成田空港第2ターミナル本館のアメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィックラウンジ、そしてサテライトにあるカンタス航空ラウンジと、3つのラウンジを回ってきました。 キャセイパシフィック航空のビジネスクラスチケットで入れるラウンジはあと2つ。 サテライトと本館それぞれに1つずつある、JALのサクララウンジです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク